Commits

Katsunori FUJIWARA committed 149a4c8

fix some reported problems in translated messages

Comments (0)

Files changed (1)

 "Project-Id-Version: Mercurial\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: <mercurial-devel@selenic.com>\n"
 "POT-Creation-Date: 2013-10-29 20:29+0900\n"
-"PO-Revision-Date: 2013-10-31 02:30+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2013-10-31 03:00+0900\n"
 "Last-Translator: Japanese translation team <mercurial-ja@googlegroups.com>\n"
 "Language-Team: Japanese\n"
 "Language: ja\n"
 "bugzilla.regexp\n"
 "  状態更新対象のバグID群を、 コミットログから抽出するための正規表現。\n"
 "  非数値文字で区切られたバグID群に合致する ``<ids>`` 名のグループ記述\n"
-"  ( \"()\") が必須です。 バグに対する作業時間を表す、 数点数に合致する\n"
+"  ( \"()\") が必須です。 バグに対する作業時間を表す、 数点数に合致する\n"
 "  ``<hours>`` 名グループも記述可能です。 名前付きグループ記述が無い場合、\n"
 "  最初の \"()\" グループがバグID群に、 作業時間の更新は無し、\n"
 "  とみなされます。 デフォルトの正規表現は ``Bug 1234``、 ``Bug no.\n"
 "bugzilla.fixregexp\n"
 "  「解決済み」化するバグID群を、 コミットログから抽出するための正規表現。\n"
 "  非数値文字で区切られたバグID群に合致する ``<ids>`` 名のグループ記述\n"
-"  ( \"()\") が必須です。 バグに対する作業時間を表す、 数点数に合致する\n"
+"  ( \"()\") が必須です。 バグに対する作業時間を表す、 数点数に合致する\n"
 "  ``<hours>`` 名グループも記述可能です。 名前付きグループ記述が無い場合、\n"
 "  最初の \"()\" グループがバグID群に、 作業時間の更新は無し、\n"
 "  とみなされます。 デフォルトの正規表現は、 ``Fixes 1234``、 ``Fixes bug\n"
 "                     # disable is given"
 msgstr ""
 "  [progress]\n"
-"  delay = 3 # 進捗率表示までの猶予秒数 (浮動数指定)\n"
+"  delay = 3 # 進捗率表示までの猶予秒数 (浮動数指定)\n"
 "  changedelay = 1 # 新規トピック表示までの最小猶予時間。\n"
 "                  # 3 * refresh よりも小さい値の場合は、\n"
 "                  # この設定は無視されます。\n"
 "    "
 
 msgid "bookmark names cannot consist entirely of whitespace"
-msgstr "空白文字だけで構成されたタグ名は不正です"
+msgstr "空白文字だけで構成されたブックマーク名は不正です"
 
 #, python-format
 msgid "moving bookmark '%s' forward from %s\n"
 "    most recently added to the repository (and therefore the most\n"
 "    recently changed head)."
 msgstr ""
-"    tip リビジョン(一般には単に tip と表記)とは、 リポジトリおいて最も\n"
-"    新しく追加されたリビジョンであると同時に、 最も新しく変更されたヘッド\n"
-"    のことでもあります。"
+"    tip リビジョン (一般には単に tip と表記) とは、 リポジトリにおける、\n"
+"    最新の追加リビジョンです (最新の変更されたヘッドでもあります)"
 
 msgid ""
 "    If you have just made a commit, that commit will be the tip. If\n"
 
 #, python-format
 msgid "no definition for alias '%s'\n"
-msgstr "'%s' を別名に持つコマンドはありません\n"
+msgstr "別名コマンド '%s' には実行対象の記述がありません\n"
 
 #, python-format
 msgid ""
 "    PEM 符号化形式の証明書認証局証明書一覧格納ファイルへのパス。\n"
 "    ファイル名記述における環境変数および ``~user`` 記述は置換されます。\n"
 "    本項目が、 クライアント側で記述された場合、 指定された証明書により、\n"
-"    HTTPS サーバが認証されます。 ファイルの形式例を以下に示します。"
+"    HTTPS サーバが認証されます。"
 
 msgid ""
 "    This feature is only supported when using Python 2.6 or later. If you "
 "if needed. See :hg:`help -v phase` for examples."
 msgstr ""
 "予期せぬ類似リビジョン生成回避のため、 mq/rebase 等のエクステンションは、\n"
-"一旦 public 化されたリビジョンを処理対処にできません。\n"
+"一旦 public 化されたリビジョンを、 変更/破棄の対象にできません。\n"
 "必要であれば :hg:`phase` コマンドによる手動でのフェーズ変更も可能です。\n"
 "実行例に関しては :hg:`help -v phase` を参照してください。"