Commits

Anonymous committed 1e93015

added message

こぴぺ

Comments (0)

Files changed (1)

   </style>
 </head>
 <body>
-離散美女。キリッ!
+れう゛ぇると
+hg revert [OPTION]... [-r REV] [NAME]...
+
+親リビジョンの状態でファイルを復旧
+
+    備考:
+       作業領域を別リビジョン時点に変更したい場合は、
+       "hg update 対象リビジョン" を実行してください。
+       マージの実施を取り消す場合は、 "hg update --clean ."
+       を実行してください
+       (マージにおける修正内容は破棄されます)
+
+    リビジョン指定が無い場合は、
+    指定されたファイル/ディレクトリを、
+    作業領域の親リビジョン時点の内容へと復旧します。
+    本コマンドは対象ファイルに対して、
+    状態を「改変無し」とし、 add/remove/copy/rename
+    の実施予定を取り消します。
+    作業領域が複数の親リビジョンを持つ場合、
+    いずれかのリビジョンを明示的に指定して下さい。
+
+    -r/--rev が指定された場合、
+    指定されたファイル/ディレクトリを、
+    指定されたリビジョン時点の内容へと復旧します。
+    以前の変更内容の一部ないし全部を、
+    取り消す用途にも使用できます。 -d/--date
+    での日時表記は "hg help dates" を参照してください。
+
+    改変ファイルの復旧の際には、 復旧前の内容が .orig
+    拡張子を付けた ファイルに保存されます。 この保存は
+    --no-backup で無効化されます。
+
+    -d/--date での日時表記は "hg help dates"
+    を参照してください。
+
+	    成功時のコマンド終了値は 0 です。
+
+	オプション:
+
+	 -a --all                   引数指定が無い場合に、
+	                            全ファイルの内容を復旧
+	 -d --date 日時             当該日時の最新リビジョンを使用
+	 -r --rev リビジョン        当該リビジョン時点の内容で復旧
+	    --no-backup             取り消し実施前内容のバックアップを抑止
+	 -I --include パターン [+]  パターンに合致したファイルを処理対象に追加
+	 -X --exclude パターン [+]  パターンに合致したファイルを処理対象から除外
+	 -n --dry-run               実施予定の処理内容の表示のみで処理実施は抑止
+
+	[+] 印付きのオプションは複数回指定可能です
+
 </body>
 </html>