Commits

Steve Losh committed 30cf72e Merge

ja: Merge in newly translated tips.

  • Participants
  • Parent commits a2af6d8, 65aed72
  • Branches ja

Comments (0)

Files changed (3)

advanced/2009-10-08-open-bitbucket-from-bash.html

 {% extends "_tip.html" %}
 {%hyde
-    title: Open BitBucket from Bash
+    title: Bash から BitBucket を開く
     author_name: Steve Losh
     author_link: http://stevelosh.com/
     created: 2009-10-08
 
 
 {% block excerpt %}
-Tired of manually firing up a web browser to go a repository's BitBucket page?
+リポジトリの BitBucket ページへアクセスする度に、手でウェブブラウザを開くのが面倒だって?
 {% endblock %}
 
 
 {% block tip %}
 
-If a lot of the repositories you work with are on [BitBucket][], you probably
-find yourself going to their project pages pretty often. You can avoid having
-to manually open a browser and type in a URL by adding a small function to
-your `~/.bashrc` file.
+あなたが扱っているリポジトリが多数 [BitBucket][] にある場合、
+そのプロジェクトページへ頻繁にアクセスしていることでしょう。 `~/.bashrc`
+へちょっとした関数を追加すると、ブラウザーを開いてから手で URL
+を打ち込む必要が無くなります。
 
 [BitBucket]: {{ links.bitbucket }}
 
-### For Mac OS X
+### Mac OS X の場合
 
-Add this to your `~/.bashrc` file if you use OS X:
+OS X を使っているなら、これを `~/.bashrc` に追加しよう:
 
     bitb() {
         local P="$(hg paths 2>/dev/null | grep 'bitbucket.org' | head -1)"
         [[ -n $URL ]] && open $URL || echo "No BitBucket path found!"
     }
 
-Once you've added it, either open a new Terminal window or run `source
-~/.bashrc`. From now on you can use `bitb` to open up the BitBucket page for
-the repository you're currently working in.
+これを追加したら、別のターミナルウィンドウを開くか、 `source ~/.bashrc`
+を実行してください。 `bitb` を実行するだけで、現在作業中のリポジトリの BitBucket
+ページを開けるようになりました。
 
-### For Cygwin on Windows
+### Windows で Cygwin の場合
 
-Add this to your `~/.bashrc` file if you use Cygwin:
+Cygwin を使っているなら、これを `~/.bashrc` に追加しよう:
 
     bitb() {
         local P="$(hg paths 2>/dev/null | grep 'bitbucket.org' | head -1)"
         [[ -n $URL ]] && cygstart $URL || echo "No BitBucket path found!"
     }
 
-Once you've added it, either open a new Cygwin window or run `source
-~/.bashrc`. From now on you can use `bitb` to open up the BitBucket page for
-the repository you're currently working in.
+これを追加したら、別のターミナルウィンドウを開くか、 `source ~/.bashrc`
+を実行してください。 `bitb` を実行するだけで、現在作業中のリポジトリの BitBucket
+ページを開けるようになりました。
 
-### For Linux
+### Linux の場合
 
-Add this to your `~/.bashrc` file if you use Linux:
+Linux を使っているなら、これを `~/.bashrc` に追加しよう:
 
     bitb() {
         local P="$(hg paths 2>/dev/null | grep 'bitbucket.org' | head -1)"
         [[ -n $URL ]] && /path/to/your/browser $URL || echo "No BitBucket path found!"
     }
 
-Replace `/path/to/your/browser` with the correct path to your web browser.
+`/path/to/your/browser` を、お使いのウェブブラウザのパスに置き換えてください。
 
-Once you've added it, either open a new terminal window or run `source
-~/.bashrc`. From now on you can use `bitb` to open up the BitBucket page for
-the repository you're currently working in.
+これを追加したら、別のターミナルウィンドウを開くか、 `source ~/.bashrc`
+を実行してください。 `bitb` を実行するだけで、現在作業中のリポジトリの BitBucket
+ページを開けるようになりました。
 
-### For Others
+### その他
 
-If you use an OS not listed here, the important line that you might need to
-change is the last one. Replace `open` in the OS X example with whatever you
-use to open URLs from the command line, then add your change as a comment here
-so other people can use it!
+このリストに無い OS を使っている場合は、最後の行を修正する必要があるでしょう。
+OS X の例で `open` となっている箇所を、コマンドラインから URL
+を開く時のコマンドに置き換えてください。
+それから、その修正をここにコメントしてください。他の人が使えるようにね!
 
 {% endblock %}

advanced/2009-10-30-save-keystrokes.html

 {% extends "_tip.html" %}
 {%hyde
-    title: Save Keystrokes
+    title: キータイプを減らそう
     author_name: Steve Losh
     author_link: http://stevelosh.com/
     created: 2009-10-30
 
 
 {% block excerpt %}
-Some of the things you can use for aliases might surprise you.
+エイリアスで使えるちょっとしたことに、きっと驚くんじゃないかな。
 {% endblock %}
 
 
 {% block tip %}
 
-If you use Mercurial's command line interface often, it's probably worth your
-time to add some aliases for the commands you use frequently.
+Mercurial のコマンドラインインターフェースをいつも使っているなら、
+よく使うコマンドにエイリアスを追加する価値があるでしょう。
 
-One thing that you might not realize is that you're not limited to just
-letters when creating aliases -- pretty much anything that's not a shell
-metacharacter is fair game.
+ところで、エイリアスには普通の文字以外を使えるという点に、
+あなたはきっと気づいていないと思います。 --
+シェルの特殊文字以外は、ほとんど全て問題ありません。
 
-Here are a few ideas to get you started ([edit your `~/.hgrc` file]({{
-links.tip_edit_hgrc }}) to use these):
+手始めにいくつか例を示しましょう。(これを使うには
+[`~/.hgrc` ファイルを編集]({{links.tip_edit_hgrc }})してください):
 
     [alias]
     cm = commit --message
     
     ,+ = , -l1000000000
 
-If you've got a favorite alias, post it in the comments!
+ぴったりのエイリアスを見つけたら、ここにコメントしよう!
 
 {% endblock %}

advanced/2009-11-09-create-a-git-mirror.html

 {% extends "_tip.html" %}
 {%hyde
-    title: Create a Git Mirror
+    title: Git ミラーを作る
     author_name: Steve Losh
     author_link: http://stevelosh.com/
     created: 2009-11-09
 
 
 {% block excerpt %}
-You've chosen Mercurial, but lots of other people prefer git.  Make it easy
-for them to contribute to your project.
+あなたは Mercurial を選んだのだけれど、 Git が好きな人も多い。
+彼らがあなたのプロジェクトに貢献しやすくしよう。
 {% endblock %}
 
 
 {% block tip %}
 
-Of all the distributed revision control systems like Mercurial,
-[git](http://git-scm.com) is probably the most popular. If you use Mercurial
-for a project you can quickly and easily make a git mirror of your project so
-that git users can contribute!
+Mercurial のような分散バージョン管理システムの中では、
+恐らく [Git](http://git-scm.com) が最も有名でしょう。
+Mercurial を使っているなら、そのプロジェクトの Git ミラーを作るのは訳もないことです。
+Git ユーザーが貢献できるようにね!
 
-### Install hg-git
+### hg-git のインストール
 
-First, you'll need to download the [hg-git](http://hg-git.github.com/) plugin:
+まず、 [hg-git](http://hg-git.github.com/) プラグインをダウンロードする必要があります:
 
     easy_install dulwich
     hg clone http://bitbucket.org/durin42/hg-git/
 
-Now [edit your `~/.hgrc` file]({{ links.tip_edit_hgrc }}) to contain:
+ダウンロードしたら、次の行を [`~/.hgrc` ファイルへ追加しましょう]({{ links.tip_edit_hgrc }}):
 
     [extensions]
     hggit = /path/to/hg-git
 
-### Create a GitHub Account
+### GitHub のアカウントを作る
 
-You'll need a place to put your git mirror, and [GitHub](http://github.com/)
-is perfect for that. Go ahead and [sign up](http://github.com/plans) for a
-GitHub account if you don't already have one.
+Git ミラーの置き場が必要でしょう。 それには [GitHub](http://github.com/)
+が最適です。さぁ、まだアカウントを持っていないなら、
+GitHub に [サインアップ](http://github.com/plans) しましょう。
 
-### Create a Repository on GitHub
+### GitHub にリポジトリを作る
 
-Now that you have a GitHub account, you'll need to create a repository with
-the "New Repository" button.
+さて、 GitHub のアカウントができたので、
+「New Repository」ボタンを押してリポジトリを作りましょう。
 
-Once you create a new repository, you'll be looking at a page that looks like
-this:
+新しいリポジトリを作ると、このようなページを目にすることと思います:
 
 <div class="screenshot">
     <a href="http://www.flickr.com/photos/sjl7678/4091674740/" title="GitHub New Repo Sample by Steve Losh, on Flickr"><img src="http://farm3.static.flickr.com/2580/4091674740_f6d488f9a5.jpg" width="432" height="500" alt="GitHub New Repo Sample" /></a>
 </div>
 
-See the `git@github.com:username/project.git` URL? Remember that, because
-that's what you'll need to use when you push your mirror.
+`git@github.com:username/project.git` という URL がありましたか? これを忘れないように。
+あなたがミラーを push する時に必要です。
 
-### Push Your Project
+### プロジェクトを push する
 
-Now that you've installed `hg-git` and created a repository for your project
-on GitHub, you need to push your Mercurial repository to GitHub. First, add
-the git URL to your Mercurial repository by editing the `.hg/hgrc` file in
-your project to contain:
+さて、 `hg-git` のインストールが終わり、 GitHub にプロジェクトのリポジトリができたところで、
+Mercurial リポジトリを GitHub へ push する必要があります。まず、
+Mercurial リポジトリの `.hg/hgrc` ファイルを編集し、次のように Git の URL
+を追加します:
 
     [paths]
     git = git+ssh://git@github.com/username/project.git
 
-**IMPORTANT NOTE:** You will need to replace the `:` after `github.com` with a
-`/` (forward slash). This is necessary because of how Mercurial handles
-repository paths!
+**要注意:** `github.com` の次の `:` を `/` (スラッシュ)
+へ置き換える必要があります。 リポジトリパスの扱い方を Mercurial に合わせるためです!
 
-You'll also need to replace `username` and `project` with the appropriate
-values, of course.
+言うまでもないですが、 `username` と `project`
+も適当な値へ置き換えてください。
 
-Now you just need to push to the `git` path to create your mirror:
+さぁ、後は `git` パスへ push するだけで、ミラーのできあがりです:
 
     hg push git
 
-This will take a few seconds, especially if you have a big repository. Once it
-finishes you'll have a 100% functional git mirror at
-http://github.com/username/project/. Git users can clone your project by
-running `git clone git://github.com/username/project.git` and might never even
-realize that you use Mercurial.
+これには数秒かかります。特に大きいリポジトリの場合はね。
+完了すると、 100% 機能する Git ミラーが http://github.com/username/project/
+にできあがります。 Git ユーザーはあなたのプロジェクトを
+`git clone git://github.com/username/project.git` で clone でき、
+あなたが Mercurial を使っていることにはきっと気づかないでしょう。
 
-### Accepting Contributions
+### パッチを受け取る
 
-Creating a mirror for git users to clone is very nice, but eventually (if your
-project is at all interesting) someone is going to send you a pull request on
-GitHub.
+Git ユーザー向けにミラーを作るのはとても素敵なことですが、
+(あなたのプロジェクトがとにかく目にとまるものであれば)
+ゆくゆくは誰かから GitHub の pull リクエストを受け取ることになるでしょう。
 
-`hg-git` makes it easy to deal with contributions from git users. First, add
-the contributor's fork to your projects' paths:
+`hg-git` では Git ユーザーからの貢献を扱うのも簡単です。
+まず、貢献者のフォークをあなたのプロジェクトのパスに追加します:
 
     [paths]
     git = git+ssh://git@github.com/username/project.git
     contributor = git+ssh://git@github.com/contributor_username/project.git
 
-Again, **make sure you replace the `:` after `github.com` with a `/` (forward
-slash)!**
+ここでも、 **`github.com` の次の `:` を `/` (スラッシュ) へ置き換えるのを忘れないように!**
 
-Then pull their changes into your Mercurial repository:
+次に、変更をあなたの Mercurial リポジトリへ pull します:
 
     hg pull contributor
 
-You can use [graphlog](/tips/beginner/2009-10-03-stay-sane-with-graphlog/) to
-see exactly what your repository looks like at this point (and if you need to
-merge).
+このとき、あなたのリポジトリがどうなったか(それで、マージが必要かどうか)確認するには、
+[graphlog](/tips/beginner/2009-10-03-stay-sane-with-graphlog/)
+が使えます。
 
-Merge if you need (and/or want) to merge, and then push their contributions to
-your main Mercurial repository and your git mirror:
+必要であれば(で、そうしたければ)マージし、貢献者の変更をメインの Mercurial
+リポジトリと Git ミラーへ push します:
 
     hg push
     hg push git
 
-That covers the basics! Things can get more complicated if you've got a
-heavily branching workflow, but this tip should get your on your way to
-accepting patches from git users.
+ここでは基本を取り上げました! ブランチをたくさん作るワークフローをとっていれば、
+事はもう少し複雑でしょう。それでも、この Tip は Git
+ユーザーからパッチを受け取る時にきっと役立つことでしょう。
 
 {% endblock %}