Tatsuo Ikeda avatar Tatsuo Ikeda committed f6456f4

reST(REDME)

Comments (0)

Files changed (1)

-==============
+
+.. requirements
+   -------------
+
 requirements
-==============
+-------------
 
-.. install the requirement systems.
-.. --------
+.. install the requirement systems.::
 
-install the requirement systems.pip::
-    pip install -r requirements/project.txt
+install the requirement systems.::
 
-==================
+    # pip
+    $ pip install -r requirements/project.txt
+
+
+.. run applicaiton
+   ---------------
+
 run applicaiton
-==================
+---------------
 
-.. run command
-.. --------
+.. run command::
 
-.. supervisor::
-    sudo supervisord -c supervisord.conf
-
-**link at http://127.0.0.1:9001/**
+run command::
+    # supervisor. (start server at http://127.0.0.1:9001/)
+    $ sudo supervisord -c supervisord.conf
 
 .. or command line::
-    python server.py --port=7777 --storage=redis
-    python server.py --port=8888 --storage=dict
+
+or command line::
+    $ python server.py --port=7777 --storage=redis
+    $ python server.py --port=8888 --storage=dict
 
 竜巻旋風脚!!!
-
-
-
-.. Source Code
-   -----------
-
-ソースコード
-------------
-
-.. Literal code blocks are introduced by ending a paragraph with the special marker ``::``.  The literal block must be indented (and, like all paragraphs, separated from the surrounding ones by blank lines)::
-
-リテラルコードブロックは、前の段落の行末を特別な記号 ``::`` にすることで開始することができます。リテラルコードブロックはインデントする必要があります。また、他のパラグラフ同様、空白行で前後をかこう必要があります::
-
-   これは通常のテキストのパラグラフです。次のパラグラフはコードサンプルです::
-
-      この中はreSTで処理されません。そのまま出力されます。
-      ただし、コードブロックのインデントだけは削除されます。
-
-      複数行記述することもできます。
-
-   ここからは通常のテキストのパラグラフに戻ります。
-
-.. This is a normal text paragraph. The next paragraph is a code sample::
-
-      It is not processed in any way, except
-      that the indentation is removed.
-
-      It can span multiple lines.
-
-   This is a normal text paragraph again.
-
-.. The handling of the ``::`` marker is smart:
-
-``::`` マーカーの扱いはとてもスマートです:
-
-* もしマーカーがリテラルコードブロックのパラグラフの中に出てきた場合には、そのパラグラフは完全にそのままドキュメント中に残されます。
-* もしもマーカーの前がホワイトスペースだった場合には、マーカー自身は非表示になります。
-* もしもマーカーの前がホワイトスペース以外だった場合には、コロン(:)1つだけが表示されます。
-
-.. * If it occurs as a paragraph of its own, that paragraph is completely left
-     out of the document.
-   * If it is preceded by whitespace, the marker is removed.
-   * If it is preceded by non-whitespace, the marker is replaced by a single
-  colon.
-
-.. That way, the second sentence in the above example's first paragraph would be
-   rendered as "The next paragraph is a code sample:".
-
-3つ目のルールが適用されるため、上記のサンプルの最初の段落中の2つめの文をレンダリングすると、 "次のパラグラフはコードサンプルです:" という表記になります。
-
-
-.. Hyperlinks
-   ----------
-
-ハイパーリンク
---------------
-
-.. External links
-.. ^^^^^^^^^^^^^^
-
-外部リンク
-^^^^^^^^^^
-
-.. Use ```Link text <http://target>`_`` for inline web links.  If the link text
-   should be the web address, you don't need special markup at all, the parser
-   finds links and mail addresses in ordinary text.
-
-```リンクテキスト <http://ターゲットURL>`_`` という書くことで、外部のウェブサイトへのリンクを埋め込むことができます。もしリンクテキストがウェブのアドレスである場合には、特別なマークアップは必要ありません。パーサーが通常のテキスト中でリンクか、メールアドレスを見つけると、そのままそれにリンクを埋め込んでくれます。
-
-.. Internal links
-   ^^^^^^^^^^^^^^
-
-内部リンク
-^^^^^^^^^^
-
-.. Internal linking is done via a special reST role, see the section on specific
-   markup, :ref:`ref-role`.
-
-内部リンクは特別なreSTのロールを通じて行われます。詳しくは、特別なマークアップ :ref:`ref-role` のセクションを見てください。
-
Tip: Filter by directory path e.g. /media app.js to search for public/media/app.js.
Tip: Use camelCasing e.g. ProjME to search for ProjectModifiedEvent.java.
Tip: Filter by extension type e.g. /repo .js to search for all .js files in the /repo directory.
Tip: Separate your search with spaces e.g. /ssh pom.xml to search for src/ssh/pom.xml.
Tip: Use ↑ and ↓ arrow keys to navigate and return to view the file.
Tip: You can also navigate files with Ctrl+j (next) and Ctrl+k (previous) and view the file with Ctrl+o.
Tip: You can also navigate files with Alt+j (next) and Alt+k (previous) and view the file with Alt+o.