Source

ocaml-zippy-tutorial-in-japanese / caml_bool.rst

Diff from to

caml_bool.rst

 OCaml の真偽値型 ``bool``
 =============================
 
-OCaml の真偽値の型は ``bool`` その *コンストラクタ* は ``true`` と ``false`` である。
-``true`` と ``false`` は小文字で始まっているが、変数ではなく、 ``Some`` や ``None`` と同じコンストラクタである。よってパターンの中に書ける::
+OCaml の真偽値の型は ``bool`` その *コンストラクタ* は ``true`` と ``false`` である。 ``true`` と ``false`` は小文字で始まっているが、変数ではなく、 ``Some`` や ``None`` と同じヴァリアントコンストラクタである。よってパターンの中に書ける::
 
+    (* true の数を数える *)
     function 
       | (true, true) -> 2
       | (true, false) | (false, true) -> 1
       | (false, false) -> 0
 
+``bool`` の文字列への出力
+-------------------------------
+
 ``Printf`` のフォーマット文字列中で ``%b`` を使うことで ``bool`` を出力させることができる::
 
     # Printf.sprintf "%b" true;;
     - : string = "true"
-