Commits

Katsunori FUJIWARA committed 377182e

translate for 2a1fac3650a5@SRC

Comments (0)

Files changed (1)

 # change                チェンジセット/差分
 # changegroup( file)    バンドルファイル
 # changeset             リビジョン (or 「チェンジセット」/「変更内容」)
+# changeset description コミットログ
 # changeset hash        ハッシュ値
 # changeset header      ヘッダ情報
 # changeset log         コミットログ
 # commit                コミット
 # commit comment        コミットログ
 # commit message        コミットログ
+# commit text           コミットログ
 # copy(of file, repo)   複製
 # default(, by)         指定が無い場合/通常は
 # delete                (作業領域からの)ファイル削除
+# description(, changeset) コミットログ
 # diff                  差分
 # directory             ディレクトリ
 # dirstate              dirstate
 msgstr "未知の色/効果指定 %r を無視(color.%s で設定記述)\n"
 
 #. i18n: "label" is a keyword
-#, fuzzy
 msgid "label expects two arguments"
-msgstr "fill の引数は1つないし2つです"
+msgstr "label の引数は2つです"
 
 #. i18n: 'always', 'auto', and 'never' are keywords and should
 #. not be translated
 "        environment variable) for changeset date/times. The default\n"
 "        is False (use UTC)."
 msgstr ""
-
-#, fuzzy
+"    :convert.localtimezone: 新規リビジョンの作成日時情報に、 実行環境の、\n"
+"        タイムゾーンを使用します (TZ 環境変数から推定)。 デフォルト値は\n"
+"        False です (UTC として扱います)。"
+
 msgid ""
 "    :hooks.cvslog: Specify a Python function to be called at the end of\n"
 "        gathering the CVS log. The function is passed a list with the\n"
 "        log entries, and can modify the entries in-place, or add or\n"
 "        delete them."
 msgstr ""
-"    :hook.cvslog: CVS のログ収集処理後に呼ばれる Python 関数。\n"
+"    :hooks.cvslog: CVS のログ収集処理後に呼ばれる Python 関数。\n"
 "        関数呼び出しの際には、 ログエントリの一覧が渡され、\n"
 "        一覧要素の改変や、 追加/削除を、 直接実施できます。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "    :hooks.cvschangesets: Specify a Python function to be called after\n"
 "        the changesets are calculated from the CVS log. The\n"
 "        function is passed a list with the changeset entries, and can\n"
 "        modify the changesets in-place, or add or delete them."
 msgstr ""
-"    :hook.cvschangesets: CVS ログからのリビジョン算出完了後に呼ばれる\n"
+"    :hooks.cvschangesets: CVS ログからのリビジョン算出完了後に呼ばれる\n"
 "        Python 関数。 関数呼び出しの際には、 リビジョン一覧が渡され、\n"
 "        リビジョンの改変や、 追加/削除を、 直接実施できます。"
 
 msgid "reading cvs log cache %s\n"
 msgstr "CVS ログキャッシュ %s 読み込み中\n"
 
-#, fuzzy
 msgid "ignoring old cache\n"
-msgstr "空ブランチ %s を無視します\n"
+msgstr "古いログキャッシュを無視します\n"
 
 #, python-format
 msgid "cache has %d log entries\n"
 msgid "cannot read %r object at %s"
 msgstr "%r オブジェクトが %s から読み込めません"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "cannot read submodules config file in %s"
-msgstr "%s の変更を読み込めません"
+msgstr "%s におけるサブモジュールの設定ファイルが読み込めません"
 
 #, python-format
 msgid "cannot read changes in %s"
 " pick 030b686bedc4 Add gamma\n"
 " pick 7c2fd3b9020c Add delta"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 " # Edit history between c561b4e977df and 7c2fd3b9020c\n"
 " #\n"
 " #  m, mess = edit message without changing commit content\n"
 " #"
 msgstr ""
-" # 633536316234 から 7c2fd3b9020c にかけての履歴の編集\n"
+" # c561b4e977df から 7c2fd3b9020c にかけての履歴の編集\n"
 " #\n"
 " # 指定可能コマンド:\n"
 " #  p, pick = リビジョンを採用\n"
 "``hg histedit --abort`` 実行によって、 これまでの作業成果が破棄され、\n"
 "履歴は改変前の状態に戻ります。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "If we clone the histedit-ed example repository above and add four more\n"
 "changes, such that we have the following history::"
 msgstr ""
-"上記の実行例におけるリポジトリを複製し、 そこで履歴をつ追加した結果、\n"
+"改変済みの実行例リポジトリを複製し、 そこで履歴を4つ追加した結果、\n"
 "以下の様な履歴になったものと仮定します::"
 
 msgid ""
 msgstr ""
 "複数行に渡る展開や、 CVS の $Log$ のような増加する内容の展開は\n"
 "未サポートです。 キーワードテンプレート設定 \"Log = {desc}\" は、\n"
-"コミットメッセージの最初の一行を埋め込みます。\n"
+"コミットログの最初の一行を埋め込みます。\n"
 
 #, python-format
 msgid "overwriting %s expanding keywords\n"
 
 #, python-format
 msgid "error getting id %s from url %s for file %s: %s\n"
-msgstr ""
+msgstr "識別子 %s (連携先 %s のファイル %s) に対するエラー: %s\n"
 
 msgid "getting largefiles"
 msgstr "大容量ファイルの取得中"
 msgid "no files specified"
 msgstr "ファイル名指定がありません"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "not removing %s: file still exists\n"
-msgstr "%s は削除されません: 未登録ファイルす\n"
+msgstr "%s は削除されません: ファイルは維持されます\n"
 
 #, python-format
 msgid "not removing %s: file is modified (use -f to force removal)\n"
 msgid "verify largefile contents not just existence"
 msgstr "大容量ファイルの存在確認以外に、 内容の検証も実施"
 
-#, fuzzy
 msgid "display largefiles dirstate"
-msgstr "転送対象大容量ファイルを表示"
+msgstr "大容量ファイルの作業領域状態を表示"
 
 msgid "display outgoing largefiles"
 msgstr "転送対象大容量ファイルを表示"
 msgstr "パッチに記録された親リビジョンに対して適用"
 
 msgid "list patch name in commit text"
-msgstr "コミットメッセージとしてパッチ名を列挙"
+msgstr "コミットログとしてパッチ名を列挙"
 
 msgid "apply all patches"
 msgstr "全てのパッチを適用"
 "message contains two or three body parts:"
 msgstr ""
 "個々のメールの Subject ヘッダは、 \"[PATCH M of N]\" で始まり、 対応する\n"
-"リビジョンのコミットメッセージの最初の行の内容が記載されます。 メールの\n"
-"本文は、 以下の様な2ないし3の部位から構成されます:"
+"リビジョンのコミットログの最初の行の内容が記載されます。 メールの本文は、\n"
+"以下の様な2ないし3の部位から構成されます:"
 
 msgid ""
 "- The changeset description.\n"
 "- [Optional] The result of running diffstat on the patch.\n"
 "- The patch itself, as generated by :hg:`export`."
 msgstr ""
-"- コミットメッセージ\n"
+"- コミットログ\n"
 "- パッチの差分統計(diffstat)結果 [省略可能]\n"
 "- :hg:`export` 形式と同様のパッチ内容"
 
 "    description."
 msgstr ""
 "    個々のメールの Subject ヘッダは、 \"[PATCH M of N]\" で始まり、\n"
-"    対応するリビジョンのコミットメッセージの1行目が記載されます。\n"
+"    対応するリビジョンのコミットログの1行目が記載されます。\n"
 "    メール本文は、 2ないし3の部位から構成されます。\n"
-"    最初の部位にはコミットメッセージの続きが配置されます。"
+"    最初の部位にはコミットログの続きが配置されます。"
 
 msgid ""
 "    With the -d/--diffstat option, if the diffstat program is\n"
 msgid "display help and exit"
 msgstr "ヘルプ情報を表示して終了"
 
-#, fuzzy
 msgid "consider hidden changesets"
-msgstr ""
-"``hidden()``\n"
-"    不可視状態のリビジョン群 (※ 訳注: 作業領域やブックマーク等から、\n"
-"    到達できない廃止設定のリビジョン群のこと)。"
+msgstr "不可視状態のリビジョンも対象に含める"
 
 msgid "do not perform actions, just print output"
 msgstr "実施予定の処理内容の表示のみで処理実施は抑止"
 
 msgid ""
 "      - skip all revisions that do not touch directories ``foo`` or ``bar``"
-msgstr ""
+msgstr "      - ``foo`` と ``bar`` の両方を改変したリビジョン以外をスキップ::"
 
 msgid ""
 "          hg bisect --skip '!( file(\"path:foo\") & file(\"path:bar\") )'"
 msgstr ""
+"          hg bisect --skip '!( file(\"path:foo\") & file(\"path:bar\") )'"
 
 msgid "      - forget the current bisection::"
 msgstr "      - 現行の検索状態をクリア::"
 "    have that revision checked out (and the bookmark made active) by\n"
 "    default."
 msgstr ""
+"    ブックマーク '@' が設定されている場合、 特に指定がなければ、\n"
+"    複製先の作業領域は、 そのリビジョンで更新されます (ブックマーク '@'\n"
+"    はアクティブになります)"
 
 msgid ""
 "    With -i/--inactive, the new bookmark will not be made the active\n"
 "    If the source repository has a bookmark called '@' set, that\n"
 "    revision will be checked out in the new repository by default."
 msgstr ""
+"    複製元リポジトリにブックマーク '@' が設定されている場合、\n"
+"    特に指定がなければ、 複製先の作業領域は、 そのリビジョンで更新されます。"
 
 msgid ""
 "    To check out a particular version, use -u/--update, or\n"
 "      Mercurial は、 以下の一覧中で最初に利用可能なリビジョンを用いて、\n"
 "      作業領域を更新します:"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "      a) null if -U or the source repository has no changesets\n"
 "      b) if -u . and the source repository is local, the first parent of\n"
 "      d) -r で指定されたリビジョン\n"
 "      e) -b で指定sれたブランチの最新ヘッドリビジョン\n"
 "      f) url#branch 形式で指定されたブランチの最新ヘッドリビジョン\n"
-"      g) default ブランチの最新ヘッドリビジョン\n"
-"      h) tip"
+"      g) ブックマーク '@' が存在する場合は、そのリビジョン\n"
+"      h) default ブランチの最新ヘッドリビジョン\n"
+"      i) tip"
 
 msgid "      - clone a remote repository to a new directory named hg/::"
 msgstr "      - 遠隔ホストのリポジトリを、 新規 hg/ ディレクトリ配下に複製::"
 msgstr " エディタが起動できません(vi にも PATH が通っていません)\n"
 
 msgid " (specify a commit editor in your configuration file)\n"
-msgstr " (コミットメッセージ用エディタを設定ファイルで設定してください)\n"
+msgstr " (コミットログ用エディタを設定ファイルで設定してください)\n"
 
 #, python-format
 msgid " Can't find editor '%s' in PATH\n"
 msgid "revision to check"
 msgstr "確認対象リビジョン"
 
-#, fuzzy
 msgid "[REV]"
-msgstr "[-r REV]"
-
-#, fuzzy
+msgstr "[REV]"
+
 msgid "show set of successors for revision"
-msgstr "リビジョンの表示対象"
+msgstr "指定リビジョンの後継リビジョン群の表示"
 
 msgid ""
 "    A successors set of changeset A is a consistent group of revisions that\n"
 "       --removed を指定してください。"
 
 msgid "      - changesets with full descriptions and file lists::"
-msgstr "      - 全リビジョンのコミットメッセージとファイル一覧の表示::"
+msgstr "      - 全リビジョンのコミットログとファイル一覧の表示::"
 
 msgid "          hg log -v"
 msgstr "          hg log -v"
 "    特定のファイルだけを以前の状態に戻す場合は、\n"
 "    :hg:`revert [-r リビジョン] ファイル名` を使用してください。"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "updating to active bookmark %s\n"
-msgstr "ブックマーク @ への更新中\n"
+msgstr "アクティブなブックマーク %s への更新中\n"
 
 msgid "cannot specify both -c/--check and -C/--clean"
 msgstr "-c/--check と -C/--clean は併用できません"
 msgid "broken pipe\n"
 msgstr "パイプ破壊(EPIPE)\n"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "abort: %s: '%s'\n"
-msgstr "中断: %s: %s\n"
+msgstr "中断: %s: '%s'\n"
 
 msgid "interrupted!\n"
 msgstr "中断されました!\n"
 
 #, python-format
 msgid "warning: internal:merge cannot merge symlinks for %s\n"
-msgstr ""
+msgstr "警告: internal:merge はシンボリックリンク %s のマージができません\n"
 
 msgid ""
 "``internal:dump``\n"
 "    ``inlinetime``.\n"
 "    Default: inlinetime."
 msgstr ""
+"``sort``\n"
+"    出力の整列。 詳細プロファイラ ``ls`` 固有の設定。\n"
+"    ``callcount``, ``reccallcount``, ``totaltime`` または ``inlinetime``\n"
+"    から1つを指定してください。 デフォルト値: inlinetime"
 
 msgid ""
 "``nested``\n"
 "    本機能を有効にした場合、 一時ファイルが作成されます。\n"
 "    デフォルト値: False"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "``archivesubrepos``\n"
 "    Whether to recurse into subrepositories when archiving. Default is\n"
 "    False."
 msgstr ""
-"``hidden``\n"
-"    ウェブインタフェースの、 ディレクトリ毎インデックスページにおける、\n"
-"    リポジトリ一覧隠蔽の要否。 デフォルト値: False"
+"``archivesubrepos``\n"
+"    アーカイブ作成における、 サブリポジトリへの再帰実施の有無。\n"
+"    デフォルト値: False"
 
 msgid ""
 "``baseurl``\n"
 msgstr ""
 "HGENCODING\n"
 "    Mercurial によるロケール自動検出の上書き。 この設定は、 ユーザ名、\n"
-"    コミットメッセージ、 タグ名およびブランチ名を内部データ形式に変換する\n"
-"    際に使用されます。 この環境変数設定は、 コマンドラインでの --encoding\n"
+"    コミットログ、 タグ名およびブランチ名の、 記録の際に使用されます。\n"
+"    この環境変数設定は、 コマンドラインでの --encoding\n"
 "    使用により、 更に上書きすることができます。"
 
 msgid ""
 "- \"bug\" 又は \"issue\" に言及したリビジョン群のうち、 タグ tagged\n"
 "  時点の内容に含まれないもの::"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "    hg log -r \"(keyword(bug) or keyword(issue)) and not ancestors(tag())\"\n"
 msgstr ""
-"    hg log -r \"(keyword(bug) or keyword(issue)) and not ancestors(tagged"
-"())\"\n"
+"    hg log -r \"(keyword(bug) or keyword(issue)) and not ancestors(tag())\"\n"
 
 msgid ""
 "Subrepositories let you nest external repositories or projects into a\n"
 msgid "List of filters:"
 msgstr "フィルター一覧(入力と、 それに対する出力):"
 
-#, fuzzy
 msgid ".. filtersmarker"
-msgstr ".. filtersmarker\n"
+msgstr ".. filtersmarker"
 
 msgid ""
 "Note that a filter is nothing more than a function call, i.e.\n"
 "``expr|filter`` is equivalent to ``filter(expr)``."
 msgstr ""
+"フィルタは関数呼び出しに過ぎません。 例えば、 ``expr|filter`` は\n"
+"``filter(expr)`` と等価です。"
 
 msgid "In addition to filters, there are some basic built-in functions:"
-msgstr ""
+msgstr "フィルタの他に、 以下の様な基本的な組み込み関数があります:"
 
 msgid "- if(expr, then[, else])"
-msgstr ""
+msgstr "- if(expr, then[, else])"
 
 msgid "- ifeq(expr, expr, then[, else])"
-msgstr ""
+msgstr "- ifeq(expr, expr, then[, else])"
 
 msgid "- sub(pat, repl, expr)"
-msgstr ""
+msgstr "- sub(pat, repl, expr)"
 
 msgid "- join(list, sep)"
-msgstr ""
+msgstr "- join(list, sep)"
 
 msgid "- label(label, expr)"
-msgstr ""
+msgstr "- label(label, expr)"
 
 msgid "- date(date[, fmt])"
-msgstr ""
+msgstr "- date(date[, fmt])"
 
 msgid "- fill(text[, width])"
-msgstr ""
+msgstr "- fill(text[, width])"
 
 msgid "Also, for any expression that returns a list, there is a list operator:"
-msgstr ""
+msgstr "また、 列挙形式を返す expr に対しては、 以下の様な記述が可能です:"
 
 msgid "- expr % \"{template}\""
-msgstr ""
+msgstr "- expr % \"{template}\""
 
 msgid "Some sample command line templates:"
-msgstr ""
+msgstr "コマンドラインでのテンプレート指定例:"
 
 msgid "- Format lists, e.g. files::"
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "- files のような列挙形式の整形::"
+
 msgid "   $ hg log -r 0 --template \"files:\\n{files % '  {file}\\n'}\""
-msgstr "     hg log --template \"{rev} {phase}\\n\""
+msgstr "   $ hg log -r 0 --template \"files:\\n{files % '  {file}\\n'}\""
 
 msgid "- Join the list of files with a \", \"::"
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "- ファイル一覧を \", \" で連結::"
+
 msgid "   $ hg log -r 0 --template \"files: {join(files, ', ')}\\n\""
-msgstr "     hg log --template \"{rev} {phase}\\n\""
+msgstr "   $ hg log -r 0 --template \"files: {join(files, ', ')}\\n\""
 
 msgid "- Format date::"
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "- 日時情報の整形::"
+
 msgid "   $ hg log -r 0 --template \"{date(date, '%Y')}\\n\""
-msgstr "     hg log --template \"{rev} {phase}\\n\""
+msgstr "   $ hg log -r 0 --template \"{date(date, '%Y')}\\n\""
 
 msgid "- Output the description set to a fill-width of 30::"
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "- コミットログの各行を30桁で揃えて出力::"
+
 msgid "   $ hg log -r 0 --template \"{fill(desc, '30')}\""
-msgstr "          hg log -k bug --template \"{rev}\\n\""
-
-#, fuzzy
+msgstr "   $ hg log -r 0 --template \"{fill(desc, '30')}\""
+
 msgid "- Use a conditional to test for the default branch::"
-msgstr "- default ブランチのリビジョン群::"
+msgstr "- default ブランチか否かで表示内容を切り替え::"
 
 msgid ""
 "   $ hg log -r 0 --template \"{ifeq(branch, 'default', 'on the main "
 "branch',\n"
 "   'on branch {branch}')}\\n\""
 msgstr ""
+"   $ hg log -r 0 --template \"{ifeq(branch, 'default', 'on the main "
+"branch',\n"
+"   'on branch {branch}')}\\n\""
 
 msgid "- Append a newline if not empty::"
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "- 空でない場合は改行を追加::"
+
 msgid "   $ hg tip --template \"{if(author, '{author}\\n')}\""
-msgstr "     hg log --template \"{rev} {phase}\\n\""
+msgstr "   $ hg tip --template \"{if(author, '{author}\\n')}\""
 
 msgid "- Label the output for use with the color extension::"
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "- color エクステンション向けに、出力をラベル付け::"
+
 msgid ""
 "   $ hg log -r 0 --template \"{label('changeset.{phase}', node|short)}\\n\""
-msgstr "     hg log --template \"{rev} {phase}\\n\""
+msgstr ""
+"   $ hg log -r 0 --template \"{label('changeset.{phase}', node|short)}\\n\""
 
 msgid "- Invert the firstline filter, i.e. everything but the first line::"
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "- firstline フィルタの逆(一行目以外)::"
+
 msgid "   $ hg log -r 0 --template \"{sub(r'^.*\\n?\\n?', '', desc)}\\n\"\n"
-msgstr "          hg log -k bug --template \"{rev}\\n\""
+msgstr "   $ hg log -r 0 --template \"{sub(r'^.*\\n?\\n?', '', desc)}\\n\"\n"
 
 msgid "Valid URLs are of the form::"
 msgstr "有効な URL 指定は以下の形式です::"
 msgid "push includes bumped changeset: %s!"
 msgstr ""
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "push includes divergent changeset: %s!"
-msgstr "履歴反映対象に廃止 (obsolete) リビジョンが含まれます!: %s"
+msgstr "履歴反映対象に分岐 (divergent) した後継リビジョンが含まれます!: %s"
 
 #, python-format
 msgid "updating %s to public failed!\n"
 msgid "received file revlog group is empty"
 msgstr "ファイルのリビジョンログが空です"
 
-#, fuzzy
 msgid "received spurious file revlog entry"
-msgstr "ファイルのリビジョンログが空です"
+msgstr "ファイルのリビジョンログが不正な情報を含んでいます"
 
 #, python-format
 msgid "missing file data for %s:%s - run hg verify"
 msgid "diff context lines count must be an integer, not %r"
 msgstr "差分コンテキストでの行数指定が不正です: %r"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "warning: cannot merge flags for %s\n"
-msgstr "%s からタグが読み込めません"
+msgstr "警告: ファイル %s の属性設定はマージできません\n"
 
 #, python-format
 msgid "%s: untracked file differs\n"
 msgid "bumped takes no arguments"
 msgstr "bumped には引数が指定できません"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "``bundle()``\n"
 "    Changesets in the bundle."
 msgstr ""
-"``closed()``\n"
-"    閉鎖されたリビジョン群。"
+"``bundle()``\n"
+"    バンドルファイル中のリビジョン群。"
 
 msgid "    Bundle must be specified by the -R option."
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "    バンドルファイルは -R オプションで指定される必要があります。"
+
 msgid "no bundle provided - specify with -R"
-msgstr "--type に未知のバンドル種別が指定されました"
+msgstr "バンドルファイルが指定されていません。-R を使って指定してください。"
 
 msgid ""
 "``children(set)``\n"
 "    Final successors of changesets with an alternative set of final "
 "successors."
 msgstr ""
+"``divergent()``\n"
+"    他の最終後継リビジョンが存在する、 最終後継リビジョン群。"
 
 #. i18n: "divergent" is a keyword
-#, fuzzy
 msgid "divergent takes no arguments"
-msgstr "merge には引数が指定できません"
+msgstr "divergent には引数が指定できません"
 
 msgid ""
 "``draft()``\n"
 msgid "could not symlink to %r: %s"
 msgstr "%r に対してシンボリックリンクできません: %s"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "%s not under root '%s'"
-msgstr "%s: '%s' というキーはありません"
+msgstr "%s はルートディレクトリ '%s' の配下にはありません"
 
 msgid "empty revision range"
 msgstr "リビジョンの範囲指定が空です"
 msgid "invalid entry in fncache, line %s"
 msgstr "ファイル名キャッシュに不正なエントリ: %s 行目"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "(in subrepo %s)"
-msgstr "HG: サブリポジトリ %s"
+msgstr "(サブリポジトリ %s で発生)"
 
 #, python-format
 msgid "warning: subrepo spec file %s not found\n"
 " サブリポジトリ %s のリビジョンに差分が検出されました\n"
 "どちらを採用しますか? 手元(%s):(l)ocal 連携先(%s):(r)emote\n"
 
-#, fuzzy
 msgid "default path for subrepository not found"
-msgstr "サブリポジトリ %s の が見つかりません"
+msgstr "サブリポジトリの連携先が見つかりません"
 
 #, python-format
 msgid "unknown subrepo type %s"
 msgstr ":date: 日時情報。 リビジョンが記録された日時。"
 
 msgid ":desc: String. The text of the changeset description."
-msgstr ":desc:      文字列。 リビジョンのコミットメッセージ。"
+msgstr ":desc:      文字列。 リビジョンのコミットログ。"
 
 msgid ""
 ":diffstat: String. Statistics of changes with the following format:\n"