1. Katsunori FUJIWARA
  2. mercurial-translation-ja

Commits

Katsunori FUJIWARA  committed 262a32d Merge

IMPORT: merge sync-line => downstream-line

  • Participants
  • Parent commits 7363071, f57e3d9
  • Branches downstream-line

Comments (0)

Files changed (2)

File .hgtags

View file
  • Ignore whitespace
 b05558a6362de502b18f51064637b7051ce4dd0b official_2.7
 8b90af2ae7d93302ba7176790fd3ab54a6bfef9c official_2.8
 427319af6a30eeebb1981328e0a3386e4a12ae6f official_2.8.1
+a08dc81d5068e98952e42bbd020b6c381d5911e7 official_2.8.2

File ja.po

View file
  • Ignore whitespace
 "Project-Id-Version: Mercurial\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: <mercurial-devel@selenic.com>\n"
 "POT-Creation-Date: 2013-12-30 21:16+0900\n"
-"PO-Revision-Date: 2013-11-28 20:03+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2013-12-30 21:26+0900\n"
 "Last-Translator: Japanese translation team <mercurial-ja@googlegroups.com>\n"
 "Language-Team: Japanese\n"
 "Language: ja\n"
 "                  # 3 * refresh よりも小さい値の場合は、\n"
 "                  # この設定は無視されます。\n"
 "  refresh = 0.1 # 進捗率表示更新間隔の秒数\n"
-"  format = topic bar number estimate # format of the progress bar\n"
+"  format = topic bar number estimate # 進捗率表示の形式指定\n"
 "  width = <none> # 進捗率表示の最大カラム数\n"
 "                 # (width 設定と画面幅の小さい方が有効になります)\n"
 "  clear-complete = True # 実行完了時の進捗率表示クリアの有無\n"
 "    はリビジョンのスキップ、 127 (コマンド不在) は探索の中止、\n"
 "    その他の非 0 終了コードは bad とみなされます。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "      - start a bisection with known bad revision 34, and good revision 12::"
 msgstr ""
-"      - 既知の bad なリビジョン 12 と good なリビジョン 34 から探索開始::"
+"      - 既知の bad なリビジョン 34 と good なリビジョン 12 から探索開始::"
 
 msgid ""
 "          hg bisect --bad 34\n"
 msgid "          hg log -r \"bisect(range)\""
 msgstr "          hg log -r \"bisect(range)\""
 
-#, fuzzy
 msgid "      - you can even get a nice graph::"
-msgstr "      - graphlog エクステンション有効時は、履歴ツリー表示も可能::"
+msgstr "      - ASCII文字による履歴ツリー表示も可能::"
 
 msgid "          hg log --graph -r \"bisect(range)\""
 msgstr "          hg log --graph -r \"bisect(range)\""
 msgid "Example for ``~/.hgrc``::"
 msgstr "``~/.hgrc`` 記述例を以下に示します::"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "  [extensions]\n"
 "  # (the progress extension will get loaded from Mercurial's path)\n"
 "  myfeature = ~/.hgext/myfeature.py"
 msgstr ""
 "  [extensions]\n"
-"  # (mq エクステンションは Mercurial 同梱のものが読み込まれます)\n"
-"  mq =\n"
+"  # (progress エクステンションは Mercurial 同梱のものが読み込まれます)\n"
+"  progress =\n"
 "  # (以下のエクステンションは指定のパスから読み込まれます)\n"
 "  myfeature = ~/.hgext/myfeature.py"
 
 "Cset\n"
 "    「チェンジセット」の略記。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "DAG\n"
 "    The repository of changesets of a distributed version control\n"
 "    分散構成管理システム (DVCS) のリポジトリにおけるリビジョン群は、\n"
 "    リビジョンに相当するノード (node) と、 親〜子の関係に相当するエッジ\n"
 "    (edge) から成る、 非循環有向グラフ (directed acyclic graph:DAG)\n"
-"    として表すことができます。 このグラフは、 :hg:`glog` (graphlog)\n"
+"    として表すことができます。 このグラフは、 :hg:`log --graph`\n"
 "    などにより可視化できます。 各リビジョンは最大2つの親しか持てない、\n"
 "    というのが、 Mercurial の DAG における制約です。(※ 訳注:\n"
 "    多くのケースで DAG は 「履歴ツリー」 的なニュアンスで用いられるため、\n"
 "    共有されないことから、 履歴改変エクステンションを適用可能です。\n"
 "    :hg:`help phases` を参照してください。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Graph\n"
 "    See DAG and :hg:`log --graph`."
 msgstr ""
 "Graph\n"
-"    DAG および :hg:`help graphlog` を参照してください。"
+"    用語集の DAG の項目および :hg:`log --graph` 出力を参照してください。"
 
 msgid ""
 "Head\n"