HTTPS SSH

MultiPyAlarm

タイマーを複数登録できる Windows デスクトップアプリ。
起動時にコマンドラインオプションを指定してタイマーを追加できる。
起動済みの場合は、二重起動せずにタイマーを追加する。
タイマーが残った状態で MultiPyAlarm を終了しても、タイマーは保持される。
起動時に保持されたタイマーの時刻を過ぎていれば、そのタイマーは削除される。

コマンドライン

MultiPyAlarm [time [message1 message2 ...]]

  • time: アラームを表示する時間を指定。現在からの経過時間を指定する書式と、時刻を指定する書式がある

    • 数字 N だけの場合は、現在時刻から N 分後にアラーム
      数字に「h」か「m」か「s」をつけると、それぞれ「時間」、「分」、「秒」として扱う。
      1h2m3s などのように組み合わせて入力もできる。
      • 例1: MultiPyAlarm 10
        10 分後にアラーム表示
      • 例2: MultiPyAlarm 1h10
        1 時間 10 分後にアラーム表示
      • 例3: MultiPyAlarm 1m10s
        1 分 10 秒後にアラーム表示
    • 時刻を指定する
      hh:mm で指定した時刻にアラーム
      今日の hh:mm を過ぎていたら翌日の hh:mm を指定したことになる
      • 例1: MultiPyAlarm 20:28
        次の 20:28 にアラーム表示。
  • message1 message2 ...: アラームで表示するメッセージ。すべてのメッセージを半角スペースで結合する。

備考

  • MultiPyAlarm.exe のあるディレクトリに timerlist というファイルを作り、アラーム情報を保存します。
  • 開発環境
    • Windows10 Home 64bit
    • Python 3.7.0 32bit
    • PyInstaller 3.4
    • pywin32 223
    • wxPython 4.0.3