1. Yuki Kodama
  2. thg-ja

Wiki

Clone wiki

thg-ja / RoadMap

TortoiseHg は Mercurial の新機能に対応するため、Mercurial の時間ベースのリリース計画に合わせています。
また、できるだけ早くバグ修正による改善を提供するため、少なくとも月1回のバグ修正リリースを心がけています。

バージョン番号

およそ4ヶ月ごと(つまり年3回)に開発ブランチ(ブランチ名:default)を stable ブランチにマージし、「機能リリース(feature release)」と呼ばれる様々な新機能を含むバージョンをリリースします。これらの機能リリースの間にはいくつかの「メンテナンスリリース(maintenance release)」があります。多くのユーザがインストーラを使ってインストールしているため、他の方法でバグ修正による改善を簡単に得られないからです。

機能リリース後の最初のメンテナンスリリース(例えば 0.8.1)では、新しく追加された機能をより洗練されたものにするため、動作や GUI レイアウトの変更が含まれます。その後のリリース(0.8.2 ~ 0.8.n)は完全にバグ修正のみのリリースとなります。

コードフリーズ

比較的大きな新機能を含むリリースの前には、段階的にソースコードを安定させます:

  • 2週間前 - 機能追加を凍結、default ブランチから stable ブランチにマージ、これ以降はバグ修正のみ
  • 1週間前 - 翻訳が必要な文字列の追加はここまで
  • 3日前 - stable ブランチを完全に凍結

バージョン 0.10 (2010年3月1日リリース予定)

実装予定の機能一覧

  1. シェル拡張における UTF-8 のネイティブ対応 作業中
  2. Windows Vista/7 における右クリックメニュー描画問題の解決 完了
  3. インポートダイアログ
  4. MQ で除外された *.rej ファイルの取り扱いの改善
  5. マージツールを使った 3-way 差分表示
  6. MS Word の差分スクリプトの統合
  7. ドラッグ&ドロップへの対応
  8. コマンドダイアログのプログレスバー表示改善

未定の機能

  1. Diffuse 統合(?)
  2. TortoisePlink の置き換え

バージョン 0.10 の開発状況

--
原文: http://bitbucket.org/tortoisehg/stable/wiki/RoadMap
翻訳者: Yuki Kodama (kuy)

Updated