Anonymous avatar Anonymous committed 7cbf289

attribute や method の要らない ``SimObject.`` を削除 (simobj.rst)

Comments (0)

Files changed (1)

source/simobj.rst

 
 .. module:: railgun
 
-
 .. class:: SimObject
 
    このクラスをオーバーロードした子クラスを作ることで,自動的にCの関数を
    - Cの関数や構造体メンバーと名前が被ると,上書きされてしまいます.
 
 
-   .. attribute:: SimObject._clibname_
+   .. attribute:: _clibname_
 
       共有ライブラリのファイル名です.
 
-   .. attribute:: SimObject._clibdir_
+   .. attribute:: _clibdir_
 
       共有ライブラリのあるディレクトリへのパスです.
       :func:`relpath` を使って指定するのが便利です.
 
-   .. attribute:: SimObject._cmembers_
+   .. attribute:: _cmembers_
 
       C構造体のメンバー変数の定義のリストです.
       このリストの各要素は文字列で,それぞれの文字列がメンバー変数の定義に
 
       参照: :func:`cm.int`
 
-   .. attribute:: SimObject._cfuncs_
+   .. attribute:: _cfuncs_
 
       Cの関数の定義のリストです.
       このリストの各要素は文字列で,それぞれの文字列が関数の定義に
 
       参照: :ref:`how_to_write_cfunc`
 
-   .. attribute:: SimObject._cstructname_
+   .. attribute:: _cstructname_
 
       この属性の指定は任意です.
       Cの構造体の名前を明示的に与えることが出来ます.
                _cstructname_ = 'CStructName'  # this is name of c-struct
 
 
-   .. attribute:: SimObject._cfuncprefix_
+   .. attribute:: _cfuncprefix_
 
       この属性の指定は任意です.
       Cの関数のプレフィックスを指定するのに使います.
                    ...
                    ]
 
-   .. attribute:: SimObject._cmemsubsets_
+   .. attribute:: _cmemsubsets_
 
       この属性の指定は任意です.
       この属性を指定することでCメンバーと関数のサブセットに名前をつけ,
       この :attr:`_cmemsubsets_` 属性を使うことで,デバッグ用の
       メンバー変数や関数などを自然に定義することが出来ます.
 
-   .. method:: SimObject._cwrap_C_FUNC_NAME(func)
+   .. method:: _cwrap_C_FUNC_NAME(func)
 
       この属性の指定は任意です.
       ``C_FUNC_NAME`` という名前のC関数の呼び出しをラップするために
           your_c_function = _cwrap_your_c_function(your_c_function)
 
 
-   .. method:: SimObject.setv(**kwds)
+   .. method:: setv(**kwds)
 
       この関数は,Cの構造体メンバーの値を変更するのに使います.
 
            obj.var[0][1] = 1
 
 
-   .. method:: SimObject.getv(*args)
+   .. method:: getv(*args)
 
       Cメンバーの値を取り出すための関数です.
       以下の2つの呼び出しは等価です.::
            (a, c, c) = obj.getv('a, b, c')
 
 
-   .. method:: SimObject.num(*args)
+   .. method:: num(*args)
 
       添字にそった配列の長さを返します.
       以下の2つの呼び出しは等価です.::
Tip: Filter by directory path e.g. /media app.js to search for public/media/app.js.
Tip: Use camelCasing e.g. ProjME to search for ProjectModifiedEvent.java.
Tip: Filter by extension type e.g. /repo .js to search for all .js files in the /repo directory.
Tip: Separate your search with spaces e.g. /ssh pom.xml to search for src/ssh/pom.xml.
Tip: Use ↑ and ↓ arrow keys to navigate and return to view the file.
Tip: You can also navigate files with Ctrl+j (next) and Ctrl+k (previous) and view the file with Ctrl+o.
Tip: You can also navigate files with Alt+j (next) and Alt+k (previous) and view the file with Alt+o.