Yoshito Komatsu avatar Yoshito Komatsu committed 5269a97

Changed translated word of "make a request"

Comments (0)

Files changed (1)

src/04_core_api.rst

 
 .. The curl command appears complex, but let’s break it down. First, -X PUT tells curl to make a PUT request. It is followed by the URL that specifies your CouchDB IP address and port. The resource part of the URL /albums/6e1295ed6c29495e54cc05947f18c8af specifies the location of a document inside our albums database. The wild collection of numbers and characters is a UUID. This UUID is your document’s ID. Finally, the -d flag tells curl to use the following string as the body for the PUT request. The string is a simple JSON structure including title and artist attributes with their respective values.
 
-curlコマンドは複雑に見えますが、分解してみましょう。まず、-X PUTはcurlにPUTリクエストを作るよう指示します。その後にあなたのCouchDBのIPアドレスとポートを指定するURLが続きます。/albums/6e1295ed6c29495e54cc05947f18c8afというURLのリソース部分は、私たちのalbumsデータベースの中でのドキュメントの場所を指定します。数字と文字の羅列はUUIDです。このUUIDはあなたのドキュメントのIDです。最後に、-dフラグはcurlに、続く文字列をPUTリクエストの本文として使うよう指示します。この文字列は単純なJSONの構造で、title属性とartist属性をそれぞれの値として含んでいます。
+curlコマンドは複雑に見えますが、分解してみましょう。まず、-X PUTはcurlにPUTリクエストを送信するよう指示します。その後にあなたのCouchDBのIPアドレスとポートを指定するURLが続きます。/albums/6e1295ed6c29495e54cc05947f18c8afというURLのリソース部分は、私たちのalbumsデータベースの中でのドキュメントの場所を指定します。数字と文字の羅列はUUIDです。このUUIDはあなたのドキュメントのIDです。最後に、-dフラグはcurlに、続く文字列をPUTリクエストの本文として使うよう指示します。この文字列は単純なJSONの構造で、title属性とartist属性をそれぞれの値として含んでいます。
 
 .. If you don’t have a UUID handy, you can ask CouchDB to give you one (in fact, that is what we did just now without showing you). Simply send a GET request to /_uuids::
 
 
 .. Now you see why it was handy that CouchDB returned that _rev when we made the initial request. CouchDB replies::
 
-これで何故最初のリクエストを作成したときにCouchDBがその_revを返すことが役に立つのかが分かりました。CouchDBは次のように返答します。
+これで何故最初のリクエストを送信したときにCouchDBがその_revを返すことが役に立つのかが分かりました。CouchDBは次のように返答します。
 
 ::
 
 
 .. One of the aspects of the HTTP protocol that CouchDB uses is that it is stateless. What does that mean? When talking to CouchDB you need to make requests. Making a request includes opening a network connection to CouchDB, exchanging bytes, and closing the connection. This is done every time you make a request. Other protocols allow you to open a connection, exchange bytes, keep the connection open, exchange more bytes later—maybe depending on the bytes you exchanged at the beginning—and eventually close the connection. Holding a connection open for later use requires the server to do extra work. One common pattern is that for the lifetime of a connection, the client has a consistent and static view of the data on the server. Managing huge amounts of parallel connections is a significant amount of work. HTTP connections are usually short-lived, and making the same guarantees is a lot easier. As a result, CouchDB can handle many more concurrent connections.
 
-CouchDBが使用しているHTTPプロトコルの一面として、ステートレスであるということが挙げられます。それはどういう意味でしょうか。CouchDBと通信するときに、あなたはリクエストを生成する必要があります。リクエストの生成はCouchDBへのネットワーク接続を開き、バイト列を交換し、接続を閉じることが含まれます。あなたがリクエストを生成する度に、これが毎回行われます。他のプロトコルには、接続を開いて、バイト列を交換して、接続を開いたままで、後で更にバイト列(それは最初に交換したバイト列に依存しているかも知れません)を交換し、最後に接続を閉じることのできるものもあります。後で使うために接続を開いたままにしておくには、サーバーに余分な作業を行わせなければなりません。ひとつの一般的なパターンは、接続の存続期間中、クライアントがデータの一貫性のある静的なビューをサーバーに持っている場合です。膨大な量の並行した接続を管理することは、かなりの量の作業です。HTTP接続は通常、存続期間が短く、同じ保証をするのもずっと簡単です。結果として、CouchDBはより多くの同時接続を処理することができます。
+CouchDBが使用しているHTTPプロトコルの一面として、ステートレスであるということが挙げられます。それはどういう意味でしょうか。CouchDBと通信するときに、あなたはリクエストを送信する必要があります。リクエストの送信にはCouchDBへのネットワーク接続を開き、バイト列を交換し、接続を閉じることが含まれます。あなたがリクエストを送信する度に、これが毎回行われます。他のプロトコルには、接続を開いて、バイト列を交換して、接続を開いたままで、後で更にバイト列(それは最初に交換したバイト列に依存しているかも知れません)を交換し、最後に接続を閉じることのできるものもあります。後で使うために接続を開いたままにしておくには、サーバーに余分な作業を行わせなければなりません。ひとつの一般的なパターンは、接続の存続期間中、クライアントがデータの一貫性のある静的なビューをサーバーに持っている場合です。膨大な量の並行した接続を管理することは、かなりの量の作業です。HTTP接続は通常、存続期間が短く、同じ保証をするのもずっと簡単です。結果として、CouchDBはより多くの同時接続を処理することができます。
 
 .. Another reason CouchDB uses MVCC is that this model is simpler conceptually and, as a consequence, easier to program. CouchDB uses less code to make this work, and less code is always good because the ratio of defects per lines of code is static.
 
Tip: Filter by directory path e.g. /media app.js to search for public/media/app.js.
Tip: Use camelCasing e.g. ProjME to search for ProjectModifiedEvent.java.
Tip: Filter by extension type e.g. /repo .js to search for all .js files in the /repo directory.
Tip: Separate your search with spaces e.g. /ssh pom.xml to search for src/ssh/pom.xml.
Tip: Use ↑ and ↓ arrow keys to navigate and return to view the file.
Tip: You can also navigate files with Ctrl+j (next) and Ctrl+k (previous) and view the file with Ctrl+o.
Tip: You can also navigate files with Alt+j (next) and Alt+k (previous) and view the file with Alt+o.