Commits

Takafumi Arakaki  committed e9b4fc1

リンクや誤字など細かい修正

  • Participants
  • Parent commits cf05911

Comments (0)

Files changed (3)

File source/index.rst

 ------
 - `サンプルコード <http://tkf.bitbucket.org/railgun-doc/samples/>`_
 - `リポジトリ <http://bitbucket.org/tkf/railgun/src>`_
+- `バグ報告 <https://bitbucket.org/tkf/railgun/issues>`_
 - `英語版のドキュメント <http://tkf.bitbucket.org/railgun-doc/>`_
 - 作者の `ブログ <http://arataka.github.com>`_ /
   `twitter <http://twitter.com/tkf>`_ / 連絡先: aka.tkf at gmail com

File source/simobj.rst

 
    RailGun を使ってCの共有ライブラリから必要な関数をロードするには,
    :class:`railgun.SimObject` をオーバーライドし,
-   必要な属性(attribute)を定義する必要があります.ここでは,
+   必要な属性(attribute)を定義する必要があります.
 
    .. note::
 
           この変数のデフォルトの値です.この変数が配列の場合は,
           すべての要素がこの値で埋め尽くされます.
 
-     :func:`cmem` を使って,基本的なCのパラメタでは無い,
+     :func:`railgun.cmem` を使って,基本的なCのパラメタでは無い,
      自分で定義した構造体やそのポインタなどを :attr:`_cmembers_` の
      要素として使うことも出来ます.
 
               'double double_matrix[k][i] = -4.1',
               ]
 
-      参照: :func:`cm.int`
+      参照: :func:`railgun.cm.int`
 
    .. attribute:: _cfuncs_
 
 
           **CDT_OR_INDEX**: string
               C Data Type (CDT) または 添字.
-              添字 ``i`` (``i<``) が指定された場合,引数 `x` が
-              ``0 <= x < num_i`` (``0 < x <= num_i``) を満足しない場合
-              にはエラーを発生します.
+              ここに添字 ``i`` (または ``i<``) が指定された場合,引数 `x` が
+              ``0 <= x < num_i`` (または ``0 < x <= num_i``) を満足しないと
+              エラーが発生します.
           **ARG_NAME**: string
               引数の名前です.Python側で, `FUNC_NAME(ARG_NAME=value)`
               のような呼び出しが出来ます.
 
 :func:`cmem` を使うと,任意のオブジェクトをCの関数に渡すことが出来ます.
 例えば,別の :class:`SimObject` (の子クラス) のポインタを渡すことで,
-C側でCの共有ライブラリの連携が出来るようになります.
+C側で複数のCの共有ライブラリの連携が出来るようになります.
 
 .. function:: cmem(cdt, vname, **kwds)
 

File source/utils.rst

 
    double など,int 以外の CDT についても定義されています.
 
+   >>> cm.double('a', 'b', 'c')
+   ['double a', 'double b', 'double c']
    >>> print sorted(cm())  #doctest: +NORMALIZE_WHITESPACE
    ['bool', 'char', 'double', 'float', 'int', 'long', 'longdouble',
     'longlong', 'short', 'uint', 'ulong', 'ulonglong', 'ushort']