Source

pypy / pypy / doc / getting-started.rst

The default branch has multiple heads

Full commit

はじめる

PyPyとは?

通俗的にPyPyは2つの意味を持っています。 1つめは、動的言語実装を生み出すフレームワークである RPython translation toolchain です。 そして2つめは、これによって生成された特定の実装( Python 自身で書かれたプログラミング言語Python)です。 それは柔軟で簡単に実験しやすいように設計されています。

この2つの用法は、混乱をもたらすのは知られています。 私たちはPyPyという名称をこの2つの意味で使うことからやめる試みをしています。 これからは、私たちはPyPyという名称をPythonの実装だけに限定して使い、 フレームワークを RPython translation toolchain と呼びます。 いくつかの古い文書、プレゼンテーション、論文、動画はまだ古い用法のままです。 注意してください。

私たちはカスタムなPythonバージョンを生成するコンパイラのツール一式を提供することにより、 小規模および大規模、様々なプラットフォームをターゲットにしています。 プラットフォーム、メモリとスレッドモデルのみならず、JITコンパイラ自体も翻訳工程の側面です。 - ということで、言語実装に対する低レベルな詳細情報の変換を認めていません。 more...

もっともな事実

プレビルドPyPyのダウンロード

PyPyを使い始める最速な方法は、プレビルドバイナリをあなたのOSとアーキテクチャにダウンロードすることです。 あなたは most recent release または、ある特定の development nightly build のいずれかを使うことができます。 ナイトリービルドは安定したオフィシャルなリリースとしての保証をしていませんので、あなたの責任でそれらを使用して下さい。

PyPyインストール

PyPyはどのような場所へのインストールであろうとも、すぐにtarballかzipファイルを解凍すると使うことができます:

$ tar xf pypy-1.5-linux.tar.bz2

$ ./pypy-1.5-linux/bin/pypy
Python 2.7.1 (?, Apr 27 2011, 12:44:21)
[PyPy 1.5.0-alpha0 with GCC 4.4.3] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
And now for something completely different: ``implementing LOGO in LOGO:
"turtles all the way down"''
>>>>

もしあなたがシステム全体でPyPyを使いたいのであれば、 あなたは pypy のシンボリックリンクを /usr/local/bin に置くことができる。 重要なこととして、シンボリックリンクを置くとバイナリを移動しないという他に、 PyPyはPyPyのライブラリを見つけることができません。

あなたがサードパーティのライブラリをインストールしたいのであれば、最も便利な方法は、 distributepip をインストールすることです:

$ curl -O http://python-distribute.org/distribute_setup.py

$ curl -O https://github.com/pypa/pip/raw/master/contrib/get-pip.py

$ ./pypy-1.5-linux/bin/pypy distribute_setup.py

$ ./pypy-1.5-linux/bin/pypy get-pip.py

$ ./pypy-1.5-linux/bin/pip install pygments # for example

サードパーティのライブラリは pypy-1.5-linux/site-packages にインストールされ スクリプトは pypy-1.5-linux/bin にあります。

virtualenvを使ったインストール

多くの場合、virtualenvでPyPyを実行すると便利です。 これを行うには、virtualenvの最新のバージョンが必要です。 - 1.6.1か、それ以上の。 あなたはプレコンパイルされたtarball、またはMercurialのチェックアウトからPyPyをインストールできます:

# from a tarball
$ virtualenv -p /opt/pypy-c-jit-41718-3fb486695f20-linux/bin/pypy my-pypy-env

# from the mercurial checkout
$ virtualenv -p /path/to/pypy/pypy/translator/goal/pypy-c my-pypy-env

bin/pythonは/bin/pypyへの新たなシンボリックリンクであることに注意してください。

リポジトリのクーロン

あなたが compile PyPy by yourself 場合、または自ら修正したい場合は、 ソースをコピーして手に入れる必要があります。 これは、 downloading them from the download page または、Mercurialを使ってリポジトリから ソースコードをチェックアウトすることによって行うことができます。

現在の開発コードを利用したい場合は、Mercurialを使うことをお勧めします。

コマンドライン、DOSボックス、ターミナルで次のコマンドを実行する必要があります:

hg clone http://bitbucket.org/pypy/pypy pypy

これは、リポジトリをクローンし、 pypy という名前でディレクトリを配置します。 またそれと、PyPyソースを pypy/pypy 、ドキュメントファイルを pypy/pypy/doc に取得します。 私たちは、最新のコードが常に安定していることを保証しようとしていますが、 時々壊れている可能性があります。 our nightly tests: はリビジョンを入手しチェックアウトすることができます あなたは最新の {linux32} テストを通った( + 符号は success に相当する) our nightly tests: のリビジョン(英数字の12文字、例: "963e808156b3")を見つけ、 チェックアウトし入手することができます。 あとで、複製されたリポジトリで使用してこのリビジョンに切り替えます:

hg up -r XXXXX

XXXXX はリビジョンIDです。

ここから先の話

首尾よくPyPyのソースを取得した後に、詳細を読むことができます。

PyPyのアーキテクチャを理解する

上記のアーキテクチャおよび、コーディングマニュアルに関する詳細な情報については、 documentation section へ進み興味深い情報を見つけることができます。 さらに、真のハッカーの精神により、あなたは start reading sources ことができます。

バグのファイルイングや機能要求

PyPyウェブサイトのトップメニューの 'issues' から 私たちの課題トラッカーにアクセスでき、 bug reports を提出することができます。