Commits

camlspotter  committed d6eb29d

escape

  • Participants
  • Parent commits 311c28d

Comments (0)

Files changed (1)

 
 OCaml コンパイラソースコードで make opt の後に make opt.opt を行うと作成される。
 通常の ocamlc, ocamlopt は bytecode で実行される。 
-*.opt コンパイラは native にコンパイルされているため bytecode へとコンパイルされたコンパイラより実行速度が早い。
+\*.opt コンパイラは native にコンパイルされているため bytecode へとコンパイルされたコンパイラより実行速度が早い。
 (Bytecode 版コンパイラがひどく遅いわけではない。)
 
 ocamlc, ocamlopt 以外のツールにも native code バージョンが存在する。
 =================
 ocamldep は複数の OCaml プログラムファイル間の依存関係を抽出するツール。
 結果は Makefile の依存書式で出力される。通常は、
-ocamldep *.ml *.mli > .depend
+ocamldep \*.ml \*.mli > .depend
 として依存情報をファイルに書きだし、それを Makefile 等で include する。
 
 Makefile を使った OCaml ソフトウェアを見れば、まず使用されているので、それらを参考に。