Commits

Takumi IINO committed 90da12b

図がおかしかったり、利点じゃなかったり

  • Participants
  • Parent commits aeae9ab

Comments (0)

Files changed (1)

File source/index.rst

       c_0 [ label = "0" ]
       c_1 [ label = "1" ]
       c_2 [ label = "A" style = "filled" fillcolor = "yellow" ]
+      c_3 [ label = "C" style = "filled" fillcolor = "cyan" ]
 
       b_0 [ label = "0" ]
       b_1 [ label = "1" ]
 	c_0
         c_1
         c_2
+        c_3
       }
 
       subgraph cluster_bob {
         b_3
       }
 
-      c_0 -> c_1 -> c_2 [ dir = back ]
+      c_0 -> c_1 -> c_2 -> c_3 [ dir = back ]
       b_0 -> b_1 -> b_2 -> b_3 [ dir = back ]
     }
 
 
 「コミット済み成果ベースのマージ」にはSubversionの方法と比べ次の利点があります。
 
-  - マージ後、手元で十分確認(ユニットテストの実行、表示確認)してから、中央リポジトリに反映できる
   - マージ対象はコミット済みのため、マージ時のコンフリクトの解決を何度でもやり直せる
   - コミットしても変更を取り込んでもマルチプルヘッドができるだけでコンフリクトが発生しないため、心の平穏が保てる