hello / ChangeLog

2009-05-27  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* objc/hello.m (main): hello Objective-C!

2009-05-18  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* fx_ext/my.xul: Fx拡張の作成

2009-01-01  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* c/jmp.c (main): 大域脱出の練習

2008-11-23  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* (all) : repository moved to bitbucket.org

2008-09-27  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* c/autoquote.c (main): ものすごいものを見つけたよ!
	K&Rにはまだまだマニアックな機能がありそうだね!

2008-08-19  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* erlang/test_server.erl (terminate): ...

2008-07-27  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* c/some_files.c (main): 久しぶりにfile I/Oを書いてみた
	思い出すのに時間がかかった

2008-06-23  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* cppunit/generate.py (test): 型と名前をセットで定義するライブラリを作りたい

2008-06-22  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* 新しいクラスを作るときにすること: 
	ヘッダファイル、クラスファイル、ユニットテスト、Makefile.amにエントリする、
	いろいろいろ。。。

	* cppunit/generate.py (ClassModel): だいぶ進んだよ
	とりあえず、ヘッダとプログラムファイルの出力はできるようになった。
	あとは対話やコマンドライン引数の実装と、ユニットテスト部分の実装。
	ヘッダにauthorや日付くらいは入れられるようにしたいなぁ。
	(ClassModel.replace):  #この実装では一行にひとつしかかけない。

	* cppunit/generate.pl: perlはわかりません><

	* cppunit/XXXTest.cpp.tmpl: これがテンプレート

	* cppunit/XXXTest.cpp (CppUnit::TestFixture): it worked!
	thanks to him!
	(CppUnit::TestFixture): classを作るときに考えるもの
	・名前
	・メンバ変数、メンバ関数
	・それぞれのテストスイート

2008-04-20  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* c/rand.c (rand_str): ... 変な実装でrand_strをつくってみた。

2008-04-19  kuenishi  <kuenishi@fio.kuenishi.net>

	* c/make_temp.c: mkstemp(3) shouldn't be inserted static char*
	such as mkstemp("temp.XXXX") because it changes argv.

2008-04-15  UENISHI Kota  <uenishi.kota@lab.ntt.co.jp>

	* c/getaddrinfo_test.c: gethostbyname is gonna to be deprecated;
	it is not thread safe.

2008-03-16  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* tex/hello.euc.tex: texのスケルトンも作ることにした

2008-02-24  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* : next to do is-> mapreduceのようなものを作るとか設計するとか
	新しい処理系?全ての関数が軽量プロセスになっていたりして、
	関数の返り値は、次の呼び出しまでの適当なタイミングで実行される(適当遅延評価)

	* erlang/ringbench.erl (bench): 4000000プロセスはさすがに無理だった
	4GBメモリだと、1.2~1.3Mプロセス辺りでswapに食い込み始める。
	(spawn_many): hogehoge
	(ring_many): N個のプロセスをリング状に立ち上げてM個のメッセージをリレーする。
	erl -smpで立ち上げないとシングルスレッドになる
	http://blog.mikage.to/mika/2007/09/index.html

	* erlang/server2.erl (loop): swap_codeloopの呼び出しを帰ればおkP291

2008-02-05  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* erlang/server1.erl (loop): こんんなのも試してみた。p286.

	* c/inotifee.c: inotify test.
	(main): goes Unicode.
	(whats_this_case): hogehoge.つくって!

2008-01-27  UENISHI Kota  <kuenishi@gmail.com>

	* c/memtime.c (use_time): 時間をはかれるようになった。

2008-01-22  UENISHI Kota  <uenishi.kota@lab.ntt.co.jp>

	* c/memtime.c:時間をはかりたい。

2007-03-06  Kota Uenishi  <kuenishi@kushana.localdomain>

	* hogehoge: aaaa
Tip: Filter by directory path e.g. /media app.js to search for public/media/app.js.
Tip: Use camelCasing e.g. ProjME to search for ProjectModifiedEvent.java.
Tip: Filter by extension type e.g. /repo .js to search for all .js files in the /repo directory.
Tip: Separate your search with spaces e.g. /ssh pom.xml to search for src/ssh/pom.xml.
Tip: Use ↑ and ↓ arrow keys to navigate and return to view the file.
Tip: You can also navigate files with Ctrl+j (next) and Ctrl+k (previous) and view the file with Ctrl+o.
Tip: You can also navigate files with Alt+j (next) and Alt+k (previous) and view the file with Alt+o.