Commits

shimizukawa  committed 1e44869 Merge

merge heads

  • Participants
  • Parent commits df3f266, d188a2d

Comments (0)

Files changed (25)

File _themes/sphinx-jp/layout.html

   <div id="sidebar" class="left">
     <div id="sidebarWrap">
       <div id="toc" class="sidebarRow">
+        <h3><a href="http://sphinx-users.jp/doc11/">Sphinxリファレンス</h3>
         <h3>{{ _('Table Of Contents') }}</h3>
         {{ toctree(maxdepth=2, collapse=False) }}
         </div>
       {%- endblock %}
       </div>
     </div>
+    <script charset="utf-8" src="http://widgets.twimg.com/j/2/widget.js"></script>
+    <script>
+    new TWTR.Widget({
+      version: 2,
+      type: 'search',
+      search: '#sphinxjp',
+      interval: 30000,
+      title: '',
+      subject: 'Sphinx-users.jp: #sphinxjp',
+      width: 250,
+      height: 300,
+      theme: {
+        shell: {
+          background: '#8ec1da',
+          color: '#ffffff'
+        },
+        tweets: {
+          background: '#ffffff',
+          color: '#444444',
+          links: '#1985b5'
+        }
+      },
+      features: {
+        scrollbar: false,
+        loop: true,
+        live: true,
+        behavior: 'default'
+      }
+    }).render().start();
+    </script>
   </div>
 {%- endmacro -%}
 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
     <div id="gnav">
       <ul>
         <li class="home"><p><a href="{{ pathto('index') }}" title="{{ project }}">{{ project }}</a></p></li>
-        <li class="doc"><p><a href="{{ pathto('doc') }}" title="ドキュメント">ドキュメント</a></p></li>
+        <li class="doc"><p><a href="http://sphinx-users.jp/doc11/" title="リファレンスマニュアル">リファレンスマニュアル</a></p></li>
         <li class="modindex">
           <p><a title="{{ _('Index') }}" href="{{ pathto('genindex') }}">{{ _('Index') }}</a></p>
         </li>

File cookbook/ci/bitbucket_create.png

Added
New image

File cookbook/ci/bitbucket_manage.png

Added
New image

File cookbook/ci/index.rst

+継続的インテグレーション(自動ビルドと公開)
+------------------------------------------
+
+.. toctree::
+   :maxdepth: 2
+
+   sakura

File cookbook/ci/sakura.rst

+さくらインターネットで自動ビルド
+================================
+
+:日時: 2012/1/25
+:作者: 渋川よしき
+
+Sphinx-Users.jpで2008年ぐらいから使っている方法を紹介します。常駐のできない、一番安価なさくらのスタンダードプランとBitbucketを使う方法です。
+
+この方法には以下のようなメリットがあります。
+
+* サーバのパスワードを公開することなく、複数人でコンテンツの管理を行うことができる
+* BitbucketのウェブUIを使って、権限設定などを簡単に行うことができる
+* ウェブのコンテンツをすべてバージョン管理で制御できる
+* 自前のテンプレートや特別な拡張機能がいくらでも使える
+* 問題の報告や管理に、Bitbucketのチケットのシステムが利用できる
+* パッチの受け取りに、pull-requestを使うこともできる
+
+リポジトリの準備
+----------------
+
+http://bitbucket.org のサイトにアクセスし、リポジトリを作成します。ユーザがない場合には、ユーザを最初に作る必要があります。
+
+.. image:: bitbucket_create.png
+
+.. note::
+
+   本説明ではMercurialを使いますので、Google Code、CodePlexなどのMercurialをサポートしたサービスを代わりに使うこともできます。
+
+   また、リポジトリアクセスの部分を変更すると、Githubなど、他のサービスを利用することもできるでしょう。
+
+リポジトリができたら、AdminタブのAccess managementで共同編集者の名前を追加しましょう。
+
+* write権限を与えると、書き込みを許可します
+* admin権限を与えると、ユーザ管理などができるようになります
+
+.. image:: bitbucket_manage.png
+
+あとは、Mercurialを使って、コンテンツをどんどんリポジトリに登録していきます
+
+.. note::
+
+   `Bitbucketドキュメント日本語訳 <http://confluence.atlassian.jp/pages/viewpage.action?pageId=25133116>`_
+
+ビルドシステムの環境設定
+------------------------
+
+さくらインターネットにSphinxをインストールします。さくらインターネットのスタンダードプランでは、権限の関係でそのままではsite-packages以下にSphinxをインストールすることができませんので、自分のホーム以下にPythonの環境一式を作るvirtual-pythonをインストールします。
+
+.. code-block:: csh
+
+   % mkdir virtualpython
+   % cd virtualpython
+   % wget http://peak.telecommunity.com/dist/virtual-python.py
+   % python virtual-python.py --prefix=/home/ユーザ名/virtualpython
+
+これで :file:`~/virtualpython` 以下にPythonの実行ファイルやライブラリ一式の環境ができあがります。 :file:`.cshrc` を編集し、このPythonが優先的に使われるようにしてみましょう。次の行を追加します。
+
+.. code-block:: csh
+
+   setenv PYTHONPATH $HOME/virtualpython
+   setenv PATH $HOME/virtualpython/bin:$PATH
+
+設定したら再ログインして、設定を有効にします。
+
+くわしくは、cimadaiさんの `さくらインターネットにpythonを再インストール <http://d.hatena.ne.jp/cimadai/20080713/1215964300>`_ なども参照してください。
+
+Sphinxなどをインストールするために、pipをインストールします。Pythonのインストーラ系のシステムが更新されるまでは、pipが事実上のデファクトとなっているようです。(pycon-jp 2011の基調講演より)
+
+.. code-block:: csh
+
+   % curl -O http://pypi.python.org/packages/source/p/pip/pip-1.0.2.tar.gz
+   % tar xvzf pip-1.0.2.tar.gz
+   % cd pip-1.0.2
+   % python setup.py install
+   % rehash
+
+あとは、必要なモジュール類をインストールしていきます。
+
+.. code-block:: csh
+
+   $ pip install sphinx
+   $ pip install mercurial
+   $ rehash
+
+継続的ビルドの組み込み
+----------------------
+
+ビルドを行うスクリプトを作成します。すべて :file:`~/website_work/` というフォルダで作業を行うとします。
+
+まずは、Bitbucketからサイトのソースを落としてきます。自分のユーザ名以下に ``website`` というプロジェクトがあったとします。
+
+.. code-block:: csh
+
+   % mkdir website_work
+   % cd website_work
+   % hg clone ssh://hg@bitbucket.org/ユーザ名/website
+
+次に、ビルドを行うシェルスクリプトを作成します。Bitbucketが更新されていたら、リポジトリから最新のコードを落としてきて、ビルドし直すスクリプトになっています。今回は、自分のホームページスペースの直下に全コンテンツを置くことを前提としています。 :file:`website_work/task.sh` という名前で保存します。
+
+.. code-block:: csh
+
+   #! /bin/csh
+
+   cd $HOME/website_work/website
+
+   set local_version = `hg id -i`
+   set remove_version = `hg id -i -r tip https://ユーザ名@bitbucket.org/ユーザ名/website`
+
+   if ( $local_version != $remove_version ) then
+       hg pull
+       hg update
+       make html
+       cp -r _build/html/* ~/www/
+   else
+       echo "not changed"
+   endif
+
+このスクリプトを、cronで一定時間ごとに実行するようにしましょう。
+
+.. code-block:: none
+
+   0       *       *       *       0,1,2,3,4,5,6   /home/ユーザ名/website_work/task.sh 1>> /home/ユーザ名/cron.log 2>> /home/ユーザ名/crone.log
+
+これで、毎時0分にリポジトリから最新のコードを取ってきてビルドしています。
+
+この状態で、誰かがBitbucketにコードがコミットされると、1時間以内にはウェブサイトが最新の状態に更新されるようになります。
+
+Sphinx-Users.jpのウェブサイトはこのような形で管理されています。
+
+.. note::
+
+   上記のシェルスクリプトでは簡単化のために省略していますが、sphinx-users.jpは仮想ドメインで運用されているため、ビルド済みのフォルダから、シンボリックリンクでwww以下に擬似的にコピーしています。また、ビルド中おかしな結果が表示されないように、別の場所でビルドして、完了してから一気にリンク先の張替えを行なっています。
+
+

File cookbook/index.rst

    epub/index
    pdf/index
    hosting/index
+   ci/index
    websupport
    remotebuild/index
+   beginners/index

File cookbook/pdf/rst2pdf.rst

 
 :日時: 2010/09/19
 :作者: 池 徹
-:最終更新: 2010/10/9
+:最終更新: 2012/02/15
 
 Sphinxは `rst2pdf <http://code.google.com/p/rst2pdf/>`_ と連携することによりPDFを出力することができます。
 
 
 :file:`conf.py` にPDF用の設定を自分で書き加える必要があります。
 
-まずは、 `sphinx.ext.autodoc` と `rst2pdf.pdfbuilder` を :file:`conf.py` の `extensions` に追加します。
+まずは `rst2pdf.pdfbuilder` を :file:`conf.py` の `extensions` に追加します。
 
 .. code-block:: python
 
-   extensions = ['sphinx.ext.autodoc','rst2pdf.pdfbuilder']
+   extensions = ['rst2pdf.pdfbuilder']
 
 
 次に、PDFの設定を追加します。
 .. code-block:: bash
 
    pdf:
-       $(SPHINXBUILD) -b pdf $(ALLSPHINXOPTS) _build/pdf
+       $(SPHINXBUILD) -b pdf $(ALLSPHINXOPTS) $(BUILDDIR)/pdf
        @echo
        @echo "Build finished. The PDF files are in _build/pdf."
 
            "stdFont": "VL-PGothic-Regular",
 	   "stdBold": "VL-PGothic-Regular",
 	   "stdItalic": "VL-PGothic-Regular",
-	   "stdMono": "VL-Gothic-Regular"
+           "stdBoldItalic": "VL-PGothic-Regular",
+	   "stdMono": "VL-Gothic-Regular",
+           "stdMonoBold": "VL-Gothic-Regular",
+           "stdMonoItalic": "VL-Gothic-Regular",
+           "stdMonoBoldItalic": "VL-Gothic-Regular",
+           "stdSans": "VL-Gothic-Regular",
+           "stdSansBold": "VL-Gothic-Regular",
+           "stdSansItalic": "VL-Gothic-Regular",
+           "stdSansBoldItalic": "VL-Gothic-Regular"
        },
        "styles" : [
            ["base" , {
 
 :2010/09/19: 初版(池 徹)
 :2010/10/09: rst2pdf経由ということでタイトル変更。(渋川)
+:2012/02/15: conf.py およびスタイルシートの設定を更新。(小宮)
-リファレンスマニュアル
-======================
+発表資料
+========
 
-1.1系関連ドキュメント
--------------------------------
+2011年
+------
 
-* 1.1系 本家ドキュメント日本語訳(作成中)
+11/30 Internet Week 2011
+~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
-  * `1.1 HTML版 <http://sphinx-users.jp/doc11/>`_
+* `公式サイトのプログラムのページ <https://internetweek.jp/program/t3/>`_
+  
+  ログインできるユーザのみ、資料をダウンロードできます。後日公開予定です。
 
+6/18 日本UNIXユーザ会2011年6月勉強会
+~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
-1.0系関連ドキュメント
----------------------
+.. raw:: html
 
-* 1.0系 本家ドキュメント日本語訳
+    <div style="width:425px" id="__ss_8348502"> <strong style="display:block;margin:12px 0 4px"><a href="http://www.slideshare.net/shimizukawa/blockdiag-jus20116" title="ドキュメンテーションを加速するストレスフリーの作図ツール『Blockdiag』 jus2011年6月勉強会">ドキュメンテーションを加速するストレスフリーの作図ツール『Blockdiag』 jus2011年6月勉強会</a></strong> <iframe src="http://www.slideshare.net/slideshow/embed_code/8348502" width="425" height="355" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no"></iframe> <div style="padding:5px 0 12px"> View more <a href="http://www.slideshare.net/">presentations</a> from <a href="http://www.slideshare.net/shimizukawa">Takayuki Shimizukawa</a> </div> </div>
 
-  * `1.0 HTML版 <http://sphinx-users.jp/doc10/>`_
-  * :download:`1.0 epub版 (2011/9/21) <sphinx10-20110921.epub>`
-  * `変更点のリリースノート <http://sphinx-users.jp/doc10/changes.html#release-1-0-jul-23-2010>`_
+2010年
+------
 
-0.6系関連ドキュメント
----------------------
+12/3 日本UNIXユーザ会2010年12月勉強会
+~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
-* `0.6系 本家ドキュメント日本語訳 <http://sphinx.shibu.jp>`_
-* `BPStudy #30発表資料 <http://tinyurl.com/yk58v48>`_
-* `InfoTalk #20発表資料 <https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B8X4zWf2QEfqMDNmNzMwZWUtZjdhZS00OTcxLWIyZmEtZWM3NmFmOTIzYjMw&hl=ja>`_
+* `PDFファイル <https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B8X4zWf2QEfqMzhhYzM3MjAtYWEzNS00NDAyLTk2YjAtNmFmNDIzN2FkYmY5&hl=ja>`_
 
+* スライド
+
+  .. raw:: html
+
+     <div style="width:425px" id="__ss_6084667"><strong style="display:block;margin:12px 0 4px"><a href="http://www.slideshare.net/shimizukawa/sphinx-6084667" title="ドキュメントを作りたくなってしまう魔法のツールSphinx">ドキュメントを作りたくなってしまう魔法のツールSphinx</a></strong><object id="__sse6084667" width="425" height="355"><param name="movie" value="http://static.slidesharecdn.com/swf/ssplayer2.swf?doc=sphinx-101208185959-phpapp01&stripped_title=sphinx-6084667&userName=shimizukawa" /><param name="allowFullScreen" value="true"/><param name="allowScriptAccess" value="always"/><embed name="__sse6084667" src="http://static.slidesharecdn.com/swf/ssplayer2.swf?doc=sphinx-101208185959-phpapp01&stripped_title=sphinx-6084667&userName=shimizukawa" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="355"></embed></object><div style="padding:5px 0 12px">View more <a href="http://www.slideshare.net/">presentations</a> from <a href="http://www.slideshare.net/shimizukawa">shimizukawa</a>.</div></div>
+
+8/20 InfoTalk #20
+~~~~~~~~~~~~~~~~~
+
+* `発表資料 <https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B8X4zWf2QEfqMDNmNzMwZWUtZjdhZS00OTcxLWIyZmEtZWM3NmFmOTIzYjMw&hl=ja>`_
+
+2/26 BPStudy #30
+~~~~~~~~~~~~~~~~
+
+* `発表資料 <http://tinyurl.com/yk58v48>`_
+

File event/20111130_internetweek/index.rst

 :参加料: 事前料金 ¥5,000、当日料金 ¥7,000
 :詳細: https://internetweek.jp/program/t3/ をご確認下さい
 
+.. note::
+
+   資料はInternetWeekに参加申し込みをしており、サイトにログインできるユーザのみがダウンロードできます。後日一般公開される予定です。
 
 内容:
 ~~~~~~

File event/20120112_general_meeting.rst

+Sphinx-users.jp 2011年総会(2012/1/12)
+========================================
+
+:日時: 2012/1/12 19:00~21:00
+:場所: `リストランテ アルファーロ`__
+
+.. __: http://www.its-kenpo.or.jp/restaurant/itigaya/index.html
+
+Sphinx-Users.jpの総会を行いました。会則では12月開催になっていますが、役員の予定が合わなかったため、1月になりました。
+
+総会については会則を参照してください。 http://sphinx-users.jp/regulations.html
+
+
+議事録
+---------
+
+活動の振り返り
++++++++++++++++
+
+  * イベント関係
+
+    2011年に行ったイベントは以下の通りです。数は多いですが外部のイベントへの相乗りが多く、定期的なイベントの開催ができなかったのは反省点です。
+
+    * :doc:`20110212_translating_hackathon`
+    * :doc:`20110304_osc_tokyo_spring`
+    * :doc:`20110618_jus_benkyoukai/index`
+    * :doc:`20110723_artofcommunity1/index`
+    * :doc:`20111130_internetweek/index`
+
+      * 70人聞きに来て頂いた。前向きな評価が多かったが、詰め込みすぎだったという声も。
+
+    * :doc:`20111210_sphinx_morning/index`
+
+      * 第二回を2012年1月21日に開催。
+
+    * :doc:`20111214_sphinx_handson/index`
+
+    また、Sphinxもかなり使われるようになってきて、コミュニティの外でブログなどに情報が書かれることが増えてきたので、きちんとサイトに吸収していきたいと考えています。
+
+  * ウェブサイト
+
+    * ウェブサイトとドキュメントのリポジトリを、Bitbucketのsphinxjpアカウントに移動。
+    * sphinxjpのリポジトリにコミットすると、cronでpullしてビルドするようになりました。
+
+      * ウェブサイトは毎時0分
+      * 1.1ドキュメントは毎時20分
+      * 1.0ドキュメントは毎時40分
+
+    * 7月に、アート・オブ・コミュニティを見ながらウェブサイトの構成を直しました。
+
+
+役員の改選
++++++++++++++++
+
+会長の shibukawa がアメリカに行くため、会長を譲りたいという申し出がありました。
+
+会長立候補があり、満場一致で小宮(tk0miya)に決定致しました。
+
+  * 会長
+
+    * tk0miya
+    * 会長の抱負: 「人を増やしていく。ハンズオンはその一つ」
+
+  * 副会長
+
+    * shkumagai
+
+  * 副会長
+
+    * shimizukawa
+
+  * 会計
+
+    * shimizukawa (副会長と兼任)
+
+サイトの管理は引き続きshibukawaが行います。
+
+また、会長が変更になったことに伴い、会長住所の変更が必要となり、約例の変更を行いました。
+
+会計報告
++++++++++++++++
+
+ドメイン代は2010/10に2年分払っており、次回支払いは2012年10月予定です。
+
+.. list-table::
+   :header-rows: 1
+
+   - *
+     * 収入
+     * 支出
+   - * 2010年残金
+     * 2500
+     *
+   - * 2011/3/4 OSC東京春 資料印刷
+     *
+     * 3000
+   - * 2011/6/18 JUS関西講演謝礼
+     * 5000
+     *
+   - * 2011/11/30 InternetWeek2011講演謝礼
+     * 5000
+     *
+   - * 2012年活動への繰越
+     *
+     * 9500
+
+2012年のドメイン更新料2年分6360円を引いた残金3140円をつぎの会計に引き継ぎたい、また、今後もsphinx-users.jpのウェブサーバはshibu.jp(さくらインターネットスタンダードプラン)と共用として、ドメインの支払いは渋川が行うことにしたいとの申し出が shibukawa からありました。この申し出を受け、サイト管理は引き続き shibukawa が行うこととなりました。
+
+2012年やりたいこと、やって欲しいこと
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+
+- 今月か来月に勉強会をやりたい (shibukawa)
+
+- 翻訳ハッカソンを復活させる (tk0miya)
+
+  6-12回ぐらい行いたい
+
+- sphinxのGUIを作りたい (shimizukawa)
+
+  - スタンドアローンインストーラーにquick startのウィザードをつけたい
+
+- 拡張を書く (takanory)
+
+  - 聞ける人がいるといい
+
+- quick startがpluggableじゃない (tk0miya)
+
+  - setuptoolsで差し込むなどしたい
+
+- sphinxjp.themecoreを本体に取り込んでもらう (shimizukawa)
+
+  - 取り込みやすい形に書き換える
+
+- 自動生成ツールを拡充する
+
+  - dbのテーブルなどをrstにしてくれるツール (r_rudi)
+  - jsdoc (shibukawa)
+
+- tex (aohta)
+
+  - 表紙に画像を埋め込むなど、ちょっとしたネタを書くとうける
+  - 情報処理学会のstyを使えるといい
+  - 困ったことがあったらMLに投げてみる
+
+- sphinx本体の拡張 (shibukawa)
+
+  - html5のmanifestを書くと、オフラインでも見れるようになる
+
+- 新しいhtml5対応のstyleを作る (shkumagai)
+- docutilsの日本語訳を公開したい (shkumagai)
+
+  - docutilsが分かるとstyleファイルが書きやすくなる
+  - docutilのtree構造をグラフィカルにだしてくれるツールが欲しい
+
+- スタンドアローンインストーラで簡単にアップデートできるようにする (shimizukawa)
+
+  - 今のままだと例えばblockdiagがアップデートしてもユーザ自身が追随できない
+  - また、アップデートしたあとに問題があればリカバリできるようにしたい
+
+- 個人的なドキュメントを公式に出したい (togakushi)
+
+  - Third party拡張はsphinxjpサーバではそのまま動かないが、拡張の話を書きたい
+
+- 運用ドメインがあると便利なので作る (togakushi)
+
+
+- sphinxハンズオンを増やす (tk0miya)
+
+  前回行った時に来た人はだいたい三段階でした。
+
+  1. 名前は知ってる
+  2. 入れては見たけどどうしよう
+  3. モヒカン
+
+  もう少し開催を増やして広めたい。
+
+  公認インストラクターを増やしていく方向もありと考えている。公認インストラクターになった人は自分で勉強会をどんどん開いてもいい。そのための資料も用意しておく。
+
+Webサイト
++++++++++++++++++
+
+* ドキュメント
+
+  * 1.0は消す
+  * 1.1.2に追従する
+  * リファレンスはトップから大きな画像を置き、リンクを貼る
+  * サイドバーからもリンクを貼る
+
+* 最新の情報を載せる
+
+  * readthedocの使用を考える
+  * 複数人でいじりたい場合など、これをやりたいときはこの方法を使え、などの情報を充実させる
+  * sphinxjpで使っているビルドスクリプトを公開する
+
+* Lingr
+
+   * やっていない。日本だけなら必要ないかもしれないため、サイトから消す。
+
+* むしろskype, twitterの方が多い。
+
+   * #sphinxjpで検索引っ掛けて、誰かが疑問に答える。
+   * #sphinxjp をサイトで広める。常にサイドバーに含めるようにする。
+
+* staff ML
+
+   * 議論の中で staff ml をやめるという方向性となりました。コミュニティは出来上がっていますし、今のコミュニティの大きさならば必要ないという判断です。
+
+
+
+
+会場の様子
+-----------
+
+
+.. figure:: 20120112_general_meeting/picture-01.jpg
+
+.. figure:: 20120112_general_meeting/picture-02.jpg
+
+.. figure:: 20120112_general_meeting/picture-03.jpg
+
+.. figure:: 20120112_general_meeting/picture-04.jpg
+

File event/20120112_general_meeting/picture-01.jpg

Added
New image

File event/20120112_general_meeting/picture-02.jpg

Added
New image

File event/20120112_general_meeting/picture-03.jpg

Added
New image

File event/20120112_general_meeting/picture-04.jpg

Added
New image

File event/index.rst

 イベント
 ========
 
+2011年
+------
+
 .. toctree::
    :maxdepth: 1
 
+   20120112_general_meeting
    20111214_sphinx_handson/index
    20111210_sphinx_morning/index
    20111130_internetweek/index
    20110319_translating_hackathon/index
    20110304_osc_tokyo_spring
    20110212_translating_hackathon
+
+2010年
+------
+
+.. toctree::
+   :maxdepth: 1
+
    20101210_general_meeting
    20101203_jus_benkyoukai
    20101106_translating_hackathon
 * XP祭り2010: Pythonでアジャイル開発サイクル 2010ver(清水川): http://www.freia.jp/taka/docs/xpfest2010/
 * 渋川個人ウェブサイト http://www.shibu.jp
 * 日本Symfonyユーザ会: http://docs.symfony.gr.jp/symfony2/
-
+* fullflex SG商品紹介ページ(株式会社アクセンス・テクノロジー): http://fullflex.accense.com/sg/
 
 Sphinxを紹介している資料等
 ============================

File howtojoin.rst

 
 メーリングリストとしては `Sphinx開発元のML(英語) <http://groups.google.com/group/sphinx-dev>`_ もあります。こちらはSphinx-Users.jpの運営ではありませんが、拡張機能を開発した場合のPRなどはこちらでも行う方が良いでしょう。
 
-Lingrのチャット
----------------
-
-`Lingrのチャットの部屋 <http://lingr.com/signup?letmein=sphinxjp>`_ を用意しています。たまにオンラインチュートリアルイベントを開催したり、交流したりするのに利用されます。
-
 Twitter
 -------
 
 Sphinx-Users.jp(略称#sphinxjp)は、美しいドキュメントを簡単に生成することができる、\ `Sphinx <http://sphinx.pocoo.org/>`_\ (スフィンクス)の普及を主眼としたコミュニティです。このSphinx-Users.jpのサイトもSphinxを使って作られています。
 
 
-日本で散らばっているSphinx関連情報を集めて、Webサイト、イベントを通じてSphinx情報を発信します。また、\ :ref:`mailinglist`\ や\ `Lingrによるチャット <http://lingr.com/room/sphinxjp>`_\ での情報交換、\  :doc:`勉強会 <event/index>` \の開催などを通じて、ドキュメントをパワーアップしたい人、ドキュメントや翻訳で苦労している人、Sphinxの拡張機能を開発したい開発者たちに”Fun”を提供していきます。
+日本で散らばっているSphinx関連情報を集めて、Webサイト、イベントを通じてSphinx情報を発信します。また、\ :ref:`mailinglist`\ での情報交換、\  :doc:`勉強会 <event/index>` \の開催などを通じて、ドキュメントをパワーアップしたい人、ドキュメントや翻訳で苦労している人、Sphinxの拡張機能を開発したい開発者たちに”Fun”を提供していきます。
 
 .. toctree::
    :maxdepth: 2
 参加方法
 --------
 
-ご自由に :ref:`mailinglist` や、 `Lingrのsphinxjpチャンネル <http://lingr.com/room/sphinxjp>`_ などにご参加ください。また、Sphinx-Users.jpが行うイベントも定期的に行います。
+ご自由に :ref:`mailinglist` にご参加ください。また、Sphinx-Users.jpが行うイベントも定期的に行います。
 
 イベント情報などは、Twitterの `SphinxUsers.jp公式アカウント <http://twitter.com/sphinxjp>`_ でも呟きます。また、コミュニティのハッシュタグは `#sphinxjp <http://twitter.com/#search?q=%23sphinxjp>`_ になります。
 
+外部リンク集
+============
+
+- Quick reStructuredText
+
+  http://docutils.sourceforge.net/docs/user/rst/quickref.html
+
+- はやわかり reStructuredText(上の翻訳版)
+
+  http://www.planewave.org/translations/rst/quickref.html
+
+- reStructuredText Directives
+
+  http://docutils.sourceforge.net/docs/ref/rst/directives.html
+
+- Pygments - Python syntax highlighter
+
+  http://pygments.org/languages/

File regulations.rst

 
 :2010/4/19: 初版
 :2010/12/30: 事務局所在地を変更(:doc:`event/20101210_general_meeting` で承認)
+:2012/1/17: 事務局所在地を変更(:doc:`event/20120112_general_meeting` で承認)

File reverse-dict/writing/horizontal_line.rst

+水平線を引きたい
+----------------------------
+
+セクションで使える記号を4つ以上並べた行を書くと水平線が引けます。
+
+::
+
+   段落1
+
+   ----
+
+   段落2
+
+   ++++
+
+   段落3
+
+~~~~~~~~~~
+適用例
+~~~~~~~~~~
+
+段落1
+
+----
+
+段落2
+
+++++
+
+段落3

File reverse-dict/writing/index.rst

    replace
    citation
    todo
+   link
    refer
    include
    note
    vocabulary
    emptylines
    emphasizelines
+   horizontal_line

File reverse-dict/writing/link.rst

+.. index::
+   single: link
+   pair: link;inline
+   pair: link;image
+   
+
+リンクを貼りたい
+================
+
+Sphinxでリンクを貼る方法はいくつかあります。
+
+URL直書き
+---------
+
+一番シンプルな方法です。前後に半角スペース、もしくは¥+半角スペース(前後に隙間をあけたくない場合)を付けてください。
+
+.. code-block:: rst
+
+   詳しくは、 http://sphinx-users.jp を参照してください。
+
+reSTのインライン構文
+--------------------
+
+一番柔軟よく使われる方法がこれです。生のHTMLではなく、自分の好きなラベルを表示させることができます。
+
+.. code-block:: rst
+
+   `Sphinxを知りたい方はこちらをクリック <http://sphinx-users.jp>`_
+
+論文の参考文献のような記述法
+----------------------------
+
+外部ターゲットと呼ばれるreSTの構文です。
+
+.. code-block:: rst
+
+   Sphinxの詳しい情報源: SphinxJP_
+
+   .. _SphinxJP: http://sphinx-users.jp
+
+画像をクリックした時のリンク
+----------------------------
+
+``:target:`` オプションを使ってURLを埋め込みます。URL以外にも、Sphinx内で使えるリファレンス名(上記の ``SphinxJP_``)も使えます。
+
+.. code-block:: rst
+
+   .. image:: sphinx.png
+      :alt: Sphinx-Users.jpのロゴ
+      :target: http://sphinx-users.jp
+
+Sphinxのドキュメント内の他のページへのリンク
+--------------------------------------------
+
+Sphinxのドキュメントへのリンクであれば、ドキュメントのファイル名(拡張子なし)を書くことでリンクを貼ることができます。
+
+.. code-block:: rst
+
+   くわしい使い方は :doc:`sample/index` に書かれています。

File secretariat_address.png

Old
Old image
New
New image

File technical.rst

    :maxdepth: 2
 
    gettingstarted/index
-   doc
    reverse-dict/index
    cookbook/index
    articles/index
+   doc
    history
+   link