Source

cointoss1973.bitbucket.org / thg / manual / 2.4-ja / _sources / init.txt

新しいリポジトリを作成する
==========================

.. module:: init.dialog
	:synopsis: 新しいリポジトリの作成に使用するダイアログ

既存のディレクトリ (プロジェクト) に新しくリポジトリを作成するには、
リポジトリ初期化ダイアログを開きます。エクスプローラで、プロジェクトの
ルートディレクトリ内またはディレクトリそのものの右クリックメニューから
:menuselection:`TortoiseHg... --> ここにリポジトリを作成` を選択するか、
コマンドラインから :command:`hgtk init` を実行してください。

.. figure:: figures/init.png
	:alt: 初期化ダイアログ

	リポジトリ初期化ダイアログ

:guilabel:`作成先`
	リポジトリを作成するディレクトリを指定してください。カレントディレクトリが
	初期ディレクトリとして指定されるため、作成したいディレクトリから起動すれば
	特に変更する必要はありません。
:guilabel:`特殊ファイルを追加する (.hgignoreなど)`
	これにチェックを入れると TortoiseHg は空の :file:`.hgignore` ファイルを
	作業ディレクトリに作成します。
:guilabel:`Mercurial 1.0 互換のリポジトリを作成`
	これにチェックを入れると TortoiseHg は古い形式の Mercurial リポジトリを
	作成します。自分が何をしているのか十分に理解していて、どうしてもそうしなければ
	ならない場合のみチェックを入れてください。

リポジトリの新規作成は :file:`.hg` ディレクトリの作成を意味し、
このディレクトリで Mercurial はすべてのバージョン情報を保持しています。

.. warning::
	:file:`.hg` ディレクトリ内のファイルを編集するのは非常に危険です。
	リポジトリの破損を招きます。ただし :file:`.hg/hgrc` のみ例外的に
	編集が認められています。

コマンドラインからの実行
------------------------

リポジトリ初期化ツールはコマンドラインから起動することもできます: ::

	hgtk init

コマンドの構文は: ::

	hgtk init [DEST]

となっており、[DEST] には作成先のディレクトリを指定します。

.. vim: noet ts=4