Source

KanonConductor /

Filename Size Date modified Message
SampleProject
etc/opt/kanon
opt/kanon
resource
69 B
4.5 KB
147 B
11.5 KB
183 B
59 B
101 B
1.0 KB

Kanon へようこそ

はじめに

Kanonはあなたのプロジェクトの物語を作るツールです。 現在のところ、チケットシステムとバージョン管理システムに対応しています。

※事実上のTracLightningの後継ソフトウェアです。TracLightningのLinux版と言えるかもしれません。

名前の由来

カノンとは、キリスト教の聖書教典のことで、 クラシック音楽のカノン(同じ旋律が繰り返し演奏される輪唱)のことでもあります。 クラシック音楽のカノンの中でも有名なパッヘルベルのカノンは、 本来弦楽器のために書かれたものですが、 ピアノ独創やポップ、ロックなど、 様々な分野でそのメロディはモチーフとして使われています。

Kanonは

  1. みなさんのプロジェクトの教典になるように
  2. プロジェクト毎にアレンジして使えるように
  3. 輪唱の用に何度も再利用できるように

という意味をこめて名づけました。

お勧めのレカノン

ピアノ独創ならジョージウィンストン、ロックならCanon Rockです。(執筆中)

利用環境

下記の環境でご利用できます。

  • Ubuntu 12.04, 10.10
  • RedHat Enterprise Linux 6.x (Webサーバ構成)
  • CentOS 6.x, 5.x

インストール

root権限で、下記のコマンドを実行しKanonをインストールします。

# ./kanon-setup

Kanonインストーラがお使いのOSを自動で認識し、セットアップしてくれます。

※証付きプロキシ環境での注意※ 環境変数http_proxyを設定してください。設定は、例えば次のようにします。

# export http_proxy=http://username:password@proxyserver.com/

※RHEL利用時の注意: インストールが完了したら、ファイアウォールを下記のコマンドで無効にします。

# system-config-firewall-tui

※オフラインでのインストール: インターネットに接続できない環境では、一度インターネットで接続できるマシンにインストールして、

使い方

/opt/kanon/binにパスを通してご利用ください。 プロジェクトを作成するには、

# kanon-create-project

を実行します。質問に答えるだけで、Trac、Mercurial、Subversion、Bazaarなどのリポジトリを簡単に作成できます。

ブラウザでのアクセス

チケットシステム、バージョン管理システムには、次のURLからアクセスできます。

http://[サーバ名]/trac   Trac
http://[サーバ名]/svn/   Subversionリポジトリ
http://[サーバ名]/hg/    Mercurialリポジトリ
http://[サーバ名]/bzr/   Bazaarリポジトリ

svn, hg, bzrから上記のリポジトリでアクセスできます。

ディレクトリ構成

  • Kanon本体
    • /opt/kanon
  • 設定ファイルやプロセステンプレートなど
    • /etc/opt/kanon
  • プロジェクトデータファイル、リポジトリデータ、認証ファイルなど
    • /var/opt/kanon
  • Apache用の設定ファイル
    • /etc/apache2/sites-available/kanon (Ubuntu)
    • /etc/httpd/conf/httpd.conf (RHEL, デフォルトの設定に追加されます)

テンプレート

プロセステンプレートにより、チケットシステムやバージョン管理システムをカスタマイズ することができます。テンプレートファイルは、下記の場所にあります。

/etc/opt/kanon/trac-template     プロセス毎のテンプレート
/etc/opt/kanon/vcs-template      バージョン管理システム毎のテンプレート

その他

clean.shを実行すると、インストール時に作成されたファイルを削除することができます。

プロセステンプレートのbugtrackはまだ実装されていません。

ガントチャートも綺麗にしたいです。

変更履歴

0.0.1 2011/1/16

  • 初期リリース
  • Ubuntu10.10に対応
  • trac,svn,bzr,hgに対応
  • agileとtraclightningデフォルトのテンプレートを実装

0.0.2 2011/1/17

  • Redhat Enterprise Linux Server 6.0対応(Web構成)
  • 細々としたバグを修正
  • 一応、動くものになった。

0.0.3

  • ファイルを整理
  • bzr.wsgiが正しく動いていない問題を修正
  • 管理メニューが正しく動かないバグを修正