Commits

Kosei Kitahara committed fd2575c

Update Threading

Comments (0)

Files changed (1)

 定義:
     Python のネスト関数は、関数のスコープに定義した変数を参照することはできますが、代入はできません。
     変数は、静的プログラムテキストに基づくレキシカル (静的) スコープを利用してその束縛から解放されます。
-    ブロック内のどの宣言を利用する場合でも、Python はその宣言がローカル変数であるように (宣言より前の利用でも) アクセスできるようにします。
+    ブロック内のどの宣言を利用する場合でも、
+    Python はその宣言がローカル変数であるように (宣言より前の利用でも) アクセスできるようにします。
     もしグローバル宣言をした場合は、名前はグローバル変数とみなされます。
 
     この機能の利用例です ::
 定義:
     `関数やメソッドへのデコレータ`_ ("`@` 表記法" として知られています)。
     最も一般的なデコレータは `@classmethod` と `@staticmethod` であり、
-    通常のメソッドをクラスメソッドやスタティックメソッドに変更します。
-    しかし、デコレータ構文は同様にユーザ定義のデコレータも考慮しています。
-    詳しくは `my_decorator` 関数を見てください ::
+    メソッドをクラスメソッドやスタティックメソッドとして定義します。
+    デコレータ構文は同様にユーザ定義のデコレータも考慮しています。
+    詳しくは `my_decorator` 関数を見てください::
 
         class C(object):
             @my_decorator
             def method(self):
                 # method body ...
 
-    これは以下と等しいです ::
+    これは以下と等しいです::
 
         class C(object):
             def method(self):
 
 利点:
     素敵なことにメソッドを若干変更するだけです。
-    その変更により、いくらかの重複しているコードの集約、不変条件などが可能となります。
+    その変更により、重複しているコード不変条件の集約が可能となります。
 
 欠点:
     デコレータは関数の引数や戻り値に対して任意の操作ができますが、
     予期しない動作を返す恐れがあります。
     さらに、デコレータはインポート時に実行されます。
-    デコレータの不具合は、復帰がほぼ不可能です。
+    デコレータコードの不具合は、復帰がほぼ不可能です。
 
 結論:
     明確な利点がある場合に、デコレータを慎重に利用します。
-    デコレータは関数と同様に、以下の import や ネーミングのガイドラインに準拠します。
+    デコレータは関数と同様に、インポート や ネーミング のガイドラインに準拠します。
     デコレータの pydoc はこの関数がデコレータであることを明確に記載します。
     デコレータに関する単体テストを実施してください。
 
     一般的な `条件変数`_ (condition variable) の使用方法を学んでください。
 
 .. _条件変数: http://www.python.jp/doc/2.5/lib/condition-objects.html
+
 .. _強力な機能:
 
 強力な機能