Commits

Tetsuya Morimoto committed c77fc91

merged the changes (r369:550) for Japanese translation

  • Participants
  • Parent commits c34a7a0

Comments (0)

Files changed (1)

File docs/ja/install.rst

 
 ..
     virtualenvwrapper is a set of shell *functions* defined in Bourne
-    shell compatible syntax.  It is tested under `bash`, `ksh`, and `zsh`.
+    shell compatible syntax.  Its automated tests run under these
+    shells on OS X and Linux:
+
+virtualenvwrapper は Bourne シェル互換の構文をもつ一連のシェル *関数* です。Mac OS X と Linux 環境の、次のシェルで自動テストを行っています。
+
+* ``bash``
+* ``ksh``
+* ``zsh``
+
+..
     It may work with other shells, so if you find that it does work with a
     shell not listed here please let me know.  If you can modify it to
-    work with another shell, without completely rewriting it, send a pull
-    request through the bitbucket project page.  If you write a clone to
+    work with another shell without completely rewriting it, then send a pull
+    request through the `bitbucket project page`_.  If you write a clone to
     work with an incompatible shell, let me know and I will link to it
     from this page.
 
-virtualenvwrapper は Bourne シェル互換の構文で定義されたシェル *関数* のセットです。それは `bash`, `ksh` と `zsh` でテストされています。その他のシェルでも動作するかもしれませんが、ここに記載されていないシェルで動作することを発見したら私に教えてください。もしあなたがその他のシェルで動作させるために virtualenvwrapper を完全に書き直すことなく修正できるなら、bitbucket のプロジェクトページを通じて pull リクエストを送ってください。あなたが非互換なシェル上で動作させるクローンを作成するなら、このページでリンクを張るので私に連絡してください。
+その他のシェルでも動作するかもしれません。ここに記載されていないシェルで動作するのを発見したら私に教えてください。また、その他のシェルでも動作するように virtualenvwrapper を全く違うものに書き換えずに修正できるなら、 `bitbucket のプロジェクトページ`_ から pull リクエストを送ってください。あなたが非互換なシェル上で動作させるクローンを作成するなら、このページでリンクを張るので私に連絡してください。
+
+.. _bitbucket project page: https://bitbucket.org/dhellmann/virtualenvwrapper/
+.. _bitbucket のプロジェクトページ: https://bitbucket.org/dhellmann/virtualenvwrapper/
+
+MSYS
+----
+
+..
+    It is possible to use virtualenv wrapper under `MSYS
+    <http://www.mingw.org/wiki/MSYS>`_ with a native Windows Python
+    installation.  In order to make it work, you need to define an extra
+    environment variable named ``MSYS_HOME`` containing the root path to
+    the MSYS installation.
+
+Python を Windows ネイティブにインストールした `MSYS <http://www.mingw.org/wiki/MSYS>`_ 環境でも virtualenvwrapper が使えます。そのためには、インストールした MSYS 環境へのルートパスを ``MSYS_HOME`` という環境変数で定義する必要があります。
+
+::
+
+    export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
+    export MSYS_HOME=/c/msys/1.0
+    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
+
+..
+    or::
+
+または::
+
+    export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
+    export MSYS_HOME=C:\msys\1.0
+    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
+
+..
+    Depending on your MSYS setup, you may need to install the `MSYS mktemp
+    binary`_ in the ``MSYS_HOME/bin`` folder.
+
+MSYS の設定によります。 ``MSYS_HOME/bin`` フォルダーに `MSYS mktemp binary`_ をインストールする必要があるかもしれません。
+
+.. _MSYS mktemp binary: http://sourceforge.net/projects/mingw/files/MSYS/mktemp/
+
+PowerShell
+----------
+
+..
+    Guillermo López-Anglada has ported virtualenvwrapper to run under
+    Microsoft's PowerShell. We have agreed that since it is not compatible
+    with the rest of the extensions, and is largely a re-implementation
+    (rather than an adaptation), it should be distributed separately. You
+    can download virtualenvwrapper-powershell_ from PyPI.
+
+Guillermo López-Anglada は、Microsoft の PowerShell 環境で実行できるように virtualenvwrapper を移植しました。それは他の拡張機能と互換性がなく、(機能拡張というよりは) 大幅な再実装であることから、別に配布するようにしました。 virtualenvwrapper-powershell_ は、PyPI からダウンロードできます。
+
+.. _virtualenvwrapper-powershell: http://pypi.python.org/pypi/virtualenvwrapper-powershell/2.7.1
 
 ..
     Python Versions
     Basic Installation
     ==================
 
+.. _install-basic:
+
 基本的なインストール
 ====================
 
 ..
-    virtualenvwrapper should be installed using pip_::
+    virtualenvwrapper should be installed into the same global
+    site-packages area where virtualenv is installed. You may need
+    administrative privileges to do that.  The easiest way to install it
+    is using pip_::
 
-virtualenvwrapper は pip_ でインストールすべきです。
+virtualenvwrapper は、virtualenv がインストールされているグローバルな site-packages ディレクトリと同じところにインストールする必要があります。それを行うには、管理者特権が必要になるかもしれません。最も簡単なインストール方法は pip_ を使うことです。
 
 ::
 
   $ pip install virtualenvwrapper
 
-..
-    You will want to install it into the global Python site-packages area,
-    along with virtualenv.  You may need administrative privileges to do
-    that.
+または::
 
-virtualenv と同様にグローバルな Python site-packages にインストールしたくなるでしょう。そうするには管理者権限が必要になるかもしれません。
+  $ sudo pip install virtualenvwrapper
+
+.. warning::
+
+    ..
+        virtualenv lets you create many different Python environments. You
+        should only ever install virtualenv and virtualenvwrapper on your
+        base Python installation (i.e. NOT while a virtualenv is active)
+        so that the same release is shared by all Python environments that
+        depend on it.
+
+    virtualenv を使うと、たくさんの独立した Python 環境を作成できます。システム環境に依存する全ての Python 環境から同じパッケージを共有できるように、システムにインストールされている Python (virtualenv がアクティブではない) に virtualenv と virtualenvwrapper の2つだけはインストールする必要があります。
 
 ..
     An alternative to installing it into the global site-packages is to
-    add it to your user local directory (usually `~/.local`).
+    add it to `your user local directory
+    <http://docs.python.org/install/index.html#alternate-installation-the-home-scheme>`__
+    (usually `~/.local`).
 
-グローバルな site-packages にインストールに対する代替案は、ユーザのローカルディレクトリ (普通は `~/.local`) に追加することです。
+グローバルの site-packages ディレクトリにインストールする代わりに `ユーザーのローカルディレクトリ <http://docs.python.org/install/index.html#alternate-installation-the-home-scheme>`__ (普通は `~/.local`) にインストールできます。
 
 ::
 
   $ pip install --install-option="--user" virtualenvwrapper
 
-WORKON_HOME
-===========
-
-..
-    The variable ``WORKON_HOME`` tells virtualenvwrapper where to place
-    your virtual environments.  The default is ``$HOME/.virtualenvs``.
-    This directory must be created before using any virtualenvwrapper
-    commands.
-
-変数 ``WORKON_HOME`` は 仮想環境の作成場所を virtualenvwrapper に伝えます。デフォルトは ``$HOME/.virtualenvs`` です。このディレクトリは virtualenvwrapper のコマンドを使用する前に作成しなければなりません。
-
-.. _install-shell-config:
-
 ..
     Shell Startup File
     ==================
 
+.. _install-shell-config:
+
 シェルの起動ファイル
 ====================
 
 ..
-    Add two lines to your shell startup file (``.bashrc``, ``.profile``,
-    etc.) to set the location where the virtual environments should live
-    and the location of the script installed with this package::
+    Add three lines to your shell startup file (``.bashrc``, ``.profile``,
+    etc.) to set the location where the virtual environments should live,
+    the location of your development project directories, and the location
+    of the script installed with this package::
 
-シェルの起動ファイル(``.bashrc``, ``.profile`` 等)に、仮想環境構築される場所virtualenvwrapper がインストールしたシェルスクリプトの場所の2行追加してください。
+シェルの起動ファイル (``.bashrc``, ``.profile`` など) に、仮想環境構築る場所、開発中のプロジェクトディレクトリの場所、virtualenvwrapper がインストールしたシェルスクリプトの場所の3行を追加してください。
 
 ::
 
     export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
+    export PROJECT_HOME=$HOME/Devel
     source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
 
 ..
-    After editing it, reload the startup file (e.g., run: ``source
+    After editing it, reload the startup file (e.g., run ``source
     ~/.bashrc``).
 
-編集後に起動ファイルを再読み込みしてください(例えば ``source ~/.bashrc`` を実行する)。
-
-..
-    Python Interpreter and $PATH
-    ============================
-
-Python インタープリタと $PATH
-=============================
-
-..
-    During startup, ``virtualenvwrapper.sh`` finds the first ``python`` on
-    the ``$PATH`` and remembers it to use later.  This eliminates any
-    conflict as the ``$PATH`` changes, enabling interpreters inside
-    virtual environments where virtualenvwrapper is not installed.
-    Because of this behavior, it is important for the ``$PATH`` to be set
-    **before** sourcing ``virtualenvwrapper.sh``.  For example::
-
-起動ファイルの読み込み時に ``virtualenvwrapper.sh`` は最初に ``$PATH`` 上の ``python`` を見つけて、後で使うために覚えておきます。これは virtualenvwrapper がインストールされていない仮想環境内部でインタープリタを有効にして ``$PATH`` 変更による競合が起こらないようにします。この動作の理由は ``virtualenvwrapper.sh`` を source する **前に** セットされた ``$PATH`` が重要だからです。
-
-::
-
-    export PATH=/usr/local/bin:$PATH
-    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
-
-..
-    To override the ``$PATH`` search, set the variable
-    ``VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON`` to the full path of the interpreter to
-    use (also **before** sourcing ``virtualenvwrapper.sh``).  For
-    example::
-
-``$PATH`` 探索を上書きするには、使用するインタープリタのフルパスを(``virtualenvwrapper.sh`` を source する **前に** )変数 ``VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON`` にセットしてください。
-
-::
-
-    export VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON=/usr/local/bin/python
-    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
+編集後に起動ファイルを再読み込みしてください (例えば ``source ~/.bashrc`` を実行する) 。
 
 ..
     Quick-Start
 6. このときに ``temp`` の仮想環境が提供される
 
 ..
+    Configuration
+    =============
+
+設定
+====
+
+..
+    virtualenvwrapper can be customized by changing environment
+    variables. Set the variables in your shell startup file *before*
+    loading ``virtualenvwrapper.sh``.
+
+virtualenvwrapper は、環境変数を変更することでカスタマイズできます。 ``virtualenvwrapper.sh`` が読み込まれる *前の* シェルの起動ファイルで環境変数を設定してください。
+
+..
+    Location of Environments
+    ------------------------
+
+.. _variable-WORKON_HOME:
+
+仮想環境の場所
+--------------
+
+..
+    The variable ``WORKON_HOME`` tells virtualenvwrapper where to place
+    your virtual environments.  The default is ``$HOME/.virtualenvs``. If
+    the directory does not exist when virtualenvwrapper is loaded, it will
+    be created automatically.
+
+環境変数 ``WORKON_HOME`` は、virtualenvwrapper が使う仮想環境の場所を指定します。デフォルト設定は ``$HOME/.virtualenvs`` です。virtualenvwrapper が読み込まれたときにそのディレクトリが存在しない場合は、自動的に作成されます。
+
+..
+    Location of Project Directories
+    -------------------------------
+
+.. _variable-PROJECT_HOME:
+
+プロジェクトディレクトリの場所
+------------------------------
+
+..
+    The variable ``PROJECT_HOME`` tells virtualenvwrapper where to place
+    your project working directories.  The variable must be set and the
+    directory created before :ref:`command-mkproject` is used.
+
+環境変数 ``PROJECT_HOME`` は、virtualenvwrapper が使うプロジェクトのワークディレクトリの場所を指定します。この環境変数は :ref:`command-mkproject` を利用する前に設定して、そのディレクトリを作成しておく必要があります。
+
+.. seealso::
+
+   * :ref:`project-management`
+
+..
+    Project Linkage Filename
+    ------------------------
+
+.. _variable-VIRTUALENVWRAPPER_PROJECT_FILENAME:
+
+プロジェクトのリンクファイル名
+------------------------------
+
+..
+    The variable ``VIRTUALENVWRAPPER_PROJECT_FILENAME`` tells
+    virtualenvwrapper how to name the file linking a virtualenv to a
+    project working directory. The default is ``.project``.
+
+環境変数 ``VIRTUALENVWRAPPER_PROJECT_FILENAME`` は、virtualenvwrapper が使う、プロジェクトのワークディレクトリに対して virtualenv をリンクするファイル名を指定します。
+
+.. seealso::
+
+   * :ref:`project-management`
+
+..
+    Location of Hook Scripts
+    ------------------------
+
+.. _variable-VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR:
+
+フックスクリプトの場所
+----------------------
+
+..
+    The variable ``VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR`` tells virtualenvwrapper
+    where the :ref:`user-defined hooks <scripts>` should be placed. The
+    default is ``$WORKON_HOME``.
+
+環境変数 ``VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR`` は、virtualenvwrapper が使う :ref:`ユーザー定義のフック <scripts>` が保存される場所を指定します。デフォルト設定 ``$WORKON_HOME`` です。
+
+.. seealso::
+
+   * :ref:`scripts`
+
+..
+    Location of Hook Logs
+    ---------------------
+
+.. _variable-VIRTUALENVWRAPPER_LOG_DIR:
+
+フックログの場所
+----------------
+
+..
+    The variable ``VIRTUALENVWRAPPER_LOG_DIR`` tells virtualenvwrapper
+    where the logs for the hook loader should be written. The default is
+    ``$WORKON_HOME``.
+
+環境変数 ``VIRTUALENVWRAPPER_LOG_DIR`` は、virtualenvwrapper のフックローダーが書き込むログの場所を指定します。デフォルト設定 ``$WORKON_HOME`` です。
+
+.. _variable-VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV:
+
+.. _variable-VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV_ARGS:
+
+.. _variable-VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON:
+
+Python インタープリターと virtualenv と $PATH
+---------------------------------------------
+
+..
+    Python Interpreter, virtualenv, and $PATH
+    -----------------------------------------
+
+..
+    During startup, ``virtualenvwrapper.sh`` finds the first ``python``
+    and ``virtualenv`` programs on the ``$PATH`` and remembers them to use
+    later.  This eliminates any conflict as the ``$PATH`` changes,
+    enabling interpreters inside virtual environments where
+    virtualenvwrapper is not installed or where different versions of
+    virtualenv are installed.  Because of this behavior, it is important
+    for the ``$PATH`` to be set **before** sourcing
+    ``virtualenvwrapper.sh``.  For example::
+
+起動ファイルの読み込み時に ``virtualenvwrapper.sh`` は、最初に ``$PATH`` 上の ``python`` と ``virtualenv`` を見つけて、後で使うためにその情報を覚えておきます。これは virtualenvwrapper がインストールされていない、または別のバージョンの virtualenv がインストールされた仮想環境内部でインタープリタを有効にしていながら ``$PATH`` 変更による競合が起こらないようにします。この動作の理由は ``virtualenvwrapper.sh`` を source する **前に** 設定された ``$PATH`` が重要だからです。
+
+例えば::
+
+    export PATH=/usr/local/bin:$PATH
+    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
+
+..
+    To override the ``$PATH`` search, set the variable
+    ``VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON`` to the full path of the interpreter to
+    use and ``VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV`` to the full path of the
+    ``virtualenv`` binary to use. Both variables *must* be set before
+    sourcing ``virtualenvwrapper.sh``.  For example::
+
+``$PATH`` の探索を上書きするには、
+利用するインタープリターのフルパスを指定した ``VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON`` と、
+利用する ``virtualenv`` バイナリ指定した ``VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV`` のフルパスを設定してください。
+両方の環境変数は ``virtualenvwrapper.sh`` が source される前に *設定する必要があります* 。
+
+例えば::
+
+    export VIRTUALENVWRAPPER_PYTHON=/usr/local/bin/python
+    export VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV=/usr/local/bin/virtualenv
+    source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
+
+..
+    Default Arguments for virtualenv
+    --------------------------------
+
+virtualenv のデフォルト引数
+---------------------------
+
+..
+    If the application identified by ``VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV``
+    needs arguments, they can be set in
+    ``VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV_ARGS``. The same variable can be used
+    to set default arguments to be passed to ``virtualenv``. For example,
+    set the value to ``--no-site-packages`` to ensure that all new
+    environments are isolated from the system ``site-packages`` directory.
+
+``VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV`` で指定されたアプリケーションが引数を取るなら、その引数を ``VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV_ARGS`` に設定できます。この環境変数は ``virtualenv`` に渡すデフォルト引数を設定するのにも使えます。例えば、システムの ``site-packages`` ディレクトリと独立した仮想環境を毎回新たに作成するには、 ``--no-site-packages`` をその値として設定します。
+
+::
+
+    export VIRTUALENVWRAPPER_VIRTUALENV_ARGS='--no-site-packages'
+
+..
     Temporary Files
-    ===============
+    ---------------
 
 一時ファイル
-============
+------------
 
 ..
     virtualenvwrapper creates temporary files in ``$TMPDIR``.  If the
 virtualenvwrapper は ``$TMPDIR`` に一時ファイルを作成します。その環境変数がセットされていない場合は ``/tmp`` を使用します。virtualenvwrapper 向けだけの一時ファイルの作成場所を変更するには ``VIRTUALENVWRAPPER_TMPDIR`` をセットしてください。
 
 ..
+    Site-wide Configuration
+    -----------------------
+
+サイト全体の設定
+----------------
+
+..
+    Most UNIX systems include the ability to change the configuration for
+    all users. This typically takes one of two forms: editing the
+    *skeleton* files for new accounts or editing the global startup file
+    for a shell.
+
+ほとんどの UNIX システムは、全てのユーザーに設定を適用する機能を提供します。これは典型的に2つの方法のいずれかを取ります。新しいアカウントの作成時の *skeleton* ファイルを編集するか、シェルのグローバルな起動ファイルを編集するかです。
+
+..
+    Editing the skeleton files for new accounts means that each new user
+    will have their private startup files preconfigured to load
+    virtualenvwrapper. They can disable it by commenting out or removing
+    those lines. Refer to the documentation for the shell and operating
+    system to identify the appropriate file to edit.
+
+新しいアカウントの作成時にスケルトンファイルを編集する方法は、各ユーザーが virtualenvwrapper を読み込むようにあらかじめ設定された自分たちの起動ファイルをもちます。各ユーザーは、起動ファイルの該当行をコメントアウトしたり、削除することで設定を無効にできます。編集する必要のある適切なファイルを把握するには、オペレーティングシステム、またはシェルのドキュメントを参照してください。
+
+..
+    Modifying the global startup file for a given shell means that all
+    users of that shell will have virtualenvwrapper enabled, and they
+    cannot disable it. Refer to the documentation for the shell to
+    identify the appropriate file to edit.
+
+特定シェルのグローバルの起動ファイルを変更する方法は、そのシェルの全ユーザーに対して virtualenvwrapper が有効となり、各ユーザーが無効にすることはできません。編集する必要のある適切なファイルを把握するには、オペレーティングシステム、またはシェルのドキュメントを参照してください。
+
+..
+    Upgrading to 2.9
+    ================
+
+2.9 へのアップグレード
+======================
+
+..
+    Version 2.9 includes the features previously delivered separately by
+    ``virtualenvwrapper.project``.  If you have an older verison of the
+    project extensions installed, remove them before upgrading.
+
+バージョン 2.9 は、それまで別で配布していた ``virtualenvwrapper.project`` の機能を提供します。そのプロジェクト拡張の古いバージョンをインストールしているなら、アップグレード前にそれらを削除してください。
+
+..
     Upgrading from 1.x
     ==================