1. Katsunori FUJIWARA
  2. mercurial-translation-ja

Commits

Katsunori FUJIWARA  committed e0da2e5 Merge

CATCHUP: merge default => downstream-line

  • Participants
  • Parent commits 32d8266, 69064bc
  • Branches downstream-line

Comments (0)

Files changed (1)

File ja.po

View file
  • Ignore whitespace
 # Distributed SCM       分散構成管理ツール
 #
 # abort                 中断
+# active
+#   guard
+#     "hg qguard" 側    ガード設定(状況)
+#     "hg qselect" 側   ガード選択(状況)
+#   queue               使用中
+#   bookmark            アクティブ
+#   branch              アクティブ
 # add                   (構成管理への)追加登録
 # alias                 別名
 # amend                 改変 (※ 『破壊的修正』のニュアンス)
 "運用する事を推奨します。 バグの状態を「解決済み」 (fixed) にするには、\n"
 "Bugzilla 4.0 版以降が必要です。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Access via XMLRPC/email uses XMLRPC to query Bugzilla, but sends\n"
 "email to the Bugzilla email interface to submit comments to bugs.\n"
 msgid "Configuration items common to all access modes:"
 msgstr "全連携方式で共通の設定項目は以下の通りです:"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "bugzilla.version\n"
 "  The access type to use. Values recognized are:"
 "    :hg:`convert` を中断した場合でも、 反復的に実行する場合でも、\n"
 "    新規のコミットのみが変換対象になります。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "    The authormap is a simple text file that maps each source commit\n"
 "    author to a destination commit author. It is handy for source SCMs\n"
 "changegroup ないし incoming フックとしての実行を想定しています。\n"
 "以下のような設定を、 Mercurial 設定ファイルに記述してください::"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "  [cia]\n"
 "  # your registered CIA user name\n"
 msgid "Fix up the change and run hg histedit --continue"
 msgstr "衝突解消後に \"hg histedit --continue\" してください"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "%s: empty changeset\n"
-msgstr "%s: 空のリビジョン"
+msgstr "%s: 空のリビジョン\n"
 
 msgid ""
 "Make changes as needed, you may commit or record as needed now.\n"
 msgid "histedit requires exactly one parent revision"
 msgstr "履歴改変には単一の親リビジョンを指定してください"
 
-#, fuzzy
 msgid "nothing to edit\n"
-msgstr "探索範囲は拡張されませんでした"
-
-#, fuzzy, python-format
+msgstr "改変の必要なリビジョンがありません\n"
+
+#, python-format
 msgid "working directory parent is not a descendant of %s"
-msgstr "作業領域の親リビジョンは qtip ではありません"
-
-#, fuzzy, python-format
+msgstr "作業領域の親リビジョンは %s の子孫ではありません"
+
+#, python-format
 msgid "update to %s or descendant and run \"hg histedit --continue\" again"
-msgstr "衝突解消後に \"hg histedit --continue\" してください"
+msgstr ""
+"%s かその子孫で作業領域更新後に \"hg histedit --continue\" してください"
 
 msgid "cannot edit history that would orphan nodes"
 msgstr "履歴ツリーが分断されるような履歴改変はできません"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "cannot edit immutable changeset: %s"
-msgstr "改変不能なリビジョン %s は移動できません"
+msgstr "改変不能なリビジョンがあります: %s"
 
 msgid "must specify a rule for each changeset once"
 msgstr "1リビジョン毎に1つのルール指定が必要です"
 msgid "unknown action \"%s\""
 msgstr "未知の操作 \"%s\" が指定されました"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "histedit: moving bookmarks %s from %s to %s\n"
-msgstr "histedit:     ブックマーク %s 移動中\n"
+msgstr "histedit: ブックマーク %s を %s から %s に移動中\n"
 
 msgid "accelerate status report using Linux's inotify service"
 msgstr "Linux の inoitfy サービスによる状態報告の高速化"
 msgid "converting revisions"
 msgstr "リビジョンの変換中"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "missing largefile '%s' from revision %s"
-msgstr "関連する全ファイルの表示"
+msgstr "大容量ファイル '%s' (リビジョン %s 由来) がありません"
 
 #, python-format
 msgid "renamed/copied largefile %s becomes symlink"
 msgid "largefiles: No remote repo\n"
 msgstr "largefiles: 連携先リポジトリが指定されていません\n"
 
-#, fuzzy
 msgid "largefiles: no files to upload\n"
-msgstr "largefiles: 転送予定ファイル数 %d\n"
+msgstr "largefiles: 転送予定ファイルはありません\n"
 
 msgid "largefiles to upload:\n"
 msgstr "転送予定大容量ファイル:\n"
 
-#, fuzzy
 msgid "largefiles: (no files to upload)\n"
-msgstr "largefiles: 転送予定ファイル数 %d\n"
+msgstr "largefiles      : (転送予定ファイルなし)\n"
 
 #, python-format
 msgid "largefiles: %d to upload\n"
-msgstr "largefiles: 転送予定ファイル数 %d\n"
+msgstr "largefiles      : 転送予定ファイル数 %d\n"
 
 msgid "largefile contents do not match hash"
 msgstr "大容量ファイルの内容が想定ハッシュ値と一致しません"
 "    With no arguments, print the currently active guards.\n"
 "    With arguments, set guards for the named patch."
 msgstr ""
-"    引数指定が無い場合、 現在のガード選択状況を表示します。\n"
-"    引数が指定された場合、 指定パッチに対するガード選択を設定します。"
+"    引数指定が無い場合、 現在のガード設定を表示します。\n"
+"    引数が指定された場合、 指定パッチに対してガードを設定します。"
 
 msgid ""
 "    .. note::\n"
 "    With no arguments, prints the currently active guards.\n"
 "    With one argument, sets the active guard."
 msgstr ""
-"    本コマンドが引数無しで実行された場合、 現在のガード選択状況を表示\n"
-"    します。 引数が指定された場合、 ガード選択を設定します。"
+"    引数指定が無い場合、 現在のガード選択状況を表示します。\n"
+"    引数が指定された場合、 ガード選択を設定します。"
 
 msgid ""
 "    Use -n/--none to deactivate guards (no other arguments needed).\n"
 "    When no guards are active, patches with positive guards are\n"
 "    skipped and patches with negative guards are pushed."
 msgstr ""
-"    -n/--none を指定することで、 ガード選択を無効化します(他の引数は必要\n"
-"    ありません)。 いずれのガードも選択されていない場合、 「正」のガードが\n"
-"    設定されたパッチの適用は見送られますが、 「負」のガードが設定された\n"
-"    パッチは適用されます。"
+"    -n/--none を指定することで、 全てのガード選択を無効化します\n"
+"    (他の引数は必要ありません)。 ガードが全く選択されていない場合、\n"
+"    「正」のガードが設定されたパッチは適用されませんが、\n"
+"    「負」のガードが設定されたパッチは適用されます。"
 
 msgid ""
 "    qselect can change the guards on applied patches. It does not pop\n"
 msgstr "有効なキューの一覧表示"
 
 msgid "print name of active queue"
-msgstr "アクティブなキュー名の表示"
+msgstr "使用中のキュー名の表示"
 
 msgid "create new queue"
 msgstr "新規キューの作成"
 
 msgid "rename active queue"
-msgstr "現行キューの改名"
+msgstr "使用中のキューの改名"
 
 msgid "delete reference to queue"
 msgstr "キューへの参照の削除"
 "print\n"
 "    only the name of the active queue."
 msgstr ""
-"    キュー名称を指定しないか、 -l/--list が指定された場合、 登録済みの\n"
-"    キューの一覧が表示されます - 通常は \"normal\" パッチキューが登録\n"
-"    済みです。 当該時点でアクティブなキューには \"(アクティブ)\" が表示\n"
-"    されます。 --active が指定された場合、 表示対象となるキューは、\n"
-"    アクティブなキューのみです"
+"    キュー名称の指定が無いか、 -l/--list が指定された場合、\n"
+"    登録済みキューが一覧表示されます。 通常は \"patches\" が登録済みです。\n"
+"    実行時点で使用中のキューには \"(使用中)\" が表示されます。\n"
+"    --active が指定された場合は、 使用中のキューのみが表示されます。"
 
 msgid ""
 "    To create a new queue, use -c/--create. The queue is automatically made\n"
 "    currently active queue in the repository. Then the queue will only be\n"
 "    created and switching will fail."
 msgstr ""
-"    -c/--create が指定された場合、 新規キューを作成します。 当該時点で\n"
-"    アクティブなキューからパッチが適用中の場合を除き、 新規作成された\n"
-"    キューが自動的にアクティブなキューとなります。 この場合、\n"
-"    新規キューは生成されますがキューの切り替えは実施されません。"
+"    新規キューの作成には -c/--create を指定します。 新規作成キューは、\n"
+"    自動的に使用キューとなります。 ただし、 新規キューの作成時点で、\n"
+"    既存のキューからパッチが適用中の場合は、 新規キューは作成されますが、\n"
+"    使用キューの切り替えは実施されません。"
 
 msgid ""
 "    To delete an existing queue, use --delete. You cannot delete the "
 "    active queue."
 msgstr ""
 "    --delete が指定された場合、 既存のキューを削除します。\n"
-"    当該時点でアクティブなキューは削除できません。"
+"    その時点で使用中のキューは削除できません。"
 
 msgid "new queue created, but cannot make active as patches are applied"
-msgstr ""
+msgstr "パッチ適用中につき使用キューは切り替えません(新規キューは生成済み)"
 
 msgid "cannot delete queue that does not exist"
 msgstr "存在しないキューは削除できません"
 
 msgid "cannot delete currently active queue"
-msgstr "現時点でアクティブなキューは削除できません"
+msgstr "現時点で使用中のキューは削除できません"
 
 msgid " (active)\n"
-msgstr " (アクティブ)\n"
+msgstr " (使用中)\n"
 
 msgid "invalid queue name, may not contain the characters \":\\/.\""
 msgstr "\":\\/.\" を含む不正なキュー名称です"
 
 #, python-format
 msgid "%d applied"
-msgstr "適用パッチ数       %d"
+msgstr "適用パッチ数 %d"
 
 #, python-format
 msgid "%d unapplied"
-msgstr "未適用パッチ数     %d"
+msgstr "未適用パッチ数 %d"
 
 msgid "mq:     (empty queue)\n"
 msgstr "mq:     (空キュー)\n"
 "``[usersubs]`` は単一購読者に複数のリポジトリを設定します。\n"
 "``[reposubs]`` は単一リポジトリに複数の購読者を設定します::"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "  [usersubs]\n"
 "  # key is subscriber email, value is a comma-separated list of repo "
 msgstr ""
 "  [usersubs]\n"
 "  # 左辺には送信先メールアドレス、右辺にはカンマ区切りの\n"
-"  # リポジトリ合致(glob)パターンを記述してください\n"
+"  # リポジトリ合致判定パターンを記述してください\n"
 "  user@host = pattern"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "  [reposubs]\n"
 "  # key is repo pattern, value is a comma-separated list of subscriber "
 "emails\n"
 "  pattern = user@host"
 msgstr ""
-"  # 左辺には合致パターン、右辺にはカンマ区切りの送信先メールアドレスを\n"
-"  # 記述してください\n"
+"  # 左辺にはリポジトリの合致判定パターン、右辺にはカンマ区切りの\n"
+"  # 送信先メールアドレスを記述してください\n"
 "  pattern = user@host"
 
 msgid ""
 "optionally combined with a revset expression. A revset expression, if\n"
 "present, is separated from the glob by a hash. Example::"
 msgstr ""
+"``pattern`` 指定は、 リポジトリの絶対パスに対する ``glob`` 合致判定で、\n"
+"revset 表記と組み合わせることもできます。 revset 表記を記述する場合は、\n"
+"``glob`` パターンとハッシュ記号 (``#``) で区切ります。記述例::"
 
 msgid ""
 "  [reposubs]\n"
 "  */widgets#branch(release) = qa-team@example.com"
 msgstr ""
+"  [reposubs]\n"
+"  */widgets#branch(release) = qa-team@example.com"
 
 msgid ""
 "This sends to ``qa-team@example.com`` whenever a changeset on the "
 "``release``\n"
 "branch triggers a notification in any repository ending in ``widgets``."
 msgstr ""
+"この設定例では、 ``widgets`` で終わるリポジトリの ``release``\n"
+"ブランチへの変更を契機に ``qa-team@example.com`` への通知が実施されます。"
 
 msgid ""
 "In order to place them under direct user management, ``[usersubs]`` and\n"
 msgid " and "
 msgstr " と "
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "record this change to '%s'?"
-msgstr "この変更を %r に記録しますか?"
-
-#, fuzzy, python-format
+msgstr "この変更を '%s' に記録しますか?"
+
+#, python-format
 msgid "record change %d/%d to '%s'?"
-msgstr "この変更 (%d 件目 / %d 件中) を %r に記録しますか?"
+msgstr "この変更 (%d 件目 / %d 件中) を '%s' に記録しますか?"
 
 msgid "hg record [OPTION]... [FILE]..."
 msgstr "hg record [OPTION]... [FILE]..."
 "          hg bisect --good\n"
 "          hg bisect --bad"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "      - mark the current revision, or a known revision, to be skipped (e.g. "
 "if\n"
 "    current active bookmark will be marked inactive.\n"
 "    "
 msgstr ""
-"    -i/--inactive 指定のある場合は、 作成された新規ブックマークは、\n"
-"    アクティブにはなりません。 -r/--rev 指定のある場合は、 -i/--inactive\n"
+"    -i/--inactive 指定のある場合、 作成された新規ブックマークは、\n"
+"    アクティブにはなりません。 -r/--rev 指定のある場合、 -i/--inactive\n"
 "    指定が無くても、 新規ブックマークはアクティブになりません。\n"
-"    ブックマーク名指定が無い場合、 現ブックマークが非アクティブ化されます。\n"
+"    -i/--inactive 指定時に、 ブックマーク名指定が無い場合は、\n"
+"    現在アクティブなブックマークが、 非アクティブ化されます。\n"
 "    "
 
 msgid "bookmark names cannot consist entirely of whitespace"
 msgid "a bookmark cannot have the name of an existing branch"
 msgstr "既存ブランチと同名のブックマークは作成できません"
 
-#, fuzzy
 msgid "--delete and --rename are incompatible"
-msgstr "--rev と --remove は同時に使用できません"
-
-#, fuzzy
+msgstr "--delete と --rename は併用できません"
+
 msgid "--rev is incompatible with --delete"
-msgstr "--all とリビジョンリスト指定は併用できません"
-
-#, fuzzy
+msgstr "--rev と --delete は併用できません"
+
 msgid "--rev is incompatible with --rename"
-msgstr "標準入力(-)からの取り込みの際の -e 指定は不適切です"
+msgstr "--rev と --rename は併用できません"
 
 msgid "bookmark name required"
 msgstr "ブックマーク名を要求しました"
 msgid "no bookmarks set\n"
 msgstr "ブックマークは存在しません\n"
 
-#, fuzzy
 msgid "no active bookmark\n"
-msgstr "有効なガードはありません\n"
+msgstr "アクティブなブックマークがありません\n"
 
 msgid "set branch name even if it shadows an existing branch"
 msgstr "同名既存ブランチが存在する場合でもブランチ作成を実施"
 "    If -a/--active is specified, only show active branches. A branch\n"
 "    is considered active if it contains repository heads."
 msgstr ""
-"    -a/--active 指定時には、 活性(active)ブランチのみが表示されます。\n"
-"    リポジトリ中にヘッドを持つものが活性ブランチとみなされます。"
+"    -a/--active 指定時には、 アクティブなブランチのみが表示されます。\n"
+"    リポジトリ中にヘッドを持つものがアクティブなブランチとみなされます。"
 
 msgid "    Use the command :hg:`update` to switch to an existing branch."
 msgstr ""
 msgid "format the changelog or an index DAG as a concise textual description"
 msgstr "変更履歴や差分インデックスファイルの内容を、 簡易テキスト化します。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "    If you pass a revlog index, the revlog's DAG is emitted. If you list\n"
 "    revision numbers, they get labeled in the output as rN."
 "    "
 
 msgid "markers flag"
-msgstr ""
+msgstr "廃止マーカ用フラグ"
 
 msgid "[OBSOLETED [REPLACEMENT] [REPL... ]"
 msgstr "[OBSOLETED [REPLACEMENT] [REPL... ]"
 
 msgid "create arbitrary obsolete marker"
-msgstr "任意の廃止状態の設定"
+msgstr "任意の廃止状態の設定"
 
 msgid "REPO NAMESPACE [KEY OLD NEW]"
 msgstr "REPO NAMESPACE [KEY OLD NEW]"
 "\n"
 "\"hg help %s\" で詳細なヘルプが表示されます\n"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "use \"hg -v help %s\" to show more complete help and the global options"
-msgstr "組み込み別名およびグローバルオプションの表示は \"hg -v help%s\""
-
-#, fuzzy, python-format
+msgstr "省略されたヘルプの詳細やグローバルオプションの表示は \"hg -v help %s\""
+
+#, python-format
 msgid "use \"hg -v help %s\" to show the global options"
-msgstr "組み込み別名およびグローバルオプションの表示は \"hg -v help%s\""
+msgstr "グローバルオプションの表示は \"hg -v help %s\""
 
 msgid "basic commands:"
 msgstr "基本コマンド:"
 
 #, python-format
 msgid "use \"hg help %s\" to show the full help text"
-msgstr "\"hg help %s\" で詳細なヘルプが表示されます"
+msgstr "詳細なヘルプの表示は \"hg help %s\""
 
 #, python-format
 msgid "use \"hg -v help%s\" to show builtin aliases and global options"
 msgstr "組み込み別名およびグローバルオプションの表示は \"hg -v help%s\""
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "use \"hg help -v %s\" to show more complete help"
-msgstr "\"hg help %s\" で詳細なヘルプが表示されます"
+msgstr "省略されたヘルプの詳細の表示は \"hg help %s\""
 
 #, python-format
 msgid ""
 "    成功時のコマンド終了値は 0、 警告検出時は 1 です。\n"
 "    "
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "not removing %s: no tracked files\n"
-msgstr "%s は削除されません: 登録ファイルです\n"
+msgstr "%s は削除されません: 登録済みファイルはありません\n"
 
 #, python-format
 msgid "not removing %s: file is untracked\n"
 msgstr "update 候補     : %d の新規リビジョン、 %d のブランチヘッド(マージ)\n"
 
 msgid "1 or more incoming"
-msgstr "取り込み対象リビジョン(incoming)あり"
+msgstr "取り込み候補(incoming)リビジョンあり"
 
 #, python-format
 msgid "%d outgoing"
-msgstr "%d 個の反映候補リビジョン(outgoing)"
+msgstr "%d 個の反映候補(outgoing)リビジョン"
 
 #, python-format
 msgid "%d incoming bookmarks"
-msgstr "%d 個の取り込み候補ブックマーク(incoming)"
+msgstr "%d 個の取り込み候補(incoming)ブックマーク"
 
 #, python-format
 msgid "%d outgoing bookmarks"
-msgstr "%d 個の更新候補ブックマーク(outgoing)"
+msgstr "%d 個の反映候補(outgoing)ブックマーク"
 
 #, python-format
 msgid "remote: %s\n"
 msgstr "空白文字だけで構成されたタグ名は不正です"
 
 msgid "--rev and --remove are incompatible"
-msgstr "--rev と --remove は同時に使用できません"
+msgstr "--rev と --remove は用できません"
 
 #, python-format
 msgid "tag '%s' does not exist"
 "    for more information about recovery from corruption of the\n"
 "    repository."
 msgstr ""
+"    リポジトリ破損時の復旧に関する詳細は、 以下の URL を参照してください。\n"
+"    http://mercurial.selenic.com/wiki/JapaneseRepositoryCorruption"
 
 msgid "output version and copyright information"
 msgstr "バージョンおよび著作権情報の表示"
 
 #, python-format
 msgid "invalid value %r for option %s, expected int"
-msgstr ""
+msgstr "指定値 %r は整数値を想定しているオプション %s には不適切です"
 
 #, python-format
 msgid "couldn't find merge tool %s\n"
 "  操作実施契機が ``$HG_SOURCE`` に設定されます。\n"
 "  \"preoutgoing\" フックの説明も参照してください。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "``post-<command>``\n"
 "  Run after successful invocations of the associated command. The\n"
 "  デフォルト値が設定された状態)、 ``$HG_PATS`` は引数のリストです。\n"
 "  フック自身の実行失敗は無視されます。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "``pre-<command>``\n"
 "  Run before executing the associated command. The contents of the\n"
 "location of the repository. Default paths can be declared by setting\n"
 "the following entries."
 msgstr ""
-"リポジトリへのシンボリックな名前の割り当て設定。\n"
-"設定記述の左辺にシンボル名を、\n"
-"右辺にリポジトリ位置のディレクトリ、\n"
-"ないし URL を記述します。\n"
-"連携先リポジトリ指定が無い場合でも、\n"
-"以下のシンボルを設定することで、\n"
-"パス指定が可能です。 (※ 訳注: :hg:`help urls` も参照してください)"
+"リポジトリ位置へのシンボリックな名前の割り当て設定。 記述左辺にシンボル、\n"
+"右辺にリポジトリ位置のディレクトリ、 ないし URL を記述します。\n"
+"以下のシンボルを設定することで、 連携先リポジトリ指定が無い場合でも、\n"
+"暗黙のパス指定とみなされます。 (※ 訳注: :hg:`help urls` も参照)"
 
 msgid ""
 "``default``\n"
 "be\n"
 "used from the command line. Example::"
 msgstr ""
-
-#, fuzzy
+"任意の名前へのパス割り当てにより、 コマンドライン等でのリポジトリ指定で、\n"
+"URL 指定の代わりにその名前を使用できます。設定例::"
+
 msgid ""
 "    [paths]\n"
 "    my_path = http://example.com/path"
 msgstr ""
-"  $ hg paths\n"
-"  zc-test = http://example.com:8000/test\n"
+"    [paths]\n"
+"    my_path = http://example.com/path"
 
 msgid "To push to the path defined in ``my_path`` run the command::"
-msgstr ""
+msgstr "以下のコマンド実行で ``my_path`` リポジトリに履歴が反映されます::"
 
 msgid "    hg push my_path"
-msgstr ""
-
-#, fuzzy
+msgstr "    hg push my_path"
+
 msgid ""
 "\n"
 "``phases``\n"
 "----------"
 msgstr ""
+"\n"
 "``phases``\n"
 "----------"
 
 "    本項目を設定することで、 静的ファイルは HTTP サーバが直接扱います。\n"
 "    設定例: ``http://hgserver/static/``"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "``stripes``\n"
 "    How many lines a \"zebra stripe\" should span in multi-line output.\n"
 "  - paths\n"
 "  - collections"
 
-#, fuzzy
 msgid "The ``web`` options are thoroughly described in :hg:`help config`."
 msgstr "``web`` での記述の詳細は :hg:`help config` を参照してください。"
 
 msgid "destination does not support push"
 msgstr "指定の連携先には履歴反映ができません"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "push includes obsolete changeset: %s!"
-msgstr "履歴反映対象に『廃止』リビジョンが含まれます!: %s"
-
-#, fuzzy, python-format
+msgstr "履歴反映対象に廃止 (obsolete) リビジョンが含まれます!: %s"
+
+#, python-format
 msgid "push includes unstable changeset: %s!"
-msgstr "履歴反映対象に『非永続』リビジョンが含まれます!: %s"
-
-#, fuzzy, python-format
+msgstr "履歴反映対象に非永続 (unstable) リビジョンが含まれます!: %s"
+
+#, python-format
 msgid "push includes bumped changeset: %s!"
-msgstr "履歴反映対象に『廃止』リビジョンが含まれます!: %s"
+msgstr ""
 
 #, python-format
 msgid "updating %s to public failed!\n"
 msgstr "%s のフェーズの public 化に失敗!\n"
 
 msgid "failed to push some obsolete markers!\n"
-msgstr "リビジョンの廃止情報の反映に失敗しました!\n"
+msgstr "リビジョンの廃止情報の反映に失敗しました!\n"
 
 #, python-format
 msgid "%d changesets found\n"
 
 #, python-format
 msgid "parsing obsolete marker: unknown version %r"
-msgstr "廃止情報解析: 未知のリビジョン %r"
+msgstr "廃止情報解析: 未知のリビジョン %r"
 
 #, python-format
 msgid ""
 "parsing obsolete marker: metadata is too short, %d bytes expected, got %d"
-msgstr "廃止情報解析: メタデータの想定サイズ %d に対して %d しかありません"
+msgstr "廃止情報解析: メタデータの想定サイズ %d に対して %d しかありません"
 
 msgid "bad obsolescence marker detected: invalid successors nullid"
-msgstr ""
+msgstr "不正な廃止情報を検出: 後継としての null 指定は不正です"
 
 #, python-format
 msgid "unknown key: %r"
 "``bisect(string)``\n"
 "    探索状態に合致するリビジョン群:"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "    - ``good``, ``bad``, ``skip``: csets explicitly marked as good/bad/skip\n"
 "    - ``goods``, ``bads``      : csets topologically good/bad\n"
 "    ブランチ名そのものが `re:` で始まる場合は、 名前を `literal:`\n"
 "    付きで指定してください。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "``bumped()``\n"
 "    Mutable changesets marked as successors of public changesets."
 msgstr ""
-"``ancestors(set)``\n"
-"    set 中のリビジョンに対する祖先リビジョン群。"
+"``bumped()``\n"
+"    public フェーズなリビジョンの後継で、 且つ改変可能なリビジョン。"
 
 msgid "    Only non-public and non-obsolete changesets can be `bumped`."
 msgstr ""
+"    非 public で、且つ廃止設定されていないリビジョンのみが `bumped`\n"
+"    とみなされます。"
 
 #. i18n: "bumped" is a keyword
-#, fuzzy
 msgid "bumped takes no arguments"
-msgstr "copied には引数が指定できません"
+msgstr "bumped には引数が指定できません"
 
 msgid ""
 "``children(set)``\n"
 "    Obsolete changesets with obsolete descendants only."
 msgstr ""
 "``extinct()``\n"
-"    子孫が全て廃止リビジョンな、廃止リビジョン群。"
+"    子孫が全て廃止リビジョンな、廃止リビジョン群。"
 
 #. i18n: "extinct" is a keyword
 msgid "extinct takes no arguments"
 "``heads(set)``\n"
 "    指定リビジョン中の、 子リビジョンを持たないリビジョン群。"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "``hidden()``\n"
 "    Hidden changesets."
 msgstr ""
-"``children(set)``\n"
-"    指定リビジョン群の子リビジョン群。"
+"``hidden()``\n"
+"    不可視状態のリビジョン群 (※ 訳注: 作業領域やブックマーク等から、\n"
+"    到達できない廃止設定のリビジョン群のこと)。"
 
 #. i18n: "hidden" is a keyword
-#, fuzzy
 msgid "hidden takes no arguments"
-msgstr "added には引数が指定できません"
+msgstr "hidden には引数が指定できません"
 
 msgid ""
 "``keyword(string)``\n"
 msgid "merge takes no arguments"
 msgstr "merge には引数が指定できません"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 "``branchpoint()``\n"
 "    Changesets with more than one child."
 msgstr ""
-"``draft()``\n"
-"    フェーズが draft なリビジョン群。"
+"``branchpoint()``\n"
+"    子リビジョンを1つ以上持つリビジョン群。"
 
 #. i18n: "branchpoint" is a keyword
-#, fuzzy
 msgid "branchpoint takes no arguments"
-msgstr "draft には引数が指定できません"
+msgstr "branchpoint には引数が指定できません"
 
 msgid ""
 "``min(set)``\n"
 msgstr ""
 "``obsolete()``\n"
 "    新規リビジョンによる改変が可能なリビジョン群。\n"
-"    (※ 訳注: 廃止設定されているリビジョン群のこと)"
+"    (※ 訳注: 廃止設定されているリビジョン群のこと)"
 
 #. i18n: "obsolete" is a keyword
 msgid "obsolete takes no arguments"
 "    Non-obsolete changesets with obsolete ancestors."
 msgstr ""
 "``unstable()``\n"
-"    祖先に『廃止』リビジョンを持つ、『非廃止』リビジョン群。"
+"    祖先に廃止リビジョンを持つ、非廃止リビジョン群 (※ 訳注: 日本語訳では\n"
+"    unstable を『非永続』と訳しています)"
 
 #. i18n: "unstable" is a keyword
 msgid "unstable takes no arguments"
 msgid "no changes found (ignored %d secret changesets)\n"
 msgstr "差分はありません (secret フェーズの %d 個のリビジョンは無視)\n"
 
-#, fuzzy, python-format
+#, python-format
 msgid "%r cannot be used in a name"
-msgstr "%r はタグ名に使用できません"
+msgstr "%r は名前定義に使用できません"
 
 #, python-format
 msgid "ui.portablefilenames value is invalid ('%s')"
 ":email: 文字列。 メールアドレスと思しき最初の部分を取り出します。\n"
 "    例) ``User <user@example.com>`` は ``user@example.com``"
 
-#, fuzzy
 msgid ""
 ":escape: Any text. Replaces the special XML/XHTML characters \"&\", \"<\"\n"
 "    and \">\" with XML entities, and filters out NUL characters."
 msgstr ""
 ":escape: 文字列。 XML/XHTML の特殊文字である \"&\"、 \"<\" および\n"
-"    \">\" を XML のエンティティ形式に変換します。"
+"    \">\" を XML のエンティティ形式に変換し、 NUL 文字を除外します。"
 
 msgid ":fill68: Any text. Wraps the text to fit in 68 columns."
 msgstr ":fill68: 文字列。 68 桁に収まるように文字列を折り返します。"
 msgid ":emailuser: Any text. Returns the user portion of an email address."
 msgstr ":emailuser: 文字列。 メールアドレスのユーザ名部分を取り出します。"
 
-#, fuzzy
 msgid "fill expects one or two arguments"
-msgstr "last の引数は1つないし2つです"
-
-#, fuzzy
+msgstr "fill の引数は1つないし2つです"
+
 msgid "fill expects an integer width"
-msgstr "last には数値を指定してください"
-
-#, fuzzy
+msgstr "fill には数値を指定してください"
+
 msgid "date expects one or two arguments"
-msgstr "last の引数は1つないし2つです"
+msgstr "date の引数は1つないし2つです"
 
 msgid ":author: String. The unmodified author of the changeset."
 msgstr ":author: 文字列。 リビジョンの作者名(記録情報そのまま)。"
 ":p1rev: Integer. The repository-local revision number of the changeset's\n"
 "    first parent, or -1 if the changeset has no parents."
 msgstr ""
+":p1rev: 整数。 第1親リビジョンの、 当該リポジトリにおけるリビジョン番号。\n"
+"    親を持たないリビジョンの場合は -1。"
 
 msgid ""
 ":p2rev: Integer. The repository-local revision number of the changeset's\n"
 "    second parent, or -1 if the changeset has no second parent."
 msgstr ""
+":p2rev: 整数。 第2親リビジョンの、 当該リポジトリにおけるリビジョン番号。\n"
+"    第2親を持たないリビジョンの場合は -1。"
 
 msgid ""
 ":p1node: String. The identification hash of the changeset's first parent,\n"
 "    as a 40 digit hexadecimal string. If the changeset has no parents, all\n"
 "    digits are 0."
 msgstr ""
+":p1node: 文字列。 第1親リビジョンの 40 桁ハッシュ値の文字列。\n"
+"    親を持たないリビジョンの場合は、 全桁が 0 のハッシュ値文字列。"
 
 msgid ""
 ":p2node: String. The identification hash of the changeset's second\n"
 "second\n"
 "    parent, all digits are 0."
 msgstr ""
+":p2node: 文字列。 第1親リビジョンの 40 桁ハッシュ値の文字列。\n"
+"    第2親を持たないリビジョンの場合は、 全桁が 0 のハッシュ値文字列。"
 
 msgid ":phase: String. The changeset phase name."
 msgstr ":phase: 文字列。 当該リビジョンのフェーズ名。"
 
 #, python-format
 msgid "template filter '%s' is not compatible with keyword '%s'"
-msgstr ""
+msgstr "フィルタ指定 '%s' はキーワード '%s' と互換性がありません"
 
 #, python-format
 msgid "filter %s expects one argument"
 msgstr "フィルタ %s は引数が1つ必要です"
 
-#, fuzzy
 msgid "join expects one or two arguments"
-msgstr "sort の引数は1つないし2つです"
-
-#, fuzzy
+msgstr "join の引数は1つないし2つです"
+
 msgid "sub expects three arguments"
-msgstr "フィルタ %s は引数が1つ必要です"
-
-#, fuzzy
+msgstr "sub は引数が3つ必要です"
+
 msgid "if expects two or three arguments"
-msgstr "2ないし3の引数が必要です"
-
-#, fuzzy
+msgstr "if は2ないし3の引数が必要です"
+
 msgid "ifeq expects three or four arguments"
-msgstr "exec には引数が指定できません"
+msgstr "ifeq は3ないし4の引数が必要です"
 
 msgid "unmatched quotes"
 msgstr "引用符の対応関係が不正です"
 
 msgid "push failed:"
 msgstr "履歴反映に失敗:"
-
-#~ msgid "can't edit history with merges"
-#~ msgstr "マージに関わる履歴の改変はできません"
-
-#~ msgid "histedit: Should update metadata for the following changes:\n"
-#~ msgstr "histedit: 以下のリビジョンのためにメタデータの更新が必要です:\n"
-
-#~ msgid "histedit:  %s to %s\n"
-#~ msgstr "histedit:  %s から %s へ\n"
-
-#~ msgid "patches applied - cannot set new queue active"
-#~ msgstr "パッチ適用中 - 新規キューはアクティブにできません"
-
-#~ msgid ""
-#~ "Glob patterns are matched against absolute path to repository\n"
-#~ "root."
-#~ msgstr "合致パターンの適用対象は、 リポジトリルートの絶対パスです。"
-
-#~ msgid "bookmark '%s' contains illegal character"
-#~ msgstr "ブックマーク '%s' は不正な文字を含んでいます"
-
-#~ msgid "bookmark name cannot contain newlines"
-#~ msgstr "ブックマーク名に改行を含めません"
-
-#~ msgid ""
-#~ "\n"
-#~ "use \"hg -v help %s\" to show more info\n"
-#~ msgstr ""
-#~ "\n"
-#~ "\"hg -v help %s\" で詳細な情報が表示されます\n"