Clone wiki

RealtimeSearch / UserGuide

RealtimeSearch ユーザーガイド


クイックスタート

まず、設定ウィンドウで検索フォルダを追加します。
メインウィンドウ上部のテキストボックスに検索キーワードを入力すれば検索が始まります。
検索結果のファイルのコンテキストメニューから各種操作ができます。


設定ウィンドウ

検索フォルダ

  • ここに追加されたフォルダ以下のファイルが検索対象になります。

⚠ 起動時にインデックス化しますので、非常に多くのファイルがあるフォルダ(ドライブ等)を追加すると、初回の検索に時間がかかります。ご注意ください。

クリップボードを監視

  • この機能を有効にしておくと、ブラウザやメール等でコピーされたテキストを検索キーワードとして即時に検索を開始します。

常に手前に表示

  • ウィンドウを常に画面手前に表示します。

Web検索

  • Web検索用のURLを使用します。
  • $(query) が検索キーワードに置換されます。

外部アプリ設定

  • 検索結果から起動するアプリを指定します。
  • 最大3つまで登録できます。Enterキーファイルを実行する場合、対応する拡張子の外部アプリが選択されます。
  • 指定がない場合、既定のアプリを使用します。
  • 通常の外部プログラム起動とプロトコル起動(http://のようにURIで起動できるもの)に対応
  • $(file) がファイルパスに置換されます
  • $(uri) がURIエスケープされたファイルパスに置換されます

検索キーワードについて

空白文字区切りで、すべての単語にヒットしたファイル名をリストアップします(AND検索)。
標準では、なるべく検索しやすいように以下の様な曖昧検索をしています。

  • 半角、全角を区別しません。
  • ひらがな、カタカナを区別しません。
  • 英数の大文字、小文字を区別しません。
  • 数字は"0"から始まる場合の区別をしません。(例:"2015年2月4日" と "2015年02月04日" は区別されない)
  • UNICODE正規化(NFKC)を使用しています。(例:"㌫" と "パーセント" は区別されない)

拡張キーワード

特定の書き方で記述することで検索条件を制御することができます

書式 機能
-検索文字 除外。検索文字に-を付加することで、一致する場合検索結果から除外します。
@検索文字 単語一致。検索文字に@を付加することで、単語として検索します。連続した数字、アルファベット、ひらがな、かたかな、漢字を単語とみなす仕組みのため、日本語文章における単語判定はできておりません。この検索ではひらがなとカタカナを区別します。
"検索文字" 完全一致。検索文字を"で囲むことで、標準のあいまい検索機能をOFFにした完全一致の検索を行います。

フォルダーを含める

検索対象にフォルダーを含めます


設定ファイルについて

設定は実行ファイルと同じフォルダに UserSetting.xml として保存されます。
インストーラー版では %APPDATA%\Local\NeeLaboratory\RealtimeSearch フォルダーに保存されます。
このファイルを削除してから起動すると設定が初期化されます。

Updated