mercurial-translation-ja / README.ja.txt

-------------------------------------------------------------------------------
                         Mercurial 日本語翻訳
-------------------------------------------------------------------------------

本プロジェクトは、分散 SCM ツールである
Mercurial(http://www.selenic.com/mercurial/wiki/)のメッセージファイル
('i18n/ja.po')翻訳を行うプロジェクトです。


* 用語:

  - SRC      : Mercurial ソースツリーを意味します
               (例: tarball を展開したものや、clone したリポジトリ)

  - L10N-repo: 翻訳作業を行う作業用リポジトリ


* ブランチを用いた翻訳作業の調整手順:

  - 翻訳作業者向け手順:

    - L10N-repo における 'default' ブランチで翻訳作業を実施

      1. 保守担当に翻訳担当希望を表明し、要望の受理を待つ

      2. 'i18n/ja.po' ファイルの該当部分を翻訳

      3. 翻訳結果を以下で確認:

           % msgfmt --check L10N-repo/ja.po

      4. 問題があれば解消

      5. 公開リポジトリを持たない場合は、'i18n/ja.po' を更新するパッチ
         を作成し、保守担当にメールで送付

      6. 公開リポジトリを持つ場合は、'i18n/ja.po' の更新分をコミットし、
         保守担当に通知

      7. 必要に蔵して翻訳内容を補正
         (例: ソース内ドキュメントの更新や、翻訳スタイルの統一等)

      8. (完了)

  - 保守担当向け手順:

    - 必要に応じて MERGE 手順を適用
    - 短い周期で CATCHUP 手順を適用(毎週程度?)
    - SRC における 'i18n/ja.po' 更新の都度、IMPORT 手順を適用
    - 長い周期で  EXPORT 手順を適用(隔月程度?)
    - UPDATE 手順で検出された 'i18n/ja.po' 中の '#, fuzzy' 部分を確認
      し、再翻訳の調整を行なう


    * [MERGE]
      翻訳担当者からの変更内容の統合:

      1. 翻訳成果をパッチ形式で受理した場合、L10N-repo における
         'default' においてパッチを適用

      2. 翻訳成果が公開リポジトリ経由で公開されている場合、翻訳担当者の
         リポジトリから 'hg pull'(および複数ヘッドの解消)を実施

      3. (完了)


    * [UPDATE]
      L10N-repo における 'ja.po' を SRC における 'hg.pot' で更新:

      1. L10N-repo における 'ja.po' の内容を以下で確認:

           % msgfmt --check L10N-repo/ja.po

      2. 必要に応じて問題を解消し、コミットを実施

      3. tarball のダウンロードなり pull/update を用いて SRC を更新

      4. SRC 中の 'hg.pot' を以下の方法で更新:

           % make update-pot

      5. L10N-repo における 'ja.po' を、SRC における更新済み 'hg.pot'
         を用いて、以下の方法で更新:

           % msgmerge --update --no-location L10N-repo/ja.po SRC/i18n/hg.pot

      6. 必要に応じて、更新された 'ja.po' 中の 'fuzzy' 問題を解消

         軽微な修正であっても、翻訳部分の修正は行なわないこと。
         'default' ブランチでの再翻訳の際に検出しやすいように、
         'ja.po' ファイルに付与された '#, fuzzy' マークを残しておく
         こと。

      7. 更新された 'ja.po' を L10N-repo においてコミット

      8. (完了)


    * [CATCHUP]
      SRC における更新への追従:

      1. L10N-repo における 'downstream-line' ブランチのヘッドに対して、
         UPDATE 手順を適用

      2. UPDATE 手順を実施したリビジョンを、L10N-repo の 'default' ブラ
         ンチにマージ

      3. (完了)


    * [IMPORT]
      SRC から L10N-repo への取り込み:

      1. tarball のダウンロードなり pull/update を用いて SRC を更新

      2. L10N-repo における 'sync-line' ブランチの 'ja.po' を、SRC にお
         ける新しい 'ja.po' で上書き

      3. 'ja.po' が更新されている場合に限り、以下の手順を実施

      4. 'ja.po' の更新を、L10N-repo における 'sync-line' ブランチでコ
         ミット

      5. 上記の新規リビジョンを、L10N-repo における 'downstream-line'
         ブランチにマージ

      6. L10N-repo における 'downstream-line' ブランチのマージ実施リビ
         ジョンに対して、UPDATE 手順を適用

      7. UPDATE 手順を実施したリビジョンを、L10N-repo の 'default' ブラ
         ンチにマージ

      8. (完了)


    * [EXPORT]
      L10N-repo での成果の公開:

      0. CATCHUP 手順を実施し、全ての問題を解消しておく

      1. L10N-repo における 'default' ブランチから、公開対象リビジョン
         を決定

      2. 上きりビジョンを、L10N-repo における 'upstream-line' ブランチ
         にマージ

      3. 'sync-line' ブランチのヘッドから、'upstream-line' ブランチのヘッ
         ドに対する 'ja.po' の差分を取得

      4. 上記の差分を、'i18n/ja.po' 更新パッチとして、mercurial-devel
         ML に送付

      5. 些細な修正(例: typo など)の必要があった場合は、L10N-repo にお
         ける'upstream-line' ブランチで解消し、パッチを再送付

      6. 送付したパッチが公式リポジトリに取り込まれた際には、上記2つの
         ヘッドを 'sync-line' ブランチにおいてマージ

      7. (完了)


* 翻訳形式:

  - 「ですます」調

  - 用語の統一は、'ja.po' ファイル冒頭の辞書を参照

  - あまり砕けた表現は用いない

-------------------------------------------------------------------------------
Tip: Filter by directory path e.g. /media app.js to search for public/media/app.js.
Tip: Use camelCasing e.g. ProjME to search for ProjectModifiedEvent.java.
Tip: Filter by extension type e.g. /repo .js to search for all .js files in the /repo directory.
Tip: Separate your search with spaces e.g. /ssh pom.xml to search for src/ssh/pom.xml.
Tip: Use ↑ and ↓ arrow keys to navigate and return to view the file.
Tip: You can also navigate files with Ctrl+j (next) and Ctrl+k (previous) and view the file with Ctrl+o.
Tip: You can also navigate files with Alt+j (next) and Alt+k (previous) and view the file with Alt+o.