Commits

Tetsuya Morimoto committed d2388ab

merged the changes (r369:550) for Japanese translation in scripts.rst

  • Participants
  • Parent commits c77fc91

Comments (0)

Files changed (1)

File docs/ja/scripts.rst

 
 エンドユーザのカスタマイズスクリプトは *読み込み* (シェル環境を変更できる) されるか、適切な条件で外部プログラムのように *実行* されるかのどちらかです。
 
+..
+    The global scripts applied to all environments should be placed in the
+    directory named by :ref:`VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR
+    <variable-VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR>`. The local scripts should be
+    placed in the ``bin`` directory of the virtualenv.
+
+全ての環境に適用されるグローバルスクリプトは、 :ref:`VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR <variable-VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR>` で指定したディレクトリに置きます。ローカルスクリプトは virtualenv の ``bin`` ディレクトリに置きます。
+
 .. _scripts-get_env_details:
 
 get_env_details
   :読み込み/実行: 実行
 
 ..
-    ``$WORKON_HOME/get_env_details`` is run when ``workon`` is run with no
+    ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/get_env_details`` is run when ``workon`` is run with no
     arguments and a list of the virtual environments is printed.  The hook
     is run once for each environment, after the name is printed, and can
     print additional information about that environment.
 
-``$WORKON_HOME/get_env_details`` は ``workon`` が引数無しで実行されるときに実行されます。そして、仮想環境のリストを表示します。仮想環境の名前が表示された後で、そのフックは環境毎に一度実行されて、その環境に関する追加情報を表示します。
+``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/get_env_details`` は ``workon`` が引数無しで実行されるときに実行されます。そして、仮想環境のリストを表示します。仮想環境の名前が表示された後で、そのフックは環境毎に一度実行されて、その環境に関する追加情報を表示します。
 
 .. _scripts-initialize:
 
   :読み込み/実行: 読み込み
 
 ..
-    ``$WORKON_HOME/initialize`` is sourced when ``virtualenvwrapper.sh``
+    ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/initialize`` is sourced when ``virtualenvwrapper.sh``
     is loaded into your environment.  Use it to adjust global settings
     when virtualenvwrapper is enabled.
 
-あなたの環境に ``virtualenvwrapper.sh`` を読み込むときに ``$WORKON_HOME/initialize`` が読み込まれます。virtualenvwrapper が有効になるときにグローバルな設定を調整するために使用してください。
+あなたの環境に ``virtualenvwrapper.sh`` を読み込むときに ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/initialize`` が読み込まれます。virtualenvwrapper が有効になるときにグローバルな設定を調整するために使用してください。
 
 .. _scripts-premkvirtualenv:
 
   :読み込み/実行: 実行
 
 ..
-    ``$WORKON_HOME/premkvirtualenv`` is run as an external program after
+    ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/premkvirtualenv`` is run as an external program after
     the virtual environment is created but before the current environment
     is switched to point to the new env. The current working directory for
     the script is ``$WORKON_HOME`` and the name of the new environment is
     passed as an argument to the script.
 
-``$WORKON_HOME/premkvirtualenv`` は仮想環境が作成された後で外部プログラムのように実行されますが、カレントの環境が新しい環境へ切り替わる前に実行されます。そのスクリプトのカレントワークディレクトリは ``$WORKON_HOME`` で、そのスクリプトへの引数として新しい環境の名前が渡されます。
+``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/premkvirtualenv`` は仮想環境が作成された後で外部プログラムのように実行されますが、カレントの環境が新しい環境へ切り替わる前に実行されます。そのスクリプトのカレントワークディレクトリは ``$WORKON_HOME`` で、そのスクリプトへの引数として新しい環境の名前が渡されます。
 
 .. _scripts-postmkvirtualenv:
 
   :読み込み/実行: 読み込み
 
 ..
-    ``$WORKON_HOME/postmkvirtualenv`` is sourced after the new environment
-    is created and activated.
+    ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/postmkvirtualenv`` is sourced after the new environment
+    is created and activated. If the ``-a`` <project_path> flag was used,
+    the link to the project directory is set up before this script is sourced.
 
-``$WORKON_HOME/postmkvirtualenv`` は新しい環境が作成されてアクティブ化された後で読み込まれます。
+``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/postmkvirtualenv`` は、新しい環境が作成されてアクティブ化された後で読み込まれます。 ``-a`` <project_path> フラグを指定された場合、このスクリプトを読み込む前にプロジェクトディレクトリへのリンクを設定します。
 
 .. _scripts-precpvirtualenv:
 
   :読み込み/実行: 実行
 
 ..
-    ``$WORKON_HOME/precpvirtualenv`` is run as an external program after
+    ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/precpvirtualenv`` is run as an external program after
     the source environment is duplicated and made relocatable, but before
     the ``premkvirtualenv`` hook is run or the current environment is
     switched to point to the new env. The current working directory for
     the script is ``$WORKON_HOME`` and the names of the source and new
     environments are passed as arguments to the script.
 
-``$WORKON_HOME/precpvirtualenv`` は元の環境が複製されて再配置可能になるときに外部プログラムのように実行されますが、 ``premkvirtualenv`` フックが実行される前、もしくはカレントの環境が新しい環境へ切り替わる前に実行されます。そのスクリプトのカレントワークディレクトリは ``$WORKON_HOME`` で、そのスクリプトへの引数として元の環境名と新しい環境名が渡されます。
+``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/precpvirtualenv`` は元の環境が複製されて再配置可能になるときに外部プログラムのように実行されますが、 ``premkvirtualenv`` フックが実行される前、もしくはカレントの環境が新しい環境へ切り替わる前に実行されます。そのスクリプトのカレントワークディレクトリは ``$WORKON_HOME`` で、そのスクリプトへの引数として元の環境名と新しい環境名が渡されます。
 
 .. _scripts-postcpvirtualenv:
 
   :読み込み/実行: 読み込み
 
 ..
-    ``$WORKON_HOME/postmkvirtualenv`` is sourced after the new environment
+    ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/postcpvirtualenv`` is sourced after the new environment
     is created and activated.
 
-``$WORKON_HOME/postmkvirtualenv`` は新しい環境が作成されてアクティブ化された後で読み込まれます。
+``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/postcpvirtualenv`` は新しい環境が作成されてアクティブ化された後で読み込まれます。
 
 .. _scripts-preactivate:
 
   :読み込み/実行: 実行
 
 ..
-    The global ``$WORKON_HOME/preactivate`` script is run before the new
+    The global ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/preactivate`` script is run before the new
     environment is enabled.  The environment name is passed as the first
     argument.
 
-グローバルの ``$WORKON_HOME/preactivate`` スクリプトは新しい仮想環境が有効になる前に実行されます。その環境名は1番目の引数として渡されます。
+グローバルの ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/preactivate`` スクリプトは新しい仮想環境が有効になる前に実行されます。その環境名は1番目の引数として渡されます。
 
 ..
     The local ``$VIRTUAL_ENV/bin/preactivate`` hook is run before the new
   :読み込み/実行: 読み込み
 
 ..
-    The global ``$WORKON_HOME/postactivate`` script is sourced after the
+    The global ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/postactivate`` script is sourced after the
     new environment is enabled. ``$VIRTUAL_ENV`` refers to the new
     environment at the time the script runs.
 
-グローバルの ``$WORKON_HOME/postactivate`` スクリプトは新しい仮想環境が有効になった後で読み込まれます。 ``$VIRTUAL_ENV`` はそのスクリプトが実行されるときに新しい環境を参照します。
+グローバルの ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/postactivate`` スクリプトは新しい仮想環境が有効になった後で読み込まれます。 ``$VIRTUAL_ENV`` はそのスクリプトが実行されるときに新しい環境を参照します。
 
 ..
     This example script adds a space between the virtual environment name
 ローカルの ``$VIRTUAL_ENV/bin/predeactivate`` スクリプトはカレントの仮想環境が非アクティブ化される前に読み込まれます。そして、あなたの環境の設定をクリアしたり、無効にするために使用されます。 ``$VIRTUAL_ENV`` はそのスクリプトが実行されるときに古い環境を参照します。
 
 ..
-    The global ``$WORKON_HOME/predeactivate`` script is sourced before the
+    The global ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/predeactivate`` script is sourced before the
     current environment is deactivated.  ``$VIRTUAL_ENV`` refers to the
     old environment at the time the script runs.
 
-グローバルの ``$WORKON_HOME/predeactivate`` スクリプトはカレントの仮想環境が非アクティブ化される前に読み込まれます。 ``$VIRTUAL_ENV`` はそのスクリプトが実行されるときに古い環境を参照します。
+グローバルの ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/predeactivate`` スクリプトはカレントの仮想環境が非アクティブ化される前に読み込まれます。 ``$VIRTUAL_ENV`` はそのスクリプトが実行されるときに古い環境を参照します。
 
 .. _scripts-postdeactivate:
 
   :読み込み/実行: 実行
 
 ..
-    The ``$WORKON_HOME/prermvirtualenv`` script is run as an external
+    The ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/prermvirtualenv`` script is run as an external
     program before the environment is removed. The full path to the
     environment directory is passed as an argument to the script.
 
-``$WORKON_HOME/prermvirtualenv`` スクリプトは仮想環境が削除される前に外部コマンドのように実行されます。そのスクリプトへの引数としてその環境のディレクトリに対するフルパスが渡されます。
+``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/prermvirtualenv`` スクリプトは仮想環境が削除される前に外部コマンドのように実行されます。そのスクリプトへの引数としてその環境のディレクトリに対するフルパスが渡されます。
 
 .. _scripts-postrmvirtualenv:
 
   :読み込み/実行: 実行
 
 ..
-    The ``$WORKON_HOME/postrmvirtualenv`` script is run as an external
+    The ``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/postrmvirtualenv`` script is run as an external
     program after the environment is removed. The full path to the
     environment directory is passed as an argument to the script.
 
-``$WORKON_HOME/postrmvirtualenv`` スクリプトは仮想環境が削除された後で外部コマンドのように実行されます。そのスクリプトへの引数としてその環境のディレクトリに対するフルパスが渡されます。
+``$VIRTUALENVWRAPPER_HOOK_DIR/postrmvirtualenv`` スクリプトは仮想環境が削除された後で外部コマンドのように実行されます。そのスクリプトへの引数としてその環境のディレクトリに対するフルパスが渡されます。
+
+.. _scripts-premkproject:
+
+premkproject
+===============
+
+  .. :Global/Local: global
+     :Argument(s): name of new project
+     :Sourced/Run: run
+
+  :グローバル/ローカル: グローバル
+  :引数: 新しいプロジェクト名
+  :読み込み/実行: 実行
+
+..
+    ``$WORKON_HOME/premkproject`` is run as an external program after the
+    virtual environment is created and after the current environment is
+    switched to point to the new env, but before the new project directory
+    is created. The current working directory for the script is
+    ``$PROJECT_HOME`` and the name of the new project is passed as an
+    argument to the script.
+
+``$WORKON_HOME/premkproject`` は、仮想環境が作成されてカレントの環境が新しい環境を指すように切り替わった後で、外部プログラムとして実行されます。
+但し、そのタイミングは新しいプロジェクトディレクトリが作成される前です。
+このスクリプトのカレントのワークディレクトリは ``$PROJECT_HOME`` となり、新しいプロジェクト名がこのスクリプトの引数として渡されます。
+
+.. _scripts-postmkproject:
+
+postmkproject
+================
+
+  .. :Global/Local: global
+     :Argument(s): none
+     :Sourced/Run: sourced
+
+  :グローバル/ローカル: グローバル
+  :引数: 無し
+  :読み込み/実行: 読み込み
+
+..
+    ``$WORKON_HOME/postmkproject`` is sourced after the new environment
+    and project directories are created and the virtualenv is activated.
+    The current working directory is the project directory.
+
+``$WORKON_HOME/postmkproject`` は、新しい環境とプロジェクトディレクトリが作成されて virtualenv がアクティブ化された後で読み込まれます。カレントのワークディレクトリはプロジェクトディレクトリです。