Commits

Katsunori FUJIWARA committed dffb8b1

change phrasing for "or"

Comments (0)

Files changed (1)

 "Project-Id-Version: Mercurial\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: <mercurial-devel@selenic.com>\n"
 "POT-Creation-Date: 2014-01-29 17:19+0900\n"
-"PO-Revision-Date: 2014-01-29 22:09+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2014-01-30 17:02+0900\n"
 "Last-Translator: Japanese translation team <mercurial-ja@googlegroups.com>\n"
 "Language-Team: Japanese\n"
 "Language: ja\n"
 "- a branch name, or\n"
 "- an asterisk, to match any branch;"
 msgstr ""
-"- ブランチ名、ないし\n"
+"- ブランチ名、または\n"
 "- 「全ブランチ」を意味するアスタリスク(``*``)"
 
 msgid "The corresponding values can be either:"
 "- a comma-separated list containing users and groups, or\n"
 "- an asterisk, to match anyone;"
 msgstr ""
-"- ユーザ/グループの名前を、 カンマ区切りで並べた一覧、 ないし\n"
+"- ユーザ/グループの名前を、 カンマ区切りで並べた一覧、 または\n"
 "- 「全て」を意味するアスタリスク"
 
 msgid ""
 msgstr ""
 "  [acl]\n"
 "  # 変更反映元種別が、以下に列挙されている場合のみ、許可/禁止を行い、\n"
-"  # それ以外の場合は、制限を行わない。 指定可能な種別は、http ないし\n"
+"  # それ以外の場合は、制限を行わない。 指定可能な種別は、http または\n"
 "  # ssh 経由での全アクセスを指す \"serve\" か、対応するコマンドの\n"
 "  # (ローカルでの)実行に対応する \"push\" \"pull\" \"bundle\" です。\n"
 "  # デフォルト値: serve\n"
 "  最初の \"()\" グループがバグID群に、 作業時間の更新は無し、\n"
 "  とみなされます。 デフォルトの正規表現は ``Bug 1234``、 ``Bug no.\n"
 "  1234``、 ``Bug number 1234``、 ``Bugs 1234,5678``、 ``Bug 1234 and\n"
-"  5678`` および類似の形式に加えて、 前置詞に ``h`` ないし ``hours``\n"
+"  5678`` および類似の形式に加えて、 前置詞に ``h`` または ``hours``\n"
 "  が付けられた時間数 (例: ``hours 1.5``) が続くものに合致します。\n"
 "  文字大小は無視されます。"
 
 "  最初の \"()\" グループがバグID群に、 作業時間の更新は無し、\n"
 "  とみなされます。 デフォルトの正規表現は、 ``Fixes 1234``、 ``Fixes bug\n"
 "  1234``、 ``Fixes bugs 1234,5678``、 ``Fixes 1234 and 5678``\n"
-"  および類似の形式に加えて、 前置詞に ``h`` ないし ``hours``\n"
+"  および類似の形式に加えて、 前置詞に ``h`` または ``hours``\n"
 "  が付けられた時間数 (例: ``hours 1.5``) が続くものに合致します。\n"
 "  文字大小は無視されます。"
 
 msgstr ""
 "    作業領域の子リビジョンを表示します。 -r/--rev によるリビジョン指定が\n"
 "    ある場合は、 指定リビジョンの子リビジョンを表示します。 引数として\n"
-"    ファイルが指定された場合、 ファイルが(作業領域のリビジョンないし\n"
+"    ファイルが指定された場合、 ファイルが(作業領域のリビジョン、 または\n"
 "    --rev で指定されたリビジョンの後で)最後に変更されたリビジョンを表示\n"
 "    します。\n"
 "    "
 "    The --dateformat option may be used to group the results by\n"
 "    date instead."
 msgstr ""
-"    本コマンドは、 変更行数ないしリビジョン数の度数分布を、 テンプレート\n"
+"    本コマンドは、 変更行数またはリビジョン数の度数分布を、 テンプレート\n"
 "    指定によってグループ化してグラフ表示します。\n"
 "    特に指定の無い場合、 リビジョン作成者毎に変更行数をグループ化します。\n"
 "    --dateformat が指定された場合、 度数分布は日時でグループ化されます。"
 "稼動環境によっては、 色付けが正しく機能しない可能性があります。\n"
 "``less -R`` が ECMA-48 の色指定しか解釈しないことから、 less\n"
 "が解釈しない色指定制御が terminfo 使用時に除外される場合があるためです。\n"
-"このような場合、 端末指定に ansi (ないし auto) を用いるか、 ``less -r``\n"
+"このような場合、 端末指定に ansi (または auto) を用いるか、 ``less -r``\n"
 "(色指定以外の全ての端末制御が、 透過的に伝播されます) を使用することで、\n"
 "状況が改善される可能性があります。"
 
 "Any value other than 'ansi', 'win32', 'terminfo', or 'auto' will\n"
 "disable color.\n"
 msgstr ""
-"'ansi' 'win32' 'terminfo' ないし 'auto' 以外の値が指定された場合、\n"
+"'ansi' 'win32' 'terminfo' または 'auto' 以外の値が指定された場合、\n"
 "色付けは無効化されます。\n"
 
 msgid "no terminfo entry for setab/setaf: reverting to ECMA-48 color\n"
 #. not be translated
 msgid "when to colorize (boolean, always, auto, or never)"
 msgstr ""
-"カラー表示種別。 true/always(常時), auto(自動) ないし false/never(禁止)"
+"カラー表示種別。 true, always(常時), auto(自動) false または never(禁止)"
 
 msgid "TYPE"
 msgstr "種別"
 "    を指示します。 例えば、 Subversion におけるマージ実施リビジョンに、\n"
 "    2つの親を持たせるとか、 個別のリビジョン群を、 ひとまとまりにする、\n"
 "    といった場合に有用です。 splicemap ファイルの各行は、 キー、\n"
-"    空白文字、 1つないし2つのカンマ区切りの値で構成されます::"
+"    空白文字、 1つまたは2つのカンマ区切りの値で構成されます::"
 
 msgid "      key parent1, parent2"
 msgstr "      キー 親1, 親2"
 "    series of changesets based on matching commit log entries and\n"
 "    dates."
 msgstr ""
-"    本コマンドは、 現ディレクトリ (ないし指定ディレクトリ) 中の CVS rlog\n"
+"    本コマンドは、 現ディレクトリ (または指定ディレクトリ) 中の CVS rlog\n"
 "    を読み込み、 コミットログの内容と日付を元にリビジョンを推測します。"
 
 msgid "username mapping filename (DEPRECATED, use --authormap instead)"
 "Unix/Mac, thereby letting everybody use their OS native line endings."
 msgstr ""
 "本エクステンションは、 リポジトリおよび作業領域中のファイルにおける、\n"
-"改行形式 (CRLF ないし LF) を管理するためのエクステンションです。\n"
+"改行形式 (CRLF または LF) を管理するためのエクステンションです。\n"
 "Windows 環境では CRLF 形式、 Unix/Mac 環境では LF 形式と言う様に、\n"
 "各 OS 固有の改行形式を使用することが可能になります。"
 
 "default behaviour; it is only needed if you need to override a later,\n"
 "more general pattern."
 msgstr ""
-"``CRLF`` ないし ``LF`` が指定されたファイルは、 作業領域への取り出しや、\n"
+"``CRLF`` または ``LF`` が指定されたファイルは、 作業領域への取り出しや、\n"
 "リポジトリへの格納の際に、 指定の改行形式に変換されますが、 バイナリ\n"
 "(``BIN``) 指定されたファイルは、 改行変換されません。 これらに加えて、\n"
 "実行環境固有の改行形式の使用を意味する ``native`` も使用可能です:\n"
 "``[repository]`` セクションは付加的なもので、 リポジトリ格納の際の、\n"
 "改行形式を指定します。 記述可能な設定は ``native`` のみで、\n"
 "``[patterns]`` セクションにおいて ``native`` 指定されたファイルを、\n"
-"履歴に記録する際の改行形式を指定します。 指定可能な値は ``LF`` ないし\n"
+"履歴に記録する際の改行形式を指定します。 指定可能な値は ``LF`` または\n"
 "``CRLF`` です。 無指定時は ``LF`` とみなされます。 例えば Windows 上で\n"
 "``native`` (デフォルト設定は ``CRLF``) 指定されたファイルは、\n"
 "改行形式が ``LF`` に変換された上で、 履歴に記録されます。\n"
-"``[patterns]`` セクションにおいて ``LF``、 ``CRLF`` ないし ``BIN``\n"
+"``[patterns]`` セクションにおいて ``LF``、 ``CRLF`` または ``BIN``\n"
 "が指定されたファイルは、 そのままの改行形式で履歴に記録されます。"
 
 msgid "Example versioned ``.hgeol`` file::"
 "  checkout. This can be used with :hg:`archive` on Unix, say, to\n"
 "  generate an archive where files have line endings for Windows."
 msgstr ""
-"- ``eol.native`` (無指定時は ``os.linesep`` と同値) には、 ``LF`` ないし\n"
+"- ``eol.native`` (無指定時は ``os.linesep`` と同値) には、 ``LF`` または\n"
 "  ``CRLF`` が指定可能で、 ``native`` 指定ファイルの作業領域取り出しを、\n"
 "  どの改行形式で実施するかを指定します。 :hg:`archive` 実施の際に、\n"
 "  この設定を行うことで、 Unix 上で生成したアーカイブに、 Windows\n"
 "  or ``\\r\\n`` as per the configured patterns)."
 msgstr ""
 "- ``eol.fix-trailing-newline`` (無指定時は False) の True 設定により、\n"
-"  改行形式変換後のファイルの末尾が、 改行 (設定に応じて ``\\n`` ないし\n"
+"  改行形式変換後のファイルの末尾が、 改行 (設定に応じて ``\\n`` または\n"
 "  ``\\r\\n``) で終了することが保証されます。"
 
 msgid ""
 "non-option arguments: paths to directories containing snapshots of\n"
 "files to compare."
 msgstr ""
-"本エクステンションは、 リビジョン間、 ないしリビジョンと作業領域の間で、\n"
+"本エクステンションは、 リビジョン間、 またはリビジョンと作業領域の間で、\n"
 "差分表示を行う際に、 外部コマンドを利用可能にします。 外部コマンドは、\n"
 "設定で変更可能なオプション群と、 2つの引数 (比較対象ファイルを格納した、\n"
 "スナップショットディレクトリへのパス) を使って起動されます。"
 msgstr "一時ディレクトリの破棄中\n"
 
 msgid "use external program to diff repository (or selected files)"
-msgstr "外部コマンドを使用したリポジトリ(ないし指定ファイル)の差分表示"
+msgstr "外部コマンドを使用したリポジトリ(または指定ファイル)の差分表示"
 
 msgid ""
 "    Show differences between revisions for the specified files, using\n"
 
 #, python-format
 msgid "use %(path)s to diff repository (or selected files)"
-msgstr "%(path)s によるリポジトリ(ないし指定ファイル)の差分表示"
+msgstr "%(path)s によるリポジトリ(または指定ファイル)の差分表示"
 
 #, python-format
 msgid ""
 "working copy of .hgsigs is changed (please commit .hgsigs manually or use --"
 "force)"
 msgstr ""
-"作業領域の .hgsigs は変更されています(手動コミットないし --force の指定)"
+"作業領域の .hgsigs は変更されています(手動コミットまたは --force の指定)"
 
 msgid "unknown signature version"
 msgstr "未知の署名バージョン"
 msgstr "指定キーワードによる検索(大文字小文字は無視)"
 
 msgid "show the specified revision or range"
-msgstr "指定された単一、 ないしリビジョン区間の表示"
+msgstr "指定された単一、 またはリビジョン区間の表示"
 
 msgid "include revisions where files were removed"
 msgstr "ファイルが登録除外されたリビジョンを含める"
 "This is meant to be run as a changegroup or incoming hook. To\n"
 "configure it, set the following options in your hgrc::"
 msgstr ""
-"changegroup ないし incoming フックとしての実行を想定しています。\n"
+"changegroup または incoming フックとしての実行を想定しています。\n"
 "以下のような設定を、 Mercurial 設定ファイルに記述してください::"
 
 msgid ""
 "    Show current, custom, or default keyword template maps and their\n"
 "    expansions."
 msgstr ""
-"    現時点、 固有ないしデフォルトのキーワードテンプレートマップ、\n"
+"    現時点、 固有またはデフォルトのキーワードテンプレートマップ、\n"
 "    およびその展開例を表示します。"
 
 msgid ""
 "    configuration as ``largefiles.size``."
 msgstr ""
 "    リポジトリ SOURCE を変換し、 新規リポジトリ DEST を生成します。\n"
-"    SOURCE に対する DEST の違いは、 指定パターンへの名前の合致、 ないし、\n"
+"    SOURCE に対する DEST の違いは、 指定パターンへの名前の合致、 または、\n"
 "    指定閾値以上のサイズのファイルが、 大容量ファイル扱いになっている、\n"
 "    という点です。 大容量ファイル扱いの要否判定に使用するサイズ値には、\n"
 "    各ファイルが最初に登録された時点のサイズが使用されます。\n"
 msgstr ""
 "'keep' が指定された場合、 既存の qrefresh 対象となるパッチが git 形式\n"
 "パッチである間は、 MQ は [diff] セクションの設定に従います。\n"
-"'yes' ないし 'no' が指定された場合、 MQ は [diff] セクションの設定を無視\n"
-"して、 git パッチないし通常パッチを生成します。 通常パッチを生成する場合、\n"
+"'yes' または 'no' が指定された場合、 MQ は [diff] セクションの設定を無視\n"
+"して、 git パッチまたは通常パッチを生成します。 通常パッチを生成する場合、\n"
 "情報が失われる可能性があります。"
 
 msgid ""
 msgstr "hg qimport [-e] [-n NAME] [-f] [-g] [-P] [-r REV]... [FILE]..."
 
 msgid "import a patch or existing changeset"
-msgstr "パッチないし既存リビジョンの取り込み"
+msgstr "パッチまたは既存リビジョンの取り込み"
 
 msgid ""
 "    The patch is inserted into the series after the last applied\n"
 "    'help diffs' を参照してください。"
 
 msgid "option \"-e\" incompatible with \"-m\" or \"-l\""
-msgstr "\"-e\" と、 \"-m\" ないし \"-l\" は併用できません"
+msgstr "\"-e\" と、 \"-m\" または \"-l\" は併用できません"
 
 msgid "hg qdiff [OPTION]... [FILE]..."
 msgstr "hg qdiff [OPTION]... [FILE]..."
 msgstr "hg qguard [-l] [-n] [PATCH] [-- [+GUARD]... [-GUARD]...]"
 
 msgid "set or print guards for a patch"
-msgstr "パッチのガード設定ないし表示"
+msgstr "パッチのガード設定または表示"
 
 msgid ""
 "    Guards control whether a patch can be pushed. A patch with no\n"
 msgstr "hg qheader [PATCH]"
 
 msgid "print the header of the topmost or specified patch"
-msgstr "現行パッチないし指定パッチのヘッダ表示"
+msgstr "現行パッチまたは指定パッチのヘッダ表示"
 
 msgid "apply on top of local changes"
 msgstr "作業領域の変更をそのままでパッチを適用"
 msgstr "hg qselect [OPTION]... [GUARD]..."
 
 msgid "set or print guarded patches to push"
-msgstr "作業領域におけるガード選択の設定ないし表示"
+msgstr "作業領域におけるガード選択の設定または表示"
 
 msgid ""
 "    Use the :hg:`qguard` command to set or print guards on patch, then use\n"
 "    selected guard, but will not be pushed if any negative guards\n"
 "    match the current guard. For example::"
 msgstr ""
-"    パッチ毎のガード設定ないし表示には :hg:`qguard` を、 作業領域における\n"
-"    ガードの選択ないし表示には :hg:`qselect` を使用します。 ガードが設定\n"
+"    パッチ毎のガード設定または表示には :hg:`qguard` を、 作業領域における\n"
+"    ガードの選択または表示には :hg:`qselect` を使用します。 ガードが設定\n"
 "    されていないか、 何らかの「正」のガードがガード選択に合致する場合には\n"
 "    パッチが適用されますが、 何らかの「負」のガードがガード選択に合致する\n"
 "    場合にはパッチは適用されません。 例えば::"
 "を指定できます。\n"
 
 msgid "when to paginate (boolean, always, auto, or never)"
-msgstr "ページャーの要否 (真偽値、 always auto ないし never)"
+msgstr "ページャーの要否 (真偽値、 always auto または never)"
 
 msgid "command to send changesets as (a series of) patch emails"
 msgstr "電子メールによる変更内容パッチ送付のコマンド"
 msgstr ""
 "個々のメールの Subject ヘッダは、 \"[PATCH M of N]\" で始まり、 対応する\n"
 "リビジョンのコミットログの最初の行の内容が記載されます。 メールの本文は、\n"
-"以下の様な2ないし3の部位から構成されます:"
+"以下の様な2または3の部位から構成されます:"
 
 msgid ""
 "- The changeset description.\n"
 msgstr "返信メールの送付先アドレス"
 
 msgid "subject of first message (intro or single patch)"
-msgstr "説明文ないし単一パッチ送信メールの Subject ヘッダ値"
+msgstr "説明文または単一パッチ送信メールの Subject ヘッダ値"
 
 msgid "message identifier to reply to"
 msgstr "返信対象のメッセージID"
 msgstr ""
 "    個々のメールの Subject ヘッダは、 \"[PATCH M of N]\" で始まり、\n"
 "    対応するリビジョンのコミットログの1行目が記載されます。\n"
-"    メール本文は、 2ないし3の部位から構成されます。\n"
+"    メール本文は、 2または3の部位から構成されます。\n"
 "    最初の部位にはコミットログの続きが配置されます。"
 
 msgid ""
 "    with a final summary of all messages and asked for confirmation before\n"
 "    the messages are sent."
 msgstr ""
-"    -d/--diffstat ないし --confirm が指定された場合、\n"
+"    -d/--diffstat または --confirm が指定された場合、\n"
 "    メッセージの送信に先立って、 全メッセージのまとめを伴って、\n"
 "    確認の問い合わせがあります。"
 
 "    特に指定の無い場合、 メール本文中の通常テキストとして、\n"
 "    パッチが埋め込まれます。 -a/--attach が指定された場合は、\n"
 "    パッチは添付ファイル化されます。 -i/--inline が指定された場合は、\n"
-"    インライン添付ファイルとなります。 -a/--attach ないし -i/--inline と\n"
+"    インライン添付ファイルとなります。 -a/--attach または -i/--inline と\n"
 "    --body を併用することで、 パッチの格納先を、 メール本文や、\n"
-"    インラインないし通常の添付ファイルから、 選択することができます。"
+"    インラインまたは通常の添付ファイルから、 選択することができます。"
 
 msgid ""
 "    With -o/--outgoing, emails will be generated for patches not found\n"
 "    本コマンドの実行対象となるリポジトリは、 ディスク領域共有対象の\n"
 "    ORIGIN リポジトリと、 同一ファイルシステム上になければなりません。\n"
 "    ORIGIN 指定が無い場合、 [paths] セクションの \"default-relink\"\n"
-"    ないし \"default\" が使用されます。"
+"    または \"default\" が使用されます。"
 
 msgid ""
 "    Do not attempt any read operations on this repository while the\n"
 msgstr "コミットに失敗"
 
 msgid "filter corrupted changeset (no user or date)"
-msgstr "破損したリビジョンを除外してください (ユーザ名ないし日付の欠損)"
+msgstr "破損したリビジョンを除外してください (ユーザ名または日付の欠損)"
 
 msgid ""
 "apply changeset? [ynmpcq?]:$$ &yes, transplant this changeset$$ &no, skip "
 "    移植対象として指定されたリビジョンのうち、マージ実施リビジョンは、\n"
 "    移植対象から除外されます。 また、 マージ実施リビジョンの祖先は、\n"
 "    自動的には移植対象に含まれません。 そのため、 マージ実施リビジョン、\n"
-"    ないしその子孫の移植に関しては、 こちらの方法も検討してください。\n"
+"    またはその子孫の移植に関しては、 こちらの方法も検討してください。\n"
 "    (※ 訳注: この段落の翻訳は、 わかりやすさを重視して、 \n"
 "    原文から大幅に改変してあります。 適宜原文のヘルプも参照してください)"
 
 "    Transplanted changesets in set, or all transplanted changesets."
 msgstr ""
 "``transplanted([set])``\n"
-"    set 中の移植先リビジョン、 ないし全移植先リビジョン。"
+"    set 中の移植先リビジョン、 または全移植先リビジョン。"
 
 msgid ""
 ":transplanted: String. The node identifier of the transplanted\n"
 "  win32text =\n"
 "  [encode]\n"
 "  ** = cleverencode:\n"
-"  # ないし ** = macencode:"
+"  # または ** = macencode:"
 
 msgid ""
 "  [decode]\n"
 msgstr ""
 "  [decode]\n"
 "  ** = cleverdecode:\n"
-"  # ないし ** = macdecode:"
+"  # または ** = macdecode:"
 
 msgid ""
 "If not doing conversion, to make sure you do not commit CRLF/CR by accident::"
 msgstr ""
 "  [hooks]\n"
 "  pretxncommit.crlf = python:hgext.win32text.forbidcrlf\n"
-"  # ないし pretxncommit.cr = python:hgext.win32text.forbidcr"
+"  # または pretxncommit.cr = python:hgext.win32text.forbidcr"
 
 msgid ""
 "To do the same check on a server to prevent CRLF/CR from being\n"
 msgstr ""
 "  [hooks]\n"
 "  pretxnchangegroup.crlf = python:hgext.win32text.forbidcrlf\n"
-"  # ないし pretxnchangegroup.cr = python:hgext.win32text.forbidcr\n"
+"  # または pretxnchangegroup.cr = python:hgext.win32text.forbidcr\n"
 
 #, python-format
 msgid ""
 
 #, python-format
 msgid "attempt to commit or push text file(s) using %s line endings\n"
-msgstr "行末形式 %s によるテキストファイルの commit ないし履歴反映を実施\n"
+msgstr "行末形式 %s によるテキストファイルの commit または履歴反映を実施\n"
 
 #, python-format
 msgid "in %s: %s\n"
 "add to Mercurial.ini or .hg/hgrc:"
 msgstr ""
 "\n"
-"同様の間違いを防ぐには、 以下の設定を Mercurial.ini ないし .hg/hgrc に\n"
+"同様の間違いを防ぐには、 以下の設定を Mercurial.ini または .hg/hgrc に\n"
 "以下の記述を追加してください:"
 
 #, python-format
 
 #, python-format
 msgid "empty or missing revlog for %s"
-msgstr "%s に対するリビジョンログが空ないし不在です"
+msgstr "%s に対するリビジョンログが空または不在です"
 
 msgid "no node"
 msgstr "ノードがありません"
 msgstr "--changelog と --manifest は同時には指定できません"
 
 msgid "cannot specify filename with --changelog or --manifest"
-msgstr "--changelog ないし --manifest とファイル名は同時に指定できません"
+msgstr "--changelog または --manifest とファイル名は同時に指定できません"
 
 msgid "cannot specify --changelog or --manifest without a repository"
-msgstr "--changelog ないし --manifest の指定はリポジトリ指定が必要です"
+msgstr "--changelog または --manifest の指定はリポジトリ指定が必要です"
 
 msgid "invalid arguments"
 msgstr "引数が不正です"
 msgstr "作業領域内容の整合性を取るには 'hg update' を実行してください"
 
 msgid "repository root directory or name of overlay bundle file"
-msgstr "リポジトリのルート位置、 ないしバンドルファイルのパス"
+msgstr "リポジトリのルート位置、 またはバンドルファイルのパス"
 
 msgid "DIR"
 msgstr "ディレクトリ"
 msgid ""
 "    This command is useful for discovering when a change was made and\n"
 "    by whom."
-msgstr "    本コマンドは、 変更の実施者ないし実施時期を特定するのに有用です。"
+msgstr "    本コマンドは、 変更の実施者または実施時期を特定するのに有用です。"
 
 msgid ""
 "    Without the -a/--text option, annotate will avoid processing files\n"
 "    "
 
 msgid "at least one filename or pattern is required"
-msgstr "ファイル名ないしパターンを最低1つ指定してください"
+msgstr "ファイル名またはパターンを最低1つ指定してください"
 
 msgid "at least one of -n/-c is required for -l"
 msgstr "-l 指定時には -n/-c のうち最低でもいずれか1つの指定が必要です"
 "    The exact name of the destination archive or directory is given\n"
 "    using a format string; see :hg:`help export` for details."
 msgstr ""
-"    アーカイブ生成先となるファイル名ないしディレクトリ名の指定には\n"
+"    アーカイブ生成先となるファイル名またはディレクトリ名の指定には\n"
 "    置換指定を使用することができます。 置換指定に関する詳細は\n"
 "    :hg:`help export` を参照してください。"
 
 "    revision as good or bad without checking it out first."
 msgstr ""
 "    簡便な手順としては、 作業領域を更新せず、 リビジョン指定を使用して、\n"
-"    リビジョンを good ないし bad にマークすることもできます。"
+"    リビジョンを good または bad にマークすることもできます。"
 
 msgid ""
 "    If you supply a command, it will be used for automatic bisection.\n"
 "    コマンドが指定された場合、 自動的なリビジョン検証に使用されます。\n"
 "    コマンド実行時には、 環境変数 HG_NODE に検証対象リビジョンの ID\n"
 "    が格納されます。コマンドの終了コードは、 リビジョンに対する bad\n"
-"    ないし good のマーク付けに使用されます。終了コード 0 は good、 125\n"
+"    または good のマーク付けに使用されます。終了コード 0 は good、 125\n"
 "    はリビジョンのスキップ、 127 (コマンド不在) は探索の中止、\n"
 "    その他の非 0 終了コードは bad とみなされます。"
 
 "      - advance the current bisection by marking current revision as good "
 "or\n"
 "        bad::"
-msgstr "      - 現リビジョンを good ないし bad 化して探索を継続::"
+msgstr "      - 現リビジョンを good または bad 化して探索を継続::"
 
 msgid ""
 "          hg bisect --good\n"
 "if\n"
 "        that revision is not usable because of another issue)::"
 msgstr ""
-"      - 現リビジョンないし特定のリビジョンをスキップ (例: 別な問題により、\n"
+"      - 現リビジョンまたは特定のリビジョンをスキップ (例: 別な問題により、\n"
 "        当該リビジョンの検証ができない)::"
 
 msgid ""
 msgstr "[-fC] [NAME]"
 
 msgid "set or show the current branch name"
-msgstr "ブランチ名の設定、 ないし現ブランチ名の表示"
+msgstr "ブランチ名の設定、 または現ブランチ名の表示"
 
 msgid ""
 "       Branch names are permanent and global. Use :hg:`bookmark` to create "
 msgstr ""
 "    連携対象リポジトリが無指定の場合、 --base 指定されたリビジョンが、\n"
 "    連携対象リポジトリ側に存在するものと仮定します。\n"
-"    -a/--all (ないし --base null) 指定により、\n"
+"    -a/--all (または --base null) 指定により、\n"
 "    全リビジョンを含むバンドルファイルが生成できます。"
 
 msgid ""
 "    command. This is useful when direct push and pull are not\n"
 "    available or when exporting an entire repository is undesirable."
 msgstr ""
-"    バンドルファイルは :hg:`unbundle` ないし :hg:`pull` によって、\n"
+"    バンドルファイルは :hg:`unbundle` または :hg:`pull` によって、\n"
 "    他リポジトリに取り込めるので、 変更内容を任意の方法で伝播できます。\n"
 "    バンドルファイルによる伝播は、 :hg:`push`/:hg:`pull` での直接転送や、\n"
 "    リポジトリ全体の公開が、 できない/望ましく無い場合に有用です。"
 "    :``%p``: root-relative path name of file being printed"
 msgstr ""
 "    :``%s``: 対象ファイルパスの末尾要素\n"
-"    :``%d``: 対象ファイルの格納ディレクトリ、 ないし '.'(ルートの場合)\n"
+"    :``%d``: 対象ファイルの格納ディレクトリ、 または '.'(ルートの場合)\n"
 "    :``%p``: 対象ファイルのリポジトリルートからの相対パス\n"
 "    "
 
 msgstr "secret フェーズでコミット中"
 
 msgid "commit the specified files or all outstanding changes"
-msgstr "指定ファイルないし全ての変更内容のリポジトリへの記録"
+msgstr "指定ファイルまたは全ての変更内容のリポジトリへの記録"
 
 msgid ""
 "    Commit changes to the given files into the repository. Unlike a\n"
 "    If you are committing the result of a merge, do not provide any\n"
 "    filenames or -I/-X filters."
 msgstr ""
-"    :hg:`merge` 結果をコミットする場合、 ファイル名ないし -I/-X の、\n"
+"    :hg:`merge` 結果をコミットする場合、 ファイル名または -I/-X の、\n"
 "    いずれも指定しないでください。"
 
 msgid ""
 msgstr "指定範囲における2つのリビジョンの祖先リビジョンの検索"
 
 msgid "either two or three arguments required"
-msgstr "2ないし3の引数が必要です"
+msgstr "2または3の引数が必要です"
 
 msgid "add single file mergeable changes"
 msgstr "ファイルを1つ登録して、 マージ可能な変更をリビジョン毎に実施"
 msgstr "[OPTION]... ([-c REV] | [-r REV1 [-r REV2]]) [FILE]..."
 
 msgid "diff repository (or selected files)"
-msgstr "作業領域全体(ないし指定ファイル)の差分抽出"
+msgstr "作業領域全体(または指定ファイル)の差分抽出"
 
 msgid "    Show differences between revisions for the specified files."
 msgstr "    指定されたファイルに対して、 リビジョン間の差分を表示します。"
 msgstr ""
 "    本コマンドは、 あるブランチから別のブランチへ、 Mercurial\n"
 "    のマージ機能でリビジョンを複製しますが、 履歴上はマージされません。\n"
-"    これは 'backport' ないし 'cherry-picking' と呼ばれる機能です。\n"
+"    これは 'backport' または 'cherry-picking' と呼ばれる機能です。\n"
 "    特に指定の無い場合、 ユーザ名、 日付、 コミットログは、 \n"
 "    元リビジョンのものを再利用します。"
 
 msgstr "[-nibtB] [-r REV] [SOURCE]"
 
 msgid "identify the working copy or specified revision"
-msgstr "作業領域ないし特定リビジョンの識別情報表示"
+msgstr "作業領域または特定リビジョンの識別情報表示"
 
 msgid ""
 "    Print a summary identifying the repository state at REV using one or\n"
 "    directory has uncommitted changes, the branch name (if not default),\n"
 "    a list of tags, and a list of bookmarks."
 msgstr ""
-"    1つないし2つの親リビジョンのハッシュ値を使用して、\n"
+"    1つまたは2つの親リビジョンのハッシュ値を使用して、\n"
 "    指定リビジョンにおける要約情報を表示します。\n"
 "    親リビジョンハッシュに続けて、\n"
 "    作業領域の変更が未コミットの場合は \"+\" 、\n"
 "    Specifying a path to a repository root or Mercurial bundle will\n"
 "    cause lookup to operate on that repository/bundle."
 msgstr ""
-"    パス指定有りでの起動の際には、 他のリポジトリないしバンドルファイルの\n"
+"    パス指定有りでの起動の際には、 他のリポジトリまたはバンドルファイルの\n"
 "    状態を表示します。"
 
 msgid "      - generate a build identifier for the working directory::"
 "    text/plain body parts before first diff are added to commit\n"
 "    message."
 msgstr ""
-"    添付ファイル形式 (但し text/plain ないし text/x-patch 型限定)\n"
+"    添付ファイル形式 (但し text/plain または text/x-patch 型限定)\n"
 "    を含めて、 電子メールからもパッチを取り込めます。\n"
 "    作成者/コミットログが無い場合、 電子メールの From および Subject\n"
 "    ヘッダ値を使用します。 差分データに先立つ text/plain パートは、\n"
 msgstr ""
 "    :hg:`export` により生成されたパッチを取り込む場合、 電子メールの\n"
 "    ヘッダやボディの情報よりも、 パッチに含まれる情報の方が優先します。\n"
-"    コマンドラインでの -m/--message ないし -u/--user 指定は、\n"
+"    コマンドラインでの -m/--message または -u/--user 指定は、\n"
 "    これらよりも更に優先します。"
 
 msgid ""
 msgstr "Mercurial 向けのパッチではありません"
 
 msgid "patch is damaged or loses information"
-msgstr "パッチには破損ないし情報の欠落があります"
+msgstr "パッチには破損または情報の欠落があります"
 
 #. i18n: refers to a short changeset id
 #, python-format
 "    pull location. These are the changesets that would have been pulled\n"
 "    if a pull at the time you issued this command."
 msgstr ""
-"    ファイルパス、 URL ないし :hg:`pull` の無指定時連携先リポジトリ中の、\n"
+"    ファイルパス、 URL または :hg:`pull` の無指定時連携先リポジトリ中の、\n"
 "    未取り込みリビジョンを検索します。 これらのリビジョンは\n"
 "    :hg:`pull` を実行した際に、 取り込み対象となります。"
 
 "    しまう問題は、 このオプションにより解消されます。"
 
 msgid "show revision history of entire repository or files"
-msgstr "リポジトリ全体ないしファイルの変更履歴の表示"
+msgstr "リポジトリ全体またはファイルの変更履歴の表示"
 
 msgid ""
 "    Print the revision history of the specified files or the entire\n"
 "    project."
-msgstr "    特定のファイルないしリポジトリ全体の変更履歴を表示します。"
+msgstr "    特定のファイルまたはリポジトリ全体の変更履歴を表示します。"
 
 msgid ""
 "    If no revision range is specified, the default is ``tip:0`` unless\n"
 msgstr "関連する全ファイルの表示"
 
 msgid "output the current or given revision of the project manifest"
-msgstr "現時点ないし指定時点でのリポジトリマニフェストの出力"
+msgstr "現時点または指定時点でのリポジトリマニフェストの出力"
 
 msgid ""
 "    Print a list of version controlled files for the given revision.\n"
 msgstr "作業領域の親リビジョンは、 ヘッドではありません"
 
 msgid "use 'hg update' or merge with an explicit revision"
-msgstr "リビジョンを明示して、'hg update' ないしマージを実施してください"
+msgstr "リビジョンを明示して、'hg update' またはマージを実施してください"
 
 msgid "a changeset intended to be included in the destination"
 msgstr "反映対象とするリビジョン"
 "    or the default push location. These are the changesets that would\n"
 "    be pushed if a push was requested."
 msgstr ""
-"    指定された連携先リポジトリ (ないし、 無指定時の :hg:`push`\n"
+"    指定された連携先リポジトリ (または、 無指定時の :hg:`push`\n"
 "    先リポジトリ) に含まれないリビジョンを表示します。\n"
 "    ここで表示されるリビジョンは、\n"
 "    :hg:`push` 実施の際に、 連携先へと反映されます。"
 msgstr "[-r REV] [FILE]"
 
 msgid "show the parents of the working directory or revision"
-msgstr "作業領域(ないし指定リビジョン)の親リビジョンの表示"
+msgstr "作業領域(または指定リビジョン)の親リビジョンの表示"
 
 msgid ""
 "    Print the working directory's parent revisions. If a revision is\n"
 msgstr ""
 "    作業領域の親リビジョンを表示します。 -r/--rev でのリビジョン指定が\n"
 "    ある場合、 指定リビジョンの親リビジョンを表示します。 ファイルが指定\n"
-"    された場合、 (作業領域の親リビジョン、 ないし --rev 指定のリビジョン\n"
+"    された場合、 (作業領域の親リビジョン、 または --rev 指定のリビジョン\n"
 "    以前のもので)そのファイルを最後に更新したリビジョンを表示します。"
 
 msgid "can only specify an explicit filename"
 msgstr "[-p|-d|-s] [-f] [-r] REV..."
 
 msgid "set or show the current phase name"
-msgstr "現行フェーズ状態の変更ないし表示"
+msgstr "現行フェーズ状態の変更または表示"
 
 msgid "    With no argument, show the phase name of specified revisions."
 msgstr "    引数無しの場合、 指定リビジョンのフェーズ名を表示します。"
 "    With one of -p/--public, -d/--draft or -s/--secret, change the\n"
 "    phase value of the specified revisions."
 msgstr ""
-"    -p/--public、 -d/--draft ないし -s/--secret が指定された場合、\n"
+"    -p/--public、 -d/--draft または -s/--secret が指定された場合、\n"
 "    指定リビジョンのフェーズを指定値に変更します。"
 
 msgid ""
 "    Returns 0 if successful, 1 if nothing to recover or verify fails.\n"
 "    "
 msgstr ""
-"    成功時のコマンド終了値は 0、 修復不要ないし修復失敗時は 1 です。\n"
+"    成功時のコマンド終了値は 0、 修復不要または修復失敗時は 1 です。\n"
 "    "
 
 msgid "record delete for missing files"
 msgstr "状態記号の表示を抑止"
 
 msgid "redo merges or set/view the merge status of files"
-msgstr "マージの再実施、 ないし各ファイルのマージ状況管理"
+msgstr "マージの再実施、 または各ファイルのマージ状況管理"
 
 msgid ""
 "    Merges with unresolved conflicts are often the result of\n"
 msgstr ""
 "    -r/--rev が指定された場合、 指定されたファイル/ディレクトリを、\n"
 "    指定されたリビジョン時点の内容へと復旧します。\n"
-"    以前の変更内容の一部ないし全部を、 取り消す用途にも使用できます。\n"
+"    以前の変更内容の一部または全部を、 取り消す用途にも使用できます。\n"
 "    -d/--date での日時表記は :hg:`help dates` を参照してください。"
 
 msgid ""
 msgstr ""
 "    作業領域のファイル状態を表示します。 名前(パターン)指定のある場合、\n"
 "    その名前に合致するファイルのみが表示されます。 変更無し(clean)、\n"
-"    無視(ignored)ないし複製(copy)・改名(rename)の元ファイルに関しては、\n"
-"    それぞれ -c/--clean、 -i/--ignored ないし -C/--copy が指定されるか、\n"
+"    無視(ignored)または複製(copy)・改名(rename)の元ファイルに関しては、\n"
+"    それぞれ -c/--clean、 -i/--ignored または -C/--copy が指定されるか、\n"
 "    あるいは -A/--all が指定されない限り表示されません。\n"
 "    いずれの表示対象選択オプションも指定されない場合、\n"
 "    -m -a -r -d -u が指定されたものとみなします。"
 "    Option -q/--quiet hides untracked (unknown and ignored) files\n"
 "    unless explicitly requested with -u/--unknown or -i/--ignored."
 msgstr ""
-"    -q/--quiet 指定がある場合、 -u/--unknown ないし -i/--ignored\n"
+"    -q/--quiet 指定がある場合、 -u/--unknown または -i/--ignored\n"
 "    が明示的に指定されない限り、 未登録ファイルは表示されません。"
 
 msgid ""
 msgstr "[-f] [-l] [-m TEXT] [-d DATE] [-u USER] [-r REV] NAME..."
 
 msgid "add one or more tags for the current or given revision"
-msgstr "現リビジョンないし指定リビジョンへのタグの付与"
+msgstr "現リビジョンまたは指定リビジョンへのタグの付与"
 
 msgid "    Name a particular revision using <name>."
 msgstr "    特定のリビジョンに、 指定された名前を付けます。"
 msgstr "[-c] [-C] [-d DATE] [[-r] REV]"
 
 msgid "update working directory (or switch revisions)"
-msgstr "作業領域の内容更新(ないしリビジョンの切り替え)"
+msgstr "作業領域の内容更新(またはリビジョンの切り替え)"
 
 msgid ""
 "    Update the repository's working directory to the specified\n"
 "         are preserved."
 msgstr ""
 "      1. -c/--check も -C/--clean も指定されず、 指定リビジョンが、\n"
-"         作業領域の親リビジョンの、 直系の祖先ないし子孫であった場合、\n"
+"         作業領域の親リビジョンの、 直系の祖先または子孫であった場合、\n"
 "         未コミット変更の内容は、 指定リビジョンへとマージされ、\n"
 "         マージ結果は、 未コミットのまま作業領域に残ります。\n"
 "         別の (名前無し) ブランチ上にあるリビジョンなど、\n"
 
 #, python-format
 msgid "%s.premerge not valid ('%s' is neither boolean nor %s)"
-msgstr "%s.premerge は無効です('%s' は真偽ないし %s のいずれでもありません)"
+msgstr "%s.premerge は無効です('%s' は真偽または %s のいずれでもありません)"
 
 msgid ""
 "``internal:merge``\n"
 msgstr ""
 "    Mercurial のインストール先から読み込まれる、 インストール毎設定。\n"
 "    ``<インストール先>`` は、 実行される **hg** コマンド\n"
-"    (ないしシンボリックリンク) の親ディレクトリを意味します。\n"
+"    (またはシンボリックリンク) の親ディレクトリを意味します。\n"
 "    例えば、 ``/shared/tools/bin/hg`` が実行される場合、\n"
 "    ``/shared/tools/etc/mercurial/hgrc`` が読み込まれます。\n"
 "    本ファイルでの設定は、 実行ユーザ/実行位置に関わらず、\n"
 "設定記述は一行一エントリです。 但し、 後続行が字下げされている場合は、\n"
 "エントリ記述が継続しているものとみなされます。\n"
 "値記述の先頭の (半角) 空白文字は除外されます。\n"
-"空行は無視されます。 ``#`` ないし ``;`` で始まる行は、\n"
+"空行は無視されます。 ``#`` または ``;`` で始まる行は、\n"
 "コメント行として無視されます。"
 
 msgid ""
 "\"off\"\n"
 "(all case insensitive)."
 msgstr ""
-"設定する値には、 自由形式の文字列、 文字列の列挙、ないし真偽値の、\n"
+"設定する値には、 自由形式の文字列、 文字列の列挙、または真偽値の、\n"
 "いずれでも指定可能です。 真偽値の設定では、 \"1\"、 \"yes\"、\n"
-"\"true\" ないし \"on\" のいずれもが真値、 \"0\"、 \"no\"、 \"false\"\n"
-"ないし \"off\" のいずれもが偽値とみなされます。 (文字大小は無視されます)"
+"\"true\" または \"on\" のいずれもが真値、 \"0\"、 \"no\"、 \"false\"\n"
+"または \"off\" のいずれもが偽値とみなされます。 (文字大小は無視されます)"
 
 msgid ""
 "List values are separated by whitespace or comma, except when values are\n"
 "placed in double quotation marks::"
 msgstr ""
-"列挙における各値は、 空白文字ないしコンマで区切られますが、\n"
+"列挙における各値は、 空白文字またはコンマで区切られますが、\n"
 "二重引用符 (\") で囲まれた部位は分割されません::"
 
 msgid "  allow_read = \"John Doe, PhD\", brian, betty"
 "command to be executed."
 msgstr ""
 "コマンドの別名 (エイリアス) 定義。\n"
-"別名は、 他のコマンド (ないしエイリアス) や、 付加的な引数を使って、\n"
+"別名は、 他のコマンド (またはエイリアス) や、 付加的な引数を使って、\n"
 "自分独自のコマンドの定義を可能にします。\n"
 "別名定義における ``$1`` や ``$2`` のような位置指定引数は、\n"
 "実行前に Mercurial によって置換されます。\n"
 "    argument, q.v., is then subsequently consulted."
 msgstr ""
 "``prefix``\n"
-"    ``*`` ないし URI (scheme 部分の記述は任意)。\n"
+"    ``*`` または URI (scheme 部分の記述は任意)。\n"
 "    最長マッチする prefix 指定を持つ認証情報が使用されます。\n"
 "    (``*`` は全てにマッチし、 マッチ長は 1 とみなされます)\n"
 "    prefix 指定が scheme 部分を持たない場合、 \n"
 msgstr ""
 "``username``\n"
 "    省略可。 認証におけるユーザ名。 本引数の指定が無く、 且つログイン時に\n"
-"    basic ないし digest 認証が要求された場合、 対話的入力が要求されます。\n"
+"    basic または digest 認証が要求された場合、 対話的入力が要求されます。\n"
 "    ``foo.username = $USER`` 形式の記述では、 環境変数が置換されます。\n"
 "    URI がユーザ名を含む場合、 選択対象となる ``[auth]`` のエントリは、\n"
 "    ユーザ名が合致するものか、 ユーザ名が無いものだけです。"
 msgstr ""
 "``password``\n"
 "    省略可。 認証におけるパスワード。 本引数の指定が無く、\n"
-"    且つログイン時に basic ないし digest 認証が要求された場合、\n"
+"    且つログイン時に basic または digest 認証が要求された場合、\n"
 "    対話的入力が要求されます。"
 
 msgid ""
 "The filter command can start with a specifier, either ``pipe:`` or\n"
 "``tempfile:``. If no specifier is given, ``pipe:`` is used by default."
 msgstr ""
-"フィルタコマンドの記述は ``pipe:``  ないし ``tempfile:`` で開始可能です。\n"
+"フィルタコマンドの記述は ``pipe:``  または ``tempfile:`` で開始可能です。\n"
 "特に指定が無い場合は、 ``pipe:`` 指定相当とみなされます。"
 
 msgid ""
 "    (``-f`` で送信元を指定、 コマンド行で宛先一覧を指定、\n"
 "    標準入力で送信内容の受け取り)\n"
 "    電子メール送信プログラムとみなします。\n"
-"    ``sendmail`` でのメール送信では、 通常は ``sendmail`` ないし\n"
+"    ``sendmail`` でのメール送信では、 通常は ``sendmail`` または\n"
 "    ``/usr/sbin/sendmail`` と設定すれば十分です。"
 
 msgid ""
 "``charsets``\n"
 "    省略可能。 宛先において都合の良い文字符号化方式のカンマ区切り。\n"
 "    電子メールのアドレス指定、 ヘッダ群、 およびパッチ 「以外」\n"
-"    のマルチパート部分は、 ローカル符号化方式 (``$HGENCODING`` ないし\n"
+"    のマルチパート部分は、 ローカル符号化方式 (``$HGENCODING`` または\n"
 "    ``ui.fallbackencoding`` で指定) からの変換に成功した、\n"
 "    「最初の」符号化方式で符号化されます。 変換に失敗した場合、\n"
 "    そのままのデータが送信されます。 デフォルトの設定は空のリストです。"
 "not specified."
 msgstr ""
 "commit の開始/終了といった様々な処理契機において、\n"
-"自動実行されるコマンド、ないし Python 関数。 \n"
+"自動実行されるコマンド、または Python 関数。 \n"
 "処理契機名に接尾辞 (suffix) を追加した記述をする事で、\n"
 "同一処理契機に複数のフックを実行可能です。\n"
 "先に読み込まれた設定 (例: ホスト毎設定) におけるフック設定は、\n"
 "  他リポジトリへの変更反映において、 対象リビジョン確定前に実行されます。\n"
 "  非 0 の終了コードは、 処理の中断を意味します。\n"
 "  本フックによって、 HTTP や SSH 経由での変更反映を抑止可能です。\n"
-"  ローカルホスト上のリポジトリ間での pull や push ないし bundle\n"
+"  ローカルホスト上のリポジトリ間での pull や push または bundle\n"
 "  コマンドも抑止可能ですが、 ファイルそのもののコピーが可能ですから、\n"
 "  実質的な抑止効果はありません。\n"
 "  操作実施契機が ``$HG_SOURCE`` に設定されます。\n"
 "  この環境変数に \"serve\" が設定されている場合、\n"
 "  SSH なり HTTP を経由した遠隔ホスト側が、 処理契機となっています。\n"
-"  \"push\"、 \"pull\" ないし \"bundle\" が設定されている場合、\n"
+"  \"push\"、 \"pull\" または \"bundle\" が設定されている場合、\n"
 "  同一ホスト上のリポジトリが処理契機となっています。"
 
 msgid ""
 "   Also, hooks like \"commit\" will be called in all contexts that\n"
 "   generate a commit (e.g. tag) and not just the commit command."
 msgstr ""
-".. note:: コマンド実行に対する pre- ないし post- 付きの汎用フックは、\n"
+".. note:: コマンド実行に対する pre- または post- 付きの汎用フックは、\n"
 "   トランザクション確定の成否に影響しない状況で呼ばれるため、\n"
 "   汎用フックを使用する方がお勧めです。\n"
 "   \"commit\" のようなフックは、 :hg:`commit` 実行以外にも、\n"
 "  Default: the tool name."
 msgstr ""
 "``executable``\n"
-"  実行可能ファイル名ないしパス名。 Windows 環境では、\n"
+"  実行可能ファイル名またはパス名。 Windows 環境では、\n"
 "  ${ProgramFiles} 環境変数を併用した記述が使用可能です。\n"
 "  デフォルト値: ツール名が自動的に設定"
 
 msgstr ""
 "``regkey``\n"
 "  当該ツールのインストール位置を保持する Windows レジストリキー。\n"
-"  Mercurial は ``HKEY_CURRENT_USER`` ないし ``HKEY_LOCAL_MACHINE``\n"
+"  Mercurial は ``HKEY_CURRENT_USER`` または ``HKEY_LOCAL_MACHINE``\n"
 "  配下の当該キーの有無を、 この順序で確認します。\n"
 "  デフォルト値: None"
 
 "``eol``\n"
 "    'strict' が設定された場合、 パッチファイルと、\n"
 "    パッチ対象ファイルは、 行末形式がそのまま維持されます。\n"
-"    ``lf`` ないし ``crlf`` が設定された場合、\n"
+"    ``lf`` または ``crlf`` が設定された場合、\n"
 "    パッチファイルとパッチ対象ファイルは、 行末形式が無視され、\n"
-"    LF (Unix 形式) ないし CRLF (Windows 形式) に正規化されます。\n"
+"    LF (Unix 形式) または CRLF (Windows 形式) に正規化されます。\n"
 "    ``auto`` が設定された場合、\n"
 "    パッチファイルの行末形式は無視されますが、\n"
 "    パッチ対象ファイルの行末形式は、 ファイル毎の設定で正規化されます。\n"
 "the following entries."
 msgstr ""
 "リポジトリ位置へのシンボリックな名前の割り当て設定。 記述左辺にシンボル、\n"
-"右辺にリポジトリ位置のディレクトリ、 ないし URL を記述します。\n"
+"右辺にリポジトリ位置のディレクトリ、 または URL を記述します。\n"
 "以下のシンボルを設定することで、 連携先リポジトリ指定が無い場合でも、\n"
 "暗黙のパス指定とみなされます。 (※ 訳注: :hg:`help urls` も参照)"
 
 msgstr ""
 "``default``\n"
 "    連携先指定が無い場合に、 :hg:`pull` に類するコマンドの、\n"
-"    連携対象となるリポジトリのディレクトリ、 ないし URL。\n"
+"    連携対象となるリポジトリのディレクトリ、 または URL。\n"
 "    当該リポジトリが :hg:`clone` で生成された場合、\n"
 "    複製元リポジトリの URL が自動的に設定されます。"
 
 msgstr ""
 "``default-push``\n"
 "    連携先指定が無い場合に、 :hg:`push` に類するコマンドの、\n"
-"    連携対象となるリポジトリのディレクトリ、 ないし URL。"
+"    連携対象となるリポジトリのディレクトリ、 または URL。"
 
 msgid ""
 "Custom paths can be defined by assigning the path to a name that later can "
 "    サーバとして機能する際の、 draft フェーズに対する挙動の設定。\n"
 "    True の場合、 クライアントから反映されたリビジョンのフェーズは、\n"
 "    クライアント/サーバ双方で public 化され、 クライアントに取り込み、\n"
-"    ないし複製されたリビジョンのフェーズは、 クライアント側でのみ public\n"
+"    または複製されたリビジョンのフェーズは、 クライアント側でのみ public\n"
 "    化されます。デフォルト値: True"
 
 msgid ""
 "    stderr"
 msgstr ""
 "``output``\n"
-"    プロファイルデータ、 ないし統計報告の保存先。\n"
+"    プロファイルデータ、 または統計報告の保存先。\n"
 "    既存ファイルが指定された場合、 ファイルは上書きされます。\n"
 "    デフォルト値: None (結果は標準エラー出力から出力)"
 
 "    クライアントからの、非圧縮プロトコルでの :hg:`clone` 要求に対する、\n"
 "    許可の可否。 通常の転送と比較して、 データ量が 40% 程度増加しますが、\n"
 "    サーバ/クライアント双方で、 メモリや CPU の消費が低減します。\n"
-"    LAN (100 Mbps ないしそれ以上) や高速 WAN 経由であれば、\n"
+"    LAN (100 Mbps またはそれ以上) や高速 WAN 経由であれば、\n"
 "    通常形式よりも高速 (最大 10 倍程度) です。\n"
 "    転送データ量が増加することから、 一般的な WAN 接続 (概ね 6 Mbps 以下)\n"
 "    では、 非圧縮形式の方が低速です。\n"
 msgstr ""
 "``tls``\n"
 "    省略可能。 メールサーバ接続における TLS 接続の有無/方式の指定。\n"
-"    starttls、 smtps ないし none。 デフォルト値: none"
+"    starttls、 smtps または none。 デフォルト値: none"
 
 msgid ""
 "``verifycert``\n"
 "*already-trusted file* to take effect, such as ``$HOME/.hgrc`` of the\n"
 "user or service running Mercurial."
 msgstr ""
-"設定ファイルの所有者ないしグループが、\n"
-"本セクションで記述した、 ユーザないしグループと合致する場合、\n"
+"設定ファイルの所有者またはグループが、\n"
+"本セクションで記述した、 ユーザまたはグループと合致する場合、\n"
 "その設定ファイルは *信頼* されます。\n"
 "実効ユーザ (※ 訳注: 対象リポジトリ上で実行される\n"
 "「プロセス」 の実効ユーザ) は常に信頼対象になります。\n"
 "    Default is True."
 msgstr ""
 "``archivemeta``\n"
-"    :hg:`archive` コマンドないし hgweb 経由のダウンロードで得られる\n"
+"    :hg:`archive` コマンドまたは hgweb 経由のダウンロードで得られる\n"
 "    アーカイブファイルへの、 メタデータ (リポジトリの初期リビジョンと、\n"
 "    アーカイブ対象リビジョンのハッシュ値) を保持する .hg_archival.txt\n"
 "    ファイル格納の有無。 デフォルト値: True"
 "    The editor to use during a commit. Default is ``$EDITOR`` or ``vi``."
 msgstr ""
 "``editor``\n"
-"    コミットログ入力用エディタ。 無指定の場合、 ``$EDITOR`` ないし\n"
+"    コミットログ入力用エディタ。 無指定の場合、 ``$EDITOR`` または\n"
 "    ``vi`` が使用されます。"
 
 msgid ""
 msgstr ""
 "``portablefilenames``\n"
 "    ファイル名可搬性確認の要否。\n"
-"    ``warn``、 ``ignore`` ないし ``abort`` のいずれか。\n"
+"    ``warn``、 ``ignore`` または ``abort`` のいずれか。\n"
 "    デフォルト値は ``warn``。\n"
-"    POSIX 環境における ``warn`` (ないし ``true``) 設定では、\n"
+"    POSIX 環境における ``warn`` (または ``true``) 設定では、\n"
 "    可搬性の無い名前 (例: ``AUX`` のような予約語や、 ``:``\n"
 "    のような特殊文字を含んだり、 文字大小の問題で、\n"
 "    既存ファイルと衝突するような、 Windows 環境で利用できないファイル名)\n"
 "    を持つファイルが、 構成管理対象として追加された際に、\n"
 "    警告を発します。\n"
-"    ``ignore`` (ないし ``false``) 設定では、 警告が発せられません。\n"
+"    ``ignore`` (または ``false``) 設定では、 警告が発せられません。\n"
 "    ``abort`` 設定では、 コマンドの実行が中断されます。\n"
 "    Windows 環境では、 本設定は無視され、 コマンド実行は常に中断されます。"
 
 "    :hg:`commit` での新規リビジョン作成で記録されるユーザ名。\n"
 "    個人名と電子メールアドレスを使用するのが一般的です。\n"
 "    (例: ``Fred Widget <fred@example.com>``)\n"
-"    無指定の場合、 ``$EMAIL`` 指定値、 ないし ``ユーザ名@ホスト名``\n"
+"    無指定の場合、 ``$EMAIL`` 指定値、 または ``ユーザ名@ホスト名``\n"
 "    が使用されます。 設定ファイルで username に空値が指定された場合、\n"
 "    (Mercurial の問い合わせを契機に) 手動で指定するか、\n"
 "    他の設定ファイル (例: システム毎設定ファイルで ``username =``\n"
 "    examined after the deny_push list."
 msgstr ""
 "``allow_push``\n"
-"    :hg:`push` 要求への応答の可否。 空ないし未設定の場合、 :hg:`push`\n"
+"    :hg:`push` 要求への応答の可否。 空または未設定の場合、 :hg:`push`\n"
 "    要求は受理されません。 ``*`` が設定された場合、 未認証ユーザを含む、\n"
 "    全てのユーザが :hg:`push` できます。 他の値が設定された場合、\n"
 "    認証されたユーザのうち、 本項目で名前が列挙されたユーザのみが、\n"
 "    アクセス元ユーザが ``deny_read`` による制限を受けていない場合の、\n"
 "    当該ユーザのアクセス可否の制御。 本設定が空の場合、 未認証ユーザや、\n"
 "    本設定で名前が列挙されていないユーザは、 アクセスが拒否されます。\n"
-"    本設定が空、 ないし未設定の場合、 全てのユーザがアクセス可能です。\n"
+"    本設定が空、 または未設定の場合、 全てのユーザがアクセス可能です。\n"
 "    ``allow_read`` を ``*`` に設定するのは、 未設定 (= 全ユーザへの許可)\n"
 "    と等価です。 本設定の確認実施は、 ``deny_read`` 確認の後です。"
 
 "    Defaults to ui.username or ``$EMAIL`` or \"unknown\" if unset or empty."
 msgstr ""
 "``contact``\n"
-"    リポジトリ管理者の名前ないし電子メールアドレス。\n"
+"    リポジトリ管理者の名前または電子メールアドレス。\n"
 "    無指定の場合、 ui.username 設定値、 ``$EMAIL`` 設定値が、\n"
 "    それらも未設定/空値の場合は \"unknown\" が使用されます。"
 
 "    contents of the deny_push list are examined before the allow_push list."
 msgstr ""
 "``deny_push``\n"
-"    :hg:`push` 要求拒否の要否。 空ないし未設定の場合、 :hg:`push` は、\n"
+"    :hg:`push` 要求拒否の要否。 空または未設定の場合、 :hg:`push` は、\n"
 "    拒否されません。 ``*`` の場合、 :hg:`push` は全て拒否されます。\n"
 "    それ以外では、 未認証ユーザと、 本設定で名前が列挙されたユーザは、\n"
 "    :hg:`push` が拒否されます。 本設定の確認実施は、 ``allow_push``\n"
 "    未認証ユーザと、 本設定で名前が列挙されたユーザは、\n"
 "    リポジトリへのアクセスが全て拒否されます。 ``*`` が設定された場合、\n"
 "    全てのアクセスが拒否されます (この設定が必要なケースは無いでしょう)。\n"
-"    空ないし未設定の場合、 アクセス可否は ``allow_read`` 設定次第です。\n"
+"    空または未設定の場合、 アクセス可否は ``allow_read`` 設定次第です。\n"
 "    (説明を参照してください)  ``deny_read`` と ``allow_read`` が、\n"
-"    両方とも空ないし未設定の場合、 全てのユーザがアクセス可能となります。\n"
+"    両方とも空または未設定の場合、 全てのユーザがアクセス可能となります。\n"
 "    ウェブインタフェースの、 ディレクトリ毎インデックページ経由で、\n"
 "    リポジトリ一覧が公開される場合、 アクセス拒否対処ユーザに対しては、\n"
 "    一覧から当該リポジトリが除外されます。 ``deny_read`` での設定は、\n"
 msgstr ""
 "HG\n"
 "    'hg' コマンドへのパス。 フック/エクステンション、\n"
-"    ないし外部ツールの起動の際に自動的に設定されます。\n"
+"    または外部ツールの起動の際に自動的に設定されます。\n"
 "    未設定や空の場合は、\n"
 "    frozen 形式の hg 実行可能ファイルの名前が設定されるか、\n"
 "    'hg' という名前の実行可能ファイルが検索されます\n"
 "    the .hg/hgrc from the current repository is read."
 msgstr ""
 "HGRCPATH\n"
-"    設定ファイル読込のための、 ファイルないしディレクトリの一覧の指定。\n"
+"    設定ファイル読込のための、 ファイルまたはディレクトリの一覧の指定。\n"
 "    一覧要素の区切り記号は、 Unix なら \":\"、 WIndows なら \";\" です。\n"
 "    HGRCPATH 環境変数が設定されていない場合、 各稼働環境に応じた\n"
 "    読み込み先から読み込まれます。 空の値が設定されている場合、\n"
 "than globs and arguments for predicates."
 msgstr ""
 "ファイル名やパターンが、 ``[.*{}[]?/\\_a-zA-Z0-9\\x80-\\xff]``\n"
-"以外の文字や、 既存の述語と一致する場合、 引用符(') ないし二重引用符(\")\n"
+"以外の文字や、 既存の述語と一致する場合、 引用符(') または二重引用符(\")\n"
 "で囲ってください。 この仕様は、 glob 対象や述語の引数以外の、\n"
 "全てのファイルパターンに適用されます。"
 
 "    clone must be in the form of a revision and its ancestors."
 msgstr ""
 "Clone\n"
-"    (名詞) [複製(リポジトリ)] あるリポジトリの全体、 ないし一部から、\n"
+"    (名詞) [複製(リポジトリ)] あるリポジトリの全体、 または一部から、\n"
 "    複製されたリポジトリ。 部分複製リポジトリの持つ変更履歴は、\n"
 "    指定リビジョンと、 その祖先から構成されます。"
 
 "    \"diff\" and \"patch\"."
 msgstr ""
 "Diff\n"
-"    (名詞) [差分] 2つのリビジョン、 ないし作業領域とリビジョン間での、\n"
-"    ファイルの内容と属性の差異。 差分の表現は、 \"diff\" ないし \"patch\"\n"
+"    (名詞) [差分] 2つのリビジョン、 または作業領域とリビジョン間での、\n"
+"    ファイルの内容と属性の差異。 差分の表現は、 \"diff\" または \"patch\"\n"
 "    と呼ばれる形式で表現されます。 ファイルの複製/改名や属性の変更は、\n"
 "    \"diff\" や \"patch\" の形式では表現できないため、 \"git diff\"\n"
 "    形式を使って表現されます。"
 "any pattern in ``.hgignore``."
 msgstr ""
 "未登録ファイルが、 作業領域のルートからの相対パス、\n"
-"ないしそのパスの先頭部分が、 ``.hgignore``\n"
+"またはそのパスの先頭部分が、 ``.hgignore``\n"
 "に記述されたパターンと合致する場合、\n"
 "そのファイルは Mercurial からは無視されます。"
 
 msgstr ""
 "例えば、 未登録ファイル ``file.c`` が、\n"
 "作業領域の ``a/b/file.c`` に位置すると仮定します。\n"
-"``a/b/file.c``、 ``a/b`` ないし ``a`` といったパターンが\n"
+"``a/b/file.c``、 ``a/b`` または ``a`` といったパターンが\n"
 "``.hgignore`` に記述されている場合、\n"
 "Mercurial はこの ``file.c`` を無視します。"
 
 "key on the ``[ui]`` section of :hg:`help config` for details of how to\n"
 "configure these files."
 msgstr ""
-"作業領域毎の無視設定に加えて、 ユーザ毎、 ないしシステム毎の\n"
+"作業領域毎の無視設定に加えて、 ユーザ毎、 またはシステム毎の\n"
 "無視設定ファイルを指定することが可能です:\n"
 "これらのファイルの設定に関する詳細は、\n"
 ":hg:`help config` の ``[ui]`` セクションにおける\n"
 "configuration file common to :hg:`serve`, ``hgweb.wsgi``,\n"
 "``hgweb.cgi`` and ``hgweb.fcgi``."
 msgstr ""
-"Mercurial の内部ウェブサーバ機能 hgweb は、 単一リポジトリないし、\n"
+"Mercurial の内部ウェブサーバ機能 hgweb は、 単一リポジトリまたは、\n"
 "リポジトリのツリーを公開可能です。 後者の場合、 専用の設定ファイルにより、\n"
 "パスやオプション設定を定義可能です。 設定ファイルは :hg:`serve`、\n"
 "``hgweb.wsgi``、 ``hgweb.cgi`` および ``hgweb.fcgi`` で共通です。"
 msgstr ""
 "マージツール設定は、 システム上に実行可能ファイルが存在し、\n"
 "且つマージ処理が可能である場合に意味を持ちます。\n"
-"実行可能ファイルの指定は、 絶対ないし相対パスで指定されるか、\n"
+"実行可能ファイルの指定は、 絶対または相対パスで指定されるか、\n"
 "コマンドサーチパス設定上に、\n"
 "同名の実行可能ファイルが存在する場合に有効となります。\n"
 "マージツールはマージ処理が可能であるものと仮定されます。\n"
 "across path separators and ``{a,b}`` to mean \"a or b\"."
 msgstr ""
 "ワイルドカードの拡張文法には、 パス区切りも含めた任意の文字列と合致する\n"
-"``**`` と、 \"a ないし b\" を意味する ``{a,b}`` という形式があります。"
+"``**`` と、 \"a または b\" を意味する ``{a,b}`` という形式があります。"
 
 msgid ""
 "To use a Perl/Python regular expression, start a name with ``re:``.\n"
 "pattern."
 msgstr ""
 "ファイルからパターンを読み込む場合は、\n"
-"``listfile:`` ないし ``listfile0:`` を使用します。\n"
+"``listfile:`` または ``listfile0:`` を使用します。\n"
 "前者が改行でパターンを区切るのに対して、\n"
 "後者は null 文字でパターンを区切ります。\n"
 "ファイルから読み込まれた個々のパターンは、\n"
 msgstr ""
 "  glob:*.c       現ディレクトリ直下で、 名前が \".c\" で終わるもの\n"
 "  *.c            現ディレクトリ直下で、 名前が \".c\" で終わるもの\n"
-"  **.c           現ディレクトリないしその配下のディレクトリにおいて、\n"
+"  **.c           現ディレクトリまたはその配下のディレクトリにおいて、\n"
 "                 名前が \".c\" で終わるもの\n"
 "  foo/*.c        foo ディレクトリ直下で、 名前が \".c\" で終わるもの\n"
-"  foo/**.c       foo ディレクトリないしその配下のディレクトリにおいて、\n"
+"  foo/**.c       foo ディレクトリまたはその配下のディレクトリにおいて、\n"
 "                 名前が \".c\" で終わるもの"
 
 msgid "Regexp examples::"
 "======"
 
 msgid " - list changesets in draft or secret phase::"
-msgstr " - draft ないし secret フェーズのリビジョン一覧::"
+msgstr " - draft または secret フェーズのリビジョン一覧::"
 
 msgid "     hg log -r \"not public()\""
 msgstr "     hg log -r \"not public()\""
 "one of the predefined predicates."
 msgstr ""
 "ID として使用するブランチ名などが、 ``-`` 文字や、\n"
-"既存の述語と一致する場合、 引用符(') ないし二重引用符(\")\n"
+"既存の述語と一致する場合、 引用符(') または二重引用符(\")\n"
 "で囲ってください。"
 
 msgid ""
 msgstr ""
 "``x^n``\n"
 "  リビジョン群 x 中の各リビジョンの、 n 番目の親リビジョン。\n"
-"  n には 0 1 ないし 2 を指定可能。\n"
+"  n には 0 1 または 2 を指定可能。\n"
 "  n == 0 ならリビジョン自身、 n == 1 なら第1親、 n == 2 なら第2親。"
 
 msgid ""
 "    再帰的には実施されません。 但し、 -S/--subrepos 指定が無くても、\n"
 "    サブリポジトリ中のファイルへのパスが、 直接指定された場合は、\n"
 "    対象ファイルを構成管理対象として登録します。 なお、 サブリポジトリが\n"
-"    Git ないし Subversion 形式の場合、 現状では、 何の表示も無しに、\n"
+"    Git または Subversion 形式の場合、 現状では、 何の表示も無しに、\n"
 "    登録要求を無視します。"
 
 msgid ""
 ":diff: -S/--subrepos 指定が無い限り、 差分表示は、 \n"
 "    再帰的には実施されません。\n"
 "    サブリポジトリのファイルの差分表示は、 通常の差分表示形式と同じです。\n"
-"    なお、 サブリポジトリが Git ないし Subversion 形式の場合、 現状では、\n"
+"    なお、 サブリポジトリが Git または Subversion 形式の場合、 現状では、\n"
 "    何の表示も無しに、 差分表示要求を無視します。"
 
 msgid ""
 ":forget: forget currently only handles exact file matches in subrepos.\n"
 "    Git and Subversion subrepositories are currently silently ignored."
 msgstr ""
-":forget: 現状では、 サブリポジトリ中のパス (ファイルないしディレクトリ)\n"
+":forget: 現状では、 サブリポジトリ中のパス (ファイルまたはディレクトリ)\n"
 "    が指定された場合に限り、 サブリポジトリ中のファイルに対して、\n"
-"    登録除外操作が実施されます。なお、 サブリポジトリが Git ないし\n"
+"    登録除外操作が実施されます。なお、 サブリポジトリが Git または\n"
 "    Subversion 形式の場合、 現状では、 何の表示も無しに、\n"
 "    登録除外要求を無視します。"
 
 "    silently ignored."
 msgstr ""
 ":incoming: -S/--subrepos 指定が無い限り、 取り込みリビジョンの確認は、\n"
-"    再帰的には実施されません。 なお、 サブリポジトリが Git ないし\n"
+"    再帰的には実施されません。 なお、 サブリポジトリが Git または\n"
 "    Subversion 形式の場合、 現状では、 何の表示も無しに、\n"
 "    取り込みリビジョンの確認要求を無視します。"
 
 "    silently ignored."
 msgstr ""
 ":outgoing: -S/--subrepos 指定が無い限り、 反映予定リビジョンの確認は、\n"
-"    再帰的には実施されません。 なお、 サブリポジトリが Git ないし\n"
+"    再帰的には実施されません。 なお、 サブリポジトリが Git または\n"
 "    Subversion 形式の場合、 現状では、 何の表示も無しに、\n"
 "    反映予定リビジョンの確認要求を無視します。"
 
 msgstr ""
 "親リポジトリの利用期間中に、 サブリポジトリの連携先が変更された場合、\n"
 "変更前に親リポジトリで記録されたリビジョンが持つ連携先情報は、\n"
-"無効となってしまいます。 親リポジトリの ``hgrc`` ファイルないし Mercurial\n"
+"無効となってしまいます。 親リポジトリの ``hgrc`` ファイルまたは Mercurial\n"
 "の設定ファイルにおいて、 連携先情報の書き換えルールを定義することで、\n"
 "この問題を解消可能です。 詳細に関しては hgrc(5) の ``[subpaths]``\n"
 "セクションを参照してください。 (※ 訳注: :hg:`help config` でも参照可能)"
 msgstr ""
 "ローカルファイルシステム上のパスが指す先は、\n"
 "Mercurial のリポジトリでも、 バンドルファイル\n"
-"(:hg:`bundle` ないし :hg:`incoming --bundle` で生成)\n"
+"(:hg:`bundle` または :hg:`incoming --bundle` で生成)\n"
 "でも構いません。 :hg:`help paths` も参照してください。"
 
 msgid ""
 "revisions`."
 msgstr ""
 "連携先リポジトリ指定において、 '#' 記号に続けて ID を指定することで、\n"
-"特定のブランチ、 タグないしリビジョンを指定することができます。\n"
+"特定のブランチ、 タグまたはリビジョンを指定することができます。\n"
 ":hg:`help revisions` も参照してください。"
 
 msgid ""
 "    - ``current``            : the cset currently being bisected"
 msgstr ""
 "    - ``good``, ``bad``, ``skip``: 各状態にマークされたリビジョン群\n"
-"    - ``goods``, ``bads``      : good ないし bad と判断されたリビジョン群\n"
+"    - ``goods``, ``bads``      : good または bad と判断されたリビジョン群\n"
 "    - ``range``              : 探索範囲中のリビジョン群 \n"
 "    - ``pruned``             : goods/bads あるいは skip 相当のリビジョン群\n"
 "    - ``untested``           : 状態が未確定のリビジョン群\n"
 "    The named bookmark or all bookmarks."
 msgstr ""
 "``bookmark([name])``\n"
-"    指定ブックマーク対象、ないし全ブックマーク対象。"
+"    指定ブックマーク対象、または全ブックマーク対象。"
 
 msgid ""
 "    If `name` starts with `re:`, the remainder of the name is treated as\n"
 "    changesets."
 msgstr ""
 "``branch(string or set)``\n"
-"    指定ブランチないしリビジョン群の属するブランチ群に、 属するリビジョン。"
+"    指定ブランチまたはリビジョン群の属するブランチ群に、 属するリビジョン。"
 
 msgid ""
 "    If `string` starts with `re:`, the remainder of the name is treated as\n"
 
 #. i18n: "limit" is a keyword
 msgid "limit requires one or two arguments"
-msgstr "limit の引数は1つないし2つです"
+msgstr "limit の引数は1つまたは2つです"
 
 #. i18n: "limit" is a keyword
 msgid "limit requires a number"
 
 #. i18n: "last" is a keyword
 msgid "last requires one or two arguments"
-msgstr "last の引数は1つないし2つです"
+msgstr "last の引数は1つまたは2つです"
 
 #. i18n: "last" is a keyword
 msgid "last requires a number"
 "    default push location."
 msgstr ""
 "``outgoing([path])``\n"
-"    指定連携先ないし無指定時反映先に、 存在しないリビジョン群。"
+"    指定連携先または無指定時反映先に、 存在しないリビジョン群。"
 
 #. i18n: "outgoing" is a keyword
 msgid "outgoing takes one or no arguments"
 "    First parent of changesets in set, or the working directory."
 msgstr ""
 "``p1([set])``\n"
-"    指定リビジョン群ないし作業領域の、第1親リビジョン群。"
+"    指定リビジョン群または作業領域の、第1親リビジョン群。"
 
 msgid ""
 "``p2([set])``\n"
 "    Second parent of changesets in set, or the working directory."
 msgstr ""
 "``p2([set])``\n"
-"    指定リビジョン群ないし作業領域の、第2親リビジョン群。"
+"    指定リビジョン群または作業領域の、第2親リビジョン群。"
 
 msgid ""
 "``parents([set])``\n"
 "directory."
 msgstr ""
 "``parents([set])``\n"
-"    指定リビジョン群ないし作業領域の、 全親リビジョン群。"
+"    指定リビジョン群または作業領域の、 全親リビジョン群。"
 
 msgid "^ expects a number 0, 1, or 2"
-msgstr "^ には 0、 1 ないし 2 を指定してください"
+msgstr "^ には 0、 1 または 2 を指定してください"
 
 msgid ""
 "``present(set)``\n"
 
 #. i18n: "sort" is a keyword
 msgid "sort requires one or two arguments"
-msgstr "sort の引数は1つないし2つです"
+msgstr "sort の引数は1つまたは2つです"
 
 #. i18n: "sort" is a keyword
 msgid "sort spec must be a string"
 "    The specified tag by name, or all tagged revisions if no name is given."
 msgstr ""
 "``tag([name])``\n"
-"    指定タグ対象リビジョン、 ないしタグ付け対象の全リビジョン群。"
+"    指定タグ対象リビジョン、 またはタグ付け対象の全リビジョン群。"
 
 #. i18n: "tag" is a keyword
 msgid "tag takes one or no arguments"
 "hostfingerprints or web.cacerts config setting)\n"
 msgstr ""
 "警告: %s の証明書 (フィンガープリントは %s) 検証を省略(設定ファイルの "
-"hostfingerprints ないし web.cacerts 設定を確認してください)\n"
+"hostfingerprints または web.cacerts 設定を確認してください)\n"
 
 #, python-format
 msgid "'%s' does not appear to be an hg repository"
 ":user: Any text. Returns a short representation of a user name or email\n"
 "    address."
 msgstr ""
-":user: 文字列。 ユーザ名ないしメールアドレスから、\n"
+":user: 文字列。 ユーザ名またはメールアドレスから、\n"
 "    ユーザ名の短縮形式部分を取り出します。"
 
 msgid ":emailuser: Any text. Returns the user portion of an email address."
 ":files: List of strings. All files modified, added, or removed by this\n"
 "    changeset."
 msgstr ""
-":files: 文字列列挙。 当該リビジョンでの、 変更/追加登録ないし\n"
+":files: 文字列列挙。 当該リビジョンでの、 変更/追加登録または\n"
 "    登録除外ファイルの一覧。"
 
 msgid ""
 msgstr "フィルタ %s は引数が1つ必要です"
 
 msgid "date expects one or two arguments"
-msgstr "date の引数は1つないし2つです"
+msgstr "date の引数は1つまたは2つです"
 
 msgid "fill expects one to four arguments"
 msgstr "fill の引数は1つから4つの間です"
 
 #. i18n: "if" is a keyword
 msgid "if expects two or three arguments"
-msgstr "if は2ないし3の引数が必要です"
+msgstr "if は2または3の引数が必要です"
 
 #. i18n: "ifeq" is a keyword
 msgid "ifeq expects three or four arguments"
-msgstr "ifeq は3ないし4の引数が必要です"
+msgstr "ifeq は3または4の引数が必要です"
 
 #. i18n: "join" is a keyword
 msgid "join expects one or two arguments"
-msgstr "join の引数は1つないし2つです"
+msgstr "join の引数は1つまたは2つです"
 
 #. i18n: "rstdoc" is a keyword
 msgid "rstdoc expects two arguments"
 msgstr "rstdoc の引数は2つです"
 
 msgid "strip expects one or two arguments"
-msgstr "strip の引数は1つないし2つです"
+msgstr "strip の引数は1つまたは2つです"
 
 #. i18n: "sub" is a keyword
 msgid "sub expects three arguments"