pytest / doc / ja / usage.txt

.. _usage:

使用方法とテスト実行
====================

..
    Usage and Invocations
    ==========================================

.. _cmdline:

``python -m pytest`` による pytest 呼び出し
-------------------------------------------

..
    Calling pytest through ``python -m pytest``
    -----------------------------------------------------

.. versionadded:: 2.0

..
    If you use Python-2.5 or later you can invoke testing through the
    Python interpreter from the command line::

Python 2.5 か、それ以上のバージョンを使っているなら、コマンドラインから Python インタープリターでテストを実行できます::

    python -m pytest [...]

..
    This is equivalent to invoking the command line script ``py.test [...]``
    directly.

これは直接的にコマンドラインスクリプト ``py.test [...]`` を実行するのと同じです。

..
    Getting help on version, option names, environment variables
    --------------------------------------------------------------

バージョン、オプション名、環境変数のヘルプを表示
------------------------------------------------

::

    py.test --version   # pytest がインポートされた場所を表示
    py.test --fixtures  # 利用できる組み込みの関数引数を表示
    py.test -h | --help # コマンドラインと設定ファイルオプションのヘルプを表示

..
    Stopping after the first (or N) failures
    ---------------------------------------------------

最初 (または N 回) 失敗したときにテストを中止
---------------------------------------------

..
    To stop the testing process after the first (N) failures::

    py.test -x            # stop after first failure
    py.test --maxfail=2    # stop after two failures

最初 (N 回) 失敗したときにテストプロセスを中止するには、次のようにします::

    py.test -x            # 最初に失敗したときに中止
    py.test --maxfail=2   # 2 回失敗したときに中止

..
    Specifying tests / selecting tests
    ---------------------------------------------------

テストの指定と選択
------------------

..
    Several test run options::

次のようなテスト実行のオプションがあります::

    py.test test_mod.py   # モジュール内のテストを実行
    py.test somepath      # 指定したパスの全てのテストを実行
    py.test -k string     # string を含む名前をもつテストのみを実行

..
    Import 'pkg' and use its filesystem location to find and run tests::

'pkg' をインポートして、そのファイルシステム上の位置からテストを探して実行します::

    py.test --pyargs pkg # pkg のディレクトリ配下にある全てのテストを実行

..
    Modifying Python traceback printing
    ----------------------------------------------

Python のトレースバック表示を変更
---------------------------------

..
    Examples for modifying traceback printing::

トレースバック表示を変更する例です::

    py.test --showlocals # トレースバックのローカル変数を表示
    py.test -l           # トレースバックのローカル変数を表示 (短いオプション)

    py.test --tb=long    # デフォルトの詳細なトレースバック形式
    py.test --tb=native  # Python 標準ライブラリの形式
    py.test --tb=short   # 短いトレースバック形式
    py.test --tb=line    # 失敗したテストを1行表示

..
    Dropping to PDB (Python Debugger) on failures
    ----------------------------------------------

失敗したときに PDB (Python デバッガー) を起動
---------------------------------------------

.. _PDB: http://docs.python.org/library/pdb.html

..
    Python comes with a builtin Python debugger called PDB_.  ``py.test``
    allows one to drop into the PDB prompt via a command line option::

Python には PDB_ という組み込みの Python デバッガーが付属しています。 ``py.test`` は、コマンドラインオプションで PDB プロンプトを起動できます::

    py.test --pdb

..
    This will invoke the Python debugger on every failure.  Often you might
    only want to do this for the first failing test to understand a certain
    failure situation::

このオプションは、テストが失敗したときに Python デバッガーを起動します。多くの場合、特定のエラー状況を把握するのに最初に失敗したときのみデバッガーを起動したいはずです::

    py.test -x --pdb   # 最初にテストが失敗したときに PDB を起動してテストセッションを終了
    py.test --pdb --maxfail=3  # 最初の 3 回の失敗に対して PDB を起動

..
    Setting a breakpoint / aka ``set_trace()``
    ----------------------------------------------------

``set_trace()`` というブレークポイントの設定
--------------------------------------------

..
    If you want to set a breakpoint and enter the ``pdb.set_trace()`` you
    can use a helper::

ブレークポイントを設定して ``pdb.set_trace()`` を行いたいなら、ヘルパー関数を使えます::

    import pytest
    def test_function():
        ...
        pytest.set_trace()    # PDB デバッガーを起動してトレースする

.. versionadded: 2.0.0

..
    In previous versions you could only enter PDB tracing if
    you disabled capturing on the command line via ``py.test -s``.

以前のバージョンでは、コマンドラインから ``py.test -s`` で標準出力の取得を無効にした場合のみ、PDB トレースが可能でした。

.. _durations:

テストの実行時間をプロファイリング
----------------------------------

..
    Profiling test execution duration
    -------------------------------------

.. versionadded: 2.2

..
    To get a list of the slowest 10 test durations::

最も遅い 10 個のテスト一覧を取得するには、次のようにします::

    py.test --durations=10

..
    Creating JUnitXML format files
    ----------------------------------------------------

JUnitXML 形式のファイル作成
---------------------------

..
    To create result files which can be read by Hudson_ or other Continuous
    integration servers, use this invocation::

Hudson_ やその他の継続的インテグレーションサーバーで読み込める結果ファイルを作成するには、次のように実行します::

    py.test --junitxml=path

..
    to create an XML file at ``path``.

``path`` に XML ファイルが作成されます。

..
    Creating resultlog format files
    ----------------------------------------------------

resultlog 形式のファイル作成
----------------------------

..
    To create plain-text machine-readable result files you can issue::

コンピューターが読める平文の結果ファイルを作成するには、次のようにします::

    py.test --resultlog=path

..
    and look at the content at the ``path`` location.  Such files are used e.g.
    by the `PyPy-test`_ web page to show test results over several revisions.

``path`` に作成されたファイルがあります。そういったファイルは、例えば `PyPy-test`_ で複数バージョンでのテスト結果を表示するのに使われます。

.. _`PyPy-test`: http://codespeak.net:8099/summary

..
    Sending test report to pocoo pastebin service
    -----------------------------------------------------

pocoo pastbin サービスにテスト結果を投稿
----------------------------------------

..
    **Creating a URL for each test failure**::

**テストが失敗する毎に URL を作成します**::

    py.test --pastebin=failed

..
    This will submit test run information to a remote Paste service and
    provide a URL for each failure.  You may select tests as usual or add
    for example ``-x`` if you only want to send one particular failure.

これはリモートの Paste サービスへテストの実行情報を投稿して、失敗したテスト毎に URL を提供します。特定のエラーのみを投稿したい場合、普通にテストを選択するか、例えば ``-x`` を追加します。

..
    **Creating a URL for a whole test session log**::

**全てのテストセッションログに対して1つの URL を作成します**::

    py.test --pastebin=all

..
    Currently only pasting to the http://paste.pocoo.org service is implemented.

いまのところは、http://paste.pocoo.org サービスへのペーストのみが実装されています。

..
    Calling pytest from Python code
    ----------------------------------------------------

Python コードからの pytest 呼び出し
-----------------------------------

.. versionadded:: 2.0

..
    You can invoke ``py.test`` from Python code directly::

Python コードから直接 ``py.test`` を呼び出せます::

    pytest.main()

..
    this acts as if you would call "py.test" from the command line.
    It will not raise ``SystemExit`` but return the exitcode instead.
    You can pass in options and arguments::

これはコマンドラインから "py.test" を呼び出すように動作します。 ``SystemExit`` を発生させない代わりに終了コードを返します。次のようにオプションと引数を渡します::

    pytest.main(['-x', 'mytestdir'])

..
    or pass in a string::

または、文字列で渡します::

    pytest.main("-x mytestdir")

..
    You can specify additional plugins to ``pytest.main``::

``pytest.main`` に追加のプラグインを指定できます::

    # myinvoke.py の内容
    import pytest
    class MyPlugin:
        def pytest_sessionfinish(self):
            print("*** test run reporting finishing")

    pytest.main("-qq", plugins=[MyPlugin()])

..
    Running it will show that ``MyPlugin`` was added and its
    hook was invoked::

このコードを実行すると ``MyPlugin`` が追加され、そのフックが実行されたことを表示します::

    $ python myinvoke.py
    collecting ... collected 0 items
    
     in 0.00 seconds
    *** test run reporting finishing

.. include:: links.inc
Tip: Filter by directory path e.g. /media app.js to search for public/media/app.js.
Tip: Use camelCasing e.g. ProjME to search for ProjectModifiedEvent.java.
Tip: Filter by extension type e.g. /repo .js to search for all .js files in the /repo directory.
Tip: Separate your search with spaces e.g. /ssh pom.xml to search for src/ssh/pom.xml.
Tip: Use ↑ and ↓ arrow keys to navigate and return to view the file.
Tip: You can also navigate files with Ctrl+j (next) and Ctrl+k (previous) and view the file with Ctrl+o.
Tip: You can also navigate files with Alt+j (next) and Alt+k (previous) and view the file with Alt+o.