HTTPS SSH

Neof5client

プログラミングコンテスト「ネオ富豪」クライアントプログラム

Copyright (C) 2014 W.Maeda w.maeda@neogenia.co.jp


概要

Neof5client は プログラミングコンテスト「ネオ富豪」のためのクライアントプログラムです。 ネオ富豪とは、トランプゲーム大富豪をコンピュータプログラムで対戦する大会です。

詳細は公式ホームページを参照のこと。 http://neof5.neogenia.co.jp/


Androidアプリについての説明

Neof5Client/ 以下に置いてあるのは、Androidアプリのソースコードです。 Eclipse でプロジェクトをインポートしてビルドすることができます。 ただし、あらかじめ C++ コードを Android NDK でビルドしておく必要があります。


C++ コードについての説明

C++ コードは Neof5Client/jni 以下にあります。 Neof5Client/jni/neof5 が本体です。

jniディレクトリと内容物の説明

libwebsockets-1.23/ 以下に置いてあるものは、 https://github.com/warmcat/libwebsockets/releases よりダウンロードしてきたソースツリーをそのまま置いてあります。

ただし、SSL サポートは必要ないので、CMakeLists.txt の WITHSSL オプションを OFF に変更しています。 それ以外は何も変更していません。

lwsconfig.android/ 以下に置いてあるものは、Android NDK で libwebsockets をビルドするために必要な config.h を置いてあります。 このディレクトリは、Android.mk でインクルードパスに設定しています。 config.h は lws_config.h を参考に適当に作成しました。 最小限の設定なので、内容はほとんどありません。

neof5/ 以下に置いてあるものは、ネオ富豪クライアントのソースコードです。

Android版のビルド方法

Android NDK でビルドします。 アプリのルートディレクトリに cd し、ndk-build するだけです。 なお、Application.mk ではツールチェインに clang を使うように 指定しています。(g++ではビルドが通らないため)

libwebsocketsのビルド方法

基本的には libwebsocket の README.build に書いてあるとおり。

$ cd libwebsocket-1.23
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake ..
$ make

neof5のビルド方法

先に libwebsockets をビルドしておく必要があります。

ビルド方法は単純にmakeするだけです。

$ make

clang を使う場合は、

$ make CC=clang

として下さい。 実行ファイルはカレントディレクトリに作成されます。 clientmain というファイルがそうです。

実行するは、ルールと接続先情報を引数で与える必要があります。 詳細は、何も引数を指定せずに実行すると Usage メッセージを出力して 終了するので、それを見て下さい。