Commits

Shingo Omura  committed 91e1089

translation for the commit ff7b1fe, 'Slightly expanded section on applicative syntax'

  • Participants
  • Parent commits ff7b1fe

Comments (0)

Files changed (1)

File index-ja.html

 		<li class="slide"><em>関数型デザインパターン</em></li>
 		<li class="slide">型クラスには不思議なトリックのようなものはほとんどありません</li>
 		<li class="slide">Scalaではscalaz (scala-zedと発音)というライブラリが提供してくれています</li>
-		<li class="slide">私たちは、githubにホストされているscalaz-sevenというスナップショットを使っています</li>
+		<li class="slide">ここでの例は<a href="https://github.com/scalaz/scalaz/tree/scalaz-seven">scalaz-seven</a>に基づいています</li>
 		<li class="slide">この階層はHaskellで定義されているものです--- が、完璧ではありません</li>
 	</ul>
 	<p class="slide">ここではファンクタ(Functor)、Applicativeファンクタ、モナド(Monad)を扱います。</p>
 </pre>
 		<p style="font-size: 60%">(オェッ)</p>
 	</div>
-	<div class="slide">
+</section>
+
+<section class="slide">
+	<h2>Applicative の文法</h2>
+	<div>
 		<p>Haskellでは、もうちょっとわかりやすくなります: </p>
 <pre class="haskell">
 (+) <$> parse("3") <*> parse("Nope") 
 </pre>	
 	</div>
 	<div class="slide">
+		<p>少し一般化してみましょう。このような純粋な関数があるとします:</p>
+<pre class="haskell">
+f x y z
+</pre>
+	</div>
+	<div class="slide">
+		<p>この関数を"effectful"な引数を渡して呼ぶにはこのようにします:</p>
+<pre class="haskell">
+f <$> x <*> y <*> z
+</pre>
+	</div>
+	<div class="slide">
 		<p>Scalazの<code>ApplicativeBuilder</code> を使うといくらかは改善できます:</p>
 <pre class="scala">
 (parse("3") |@| parse("Nope"))(_ + _)