Source

hello / pg / ChangeLog

2008-05-29  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* trans.h (include): 結構書き換えた、Class作ってみた

	* do_insert.cpp (main): c++ class使ってみた

2008-05-21  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* test_list.sql: http://www.houseoffusion.com/groups/cf-talk/thread.cfm/threadid:49202
	``Before you do an insert, you can select the next available ID, and this ID can NEVER be used by anybody else (selecting it basically generates it for use).  Then use that ID in your insert.''


2008-05-20  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* do_test.cpp (main): こちらを持ってくるのを忘れたので
	trans.cppをrevertして移動。

	* trans.cpp (begin_transaction):
	depending on environment, you have to change this char*
	fe_sendauth: no password supplied解決;debianというかlocalhost経由で
	tcp接続したからこうなったのであって、UNIXドメインソケットだとpg_hba.confは
	ちゃんと動くようになる。

2008-05-20  UENISHI Kota  <uenishi.kota@lab.ntt.co.jp>

	* util.cpp (rand::str): ランダム文字列生成

	* trans.h (comp): どっち向きにソートしたらよいかが分からない

	* trans.c (check_error): ちょっと修正; macだと問題ない
	insert文だと6000tpsくらい;update文だと4000tpsくらい;
	合わせると…

2008-05-14  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* trans.c (begin_transaction): .pyだととても遅かったので
	Cで書いてみたがfe_sendauth: no password suppliedだってよ。
	UNIXドメインソケットでしか受け付けてないとみた。
	明日また考えよう。
	gcc trans.c -lpq; include pathに気をつけて。

	* test_insert.py (randstr): insertとselectはできるようになった。
	どういうグラフをとるかだが、横軸は?縦軸はスループット、としてもだ。
	何が線形の関数になるか?
	Thruput = F( i, u, d, s )となっているらしい。しかも線形なんだとか。
	様々なSQL文を一緒に実行してみるといいらしい。じゃあ横軸は?
	となったときに、やっぱスループットなんだろうな。
	スループット以外に調べる方法はないだろうと思う。
	結局machb.hgを使うのがモアベターというところだろうか。
	
	* demo1b.py: can be copied from /usr/share/doc/python-pgsql/examples
	by installing python-pgsql in debian

	* test_delete.py: hello

	* test_update.py: hello

	* test_insert.py: hello

	* test_select.py: hello