Wiki

Clone wiki

fiximage160 / Home

格納ビットマップ修復 for CardWirth 1.50-1.60

これは何?

CardWirth 1.50-1.60に付属するWirthBuilderは、カードなどに格納した画像を壊れたビットマップイメージに変換してしまう場合があります。

壊れたビットマップイメージは、CardWirthでは正しく表示できているように見えても、エクスポートすると破損しており、他のアプリケーションで読み込めなくなっていたり、壊れた内容で読み込めてしまったりします。

そのような破損データを修復するのがこのツールです。

ダウンロード

fiximage160.zip (2019-07-06 13:34更新)

## 使い方

  1. 壊れたビットマップファイル(*.bmp)をfiximage160.exeにドラッグ&ドロップするか、fiximage160.exeを起動してから画面上にドロップしてください。
  2. 画面の左側に、修復前の画像を読み込んだ結果が表示されます。ここで正常に表示されているようなら、修復は特に必要ありません。もし実際に壊れていたら、左側は正しく表示されないか、「破損したイメージ」と表示されます。
  3. 画面の右側に、壊れたイメージの修復を試みた結果が表示されます。壊れ方は二種類知られているので、二種類の修復が試みられます。
  4. 破損が修復され、正しく表示されているイメージが右側にあったら、その右下の「名前を付けて保存...」を押す事で修復後のビットマップイメージをファイルに保存してください。

ライセンス

アーカイブに含まれる全てのファイルのライセンスは「CC0」です。これらのリソースは、Public Domainにあるかのように誰でも自由に扱う事ができます。

詳細はCC0.txtか、Creative CommonsのWebサイトを参照してください。

Updated