Source

dotfiles / vim / bundle / FuzzyFinder / doc / fuf.jax

Full commit
   1
   2
   3
   4
   5
   6
   7
   8
   9
  10
  11
  12
  13
  14
  15
  16
  17
  18
  19
  20
  21
  22
  23
  24
  25
  26
  27
  28
  29
  30
  31
  32
  33
  34
  35
  36
  37
  38
  39
  40
  41
  42
  43
  44
  45
  46
  47
  48
  49
  50
  51
  52
  53
  54
  55
  56
  57
  58
  59
  60
  61
  62
  63
  64
  65
  66
  67
  68
  69
  70
  71
  72
  73
  74
  75
  76
  77
  78
  79
  80
  81
  82
  83
  84
  85
  86
  87
  88
  89
  90
  91
  92
  93
  94
  95
  96
  97
  98
  99
 100
 101
 102
 103
 104
 105
 106
 107
 108
 109
 110
 111
 112
 113
 114
 115
 116
 117
 118
 119
 120
 121
 122
 123
 124
 125
 126
 127
 128
 129
 130
 131
 132
 133
 134
 135
 136
 137
 138
 139
 140
 141
 142
 143
 144
 145
 146
 147
 148
 149
 150
 151
 152
 153
 154
 155
 156
 157
 158
 159
 160
 161
 162
 163
 164
 165
 166
 167
 168
 169
 170
 171
 172
 173
 174
 175
 176
 177
 178
 179
 180
 181
 182
 183
 184
 185
 186
 187
 188
 189
 190
 191
 192
 193
 194
 195
 196
 197
 198
 199
 200
 201
 202
 203
 204
 205
 206
 207
 208
 209
 210
 211
 212
 213
 214
 215
 216
 217
 218
 219
 220
 221
 222
 223
 224
 225
 226
 227
 228
 229
 230
 231
 232
 233
 234
 235
 236
 237
 238
 239
 240
 241
 242
 243
 244
 245
 246
 247
 248
 249
 250
 251
 252
 253
 254
 255
 256
 257
 258
 259
 260
 261
 262
 263
 264
 265
 266
 267
 268
 269
 270
 271
 272
 273
 274
 275
 276
 277
 278
 279
 280
 281
 282
 283
 284
 285
 286
 287
 288
 289
 290
 291
 292
 293
 294
 295
 296
 297
 298
 299
 300
 301
 302
 303
 304
 305
 306
 307
 308
 309
 310
 311
 312
 313
 314
 315
 316
 317
 318
 319
 320
 321
 322
 323
 324
 325
 326
 327
 328
 329
 330
 331
 332
 333
 334
 335
 336
 337
 338
 339
 340
 341
 342
 343
 344
 345
 346
 347
 348
 349
 350
 351
 352
 353
 354
 355
 356
 357
 358
 359
 360
 361
 362
 363
 364
 365
 366
 367
 368
 369
 370
 371
 372
 373
 374
 375
 376
 377
 378
 379
 380
 381
 382
 383
 384
 385
 386
 387
 388
 389
 390
 391
 392
 393
 394
 395
 396
 397
 398
 399
 400
 401
 402
 403
 404
 405
 406
 407
 408
 409
 410
 411
 412
 413
 414
 415
 416
 417
 418
 419
 420
 421
 422
 423
 424
 425
 426
 427
 428
 429
 430
 431
 432
 433
 434
 435
 436
 437
 438
 439
 440
 441
 442
 443
 444
 445
 446
 447
 448
 449
 450
 451
 452
 453
 454
 455
 456
 457
 458
 459
 460
 461
 462
 463
 464
 465
 466
 467
 468
 469
 470
 471
 472
 473
 474
 475
 476
 477
 478
 479
 480
 481
 482
 483
 484
 485
 486
 487
 488
 489
 490
 491
 492
 493
 494
 495
 496
 497
 498
 499
 500
 501
 502
 503
 504
 505
 506
 507
 508
 509
 510
 511
 512
 513
 514
 515
 516
 517
 518
 519
 520
 521
 522
 523
 524
 525
 526
 527
 528
 529
 530
 531
 532
 533
 534
 535
 536
 537
 538
 539
 540
 541
 542
 543
 544
 545
 546
 547
 548
 549
 550
 551
 552
 553
 554
 555
 556
 557
 558
 559
 560
 561
 562
 563
 564
 565
 566
 567
 568
 569
 570
 571
 572
 573
 574
 575
 576
 577
 578
 579
 580
 581
 582
 583
 584
 585
 586
 587
 588
 589
 590
 591
 592
 593
 594
 595
 596
 597
 598
 599
 600
 601
 602
 603
 604
 605
 606
 607
 608
 609
 610
 611
 612
 613
 614
 615
 616
 617
 618
 619
 620
 621
 622
 623
 624
 625
 626
 627
 628
 629
 630
 631
 632
 633
 634
 635
 636
 637
 638
 639
 640
 641
 642
 643
 644
 645
 646
 647
 648
 649
 650
 651
 652
 653
 654
 655
 656
 657
 658
 659
 660
 661
 662
 663
 664
 665
 666
 667
 668
 669
 670
 671
 672
 673
 674
 675
 676
 677
 678
 679
 680
 681
 682
 683
 684
 685
 686
 687
 688
 689
 690
 691
 692
 693
 694
 695
 696
 697
 698
 699
 700
 701
 702
 703
 704
 705
 706
 707
 708
 709
 710
 711
 712
 713
 714
 715
 716
 717
 718
 719
 720
 721
 722
 723
 724
 725
 726
 727
 728
 729
 730
 731
 732
 733
 734
 735
 736
 737
 738
 739
 740
 741
 742
 743
 744
 745
 746
 747
 748
 749
 750
 751
 752
 753
 754
 755
 756
 757
 758
 759
 760
 761
 762
 763
 764
 765
 766
 767
 768
 769
 770
 771
 772
 773
 774
 775
 776
 777
 778
 779
 780
 781
 782
 783
 784
 785
 786
 787
 788
 789
 790
 791
 792
 793
 794
 795
 796
 797
 798
 799
 800
 801
 802
 803
 804
 805
 806
 807
 808
 809
 810
 811
 812
 813
 814
 815
 816
 817
 818
 819
 820
 821
 822
 823
 824
 825
 826
 827
 828
 829
 830
 831
 832
 833
 834
 835
 836
 837
 838
 839
 840
 841
 842
 843
 844
 845
 846
 847
 848
 849
 850
 851
 852
 853
 854
 855
 856
 857
 858
 859
 860
 861
 862
 863
 864
 865
 866
 867
 868
 869
 870
 871
 872
 873
 874
 875
 876
 877
 878
 879
 880
 881
 882
 883
 884
 885
 886
 887
 888
 889
 890
 891
 892
 893
 894
 895
 896
 897
 898
 899
 900
 901
 902
 903
 904
 905
 906
 907
 908
 909
 910
 911
 912
 913
 914
 915
 916
 917
 918
 919
 920
 921
 922
 923
 924
 925
 926
 927
 928
 929
 930
 931
 932
 933
 934
 935
 936
 937
 938
 939
 940
 941
 942
 943
 944
 945
 946
 947
 948
 949
 950
 951
 952
 953
 954
 955
 956
 957
 958
 959
 960
 961
 962
 963
 964
 965
 966
 967
 968
 969
 970
 971
 972
 973
 974
 975
 976
 977
 978
 979
 980
 981
 982
 983
 984
 985
 986
 987
 988
 989
 990
 991
 992
 993
 994
 995
 996
 997
 998
 999
1000
1001
1002
1003
1004
1005
1006
1007
1008
1009
1010
1011
1012
1013
1014
1015
1016
1017
1018
1019
1020
1021
1022
1023
1024
1025
1026
1027
1028
1029
1030
1031
1032
1033
1034
1035
1036
1037
1038
1039
1040
1041
1042
1043
1044
1045
1046
1047
1048
1049
1050
1051
1052
1053
1054
1055
1056
1057
1058
1059
1060
1061
1062
1063
1064
1065
1066
1067
1068
1069
1070
1071
1072
1073
1074
1075
1076
1077
1078
1079
1080
1081
1082
1083
1084
1085
1086
1087
1088
1089
1090
1091
1092
1093
1094
1095
1096
1097
1098
1099
1100
1101
1102
1103
1104
1105
1106
1107
1108
1109
1110
1111
1112
1113
1114
1115
1116
1117
1118
1119
1120
1121
1122
1123
1124
1125
1126
1127
1128
1129
1130
1131
1132
1133
1134
1135
1136
1137
1138
1139
1140
1141
1142
1143
1144
1145
1146
1147
1148
1149
1150
1151
1152
1153
1154
1155
1156
1157
1158
1159
1160
1161
1162
1163
1164
1165
1166
1167
1168
1169
1170
1171
1172
1173
1174
1175
1176
1177
1178
1179
1180
1181
1182
1183
1184
1185
1186
1187
1188
1189
1190
1191
1192
1193
1194
1195
1196
1197
1198
1199
1200
1201
1202
1203
1204
1205
1206
1207
1208
1209
1210
1211
1212
1213
1214
1215
1216
1217
1218
1219
1220
1221
1222
1223
1224
1225
1226
1227
1228
1229
1230
1231
1232
1233
1234
1235
1236
1237
1238
1239
1240
1241
1242
1243
1244
1245
1246
1247
1248
1249
1250
1251
1252
1253
1254
1255
1256
1257
1258
1259
1260
1261
1262
1263
1264
1265
1266
1267
1268
1269
1270
1271
1272
1273
1274
1275
1276
1277
1278
1279
1280
1281
1282
1283
1284
1285
1286
1287
1288
1289
1290
1291
1292
1293
1294
1295
1296
1297
1298
1299
1300
1301
1302
1303
1304
1305
1306
1307
1308
1309
1310
1311
1312
1313
1314
1315
1316
1317
1318
1319
1320
1321
1322
1323
1324
1325
1326
1327
1328
1329
1330
1331
1332
1333
1334
1335
1336
1337
1338
1339
1340
1341
1342
1343
1344
1345
1346
1347
1348
1349
1350
1351
1352
1353
1354
1355
1356
1357
1358
1359
1360
1361
1362
1363
1364
1365
1366
1367
1368
1369
1370
1371
1372
1373
1374
1375
1376
1377
1378
1379
1380
1381
1382
1383
1384
1385
1386
1387
1388
1389
1390
1391
1392
1393
1394
1395
1396
1397
1398
1399
1400
1401
1402
1403
1404
1405
*fuf.jax*       バッファ/ファイル/その他を、あいまい検索

        Copyright (c) 2007-2010 Takeshi NISHIDA

FuzzyFinder                                                *fuzzyfinder* *fuf*

概要                            |fuf-introduction|
インストール                    |fuf-installation|
使い方                          |fuf-usage|
モード                          |fuf-modes|
詳細なトピック                  |fuf-detailed-topics|
コマンド                        |fuf-commands|
オプション                      |fuf-options|
VIMRC の例                      |fuf-vimrc-example|
SPECIAL THANKS                  |fuf-thanks|
CHANGELOG                       |fuf-changelog|
あばうと                        |fuf-about|

==============================================================================
概要                                                        *fuf-introduction*

FuzzyFinder はバッファ/ファイル/コマンド/ブックマーク/タグに素早くアクセスする
ための手段を提供します。入力されたパターンから変換されたあいまいパターンまたは
部分一致パターンで検索を行います。

        入力パターン     あいまいパターン   部分一致パターン ~
>
        abc              *a*b*c*            *abc*
        dir/file         dir/*f*i*l*e*      dir/*file*
        d*r/file         d*r/*f*i*l*e*      d*r/*file*
        ../**/s          ../**/*s*          ../**/*s*
                         (** : 再帰検索)
<
次のような場面で有用です:

        "./AhLongLongLongLongLongFile.txt"
        "./AhLongLongLongLongLongName.txt"
        "./OhLongLongLongLongLongFile.txt"
        "./OhLongLongLongLongLongName.txt" <- 欲しいファイル :-O

"ON" と入力すれば "OhLongLongLongLongLongName.txt" が選択できます. :-D

FuzzyFinder が検索できる対象は次の通りです:
        - バッファ
        - ファイル
        - ディレクトリ
        - 最近使ったファイル
        - 最近使ったファイルの近くのファイル
        - 最近使ったコマンドライン
        - ブックマークされたファイル
        - ブックマークされたディレクトリ
        - タグ
        - タグファイルに含まれるファイル
        - ジャンプリスト
        - チェンジリスト
        - バッファの行
        - quickfix
        - ヘルプ

FuzzyFinder は ファイルを検索したりアイテムを選択するシステムを利用するための
API も提供します。

FuzzyFinder はマルチバイト文字をサポートしています。


==============================================================================
インストール                                                *fuf-installation*

ZIPファイルをランタイムディレクトリに展開します。

以下のようにファイルが配置されるはずです。
>
        <ランタイムディレクトリ>/plugin/fuf.vim
        <ランタイムディレクトリ>/doc/fuf.txt
        ...
<
もしランタイムディレクトリが多数のプラグインでごちゃごちゃになるのが嫌なら、各
プラグインを個別のディレクトリに配置し、そのディレクトリのパスを 'runtimepath'
に追加してください。アンインストールも楽になります。

その後、ヘルプを有効にするためにタグファイルを更新してください。詳しくは
|add-local-help|を参照してください。

必要なもの: ~

- L9 library (vimscript #3252)


==============================================================================
使い方                                                             *fuf-usage*

次のコマンドで FuzzyFinder を起動します:

         コマンド                  モード ~
        |:FufBuffer|       - Buffer モード (|fuf-buffer-mode|)
        |:FufFile|         - File モード (|fuf-file-mode|)
        |:FufCoverageFile| - Coverage-File モード (|fuf-coveragefile-mode|)
        |:FufDir|          - Directory モード (|fuf-dir-mode|)
        |:FufMruFile|      - MRU-File モード (|fuf-mrufile-mode|)
        |:FufMruCmd|       - MRU-Command モード (|fuf-mrucmd-mode|)
        |:FufBookmarkFile| - Bookmark-File モード (|fuf-bookmarkfile-mode|)
        |:FufBookmarkDir|  - Bookmark-Dir モード (|fuf-bookmarkdir-mode|)
        |:FufTag|          - Tag モード (|fuf-tag-mode|)
        |:FufBufferTag|    - Buffer-Tag モード (|fuf-buffertag-mode|)
        |:FufTaggedFile|   - Tagged-File モード (|fuf-taggedfile-mode|)
        |:FufJumpList|     - Jump-List モード (|fuf-jumplist-mode|)
        |:FufChangeList|   - Change-List モード (|fuf-changelist-mode|)
        |:FufQuickfix|     - Quickfix モード (|fuf-quickfix-mode|)
        |:FufLine|         - Line モード (|fuf-line-mode|)
        |:FufHelp|         - Help モード (|fuf-help-mode|)

これらのコマンドを押しやすいキーにマッピングすることを推奨します。

これらのコマンドを実行するとパターンを入力するための1行のバッファを開き、イン
サートモードを開始します。

FuzzyFinder は入力されたパターンにマッチするアイテムを検索し、それを補完メニュ
ーに表示します。パターンマッチングの詳細は|fuf-search-patterns|を参照してくだ
さい。

多くのアイテムがマッチングする場合、FuzzyFinder はレスポンスを向上させるために
列挙するアイテムの数(|g:fuf_enumeratingLimit|)を制限し、その際、入力されたパタ
ーンを"Error" グループでハイライトします。

補完メニューの最初のアイテムは自動的に選択状態になります。

<C-w> で入力パターンからカーソル前の、ディレクトリ名などのひとかたまりを削除す
ることができます。

<C-s> (|g:fuf_keyPrevPattern|) と <C-^> (|g:fuf_keyNextPattern|) で、履歴から
過去に入力したパターンを呼び出すことができます。

いろいろな方法で、選択されたアイテムを開くことができます:

        <CR>  (|g:fuf_keyOpen|)        - 直前のウィンドウで開きます。
        <C-j> (|g:fuf_keyOpenSplit|)   - ウィンドウを分割して開きます。
        <C-k> (|g:fuf_keyOpenVsplit|)  - ウィンドウを垂直分割して開きます。
        <C-l> (|g:fuf_keyOpenTabpage|) - 別のタブページで開きます。

キャンセルして直前のウィンドウに戻るには、インサートモードを抜けてください。

<C-\><C-\> (|g:fuf_keySwitchMatching|) で、検索方法をあいまいマッチングまたは
部分一致マッチングに交互に切り替えることができます。

<C-t> (|g:fuf_keyNextMode|) と <C-y> (|g:fuf_keyPrevMode|) で、インサートモー
ドを抜けることなくカレントモードを切り替えることが出来ます。

いくつかのモードでは、選択されたアイテムを <C-@> (|g:fuf_keyPreview|) でプレビ
ューすることができます。同じアイテムでキーを繰り返すことで別の情報を表示させる
ことができます。プレビューをサポートするモードを起動すると、コマンドラインの高
さが|g:fuf_previewHeight|になります。この機能は|g:fuf_previewHeight|が0ではな
い場合、有効になります。


==============================================================================
モード                                                             *fuf-modes*

                                                             *fuf-buffer-mode*
Buffer モード ~

このモードはバッファを選択して開くインターフェースを提供します。

Buffer モード中に <C-]> (|g:fuf_buffer_keyDelete|) を押すと選択したバッファを
削除することができます。

                                                               *fuf-file-mode*
File モード ~

このモードはファイルツリーからファイルを検索して開くインターフェースを提供しま
す。

                                                       *fuf-coveragefile-mode*
Coverage-File モード ~

このモードはあらかじめ設定した検索対象の全ファイルからファイルを選択して開くイ
ンターフェースを提供します。

デフォルトではカレントディレクトリ以下の全ファイルを列挙します。
(|g:fuf_coveragefile_globPatterns|)

他の検索対象を検索したい場合、|FufCoverageFileRegister|コマンドで新しい検索対
象を登録し、|FufCoverageFileChange|コマンドで検索対象を選択して Coverage-File
モードを起動します。

加えて、|fuf#setOneTimeVariables()|関数を使う方法もあります。


例: .hと.cファイルだけ検索する:
>
        call fuf#setOneTimeVariables(['g:fuf_coveragefile_globPatterns', ['**/*.h', '**/*.c']])
              \ | FufCoverageFile
<
例: デフォルトの検索対象に加えてホームディレクトリも検索する:
>
        call fuf#setOneTimeVariables(['g:fuf_coveragefile_globPatterns', g:fuf_coveragefile_globPatterns + ['~/**/.*', '~/**/*']])
              \ | FufCoverageFile
<

                                                                *fuf-dir-mode*
Directory モード ~

このモードはファイルツリーからディレクトリを検索してカレントディレクトリを変更
するインターフェースを提供します。

                                                            *fuf-mrufile-mode*
MRU-File モード ~

このモードは最近使ったファイルを選択して開くインターフェースを提供します。

このモード中に <C-]> (|g:fuf_mrufile_keyExpand|) を押すと、最近使ったファイル
の付近にあるファイルを検索します。このキーを押す毎に、検索範囲をディレクトリツ
リーの上下に1階層ずつ広げます。

|BufEnter| と |BufWritePost| で行う処理がパフォーマンス上の問題を起こしうるの
で、デフォルトでは無効化するモードに指定されています。(|g:fuf_modesDisable|)

See also: |FufMruFileInCwd|

                                                             *fuf-mrucmd-mode*
MRU-Command モード ~

このモードは最近使ったコマンドラインを選択して開くインターフェースを提供します
このモードに必要な、コマンドラインモードの <CR> のマッピングに副作用があるので、
、デフォルトでは無効化するモードに指定されています。(|g:fuf_modesDisable|)

                                                       *fuf-bookmarkfile-mode*
Bookmark-File モード ~

このモードは事前に追加したブックマークを選択してその行へジャンプするインターフ
ェースを提供します。

|:FufBookmarkFileAdd|コマンドでカーソルのある行をブックマークに追加できます。
このコマンドを実行すると、ブックマーク名の入力を求められます。

FuzzyFinder はジャンプする行番号を調整します。ブックマークされた行がブックマー
クされたときのパターンとマッチしない場合、FuzzyFinder はブックマークされた位置
の周辺でマッチする行を探します。なのでブックマークした行が多少移動していたとし
ても、そこでジャンプすることができます。ブックマークした行番号へ調整せずにジャ
ンプしたい場合、|g:fuf_bookmarkfile_searchRange|を 0 に設定してください。

このモード中に <C-]> (|g:fuf_bookmarkfile_keyDelete|) を押すと選択したブックマ
ークを削除することができます。

                                                        *fuf-bookmarkdir-mode*
Bookmark-Dir モード ~

このモードは事前に追加したブックマークを選択してカレントディレクトリを変更する
するインターフェースを提供します。

|:FufBookmarkDirAdd|コマンドでディレクトリをブックマークに追加できます。このコ
マンドを実行すると、ディレクトリのパスとブックマーク名の入力を求められます。

このモード中に <C-]> (|g:fuf_bookmarkdir_keyDelete|) を押すと選択したブックマ
ークを削除することができます。

                                                                *fuf-tag-mode*
Tag モード ~

このモードはタグを選択してその定義へジャンプするインターフェースを提供します。

以下は <C-]> を置き換えるマッピングです。
>
        noremap <silent> <C-]> :FufTagWithCursorWord!<CR>
<

                                                          *fuf-buffertag-mode*
Buffer-Tag モード ~

このモードはカレントバッファまたは全バッファのタグを選択してその定義へジャンプ
するインターフェースを提供します。

タグのリストはFuzzyFinderの起動時にその場で作成されるので、前もってtagsファイ
ルを作成する必要はありません。

|FufBufferTag|はカレントバッファを対象にし、|FufBufferTagAll|は全バッファを対
象にします。

以下は <C-]> を置き換えるマッピングです:
>
        nnoremap <silent> <C-]> :FufBufferTagWithCursorWord!<CR>
        vnoremap <silent> <C-]> :FufBufferTagAllWithSelectedText!<CR>
<
または
>
        nnoremap <silent> <C-]> :FufBufferTagAllWithCursorWord!<CR>
        vnoremap <silent> <C-]> :FufBufferTagAllWithSelectedText!<CR>
<
このモードは taglist.vim (vimscript #273) にインスパイアされました。コードも参
考にしています。

                                                         *fuf-taggedfile-mode*
Tagged-File モード ~

このモードはタグファイルに含まれるファイルを選択して開くインターフェースを提供
します。

                                                           *fuf-jumplist-mode*
Jump-List モード ~

このモードはカレントウィンドウの|jumplist|から選択した位置へジャンプするインタ
ーフェースを提供します。

                                                         *fuf-changelist-mode*
Change-List モード ~

このモードはカレントバッファの|changelist|から選択した位置へジャンプするインタ
ーフェースを提供します。

                                                           *fuf-quickfix-mode*
Quickfix モード ~

このモードは|quickfix|リストから選択した位置へジャンプするインターフェースを提
供します。

                                                               *fuf-line-mode*
Line モード ~

このモードはカレントバッファの行を選択してジャンプするインターフェースを提供し
ます。

                                                               *fuf-help-mode*
Help モード ~

このモードはヘルプタグを選択してそのヘルプページへジャンプするインターフェース
を提供します。

                                                          *fuf-givenfile-mode*
Given-File モード ~

このモードは与えられたリストから選択されたファイルを開く API を提供します。

API 関数:
>
        function fuf#givenfile#launch(
              \ initialPattern, partialMatching, prompt, items)
<
        initialPattern  - FuzzyFinder 起動直後に挿入される文字列
        partialMatching - あいまい検索ではなく部分一致検索を行うか
        prompt          - プロンプト文字列
        items           - アイテムのリスト

利用例:
>
        " ドットファイルを開く
        call fuf#givenfile#launch('', 0, '>', split(glob('~/.*'), "\n"))
<

                                                           *fuf-givendir-mode*
Given-Directory モード ~

このモードは与えられたリストから選択されたディレクトリにカレントディレクトリを
変更する API を提供します。

API 関数:
>
        function fuf#givendir#launch(
              \ initialPattern, partialMatching, prompt, items)
<
        initialPattern  - FuzzyFinder 起動直後に挿入される文字列
        partialMatching - あいまい検索ではなく部分一致検索を行うか
        prompt          - プロンプト文字列
        items           - アイテムのリスト


利用例:
>
        " ランタイムディレクトリのどれかをカレントディレクトリにする
        call fuf#givendir#launch('', 0, '>', split(&runtimepath, ','))
<

                                                           *fuf-givencmd-mode*
Given-Command モード ~

このモードは与えられたリストから選択されたコマンドを実行する API を提供します。

選択されたコマンドは feedkeys() によって実行されるので、ノーマルモードでの一連
のキー入力をエミュレートさせることも可能です。

API 関数:
>
        function fuf#givencmd#launch(
              \ initialPattern, partialMatching, prompt, items)
<
        initialPattern  - FuzzyFinder 起動直後に挿入される文字列
        partialMatching - あいまい検索ではなく部分一致検索を行うか
        prompt          - プロンプト文字列
        items           - アイテムのリスト


利用例:
>
        function GetAllCommands()
          redir => commands
          silent command
          redir END
          return map((split(commands, "\n")[3:]),
              \      '":" . matchstr(v:val, ''^....\zs\S*'')')
        endfunction

        " ユーザー定義コマンドを選択して実行
        call fuf#givencmd#launch('', 0, '>', GetAllCommands())

<

                                                       *fuf-callbackfile-mode*
Callback-File モード ~

このモードはファイルを検索して選択されたファイルパスを得る API を提供します。

API 関数:
>
        function fuf#callbackfile#launch(
              \ initialPattern, partialMatching, prompt, exclude, listener)
<
        initialPattern  - FuzzyFinder 起動直後に挿入される文字列
        partialMatching - あいまい検索ではなく部分一致検索を行うか
        prompt          - プロンプト文字列
        exclude         - 補完リストから除外したいアイテムの正規表現パターン
        listener        - 'onComplete' と 'onAbort' を持つ|Dictionary|。これ
                          らは FuzzyFinder 終了時に呼ばれます。
                          listener.onComplete(item, method) は選択が完了したと
                          き、選択されたアイテム名とオープン方式番号の2引数と
                          共に呼ばれます。listener.onAbort() は選択を中止した
                          ときに呼ばれます。

利用例:
>
        let listener = {}

        function listener.onComplete(item, method)
          echo "Item: " . a:item . "\nMethod: " . a:method
        endfunction

        function listener.onAbort()
          echo "Abort"
        endfunction

        " カレントディレクトリからファイルを選択
        call fuf#callbackfile#launch('', 0, '>', '', listener)

        " ホームディレクトリからファイルを選択
        call fuf#callbackfile#launch('~/', 0, '>', '', listener)
<

                                                       *fuf-callbackitem-mode*
Callback-Item モード ~

このモードは与えられたリストから選択されたアイテムを得るための API を提供しま
す。

API 関数:
>
        function fuf#callbackitem#launch(
              \ initialPattern, partialMatching, prompt, listener, items, forPath)
<
        initialPattern  - FuzzyFinder 起動直後に挿入される文字列
        partialMatching - あいまい検索ではなく部分一致検索を行うか
        prompt          - プロンプト文字列
        listener        - 'onComplete' と 'onAbort' を持つ|Dictionary|。これ
                          らは FuzzyFinder 終了時に呼ばれます。
                          listener.onComplete(item, method) は選択が完了したと
                          き、選択されたアイテム名とオープン方式番号の2引数と
                          共に呼ばれます。listener.onAbort() は選択を中止した
                          ときに呼ばれます。
        items           - アイテムのリスト
        forPath         - ファイル選択に特化したマッチングを利用するか

利用例:
>
        let listener = {}

        function listener.onComplete(item, method)
          echo "Item: " . a:item . "\nMethod: " . a:method
        endfunction

        function listener.onAbort()
          echo "Abort"
        endfunction

        " 与えられたリストからアイテムを選択
        call fuf#callbackitem#launch('', 0, '>', listener, ['ed', 'vi', 'vim'], 0)

        " 与えられたリストからファイルを選択
        call fuf#callbackitem#launch('', 0, '>', listener, ['../foo/bar', 'baz'], 1)
<

==============================================================================
詳細なトピック                                           *fuf-detailed-topics*

                     *fuf-setting-one-time-option* *fuf#setOneTimeVariables()*
一回限りのオプションの設定 ~

次回の FuzzyFinder 用に一回限りのオプションを設定したいとき、
|fuf#setOneTimeVariables()|関数が役に立ちます。この関数は次のようにして使いま
す:
>
        call fuf#setOneTimeVariables(['g:fuf_ignoreCase', 0], ['&lines', 50])
<
この関数は 0 個以上の引数を取り、各々は変数名と値のペアです。指定されたオプシ
ョンは次回 FuzzyFinder が起動したときに実際に設定され、終了するときに復元され
ます。

                                                         *fuf-search-patterns*
検索パターン ~

検索パターンとして、一つのプライマリパターンと0個以上の絞り込みパターンを入力
することができます。入力パターンは ";" (|g:fuf_patternSeparator|) で区切られ、
最初のパターンがプライマリパターンになり、残りのパターンが絞り込みパターンにな
ります。
>
                  プライマリ  絞り込み  絞り込み
                 |----------| |-------| |----|
        >MruFile>bookmark.vim;autoload/;/home/
<
プライマリパターンにマッチしたアイテムのリストを別のパターンで絞り込むために、
絞り込みパターンを利用します。

プライマリパターンでは、あいまいマッチングと部分一致マッチングのうち、選択され
た方を行います。絞り込みパターンでは、デフォルトで部分一致マッチングを行います
。(|g:fuf_fuzzyRefining|)

絞り込みパターンとして数値を入力した場合、アイテムのインデックスに対しても
マッチングします。

ファイルパスの静的な集合を対象とするモード (Buffer, MRU-File モードなど。File,
Directory モードなどではない) で|g:fuf_splitPathMatching|が真の場合、プライマ
リパターンのマッチングは head 部とtail 部に分けて行われます。
>
          head   tail
        |------||-----|
        foo/bar/baz.vim

        あいまいマッチング例:
        +----------------+---------+---------+---------+
        | item \ pattern | foo/bar | foo/    | bar     |
        +----------------+---------+---------+---------+
        | foo/bar        |   match |   match |   match |
        | foo/abc        | unmatch |   match | unmatch |
        | abc/bar        | unmatch | unmatch |   match |
        | foobar         | unmatch | unmatch |   match |
        | foooo/barrrr   |   match |   match |   match |
        | foooo/fooooo   | unmatch |   match | unmatch |
        +----------------+---------+---------+---------+
<
上記のケースで、絞り込みパターンはパス全体に対してマッチングできます。

                                             *fuf-sorting-of-completion-items*
補完アイテムのソート ~

FuzzyFinder は幾つかのルールに従って補完アイテムをソートします。

パターン全体が一部分にぴったりマッチするアイテムは優先されます。例えば、パター
ン "bc" ではアイテム "abc" は "bac" より優先されます。

このケースで、マッチする部分が先頭であるアイテムはそうでないアイテムより優先さ
れます。例えばパターン "foo" ではアイテム "foobar" は"barfoo" より優先されます

マッチング位置より後の文字数が少ないほど優先されます。例えばパターン "bar" で
はアイテム"foobar" は"foobarbaz"より優先されます。

単語の境界文字にだけマッチングするアイテムは優先されます。 例えば、パターン
"fb" ではアイテム"fooBarBaz" や "foo_bar_baz" などが優先されます。

加えて、FuzzyFinder には学習システムがあります。現在のパターンで、過去に補完さ
れたことのあるアイテムを優先します。

                                                          *fuf-reusing-window*
目的のバッファ/ファイルが開かれているウィンドウの再利用 ~

ウィンドウを分割してバッファ/ファイルを開くときに、現在のタブページでそれが開
かれているウィンドウが見つかった場合、そこへ移動します。別のタブページでバッフ
ァ/ファイルを開くときに、他のタブページでそれが開かれているウィンドウが見つか
った場合、そこへ移動します。

常にバッファ/ファイルを新ウィンドウで開きたい場合、'reuse_window'オプションで
この機能を無効にすることができます。

                                                             *fuf-hiding-menu*
補完メニューの一時非表示 ~

<C-e> で補完メニューを閉じることができます。また、<C-x><C-o>で再度開くことがで
きます。

                                      *fuf-abbreviation* *fuf-multiple-search*
短縮入力及び複合検索 ~

|g:fuf_abbrevMap|を設定することで、全モードで短縮入力と複合検索が利用できます。

例えば次のように設定したとします:
>
        let g:fuf_abbrevMap = {
              \   "^doc:" : [
              \     "~/project/**/doc/",
              \     ".vim/doc/",
              \   ],
              \ }
<
そして File モードで "doc:txt" と入力すると、次の2つのパターンの検索結果を複合
します:

        "~/project/**/doc/*t*x*t*"
        ".vim/doc/*t*x*t*"

                                                               *fuf-data-file*
データファイル ~

FuzzyFinder は補完統計、MRUデータ、ブックマークなどを|g:fuf_dataDir|以下のファ
イルに書き込みます。

|:FufEditDataFile|コマンドはデータファイルの編集を補助します。このコマンドを実
行すると、データファイルを無名バッファに読み込みます。:write などで書き込みを
行うと、データファイルを更新します。

                                                                   *fuf-cache*
キャッシュ ~

一旦キャッシュが生成されると、レスポンスを向上させるため自動的には更新されませ
ん。これを更新するには|:FufRenewCache|コマンドを実行してください。

                                                            *fuf-dot-sequence*
ドット列で親ディレクトリへ移動 ~

ドット列を入力することで親ディレクトリを上がっていくことができます。パス区切り
文字直後のドット列は "../" の列に展開されます。

        ドット列        展開パターン ~
        /..             /../
        /...            /../../
        /....           /../../../

                                                         *fuf-how-to-add-mode*
モードの追加方法 ~

"mymode" モードを追加するには、ソースファイルを autoload/fuf/mymode.vim に置き
、 fuf#addMode('mymode') を呼びます。

                                                                  *fuf-migemo*
Migemo とは ~

以下のページを参照してください。
        - http://0xcc.net/migemo/
        - http://www.kaoriya.net/#CMIGEMO


==============================================================================
コマンド                                                        *fuf-commands*

See also: |fuf-vimrc-example|

                                                                  *:FufBuffer*
:FufBuffer [{pattern}]
        Buffer モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                                    *:FufFile*
:FufFile [{pattern}]
        File モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                         *:FufFileWithFullCwd*
:FufFileWithFullCwd [{pattern}]
        カレントディレクトリのフルパスを初期パターンとする以外は|:FufFile|と同
        じです。

                                                *:FufFileWithCurrentBufferDir*
:FufFileWithCurrentBufferDir [{pattern}]
        カレントバッファのディレクトリを初期パターンとする以外は|:FufFile|と同
        じです。

                                                                     *:FufDir*
:FufDir [{pattern}]
        Directory モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                          *:FufDirWithFullCwd*
:FufDirWithFullCwd [{pattern}]
        カレントディレクトリのフルパスを初期パターンとする以外は|:FufDir|と同
        じです。

                                                 *:FufDirWithCurrentBufferDir*
:FufDirWithCurrentBufferDir [{pattern}]
        カレントバッファのディレクトリを初期パターンとする以外は|:FufDir|と同
        じです。

                                                                 *:FufMruFile*
:FufMruFile [{pattern}]
        MRU-File モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                            *:FufMruFileInCwd*
:FufMruFileInCwd [{pattern}]
        カレントディレクトリ内のファイルのみを対象とする以外は
        |:FufMruFile|と同じです。

                                                                  *:FufMruCmd*
:FufMruCmd [{pattern}]
        MRU-Command モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                            *:FufBookmarkFile*
:FufBookmarkFile [{pattern}]
        Bookmark-File モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                             *:FufBookmarkDir*
:FufBookmarkDir [{pattern}]
        Bookmark-Dir モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                                     *:FufTag*
:FufTag [{pattern}]
        Tag モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                       *:FufTagWithCursorWord*
:FufTagWithCursorWord [{pattern}]
        カーソル下の単語を初期パターンとする以外は|:FufTag|と同じです。

                                                               *:FufBufferTag*
:FufBufferTag[!] [{pattern}]
        Buffer-Tag モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                            *:FufBufferTagAll*
:FufBufferTagAll[!] [{pattern}]
        カレントバッファだけでなく他の全てのバッファからもタグを集める以外は
        |:FufBufferTag|と同じです。

                                                 *:FufBufferTagWithCursorWord*
:FufBufferTagWithCursorWord[!] [{pattern}]
        カーソル下の単語を初期パターンとする以外は|:FufBufferTag|と同じです。

                                              *:FufBufferTagAllWithCursorWord*
:FufBufferTagAllWithCursorWord[!] [{pattern}]
        カーソル下の単語を初期パターンとする以外は|:FufBufferTagAll|と同じです

                                               *:FufBufferTagWithSelectedText*
:FufBufferTagWithSelectedText[!] [{pattern}]
        最後に選択したテキストを初期パターンとする以外は|:FufBufferTag|と同じ
        です。

                                            *:FufBufferTagAllWithSelectedText*
:FufBufferTagAllWithSelectedText[!] [{pattern}]
        最後に選択したテキストを初期パターンとする以外は|:FufBufferTagAll|と同
        じです。

                                                              *:FufTaggedFile*
:FufTaggedFile [{pattern}]
        Tagged-File モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                                *:FufJumpList*
:FufJumpList [{pattern}]
        Jump-List モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                              *:FufChangeList*
:FufChangeList [{pattern}]
        Change-List モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                                *:FufQuickfix*
:FufQuickfix [{pattern}]
        Quickfix モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                                    *:FufLine*
:FufLine [{pattern}]
        Line モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                                    *:FufHelp*
:FufHelp[!] [{pattern}]
        Help モードを起動します。

        ! 修飾子を付けて実行した場合、あいまい検索ではなく部分一致検索を行うよ
        うになります。

        FuzzyFinder 起動後に {pattern} が挿入されます。

                                                            *:FufEditDataFile*
:FufEditDataFile
        データファイルを編集するためのバッファを開きます。詳しくは
        |fuf-data-file|を参照してください。

                                                    *:FufCoverageFileRegister*
:FufCoverageFileRegister
        Coverage-File モードで検索される、新しい検索対象を登録します。最初に
        ~/* のような glob パターンを入力します。 <Esc> を入力するまでパターン
        を追加することができます。次に対象名を入力します。

        See also: |glob()|, |fuf-coveragefile-mode|

                                                      *:FufCoverageFileChange*
:FufCoverageFileChange [{name}]
        |FufCoverageFileRegister|コマンドで登録されている中から選択された検索
        対象でCoverage-File モードを起動します。

        対象名が与えられた場合、選択プロセスは飛ばされます。

        See also: |fuf-coveragefile-mode|

                                                         *:FufBookmarkFileAdd*
:FufBookmarkFileAdd [{name}]
        カーソル行をブックマークに追加します。

        See also: |fuf-bookmarkfile-mode|

                                           *:FufBookmarkFileAddAsSelectedText*
:FufBookmarkFileAddAsSelectedText
        最後に選択されたテキストをブックマーク名とする以外は
        |:FufBookmarkFileAdd|と同じです。

                                                         *:FufBookmarkDirAdd*
:FufBookmarkDirAdd [{name}]
        ディレクトリをブックマークに追加します。

        See also: |fuf-bookmarkdir-mode|

                                                              *:FufRenewCache*
:FufRenewCache
        補完アイテムを作り直すためにキャッシュを削除します。詳しくは
        |fuf-cache|を参照してください。


==============================================================================
オプション                                                       *fuf-options*

                                                   *fuf-options-for-all-modes*
全モード用 ~

                                                       *g:fuf_modesDisable*  >
  let g:fuf_modesDisable = [ 'mrufile', 'mrucmd', ]
<
        無効にするモード名のリスト。これに含まれるモードは初期化されず、イベン
        トの処理も行われません。

                                                            *g:fuf_keyOpen*  >
  let g:fuf_keyOpen = '<CR>'
<
        補完を確定し、バッファ/ファイルを直前のウィンドウで開くキー。

                                                       *g:fuf_keyOpenSplit*  >
  let g:fuf_keyOpenSplit = '<C-j>'
<
        補完を確定し、バッファ/ファイルを直前のウィンドウを分割して開くキー。

                                                      *g:fuf_keyOpenVsplit*  >
  let g:fuf_keyOpenVsplit = '<C-k>'
<
        補完を確定し、バッファ/ファイルを直前のウィンドウを垂直分割して開くキ
        ー。

                                                     *g:fuf_keyOpenTabpage*  >
  let g:fuf_keyOpenTabpage = '<C-l>'
<
        補完を確定し、バッファ/ファイルを別タブページ開くキー。

                                                         *g:fuf_keyPreview*  >
  let g:fuf_keyPreview = '<C-@>'
<
        選択されている補完アイテムの情報をコマンドライン領域に表示するキー。プ
        レビューをサポートするモードでのみ作用します。

                                                        *g:fuf_keyNextMode*  >
  let g:fuf_keyNextMode = '<C-t>'
<
        次のモードに切り替えるキー。

                                                        *g:fuf_keyPrevMode*  >
  let g:fuf_keyPrevMode = '<C-y>'
<
        前のモードに切り替えるキー。

                                                     *g:fuf_keyPrevPattern*  >
  let g:fuf_keyPrevPattern = '<C-s>'
<
        履歴から前の入力パターンを呼び出すキー。

                                                     *g:fuf_keyNextPattern*  >
  let g:fuf_keyNextPattern = '<C-_>'
<
        履歴から次の入力パターンを呼び出すキー。

                                                  *g:fuf_keySwitchMatching*  >
  let g:fuf_keySwitchMatching = '<C-\><C-\>'
<
        あいまいマッチングと部分一致マッチングを切り替えるキー。

                                                            *g:fuf_dataDir*  >
  let g:fuf_dataDir = '~/.vim-fuf-data'
<
        データファイルを置くディレクトリのパス。空文字列を設定するとファイルへ
        の書き込みは行われなくなります。

                                                          *g:fuf_abbrevMap*  >
  let g:fuf_abbrevMap = {}
<
        |Dictionary|型でそれぞれの値は|List|型です。入力されたテキストの、キー
        にマッチする部分が対応する値に展開されます。

                                                   *g:fuf_patternSeparator*  >
  let g:fuf_patternSeparator = ';'
<
        入力パターンをプライマリパターンと絞り込みパターン列に区切る文字列。

                                                    *g:fuf_promptHighlight*  >
  let g:fuf_promptHighlight = 'Question'
<
        プロンプトをハイライトするグループ名。

                                                         *g:fuf_ignoreCase*  >
  let g:fuf_ignoreCase = 1
<
        真なら、大文字小文字を無視します。

                                                  *g:fuf_splitPathMatching*  >
  let g:fuf_splitPathMatching = 1
<
        真なら、プライマリパターンのマッチングは head 部とtail 部に分けて行わ
        れます。

        See also: |fuf-search-patterns|

                                                      *g:fuf_fuzzyRefining*  >
  let g:fuf_fuzzyRefining = 0
<
        真なら、絞り込みパターンについて部分一致マッチングの代わりにあいまいマ
        ッチングが行われます。

        See also: |fuf-search-patterns|

                                                        *g:fuf_reuseWindow*  >
  let g:fuf_reuseWindow = 1
<
        真なら、すでに開かれているバッファを開くとき、目的のバッファを含むウィ
        ンドウを再利用します。

                                                         *g:fuf_timeFormat*  >
  let g:fuf_timeFormat = '(%Y-%m-%d %H:%M:%S)'
<
        アイテムが登録された日時の書式を設定します。書式の詳細は|strftime()|を
        参照してください。

                                                      *g:fuf_learningLimit*  >
  let g:fuf_learningLimit = 100
<
        保持する補完統計データのモード毎の上限値です。

                                                   *g:fuf_enumeratingLimit*  >
  let g:fuf_enumeratingLimit = 50
<
        レスポンスを向上させるため、補完アイテムの列挙をこの数に達した時点で打
        ち切ります。

                                                       *g:fuf_maxMenuWidth*  >
  let g:fuf_maxMenuWidth = 78
<
        長い補完アイテムは、この長さに収まるよう省略して表示します。

                                                      *g:fuf_previewHeight*  >
  let g:fuf_previewHeight = 0
<
        プレビューをサポートするモードを起動したとき、'cmdheight'がこの値に設
        定されます。選択されている補完アイテムの情報がコマンドライン領域に表示
        されます。0 ならプレビュー機能は無効になります。

                                                        *g:fuf_autoPreview*  >
  let g:fuf_autoPreview = 0
<
        真ならプレビューを自動的に表示します。

                                                          *g:fuf_useMigemo*  >
  let g:fuf_useMigemo = 0
<
        真なら migemo を利用します。

                                                 *fuf-options-for-buffer-mode*
Buffer モード用 ~

                                                      *g:fuf_buffer_prompt*  >
  let g:fuf_buffer_prompt = '>Buffer[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                 *g:fuf_buffer_switchOrder*  >
  let g:fuf_buffer_switchOrder = 10
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                    *g:fuf_buffer_mruOrder*  >
  let g:fuf_buffer_mruOrder = 1
<
        真なら、最後に使った時間順に補完アイテムをソートします。

                                                   *g:fuf_buffer_keyDelete*  >
  let g:fuf_buffer_keyDelete = '<C-]>'
<
        選択したバッファを削除するキー。

                                                   *fuf-options-for-file-mode*
File モード用 ~

                                                        *g:fuf_file_prompt*  >
  let g:fuf_file_prompt = '>File[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                   *g:fuf_file_switchOrder*  >
  let g:fuf_file_switchOrder = 20
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                       *g:fuf_file_exclude*  >
  let g:fuf_file_exclude = '\v\~$|\.(o|exe|bak|orig|swp)$|(^|[/\\])\.(hg|git|bzr)($|[/\\])'
<
        補完リストから除外したいアイテムの正規表現パターン。

                                                *fuf-options-for-coveragefile-mode*
Coverage-File モード用 ~

                                                     *g:fuf_coveragefile_prompt*  >
  let g:fuf_coveragefile_prompt = '>CoverageFile[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                *g:fuf_coveragefile_switchOrder*  >
  let g:fuf_coveragefile_switchOrder = 30
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                    *g:fuf_coveragefile_exclude*  >
  let g:fuf_coveragefile_exclude = '\v\~$|\.(o|exe|dll|bak|orig|swp)$|(^|[/\\])\.(hg|git|bzr)($|[/\\])'
<
        補完リストから除外したいアイテムの正規表現パターン。

                                               *g:fuf_coveragefile_globPatterns*  >
  let g:fuf_coveragefile_globPatterns = ['**/.*', '**/*']
<
        検索されるファイルパスを得るためのglobパターンのリスト。

                                                    *fuf-options-for-dir-mode*
Directory モード用 ~

                                                         *g:fuf_dir_prompt*  >
  let g:fuf_dir_prompt = '>Dir[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                    *g:fuf_dir_switchOrder*  >
  let g:fuf_dir_switchOrder = 40
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                        *g:fuf_dir_exclude*  >
  let g:fuf_dir_exclude = '\v(^|[/\\])\.(hg|git|bzr)($|[/\\])'
<
        補完リストから除外したいアイテムの正規表現パターン。

                                                *fuf-options-for-mrufile-mode*
MRU-File モード用 ~

                                                     *g:fuf_mrufile_prompt*  >
  let g:fuf_mrufile_prompt = '>MRU-File[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                *g:fuf_mrufile_switchOrder*  >
  let g:fuf_mrufile_switchOrder = 50
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                    *g:fuf_mrufile_exclude*  >
  let g:fuf_mrufile_exclude = '\v\~$|\.(o|exe|dll|bak|orig|sw[po])$|^(\/\/|\\\\|\/mnt\/|\/media\/)'
<
        補完リストから除外したいアイテムの正規表現パターン。

                                                    *g:fuf_mrufile_maxItem*  >
  let g:fuf_mrufile_maxItem = 200
<
        保持するMRUアイテムの上限値。

                                                 *g:fuf_mrufile_maxItemDir*  >
  let g:fuf_mrufile_maxItemDir = 50
<
        保持するMRUアイテムの親ディレクトリ(周辺検索で使われる)の上限値。

                                                  *g:fuf_mrufile_keyExpand*  >
  let g:fuf_mrufile_keyExpand = '<C-]>'
<
        検索する範囲を広げるキー。

                                                 *fuf-options-for-mrucmd-mode*
MRU-Cmd モード用 ~

                                                      *g:fuf_mrucmd_prompt*  >
  let g:fuf_mrucmd_prompt = '>MRU-Cmd[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                 *g:fuf_mrucmd_switchOrder*  >
  let g:fuf_mrucmd_switchOrder = 60
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                     *g:fuf_mrucmd_exclude*  >
  let g:fuf_mrucmd_exclude = '^$'
<
        補完リストから除外したいアイテムの正規表現パターン。

                                                     *g:fuf_mrucmd_maxItem*  >
  let g:fuf_mrucmd_maxItem = 200
<
        保持するMRUアイテムの上限値。

                                           *fuf-options-for-bookmarkfile-mode*
Bookmark-File モード用 ~

                                                    *g:fuf_bookmarkfile_prompt*  >
  let g:fuf_bookmarkfile_prompt = '>BookmarkFile[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                               *g:fuf_bookmarkfile_switchOrder*  >
  let g:fuf_bookmarkfile_switchOrder = 70
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                               *g:fuf_bookmarkfile_searchRange*  >
  let g:fuf_bookmarkfile_searchRange = 400
<
        ジャンプするとき、ブックマークした位置からこの行数の範囲内でブックマー
        クしたときのパターンとマッチする行を探します。

                                                 *g:fuf_bookmarkfile_keyDelete*  >
  let g:fuf_bookmarkfile_keyDelete = '<C-]>'
<
        選択したブックマークを削除するキー。

                                            *fuf-options-for-bookmarkdir-mode*
Bookmark-Dir モード用 ~

                                                    *g:fuf_bookmarkdir_prompt*  >
  let g:fuf_bookmarkdir_prompt = '>BookmarkDir[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                               *g:fuf_bookmarkdir_switchOrder*  >
  let g:fuf_bookmarkdir_switchOrder = 80
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                 *g:fuf_bookmarkdir_keyDelete*  >
  let g:fuf_bookmarkdir_keyDelete = '<C-]>'
<
        選択したブックマークを削除するキー。

                                                    *fuf-options-for-tag-mode*
Tag モード用 ~

                                                         *g:fuf_tag_prompt*  >
  let g:fuf_tag_prompt = '>Tag[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                    *g:fuf_tag_switchOrder*  >
  let g:fuf_tag_switchOrder = 90
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                              *fuf-options-for-buffertag-mode*
For Buffer-Tag モード用 ~

                                                   *g:fuf_buffertag_prompt*  >
  let g:fuf_buffertag_prompt = '>Buffer-Tag[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                              *g:fuf_buffertag_switchOrder*  >
  let g:fuf_buffertag_switchOrder = 100
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                *g:fuf_buffertag_ctagsPath*  >
  let g:fuf_buffertag_ctagsPath = 'ctags'
<
        Ctagsの実行ファイルのパス

                                             *fuf-options-for-taggedfile-mode*
Tagged-File モード用 ~

                                                  *g:fuf_taggedfile_prompt*  >
  let g:fuf_taggedfile_prompt = '>Tagged-File[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                             *g:fuf_taggedfile_switchOrder*  >
  let g:fuf_taggedfile_switchOrder = 110
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                               *fuf-options-for-jumplist-mode*
Jump-List モード用 ~

                                                    *g:fuf_jumplist_prompt*  >
  let g:fuf_jumplist_prompt = '>Jump-List[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                               *g:fuf_jumplist_switchOrder*  >
  let g:fuf_jumplist_switchOrder = 120
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                             *fuf-options-for-changelist-mode*
Change-List モード用 ~

                                                  *g:fuf_changelist_prompt*  >
  let g:fuf_changelist_prompt = '>Change-List[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                             *g:fuf_changelist_switchOrder*  >
  let g:fuf_changelist_switchOrder = 130
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                             *fuf-options-for-quickfix-mode*
Quickfix モード用 ~

                                                  *g:fuf_quickfix_prompt*  >
  let g:fuf_quickfix_prompt = '>Quickfix[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                             *g:fuf_quickfix_switchOrder*  >
  let g:fuf_quickfix_switchOrder = 140
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                             *fuf-options-for-line-mode*
Line モード用 ~

                                                        *g:fuf_line_prompt*  >
  let g:fuf_line_prompt = '>Line[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                   *g:fuf_line_switchOrder*  >
  let g:fuf_line_switchOrder = 150
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。

                                                   *fuf-options-for-help-mode*
Help モード用 ~

                                                        *g:fuf_help_prompt*  >
  let g:fuf_help_prompt = '>Help[]>'
<
        プロンプト文字列。"[]" はインジケータに置換されます。

                                                   *g:fuf_help_switchOrder*  >
  let g:fuf_help_switchOrder = 160
<
        次/前のモードに切り替えるときの、モードの順位です。負数ならこのモード
        には切り替えません。


==============================================================================
vimrc の例                                                 *fuf-vimrc-example*

>
  let g:fuf_modesDisable = []
  let g:fuf_mrufile_maxItem = 400
  let g:fuf_mrucmd_maxItem = 400
  nnoremap <silent> sj     :FufBuffer<CR>
  nnoremap <silent> sk     :FufFileWithCurrentBufferDir<CR>
  nnoremap <silent> sK     :FufFileWithFullCwd<CR>
  nnoremap <silent> s<C-k> :FufFile<CR>
  nnoremap <silent> sl     :FufCoverageFileChange<CR>
  nnoremap <silent> sL     :FufCoverageFileChange<CR>
  nnoremap <silent> s<C-l> :FufCoverageFileRegister<CR>
  nnoremap <silent> sd     :FufDirWithCurrentBufferDir<CR>
  nnoremap <silent> sD     :FufDirWithFullCwd<CR>
  nnoremap <silent> s<C-d> :FufDir<CR>
  nnoremap <silent> sn     :FufMruFile<CR>
  nnoremap <silent> sN     :FufMruFileInCwd<CR>
  nnoremap <silent> sm     :FufMruCmd<CR>
  nnoremap <silent> su     :FufBookmarkFile<CR>
  nnoremap <silent> s<C-u> :FufBookmarkFileAdd<CR>
  vnoremap <silent> s<C-u> :FufBookmarkFileAddAsSelectedText<CR>
  nnoremap <silent> si     :FufBookmarkDir<CR>
  nnoremap <silent> s<C-i> :FufBookmarkDirAdd<CR>
  nnoremap <silent> st     :FufTag<CR>
  nnoremap <silent> sT     :FufTag!<CR>
  nnoremap <silent> s<C-]> :FufTagWithCursorWord!<CR>
  nnoremap <silent> s,     :FufBufferTag<CR>
  nnoremap <silent> s<     :FufBufferTag!<CR>
  vnoremap <silent> s,     :FufBufferTagWithSelectedText!<CR>
  vnoremap <silent> s<     :FufBufferTagWithSelectedText<CR>
  nnoremap <silent> s}     :FufBufferTagWithCursorWord!<CR>
  nnoremap <silent> s.     :FufBufferTagAll<CR>
  nnoremap <silent> s>     :FufBufferTagAll!<CR>
  vnoremap <silent> s.     :FufBufferTagAllWithSelectedText!<CR>
  vnoremap <silent> s>     :FufBufferTagAllWithSelectedText<CR>
  nnoremap <silent> s]     :FufBufferTagAllWithCursorWord!<CR>
  nnoremap <silent> sg     :FufTaggedFile<CR>
  nnoremap <silent> sG     :FufTaggedFile!<CR>
  nnoremap <silent> so     :FufJumpList<CR>
  nnoremap <silent> sp     :FufChangeList<CR>
  nnoremap <silent> sq     :FufQuickfix<CR>
  nnoremap <silent> sy     :FufLine<CR>
  nnoremap <silent> sh     :FufHelp<CR>
  nnoremap <silent> se     :FufEditDataFile<CR>
  nnoremap <silent> sr     :FufRenewCache<CR>
<

==============================================================================
あばうと                                *fuf-about* *fuf-contact* *fuf-author*

作者:       Takeshi NISHIDA <ns9tks@DELETE-ME.gmail.com>
ライセンス: MIT Licence
URL:        http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=1984
            http://bitbucket.org/ns9tks/vim-fuzzyfinder/

バグや要望など ~

こちらへどうぞ: http://bitbucket.org/ns9tks/vim-fuzzyfinder/issues/

==============================================================================
 vim:tw=78:ts=8:ft=help:norl: