それが完了するとファイルは次のようになっているでしょう:

Issue #11288 invalid
Former user created an issue

Step 5. Mercurialで SSH圧縮を有効にする SSHを利用してデータの送受信を行うとき、 Gitはデータを圧縮しています。Mercurialは自動では圧縮を行いません。いくらかの場合に大幅なスピードアップにつながるので、SSH圧縮を有効にした方がいいでしょう。Mercurialで圧縮を有効にするには次のようにします:

ターミナルウィンドウを開きます。 Mercurial共通設定ファイル (~/.hgrc) を編集します。 UIセクションに次の行を追加します: