HTTPS SSH

Configuration + Go = CFGO

設定ファイルの読み込み時にいちいち拡張子からフォーマットを判別するのが面倒になったので、 その辺をやってくれるライブラリがほしくなったのが理由で作りました。

使い方 - Usage

YAMLからXMLとJSONにする例

対応拡張子を変更する

import "bitbucket.org/chiku2gonzalez/cfgo"
import "bitbucket.org/chiku2gonzalez/cfgo/driver/json"

// Setup custom driver.
driver := json.NewDriver()
driver.Suffixes = []string{
    ".json",  // Basic JSON
    ".js",    // JavaScript File
    ".lock",  // ex) Composer.lock
}

// Replace driver.
cfgo.Register("json", driver)

作者 - Author

TANAKA Kenichi aka chikuchikugonzalez (ちくちく('ω')ごんざれす)

ライセンス - LICENSE

MIT License