Kosei Kitahara avatar Kosei Kitahara committed 2dd61b5

Update import section to ver.2.29

Comments (0)

Files changed (1)

     あるモジュールから別のモジュールのコードを利用する再の再利用性を高めます。
 
 利点:
-    コードを利用するための最も簡単で、最も一般的な方法です。
+    名前空間の管理方法はシンプルです。
+    各識別子に対応するソースと一致しています;
+    `x.Obj` は、その `Obj` がモジュール `x` に定義されていることを意味します。
 
 欠点:
-    `from foo import *` や `from foo import Bar` はモジュールの依存関係を発見するのがとても難しくなり、
-    メンテナンス性への重大な問題になり、非常にやっかいです。
+    モジュール名の衝突が懸念されます。
+    モジュール名が長すぎるものがあります。
+
+結論:
+    パッケージとモジュールのインポートは `import x` を利用する。
+
+    `x` がパッケージの接頭辞、 `y` が接頭辞でないモジュール名の場合は `from x import y` を利用する。
+
+    モジュール `y` を 2 つインポートする必要がある場合や、
+    `y` が長すぎる場合は `from x import y as z` を利用する。
+
+    例えば、 sound.effects.echo というモジュールの場合は以下のようにインポートする::
+
+        from sound.effects import echo
+        ...
+        echo.EchoFilter(input, output, delay=0.7, atten=4)
+
+     相対パスによるインポートはしない。
+     モジュールが同じパッケージ内にある場合においても、絶対パスを利用する。
+     これにより同じパッケージを意図せずに複数回インポートするのを防ぐことができます。
 
 .. _パッケージ:
 
Tip: Filter by directory path e.g. /media app.js to search for public/media/app.js.
Tip: Use camelCasing e.g. ProjME to search for ProjectModifiedEvent.java.
Tip: Filter by extension type e.g. /repo .js to search for all .js files in the /repo directory.
Tip: Separate your search with spaces e.g. /ssh pom.xml to search for src/ssh/pom.xml.
Tip: Use ↑ and ↓ arrow keys to navigate and return to view the file.
Tip: You can also navigate files with Ctrl+j (next) and Ctrl+k (previous) and view the file with Ctrl+o.
Tip: You can also navigate files with Alt+j (next) and Alt+k (previous) and view the file with Alt+o.