Wiki

Clone wiki

NeeView / ChangeLog

更新履歴


37.1

(2020-06-08)

変更

  • ストレッチ変更で現在の角度そのままでストレッチを適用するようにした。

修正

  • システムの地域と言語の組み合わせによっては不正な設定ファイルを出力することがある不具合を修正。
  • ファイル削除確認の設定が機能していない不具合修正。
  • メニューやコマンドから同じストレッチを選んだときに再適用されない不具合修正。
  • 圧縮ファイル内に"x.zip"というような名前のフォルダーがあるときに読み込めない不具合修正。

37.0

(2020-05-29)

重要

  • x86版とx64版にパッケージを分離

    • 通常はx64版を使用します。OSが32bitの場合のみx86版を使用してください。
    • インストーラー版は旧バージョンのアンインストール後のインストールを強くお勧めします。
      • x86版とx64版は別アプリ扱いになり、意味はありませんが同時にインストール可能です。x86版は旧バージョンを上書きします。
    • Susieプラグインはどちらの版でも32bitプラグインをご使用ください。
  • .NET framework 4.8

  • 設定ファイルのフォーマット変更

    • 設定の構造を変更し、フォーマットをJSONに変更しました。これまでのXML形式の設定ファイルも読み込み可能で、JSON形式に自動的に変換されます。
    • 設定ファイルの後方互換性はおおよそ1年ほど維持されます。つまり2021年の夏頃のバージョンでは旧XML形式は読み込めなくなる予定です。エクスポートされた設定データも同様です。

新着

  • 起動高速化:ZIP版を含め、旧バージョンより起動が高速化します。
  • ナビゲーター:回転やスケール変更などの画像操作を行うナビゲーターパネルを新しく追加。
  • ナビゲーター:「基底スケール」設定を追加。ストレッチ適用サイズをさらに補正します。
  • ナビゲーター:「ページを移動しても回転を維持」等の設定をナビゲーターパネルに移動。
  • ナビゲーター:自動回転設定かつ回転の維持をONにしている場合、ブック読み込み時にその回転方向を強制するようにした。
  • スクリプト:JavaScriptでコマンドを拡張できるようになりました。詳細はスクリプマニュアルを参照してください。(ヘルプ > スクリプトヘルプ)
  • スクリプト:既定では無効化されており、使用するためには設定で有効にする必要があります。(設定 > スクリプト)
  • コマンド:「設定を保存」追加。
  • コマンド:「前の表示ページに戻る」「次の表示ページに進む」追加。ページ単位の内部履歴をたどります。
  • コマンド:「外部アプリで開く」コマンドパラメータのプログラムパスにNeeView自身を起動するためのキーワード "$NeeView" を追加。
  • コマンド:「ランダムなページに移動」追加。
  • コマンド:「ランダムなブックに移動」追加。
  • コマンド:「前のNeeViewに戻る」「次のNeeViewに進む」追加。複数起動時にNeeViewを切り替えます。
  • コマンド:「名前をつけてファイルに保存」画像保存ダイアログで登録されたフォルダーを選択できるようにした。
  • コマンド:N字スクロールのみの表示操作用コマンド「N字スクロール↑」「N字スクロール↓」追加。
  • コマンド:スクロール系のコマンドパラメータにスクロール時間設定を追加。
  • システム:名前順の並び替えに自然順を適用する設定追加。(設定 > 全般 > 自然な名前順)
  • システム:マウスクリックでウィンドウをアクティブ化したときのマウス操作を無効にする設定を追加。(設定 > ウィンドウ > マウスでウィンドウを~)
  • パネル項目:ダブルクリックでブックを開く設定追加。(設定 > パネル > ダブルクリックでブックを開く)
  • パネル項目:複数選択できるようにした。
  • パネル項目:リストのサムネイル表示やバナー表示でもポップアップ設定できるようにした。(設定 > パネルリスト項目 > * > アイコンのポップアップ)
  • パネル項目:リストのサムネイル表示でのホイールスクロール速度倍率設定を追加。(設定 > パネルリスト項目 > サムネイル表示でのマウスホイールスクロール倍率)
  • サムネイル:画像解像度設定を追加。(設定 > サムネイル > サムネイル画像解像度)
  • 本棚:現在開いているブックを示すオレンジ色のマークを追加。
  • 本棚:現在の項目数を表示する設定を追加。(設定 > 本棚 > 項目数を表示)
  • 本棚:Backキーで上位フォルダーに移動するショートカット削除。
  • 本棚:項目の種類を区別せずにソートする設定追加。(設定 > 本棚 > ファイルの種類を区別しない並び替え)
  • 本棚:既定の並び順設定「標準の既定の並び順」「プレイリストの~」「ブックマークの~」を追加。(設定 > 本棚)
  • 本棚、ページリスト:コンテキストメニューに「外部アプリで開く」を追加。
  • 本棚、ページリスト:コンテキストメニューに「フォルダーにコピー」を追加。
  • 本棚、ページリスト:コンテキストメニューに「フォルダーに移動」を追加。ファイルの移動ができるようにした。ファイル操作許可されている場合のみ有効。
  • 本棚、ページリスト:右ボタンドラッグに移動属性を追加。エクスプローラーにドロップすることでファイル移動できるようになる。 ファイル操作許可されている場合のみ有効。
  • ページリスト:移動ボタン追加。
  • ページリスト、ページマークリスト:画像ファイルを外部にドラッグできるようにした。
  • 履歴:現在ブックの場所の履歴のみを表示する設定を追加。(履歴パネルのメニュー > 現在のフォルダーのみ)
  • 履歴:無効な履歴を起動時に自動削除する設定を追加。(設定 > 履歴 > 無効な履歴を自動削除)
  • エフェクト:エフェクトパネルにトリミング設定追加。
  • エフェクト:「ドットのまま拡大する」の適用倍率設定を追加。(設定 > エフェクトパネル)
  • ルーペ:開始カーソル位置を画面中央にする設定追加。(設定 > ルーペ > 開始カーソル位置を画面中央にする)
  • ブック:ブック終端での先読みをページ送りの逆方向にも行うようにした。
  • ブック:ページ終端挙動に「ダイアログで確認」を追加。(設定 > 移動 > ページの終端を超えて移動しようとした時の挙動)
  • ブック:2ページ表示のときにページの終端にダミーページを表示する設定追加。(設定 > ブック > ダミーページを挿入する)
  • ブック:ブックが開けない場合の通知設定を追加。(設定 > 通知 > ブックにページがない場合にメッセージを表示する)
  • ブック:シャッフルしたときにページをリセットする設定を追加。(設定 > ブック > シャッフルしたときにページをリセット)
  • 画僧ドラッグ操作:「範囲を選択して拡大」を追加。(設定 > マウス操作 > ドラッグ操作設定)
  • 画像ドラッグ操作:拡大と同時に画面中央に移動するマウスドラッグ操作「拡大縮小(スライド式、中央寄せ)」を追加。(設定 > マウス操作 > ドラッグ操作設定)
  • 起動オプション:起動時にスクリプトを実行するオプション "--script" 追加。
  • 起動オプション:ウィンドウ状態を指定するオプション "--window" 追加。
  • 設定:検索ボックスの追加。
  • 設定:コマンド設定のリストに検索ボックス追加。
  • 設定:SVGの拡張子を設定できるようにした。(設定 > 対応形式 > SVGファイルの拡張子)
  • 設定:Susieプラグイン設定に「全有効/解除」ボタン追加。

変更

  • コマンド:ショートカット"Back","Shift+Back"の割当をページ履歴操作コマンドに変更。
  • コマンド:「スクロール+次のページに進む」「スクロール+前のページに戻る」コマンドのN字スクロールの挙動改善。移動の割合を均等にした。
  • コマンド:「スクロール+次のページに進む」「スクロール+前のページに戻る」コマンドパラメータに「ページ移動猶予(秒)」追加。あわせて「スクロール停止」フラグは廃止。
  • システム:エクスプローラーの削除確認ダイアログ挙動変更。ごみ箱にはいらないときのダイアログだけ表示するようにした。
  • システム:本棚等の内部履歴の上限が無制限だったのを100に変更。
  • 表示:ウィンドウサイズが変わったときに表示画像位置を調整しないようにした。
  • 表示:キャプションがメインビューに恒久的に表示される場合に画像が隠れないようにした。
  • パネル:パネルリストの左右キー操作を既定で無効にした。(設定 > パネル > サイドパネルでの左右キー有効)
  • 本棚:検索ボックスのレイアウト変更。検索設定は本棚パネルのメニューに移動。
  • サムネイル:キャッシュのフォーマットを変更。これまでのキャッシュは破棄されます。
  • サムネイル:キャッシュの保存場所をフォルダーのパスからファイルのパスに変更。
  • サムネイル:キャッシュの有効期限が設定可能にした。(設定 > サムネイル > サムネイルキャッシュの保存期間)
  • サムネイル:サムネイル画像解像度等の設定が変更された場合、異なる設定のキャッシュは自動的に再生成されるようにした。
  • ブック:透過画像の背景にチェック模様を指定できるようにした。(設定 > 対応形式 > 透過画像の背景をチェック模様にする)
  • ブック:標準画像ファイルの拡張子を編集できるようにした。(設定 > 対応形式 > 画像ファイルの拡張子)
  • ブックページ:操作感変更。ブックページ画像上でもジェスチャーが有効になるようにし、ダブルタッチでブックを開けるようにした。
  • ブックページ:レイアウト変更。フォルダーアイコン表示を削除。
  • ブックページ:画像のサイズ設定追加。(設定 > ブック > ブックページ画像サイズ)
  • Susie:64bitOS環境で "C:\Windows\System32" にSusieプラグインでアクセスできるようにした。
  • 起動オプション:フルスクリーオプション "-f" を廃止。
  • 設定:ページ表示設定をブック設定に統合、dip関係の設定を画像形式設定に移動。
  • 設定:設定ページの再編。「表示」項目を再編成し「ウィンドウ」「パネル」といったグループに再編。
  • 設定:外部アプリ設定を廃止、「外部アプリで開く」コマンドのコマンドパラメータで指定するように変更。プロトコル設定、区切り文字設定を削除。
  • 設定:クリップボード設定を廃止、「ファイルをコピー」コマンドのコマンドパラメータで指定するように変更。区切り文字設定を削除。
  • その他:「表示サイズ」を「ストレッチ」に名称変更。
  • その他:検索ボックス、アドレスバー等でのEscキーをコマンドショートカットとして受け付けるようにした。
  • その他:各種ライブラリ更新。
  • その他:細かなレイアウト修正。

修正

  • サムネイル画像作成失敗時にクラッシュする可能性のある不具合修正。
  • プレイリストの検索でクラッシュする不具合修正。プレイリストは検索に対応していないので無効化した。
  • サブフォルダーを含めてブックを開くときに開けない圧縮ファイルがあった場合にブックそのものが開けない不具合修正。そのファイルのみスキップするようにした。
  • 圧縮ファイルの名前変更に失敗する可能性のある不具合修正。
  • ウィンドウ最小化からの復帰で画像位置が変更される不具合修正。
  • その他細かな不具合修正。

36.2

(2020-03-28)

修正

  • 7zを使用した読み込みでCOM例外が発生することがある不具合修正
  • 起動引数としてプレイリストを指定したときに本棚として開かれていなかった不具合修正
  • ウィンドウ最小化から復帰した時にキーボードフォーカスが失われることがある不具合修正
  • 本棚をサムネイル表示にしているときの名前変更でポップアップが機能していた不具合修正

36.1

(2020-03-07)

変更

  • インストーラー版では、インストール時にコンテキストメニュー追加が選択できるようになりました
  • 削除確認ダイアログが二重に表示されることがあるため、ファイル削除時のエクスプローラー確認ダイアログ表示を設定にした (設定 > 全般 > ファイル削除時にエクスプローラーの確認ダイアログを表示する)
  • 情報パネル、エフェクトパネルにTAB移動したときのフォーカス表示を削除

修正

  • 「パネルを一時的に表示する」コマンドが機能していない不具合修正
  • ハイコントラストモードでメニューが読めなくなる不具合修正

36.0

(2020-02-29)

新着

  • ウィンドウ最大化でのギャップ調整設定追加 (設定 > 表示 > タイトルバー非表示でのウィンドウ最大化のギャップ調整)
  • エクスプローラーのコンテキストメニュー「NeeViewで開く」を追加する設定追加 (設定 > 全般 > エクスプローラーのコンテキストメニューに登録)
    • インストーラー版ではインストール時に自動設定されます。ストアアプリ版は非対応です。
  • 「メインビューにフォーカスを移す」コマンド追加
  • ページ表示ログ出力機能追加 (設定 > ページ表示記録)
  • ごみ箱に対して大きすぎるファイルの削除時に完全削除の確認ダイアログを表示するようにした
  • 圧縮ファイル中の動画再生対応。テンポラリに出力して再生する
  • メニューの項目を右クリックすることで直接コマンドパラメータ設定ウィンドウを呼び出せるようにした
  • 「ファイルに保存(Shift+Ctrl+S)」コマンド追加。コマンドパラメーターに設定した情報で直接保存を実行する。重複ファイル名は連番をつけて回避される

変更

  • パネル等を自動で隠す機能の刷新 (設定 > 表示 > 自動非表示パネル)
  • フィルムストリップの表示ONにしたときにフォーカス移動するようにした
  • ファイル情報パネル:「日付」をファイル日付と撮影日時に分離。これに伴い「EXIFの日付を使用する」設定廃止
  • コマンドによるブック削除の挙動を本棚からの削除に近づけた
  • プレイリストから開いたブックも削除可能にした。プレイリストデータは変更されないがファイルが存在しないため結果としてリストには表示されなくなる
  • 初期ウィンドウサイズをシステム依存に変更
  • フルスクリーンにする前のウィンドウ状態を保存するようにした
  • フォーカスのTABキー移動の整備
  • 除外するフォルダー判定で大文字小文字を区別しないようにした
  • 右ボタンドラッグを他のドラッグ操作に割り当てられるようにした
  • 自動再帰判定は通常のフォルダーに対してのみ行うようにした
  • 「履歴全般」の本棚関連の設定を「本棚」ページに移動。 「本棚の場所を復元する」設定を分離し「起動設定」ページに追加
  • 設定ウィンドウのツリー項目の親と最初の子の表示が同じなので、親のページのみにした。
  • 「名前をつけてファイルに保存」コマンドの刷新。「表示を保存」で拡大回転等を反映させた表示のままの画像を出力する
  • Susie接続タイムアウトを30秒から1秒に変更し、10回リトライするようにした
  • 各種ライブラリの更新

修正

  • 通知を「小さく表示する」にしたときに繰り返されたメッセージが表示されない不具合修正
  • 拡大縮小の中心が「カーソル位置」のときのドラッグ操作「拡大縮小」不具合修正
  • フルスクリーン状態を復元する設定が機能しないことがある不具合修正
  • GIFファイルのショートカットがアニメーションしない不具合修正
  • フルスクリーン時にタスクバーが隠れない事がある不具合修正
  • 表示スケールが100%でないディスプレイでページ送り時にリサイズ処理が余分に実行される不具合修正
  • フォルダ名の大文字小文字のみの名前変更ができない不具合修正
  • 2ページ間の距離を設定しているときに不正終了することがある不具合修正
  • タブレットモードでフルスクリーンを解除したときにウィンドウが最大化されないことがある不具合修正
  • 回転スナップ値が大きいときにコマンドでの回転ができないことがある不具合修正
  • マルチディスプレイでウィンドウ最大化時に隣のウィンドウにはみだずことがある現象修正
  • 多重起動禁止で引数無しで多重起動しようとしたときにウィンドウがアクティブにならい不具合修正
  • ショートカットキーPageDownのメニュー表記がNextになっている不具合修正
  • フルスクリーンを再度設定しようとしたときの余分なウィンドウ状態変化を抑制

35.1

(2019-07-20)

不具合修正

  • ウィンドウ最大化の時に隙間ができることがある不具合修正
  • 複数起動時にページマークがうまく反映されない不具合修正

35.0

(2019-07-13)

Susieプラグイン(.spi)の標準サポート

  • 標準のNeeViewがSusieプラグイン(.spi)に対応しました。64bitOSでも動作します。これに伴いNeeViewSは廃止されました。
  • .sphプラグインのサポートは廃止されました。

不具合修正

  • フォルダー名末尾が全角スペースのときに読み込めない不具合修正
  • フルスクリーン状態の復元に関する不具合を修正

その他

  • 表示スケールとは別に「拡大の許可」「縮小の許可」設定を追加。これに伴い「大きい(小さい)場合はウィンドウサイズに合わせる」設定を廃止
  • キー操作でスライドショータイマーをキャンセル
  • サイドパネルのリストのアイコンの形にバナーを選択できるようにした
  • アップグレードインストールで前回のインストール場所を既定の場所にするようにした。次の更新から機能します。
  • 「閲覧中のブックを削除したときに次のブックを開く」設定を本棚の設定に追加
  • コマンド単位での左右入れ替え設定をコマンドパラメータに実装
  • ページの並び順でのファイル優先設定を、設定の「ページ設定」に追加
  • 設定のサブフォルダーページをページ設定に統合

34.4

(2019-06-08)

  • サブディスプレイで最大化状態で復元しない不具合修正
  • リサイズフィルター有効時にルーペモードのままブックを切り替えると読み込みが終わらない不具合修正
  • 画像を開いていないときの画像拡大縮小操作でクラッシュする不具合修正
  • ソリッド圧縮ファイル事前メモリ展開有効時にSusieプラグイン画像読み込に失敗することがある不具合修正
  • ブックのファイル削除に失敗することがある不具合修正
  • フルスクリーンのときにWindows+数字キーでアプリが切り替わらない不具合修正
  • MSIインストーラーでの更新でタスクバーのショートカットが無効化する現象の対策。次の更新から機能します。

34.3

(2019-05-18)

  • 前回開いていたプレイリストが削除されたときにクラッシュする不具合修正

34.2

(2019-05-11)

  • ページの読み込み中マークが消えないことがある不具合修正
  • N字スクロールで前ページ移動時の初期位置が上角になる不具合修正
  • タイトルバー非表示でウィンドウサイズが変更できないことがある不具合修正
  • リサイズフィルターONのときにページ移動優先OFFが機能しない不具合修正
  • サブディスプレイでタイトルバーを非表示にしたときにエラーになることがある不具合修正

34.1

(2019-05-07)

  • ページ送りでブック移動するとエラーになる不具合を修正しました。

34.0

(2019-05-06)

メモリ&パフォーマンス

設定に「メモリとパフォーマンス」ページ追加。メモリ関連の設定をここに集約しました。(設定 > メモリとパフォーマンス)

  • ブックのキャッシュメモリ容量設定追加。画像をキャッシュし、再表示を高速化します。
  • 先読みをページ数指定に変更、キャッシュメモリ容量の範囲内で先読みを行います。
  • ソリッド圧縮ファイルの事前展開先をメモリにする設定追加
  • ソリッド圧縮ファイル事前展開の判定サイズを展開後のサイズで計算するようにした

ブック挙動の改善

  • GIFアニメページ切替時の暗転を軽減
  • 動画やGIFファイルを高速で切り替えたときに反応が遅くなる現象の軽減
  • リサイズフィルター適用時に画像切り替えが見える現象を軽減

ページの種類の追加

  • ブックに含まれるブック(フォルダー、圧縮ファイル)をブックページとして表示可能になりました。(設定 > 環境 > ページになるファイルの種類)
    • ブックページにはブックのサムネイルが表示されます。ダブルクリックすることでそのブックを開くことができます。
    • ページリストのブックページにはフォルダーアイコンが表示されます。ダブルクリックすることでそのブックを開くことができます。
  • SVGファイル対応 (設定 > 画像)

ページ設定刷新

  • 新しいページ設定。設定項目毎の挙動を1つの設定ページにまとめました。(設定 > ページ設定)

ページ移動コマンド追加

  • 「前のフォルダーに移動」「次のフォルダーに移動」コマンド追加。並び順が名前順である場合に限り異なるサブフォルダーの先頭ページに移動します。

ブック移動コマンド追加

  • 「前に戻る(Alt+Left)」「次に進む(Alt+Right)」 は、シンプルな本の履歴を遡ります。このため、同じ本を開くことがあります。「履歴リスト」とは別の情報です。
    • アドレスバーの左矢印、右矢印ボタンに対応します。今までは履歴リストの移動だったので、挙動の変更になります。
    • 履歴リストの移動コマンドは「前の履歴に戻る」「次の履歴に進む」に名前変更されました。
  • 「親のブックを開く(Alt+Up)」は、現在のブックの上位階層をブックとして開きます。
    • アドレスバーの上矢印ボタンに対応します。
  • 「このブックを開く(Alt+Down)」は、ページがブックページである場合にそのブックを開きます。

本棚

  • フォルダーサムネイルはサブフォルダーの画像からも検索するようにした
  • 圧縮ファイルのディレクトリ階層単位の展開に対応 (設定 > 環境 > 圧縮ファイルの扱い)
  • 本棚で隠しファイルを表示する設定追加 (設定 > 本棚 > 詳細)
  • 検索ボックスでIME入力中もインクリメンタルサーチが効くようにした
  • 検索オプション追加
    • /ire 大文字小文字を区別しない正規表現検索
    • /since, /until 日時範囲指定。詳細は検索オプションヘルプを参照してください。 (ヘルプ > 検索オプションヘルプ)

プレイリスト

プレイリストは、ファイルパスをリスト化したものです。フォルダー、圧縮ファイル、画像ファイル等すべてのファイルがリスト化できます。
本棚で開けばフォルダーの一種として動作し、本として開けばページになります。

  • 複数ファイルをまとめてドロップしたときには一時的なプレイリストとして表示されます。
  • 起動引数として複数ファイルを指定した場合も一時的なプレイリストとして表示されます。
  • 本棚の状態をプレイリストファイル .nvpls として保存できます。(本棚の詳細メニュー > プレイリストを保存)
  • .nvpls ファイルのフォーマットは単純なJSON形式になっているため、メモ帳でも編集可能です。

画像操作

  • 回転、拡縮、反転の中心設定に「カーソル位置」を追加、個別に設定できるようにした (設定 > 画像操作全般 > ビュー操作)
  • ドラッグアクションに「回転(スライド式)」を追加 (設定 > マウス操作 > ドラッグ操作設定)
  • 画像のドラッグ移動制限は回転とスケール変更によって解除されるようになりました。
  • 自動回転コマンドを「自動左回転」と「自動右回転」の2つのコマンドに分離しました。

ウィンドウ外観

  • メニューのダークテーマ対応。全体のテーマとは別に設定。 (設定 > 表示全般 > テーマ)
  • タイトルバーを非表示にしたときのウィンドウ定義整備。枠の種類は「なし」と「標準」のみに変更。
  • タイトルバーを非表示にしたときにタイトル文をメニューバー余白に表示するようにした
  • メインメニューをハンバーガーメニューに変更できるようにした (設定 > 表示全般 > 詳細設定)
  • 背景に黒チェック模様追加

Susieプラグイン

通常版の NeeView でもSusieプラグインが使用できます。ただし64bitOSでは TORO氏提案の64bit版Susieプラグイン形式(.sph) のみの対応となります。 64bitOSで標準のSusieプラグイン(.spi)を使用する場合はこれまで通り NeeVewS をご使用ください。

  • 64bit版Susieプラグイン(.sph)対応
  • Susieプラグインを使用しないときはプラグインファイルにアクセスしないようにした
  • Susieプラグイン毎の拡張子設定追加

その他

  • ブック読み込み中はアドレスバーの再読込ボタンが閉じるボタンに変更されます。
  • サイドパネル自動非表示時でウィンドウ外にカーソルが移動したときも非表示にするようにした
  • 動画スライダーのホイール対応
  • メニューの「その他(O)」を「オプション(O)」と「ヘルプ(H)」に分割
  • 設定ウィンドウを開き直したときに前回の設定ページを表示するようにした
  • コマンド設定ページにコマンド説明文も表示するようにした
  • パネルリスト項目の補足パス表示形式統一、設定で標準表示との切替可能 (設定 > パネルリスト項目 > コンテンツ表示)
  • 画像の解像度情報を反映する設定追加。アスペクト比が画像情報通りになります (設定 > 画像)
  • 「アニメーションGIFを再生する」「拡張子が不明なファイルを画像ファイルとみなす」設定を画像対応形式ページに移動 (設定 > 画像)
  • ページマークリストのパス順の設定を詳細メニューに追加 (ページマークリストの詳細メニュー > パス順)
  • タイトル文字用キーワードに $PageL, $PageR を追加 (設定 > ウィンドウタイトル)
  • 更新履歴をパッケージに含めるようにした

廃止された設定

  • 「メモリ管理をシステムに任せる」設定を廃止。
  • 7-Zipの「全て事前展開する」設定廃止。
  • 自動サブフォルダー「ページ外ファイルも含めて判定する」設定廃止
  • 読み込み中のページ表示にサムネイル画像で代用する設定を廃止。前のページを表示し続ける、ダミー表示にするかの2択になります。

33.3

(2019-03-25)

更新

  • 7z.dll ver 19.00

バグ修正

  • 不正なPDFがファイルロックされてしまう不具合修正
  • 高解像度ホイールマウスに対応するため、MouseWheelのDelta値を正しく計算するようにした
  • 設定でコマンドショートカットを変更したら即時反映されるようにした
  • ページマークの名前変更が保存されない不具合修正
  • 初回起動時にタイトルバーON/OFFできない不具合修正
  • アドレスバーに"<",">","|"を入力して更新するとエラーになる不具合修正
  • ショートカットEscが機能しない不具合修正
  • Windows7で更新チェックに失敗する不具合修正
  • 本棚でファイル名に使えない文字を含む圧縮ファイル内の項目をドラッグしたときにエラー終了することがある不具合修正

33.2

(2019-03-03)

バグ修正

  • ページリストのサムネイル表示でToolTipが機能しなくなっていた不具合修正
  • Altキーを含むコマンドが機能しなくなっていた不具合修正

33.1

(2019-03-01)

バグ修正

  • テキストボックスでコマンド割り当てられた記号キーも入力できるようにした
  • インポートで一部のウィンドウ設定が適用されなかった不具合修正
  • タイトルバー非表示のときに「フルスクリーンのときにタスクバー領域を覆わない」設定が機能しない不具合修正
  • ブック切替時にスライダーのページが不正になることがある不具合修正

33.0

(2019-02-25)

.NET Framweork 4.7.2 に更新

.NET Framework 4.7.2 以降が必要です。起動しない場合は Microsoft .NET から入手してください。

ブックマークリストパネルの復活

本棚のブックマーク部分が独立したパネルになりました。
本棚のブックマークもそのまま残っています。ブックマークの巡回移動にはこちらを使用してください。

  • 「ブックマークリスト表示ON/OFF」コマンド追加

本棚の検索機能の強化

  • 検索オプション刷新。正規表現検索等が可能になります。詳細は検索コマンドヘルプを参照してください。 (その他 > 検索オプションヘルプ)
    • 32.0までのNOT検索(-をつける)、単語検索(@をつける)は機能しません。
  • 検索設定を追加 (検索ボタン(虫眼鏡アイコン)のコンテキストメニュー)
    • インクリメンタルサーチのON/OFF
    • サブフォルダーを含めるかのON/OFF

カーソルの自動非表示の設定

  • カーソル非表示状態の解除条件設定を追加 (設定 > マウス操作 > カーソルの自動非表示)
    • 解除する移動距離や、ホイール等のボタン操作では解除させなくする等が設定できます。
  • ウィンドウのアクティブ状態変化でカーソル非表示を解除するようにした

データの保存タイミングの整備

データの保存タイミングは以下の通りです。通常運用では意識する必要ありません。

種類 情報を更新したとき アプリ終了時 シャットダウン時 設定ウィンドウを閉じたとき
設定 -
履歴 - -
ブックマーク -
ページマーク -
  • Windowsシャットダウン時にも保存をおこなうようにした
  • ブックマーク、ページマークは変更時に保存するようにした

多重起動時のデータ同期強化

ブックマーク、ページマークはリアルタイムに同期します。
設定は設定ウィンドウを閉じたときのみ同期します。アプリ終了時の保存では同期しません。手動で設定を反映させることもできます。 (その他 > 設定の再読込) 履歴は起動中は同期されませんが、保存時に合成されるため、つぎの起動から反映します。

  • コマンド「設定の再読込」追加
  • 設定画面を閉じたときに他プロセスの設定と同期するかの設定追加 (設定 > 保存データ > 設定を同期する)

各種データの保存場所の設定を追加

反映にはアプリの再起動が必要です。データを引き継ぐには全設定のエクスポートとインポートを活用してください。

  • テンポラリフォルダーの場所の設定追加 (設定 > 場所)
  • サムネイルキャッシュの場所の設定追加 (設定 > 場所)
  • 履歴の保存先変更設定追加 (設定 > 保存データ)
  • ブックマークの保存先変更設定追加 (設定 > 保存データ)
  • ページマークの保存先変更設定追加 (設定 > 保存データ)

その他

  • スプラッシュスクリーンON/OFF設定追加(設定 > 起動設定 > スプラッシュスクリーン)
  • 本棚でのドライブ画像をシステムから取得するようにした
  • ファイル名変更時の禁則処理をエクスプローラー風に改善
  • 画像ファイルのショートカットに対応
  • 外部連携で「圧縮ファイル+ファイル名」を渡せる設定を追加
  • ページのループを通知する設定追加 (設定 > 移動 > ページのループを通知する)
  • ブックの並び順に登録順を追加。ブックマーク専用。「ブック列は登録日昇順/降順」コマンド追加
  • ブックの並び順にパス順を追加。ブックマーク専用。「ブック列はパス昇順/降順」コマンド追加
  • ブックの並び順種類順を追加。「ブック列は種類昇順/降順」コマンド追加
  • 情報パネルの「サイズ」をそれぞれ「ファイルサイズ」「画像サイズ」に変更
  • 本棚の項目メニューに履歴削除とブックマーク登録解除コマンドを追加
  • 本棚でのホーム移動をAlt+Homeに変更
  • 現在閲覧中のブックを削除したときに次のブックを自動的に読み込むようにした
  • 表示サイズに「幅をウィンドウに合わせる」追加
  • 履歴からブックを開いたときでも履歴順を更新する設定追加 (設定 > 履歴全般 > 履歴からブックを開いたときでも最終閲覧日を更新する)
  • マウスドラッグで画像が画面端で移動できない状態から反対側にドラッグしたときにすぐに反応するようにした
  • マウスドラッグ操作のON/OFF設定追加 (設定 > マウス操作 > マウスドラッグ操作)
  • マウスドラッグ開始距離を設定できるようにした (設定 > マウス操作 > マウスドラッグ操作)
  • 「オンラインヘルプ」コマンドの廃止。「このアプリについて」ダイアログのプロジェクトページに移動と同じため。
  • 非対応拡張子ファイルを画像ファイルとして読み込みを試みる設定を追加 (設定 > ブック全般 > 拡張子が不明なファイルを画像ファイルとみなす)
  • Susie書庫プラグイン単位での事前展開設定追加。
  • 7z.dll 18.06, MagicScaler 0.9.1 に更新

バグ修正

  • ライトテーマにしたときのページリストアイコンの色の不具合修正
  • "&"を含むファイル名でエラーになることがある不具合修正
  • 回転コマンドで表示サイズ適用をONにしたときに画像表示位置がおかしくなる不具合修正
  • 現在のブックを履歴から削除したあとで履歴に再登録されてしまう不具合修正
  • 起動時に開いた本棚の場所が保存されない不具合修正
  • 2ページ画像保存時の並び順不具合修正
  • ページが多いブックでのページマーク動作が重くなる不具合修正
  • ページ方向を左から右にしたときにメニューからのページ移動が逆になることがある不具合修正
  • 本棚の検索結果で並び順選択コンボボックスが表示されない不具合修正
  • NeeViewで開くとNeeViewSで設定したSusieプラグイン設定が消えてしまう不具合修正

32.0

(2018-08-17)

重要:ブックマークリスト、ページマークリストに大きな変更があり、設定した情報が一部無効になりますのでご注意ください。

  • 本棚

    • フォルダーリストとブックマークリストを統合し、本棚と名称を変更
      • 本棚のリスト部を「フォルダーリスト」と呼称
      • 設定項目「フォルダーリスト」を「本棚」に名称変更
    • フォルダーツリー実装。クイックアクセスはここに統合されました フォルダーツリーはリスト上部もしくは左部に配置されます -「フォルダーツリーの表示ON/OFF」コマンド追加 -「クイックアクセスの表示ON/OFF」コマンド廃止
    • ブックマークリスト
      • ブックマークリストはフォルダーリストと同様の挙動に変更
      • 手動による並び替えはできなくなり、これまでのブックマークの並び順は無効になります
      • フォルダーツリーにブックマークリストの階層を表示
      • フォルダーリストの最上位階層からもブックマークをたどれます
      • フォルダーが異なるのであれば同じブックを登録できます
      • 同じ階層でのブックマークフォルダーの名前重複ができなくなりました(統合されます)
      • 区切り記号(\または/)はフォルダー名に使用できなくなりました
      • 「ブックマークリストON/OFF」コマンド廃止。代わりに「ブックマークリストを表示」コマンド追加
      • 「前のブックマークに戻る」「次のブックマークへ進む」コマンド廃止。通常のブック移動コマンドで代用
    • ページリストをサイドパネル化できるようにした (設定 > 本棚 > ページリストを本棚に配置)
      • 「ページリストの配置切り替え」コマンド追加
  • ページマークの構造変更

    • フォルダーはブック単位で自動で生成され、手動で作ることができなくなりました。 これまでのページフォルダーは無効になります(ページマークは引き継がれます)
    • 手動並び替えは廃止されました。 これまでのページマークの並び順は無効になります
    • ページマークの名前変更に対応
    • ページマーク登録であわせてその本の設定を保存していましたが、これを廃止しました。純粋にページ位置のみの記憶になります
    • 「…」メニューに「現在のブックのみ」設定追加。開いている本のページマークのみ表示するようになります
    • 「…」メニューに「本として開く」追加。ページマークリスト全体をブックとして閲覧できます
  • フォルダーリスト、ページリストの表示形式に「サムネイル表示」を追加

    • ALT+↓ でサブフォルダーに移動できるようにした
  • 「パネルリスト項目」設定追加

    • リストの表示スタイル単位でレイアウト設定を行うようにした。
    • 画像の形を「そのまま」「正方形」「本の形」から選択できるようにした
  • バグ修正

    • 「スクロール+前のページに戻る/次のページへ進む」で、横スクロールしかしない場合にスクロール移動量が反映しないバグ修正。併せてN字スクロールOFFにしたときのスクロール挙動を整備
    • スライダーを自動的に隠す設定にしたときにサイドパネル下部が操作できなくなる不具合修正
    • ショートカットの実体取得に失敗するとその場所のリストが取得できない不具合修正
  • その他

    • スプラッシュスクリーン追加
    • 「検索ボックスの表示ON/OFF」コマンド廃止。検索ボックスは常に表示するようにした。代わりに「検索ボックスにフォーカスを移す」コマンド追加
    • 「この場所の履歴を消す」の挙動をフォルダーリストで表示されている項目を削除するように変更した
    • フォルダーリストのファイルアイコンレイアウト設定廃止
    • アドレスバーや本棚の場所にアイコンを追加、ドラッグ可能にして必要な場所にドロップできるようにした
    • 不要なリソースdll削除

31.0

(2018-07-02)

クイックアクセス

  • フォルダーリスト上部にクイックアクセスを追加しました。フォルダーリストの場所を記憶する機能です。
  • フォルダーリストの「…」メニューの「クイックアクセスに追加」で、現在の場所をクイックアクセスに追加します。
  • 検索キーも併せて登録されます。

ブックマーク、ページマークの改善

  • ブックマークの階層化
    • パネルの「…」メニューから「新規フォルダー」を選ぶことでフォルダーを作成できるようになりました。
    • フォルダー名は変更可能です
  • パネルの「+」ボタンで登録ができるようになりました。
  • 登録はリストの先頭に追加するように変更しました

HEIF対応

  • Windows10のみ、HEIF画像を表示できるようになりました。
  • ストアから HEIF Image Extensions をインストールする必要があります。
    • 環境によっては HEVC Video Extension を購入する必要があるかもしれません。

バグ修正

  • 初期設定で履歴等が保存されない設定になっていた不具合修正
  • アドレスバーのページ順変更をページリスト選択肢に反映しない不具合修正
  • レベル補正エフェクトの誤字修正
  • 終端ページ移動コマンドの説明文の間違いを修正

その他

  • フィルムストリップ中央表示時の両端表示の改善
  • フィルムストリップが有効でない場合に「フィルムストリップを自動で隠す」コマンドを無効にした
  • ページリストにページマークを表示
  • アドレスバーのページ順選択をパレット化
  • 「指定ページに移動」コマンド追加。ダイアログからページ番号を入力します。
  • 「現在の場所の履歴削除」コマンド追加。フォルダーリストの「…」メニューに追加。フォルダーリストの現在の場所にあるブックの履歴をクリアします。
  • 検索履歴を保存するようにした。(設定 > 履歴 > フォルダーリスト > 検索履歴を保存する)
  • 起動オプションでフォルダーリストの場所と検索キーを指定できるようにした。NeeView.exe -o "E:\Pictures?search=foobar"
  • 設定画面で対応画像拡張子を確認できるようにした(設定 > 対応形式/画像)
  • パネル、スライダーの透明度設定追加 (設定 > 表示 > 透明度)
  • フルスクリーンのときにタスクバー領域を覆わない設定追加 (設定 > 表示 > 詳細設定)
  • フルスクリーンのときのスライダー自動非表示を設定できるようにした (設定 > 表示/スライダー > 表示)
  • サイドバーの空欄部分をクリックしたときにサイドパネルの開閉を行うようにした
  • ダイアログをEscキーで閉じるようにした
  • TabStop整備
  • 通知の一部をアプリ内トースト化
  • WICデコーダー取得方式を変更し、ストアからインストールしたコーデックにも対応した
  • インストーラーのアイコンを専用のものにしてインストーラーサイズ削減
  • 各種dll更新

30.1

(2018-05-08)

  • 更新: 7z.dll を 18.05 に更新
  • バグ修正: メニューの自動非表示時間が即時反映しないバグ修正
  • バグ修正: 誤字 Otner -> Other

30.0

(2018-04-09)

バージョン番号規則を変更

  • 30.0 のようにメジャーバージョンを更新していく形式に変更しました。
  • バグフィックス版を公開するときには 30.1 というようにマイナーバージョンを使用します。

多言語対応

  • 英語と日本語のみ対応しています。 設定 > 全般 > 環境 > 言語
  • 英語はほとんどWeb翻訳に頼っていますので、とても残念な英語になっています。

表示に関する変更

  • 「サムネイルリスト」から「フィルムストリップ」に名前を変更。設定もフィルムストリップでページを独立させました。 設定 > 表示 > フィルムストリップ
  • 表示中ページを示すオレンジ色のマークを、ページリスト、フィルムストリップに表示するようにしました。
  • エフェクトパネルにグリッド表示機能を追加しました。

バグ修正

  • コンテキストメニューの設定で名前が変更されないバグ修正
  • SQLの初期化でエラーになることがある不具合修正

その他

  • 設定ウィンドウ:最初から項目リストを展開している状態にした
  • 設定ウィンドウ:ウィンドウサイズをメインウィンドウサイズに比例するようにした
  • コマンド:「タッチエミュレート」コマンド追加。カーソル位置に対応するタッチコマンドを実行します。これに伴い「マウス位置依存でページを前後させる」コマンド廃止
  • コマンド:「スクロール+ページ移動」コマンドに連続した入力によるページ切り替え一時停止を行うパラメータ スクロール停止 追加
  • ブック移動をフォルダー階層をまたいだ巡回移動にする設定追加。 設定 > ブック > 移動 > ブック移動を巡回移動にする
  • ページ移動できなかったときの効果音設定追加。 設定 > ブック > 移動 > 移動できなかったときの効果音
  • 透過画像の背景色設定追加。 設定 > ブック > ブック全般 > 透過画像の背景色
  • 履歴、ブックマーク、ページマークにそれぞれ保存設定を追加。 設定 > 保存データ これに伴い「全てのデータを保存しない」設定を廃止
  • 開いたブック名の表示と一般的な通知の設定を分離。 設定 > 表示 > 通知
  • パネル自動表示判定幅を設定可能にした。 設定 > 表示 > サイドパネル全般 > パネル自動表示判定のエリア幅
  • フォルダーリストの場所移動時にブックを閉じる設定追加。 設定 > 表示 > フォルダーリスト > 場所を変更したときにブックを閉じる
  • 設定にかかわらず Alt+F4 は機能するようにした
  • ウィンドウ非アクティブで 7z.dll によるファイルロックを解除するようにした。これに伴いロック解除時間設定を廃止
  • 読み込みスレッド数の上限をプロセス数に変更
  • 初期値:履歴登録開始ページ操作回数の初期設定を0に変更
  • 初期値:多重圧縮ファイル、UNCパスの履歴登録の初期設定を有効に変更
  • 初期値:サブフォルダーの自動再帰展開の初期設定をOFFに変更
  • 初期値:先読みモードの初期設定を「先読み」に変更

1.29

(2018-03-05)

新しい設定ウィンドウ

全ての項目の見直しがされています。

設定変更がリアルタイムに反映されるようになりました。これに伴い設定変更のキャンセルができなくなりましたのでご注意ください。 設定がファイル保存されるタイミングは、設定ウィンドウを閉じた時、アプリを終了した時になります。

設定ページの構成はおおまかには今までと同じですが、見直しに伴い移動されたり新設された項目があります。

  • 詳細設定ページは廃止されました。これまでの詳細設定項目は各設定ページに分散しています。
  • 対応形式ページが追加されました。ブックのファイル形式ごとに設定を行うようにしています。
    • 既定で有効であった標準ZIP展開の設定を追加しました。7-ZipでZIP展開を行いたい場合はこちらをOFFにしてください。
    • 「圧縮ファイルをサポートする」設定は廃止されました。各対応形式毎に機能のON/OFFを設定してください。
  • ブックの挙動に関連する設定をブック設定ページにまとめました。
  • パネルのリスト項目のフォント設定を追加しました 設定 表示 > フォント
  • コマンド設定は、編集したい項目をダブルクリックすることでコマンド設定ウィンドウを開く形式に変更しました。

動画再生

おまけ機能として、ブックとして動画を再生できようになりました。

基本的な再生機能のみとなり、サムネイルリストや自動回転、2ページ表示等、使用できない機能や設定があります。 標準では .asf .avi .mp4 .mkv .mov .wmv の拡張子を動画と認識する設定にしています。 動画再生能力はOSに依存しており、おおよそ Windows Media Player で再生できるものが再生可能です。 このため、おそらくWindows7では .mkv は再生できないと思われます。

再生時のスライダーは動画専用のもので、スライダー方向は左から右固定です。

ページ移動コマンドは再生位置の移動に対応しています。 動画専用コマンドとして「動画再生/停止」コマンドを追加しています。

動画に関する設定は 設定 対応形式 > 動画 で行います。

マウス長押し操作

  • 長押しモードにリピート入力モードを追加 設定 画像操作 > マウス操作
  • 長押しボタンを選択できるようにした。

ルーペ

  • ルーペモードでのホイール操作のON/OFF設定追加 設定 画像操作 > マウス操作
  • ルーペモードのESCキー解除のON/OFF設定追加
  • コマンド「ルーペ倍率拡大」「ルーペ倍率縮小」追加。ルーペモードでのみ機能します。
  • ルーペモードでは「スクロール+ページ移動」コマンドのスクロールを無効にするようにした

コマンド

  • スライダー方向によって移動コマンドのページ移動方向を入れ替える設定追加 設定 コマンド > コマンド全般
  • Altキーによるメニュー操作を無効にする設定追加
  • 変換、無変換キー対応
  • コマンド「拡大」「縮小」に100%を経由するコマンドパラメータ追加。デフォルトONです。
  • コマンド「ブックを削除」追加

ページ

ページの判別、ソート方法を変更しました。このため、以前とページの並び順等が変わる可能性があります。

  • ページから非表示ファイルを除外
  • ページの名前順ソートの見直し。階層を正しく解析するようにし、ディレクトリを優先するように変更
  • 「サポート外ファイルもページに含める」場合に空のフォルダーも表示するようにした

その他

  • パネル配色調整
  • フォルダーリストの場所表示、表示しきれない場合は左からトリミングするようにした
  • ページマークの一覧表示から場所の表示を削除
  • キャンバスに表示するタイトルを見やすいように調整
  • フォルダーリスト並び順にそれぞれ昇順、降順を追加
  • ページの並び順にサイズ昇順、降順を追加
  • ページリストの表示形式を保存するようにした
  • 渡されたパスをブックとして開くかページとして開くかの判定強化
  • 設定のバックアップを残せるようにした設定 全般 > 詳細設定。ストアアプリでは常に有効。
  • RAR分割ファイル専用フィルター追加。正規表現での除外はフォルダーリスト表示のフィルター用途に変更 設定 表示 > フォルダーリスト
  • 対応拡張子に .cb7 追加
  • 詳細設定「ウィンドウサイズのDPI非追従」に不具合があるため無効化

バグ修正

  • 設定ファイルが壊れることがあるバグ修正
  • 履歴リストのコンテンツ表示で場所が表示されないバグ修正
  • アニメーションGIF再生エラーでアプリ終了するバグ修正
  • 読み込んだブックと異なるフォルダーリストの場所になることがあるバグ修正
  • パネル表示したときにリストにフォーカスが移動しない不具合修正
  • NeeViewS: 使用可能メモリが少なくなっていたバグ修正
  • NeeViewS: Susieと標準の画像読み込みが共存できなくなっていたバグ修正

1.28

(2018-02-06)

サイズ指定

  • エフェクトパネルに「サイズ指定」の項目を追加
  • 「サイズ指定のON/OFF」コマンド追加

オリジナルサイズを指定するもので、さらに「ウィンドウサイズに合わせる」等の表示スケール変更が適用されます。 指定サイズ通りに表示させる場合は表示スケール「オリジナルサイズ」にしてください。

フォルダーリストでの検索

  • 検索ボックスをフォルダーリストに追加。フォルダーリスト右上の設定から表示ON/OFFを切り替えます。
  • 「検索ボックスの表示ON/OFF」コマンド追加

現在のフォルダー以下からブックのファイル名検索をします。ただし、圧縮フォルダー内では無効です。
ある程度のあいまい検索を行うようにしています。検索オプション等の詳細は ユーザーガイド の「フォルダーリストの検索ボックスについて」を参照してください。

圧縮ファイルに含まれる圧縮ファイルのブック対応

  • 設定「全般」>「基本」>「圧縮ファイルに含まれる圧縮ファイルを全て展開する」追加
  • 設定「履歴設定」>「保存設定」>「圧縮ファイルに含まれる圧縮ファイルを履歴に保存する」追加

「圧縮ファイルに含まれる圧縮ファイルを全て展開する」設定をOFFにすることで、圧縮ファイルをフォルダーと同じように扱い、圧縮ファイルに含まれる圧縮ファイルをサブフォルダーのように扱います。 ONにすることで以前と同様に全て展開します。

フォルダーリストでの圧縮ファイル内の階層は、圧縮ファイルの有無のみ考慮され、圧縮ファイル内のパス情報は無視されます。

圧縮ファイルに含まれる圧縮ファイルのパスは C:\aaa\main.zip\bbb\sub.zip のようにファイルパス+圧縮ファイル内のパスという表記となります。 外部からパス指定する場合もこの形式に対応しています。パスの区切り記号は/どちらにも対応していますが、表示は全てで統一されます。 重複する圧縮ファイルエントリ名は区別できません。

UNCパス対応

  • 設定「履歴設定」>「保存設定」>「UNCパスを履歴に保存する」追加 (既定OFF)

今までもなんとなく動作していましたが、正式対応しました。 フォルダーリストからネットワークPCを検索することはできませんので、ドラッグ&ドロップするか、直接パスを指定してください。

その他

  • 各種DLL更新 (PDFはV8,XFAをサポートしなくなります)
  • フォルダーリスト更新処理に時間がかかる場合に処理中表示をするようにした
  • フォルダーリストでのコンテキストメニューの「サブフォルダーを読み込む」を切り替え式に変更
  • 既定ページ設定の「サブフォルダーを読み込む」が設定できない制限を解除
  • 「除外する圧縮ファイルのパターン」詳細設定追加。既定ではRAR分割ファイルを除外する設定
  • 「PDF対応」設定追加。PDFファイルの対応ON/OFFを切り替えます
  • 「リサイズフィルター処理にSIMDを使用する」設定追加
  • ストアアプリ版のみ、拡張子の関連付け設定を行いました。これにより既定のアプリ設定が可能になります

バグ修正

  • EXIFの撮影情報計算で0除算が発生することがある不具合修正
  • ブックマーク移動、ページマーク移動でフォルダーリストが追従しない不具合修正
  • 2ページ表示時のブック内ページマーク移動で位置がずれてしまう不具合修正
  • ブックマークに登録されていると履歴の日付削除で誤動作することがある不具合修正
  • RAR5分割ファイルを正常に展開できない不具合修正
  • ネットワークドライブでファイル名変更等のファイル操作が表示に反映されないことがある不具合修正
  • テンキーにコマンドを割り当てるとテキストボックスでの入力よりコマンドが優先されてしまう不具合修正
  • NeeViewSのアセンブリ名、プロダクト名をNeeViewSに変更。これにより、関連付けできない不具合が直るかも?

1.27

(2017-09-04)

リサイズフィルター実装

リサイズフィルターは表示サイズで画像を再レンダリングする処理です。 画像によってはにじみの少ない高品質の表示になります。
重い処理ですので必要に応じて有効化してください。

  • リサイズフィルターの設定はエフェクトパネルで行います。
  • 「リサイズフィルターON/OFF」コマンド追加(Ctrl+R)
  • リサイズの補完アルゴリズム、アンシャープマスク処理の設定が可能です。
  • 最大画像サイズ設定があります (詳細設定 > 最大画像サイズ)
    • 処理速度の問題のため、フィルター適用画像サイズはこの設定で制限されます。これ以上の拡大はこの最大画像サイズを引き伸ばした表示になります。
    • 読み込み画像自体にこの最大画像サイズを適用することでメモリ消費を抑えることも可能です (詳細設定 > 読み込み画像サイズ制限)
      • 読み込みでサイズ制限された場合、ファイル情報のサイズに * が追加表示されます
    • PDFの最大画像サイズと共通の設定になります (PDFページ最大サイズ設定廃止)

エフェクトパネル整備

画像加工に関連する情報をまとめました。

  • 「ドットのまま拡大」をエフェクトパネルにも追加しました。
  • リサイズフィルターの設定を追加しました。
  • エフェクト自体の有効/無効を切り替えられるようにしました。
    • 「エフェクトON/OFF」コマンド追加 (Ctrl+E)
    • エフェクトON/OFF状態は保存されます。このため、前回使用していたエフェクトを復元する設定は廃止となります。

ソリッド圧縮ファイルのページ送り速度改善

ソリッド圧縮ファイルの場合、1つのファイルを取り出す処理に時間がかかります。 このため、テンポラリフォルダーに事前に展開することでページ送り速度を改善しました。

  • rar,7z等でソリッド圧縮ファイルの可能性があります。zipはソリッド圧縮ファイルではありません。
  • 展開するソリッド圧縮ファイルの上限を設定可能 (詳細設定 > 7z.dllで事前展開する最大ファイルサイズ)
  • ソリッド圧縮ファイル以外も事前展開できるようにする設定可能 (詳細設定 > 7z.dllでは全て事前展開する)

ページ操作回数での履歴登録

今まではブックを表示するだけで履歴に登録されましたが、これをページ操作が行われたタイミングで登録するように変更しました。 既定では1回の操作で履歴登録を行うようになります。

  • 履歴登録を行うページ操作数の設定 (詳細設定 > 履歴登録開始ページ操作回数)

その他

  • パネルでの左右キー有効/無効設定 (詳細設定 > パネルでの左右キー有効)
    • フォルダーリストでは左右キーでフォルダー階層を移動しますが、これを無効にすると左右キーに関連付けられたコマンドが優先されます
  • EXIF回転反映を高速化した
  • EXIF回転設定廃止 (常に有効)
  • マウスジェスチャー自体の有効設定追加 (詳細設定 > マウスジェスチャー有効)
  • サムネイル画像生成アルゴリズム変更
  • サムネイルをPNGで保存できるようにした (詳細設定 > サムネイルフォーマット)
  • 先読みでPDF表示でのリサイズ処理を行うようにした
  • 2つめのウィンドウに座標復元を適用するかを設定できるようにした(詳細設定 > 2つめのウィンドウ座標の復元)
  • コンテンツ表示のサムネイルサイズ設定追加 (詳細設定 > ブックサムネイルサイズ)
  • コンテンツ表示のサムネイルポップアップ設定 (詳細設定 > ブックサムネイルのポップアップ)
  • コマンドでブックの並びをシャッフルに再度設定した場合にも並び替えを行うようにした

バグ修正

  • マルチモニターでのウィンドウ座標復元バグ修正
  • フォルダーリストでファイルが削除された時に稀にハングするバグ修正

1.26

(2017-07-30)

ストアアプリ公開

ストアアプリを公開しました。基本的な動作は通常版と同じです。 詳細は こちら を参照してください。

アプリアイコン変更

アプリアイコンのデザインを変更しました。
NeeView と NeeViewS で色違いのアイコンになるようにしました。

PDFを表示サイズで描写

PDFページを表示サイズに応じて描写し直すようにしました。
処理負荷等の兼ね合いもあり、最大描写サイズを設定しています。[設定 > ページ設定 > PDF設定 > PDFページ最大サイズ]

読み込み中ページの表示方法を変更

読み込み完了前のページ表示を灰色にしていたのを、それまで表示していた画像のサムネイルの拡大表示で代用するようにしました。 [設定 > 詳細設定 > 読み込み中表示の表示方法] でこの表示方法を変更できます。

タッチ操作の設定

タッチ操作をある程度設定できるようにしました。[設定 > 画像操作 > タッチ操作] タッチドラッグとタッチ長押しからのドラッグで挙動を変更できます。

設定のバックアップ

「全設定をインポート」「全設定をエクスポート」コマンドを追加しました。 (メニュー > その他)

履歴やブックマークを含む全てのユーザデータのバックアップになります。 インポート時に復元するデータの種類を選択します。

.nvzip という拡張子のファイルがバックアップファイルになります。 中身は設定ファイルをzipでまとめただけのものです。

その他

  • NeeViewS のアセンブリ名を NeeViewS に変更し、区別できるようにした
  • 64bitOSでの NeeVireS で使用可能メモリサイズを 2BG から 4GB に増やした。メモリー不足エラーが起こりにくくなります
  • サムネイルリストの選択項目が中央になるようにスクロールする挙動をON/OFFできるようにした。標準でOFFに変更しています [設定 > 表示設定 > サムネイルリスト > 選択した項目が中央に表示されるようにスクロールする]
  • 「スクロール←」「スクロール→」コマンド追加。スクロールコマンドパラメータに「垂直方法へのスクロール許可」フラグ追加
  • [設定 > 全般 > フルスクリーン状態を復元する] の動作を [ウィンドウ座標を復元する]に依存しないようにした
  • [サポート外ファイルもページに含める]設定の場合に、アーカイブ内の空フォルダーも含めるようにした。ただし、Susie書庫プラグインによっては正確に取得できない場合があります
  • メニューエリア、パネルエリア上にマウスがあるときはサイドパネルの自動表示判定がされないようにした
  • 表示サイズモードに同じモードを指定した場合でも再設定されるようにした
  • Susieアーカイブエントリーの取得方法変更。使用できなかったSusie書庫プラグインが使えるようになるかもしれません

バグ修正

  • サブフォルダー読み込み設定が保存されないバグ修正
  • 表示の切り替えでサムネイルリストが更新されないバグ修正
  • ページの並び順変更がサムネイルリストに反映しないバグ修正
  • 画像読み込み失敗時にサムネイル画像からエラーメッセージ画像に切り替わらないバグ修正
  • ハイコントラストでメニューが読めなくなる不具合修正
  • Shift起動での多重起動が機能しなくなっていたバグを修正
  • axgif.spi で画像が取得できなくなっていたバグ修正
  • 前のページへ高速移動したときのページ順番ずれを軽減

1.25

(2017-07-02)

タッチ操作対応

基本的なタッチ操作に対応しました。

ジェスチャーはシングルタッチ操作になります。 画像の移動、回転、拡大縮小はマルチタッチで行います。 ビューエリアでのタッチ長押しは非対応です。

ビューエリアでのシングルタッチはコマンド実行操作になります。 コマンド設定の「タッチ設定」でコマンドにタッチ位置を割り当てます。標準では以下のように設定されています。

  • 右エリア --「前のページに戻る」
  • 左エリア --「次のページへ進む」
  • 中央エリア --「パネルを一時的に表示する」※自動非表示パネルを一時的に表示させる新しく追加されたコマンドです

タッチ操作に関係する以下の設定が追加されています。

  • 画像操作>タッチ操作 -- タッチ操作での回転、拡大縮小を有効/無効
  • 詳細設定>タッチジェスチャー判定の最小移動距離(X) -- タッチジェスチャーでの判定移動距離です
  • 詳細設定>タッチジェスチャー判定の最小移動距離(Y)
  • 詳細設定>タッチ操作ピンチ最小判定距離 -- 2タッチの距離がこの値を超えたときのみ回転、拡大縮小操作が有効になります
  • 詳細設定>タッチ操作ピンチ最小変化距離 -- 回転、拡大縮小操作しきい値。2タッチ操作でこの距離変化を超たときに回転、拡大縮小操作が有効になります
  • 詳細設定>パネルタッチスクロールの終端バウンド -- パネルのリストスクロール終端での跳ね返り挙動
  • 詳細設定>サムネイルリストタッチスクロールの終端バウンド -- サムネイルリストスクロール終端での跳ね返り挙動

PDF対応

PDFに対応しました。
現状の実装では展開する画像サイズは固定です。(設定>ページ設定>PDF設定>PDFページサイズ)で展開する画像最大サイズを指定してください。

コマンドラインオプション

1.23から仕組みを変更していましたが、いくつか修正したため、あらためてお知らせいたします。

オプションの詳細は こちら を参照してください。

  • コマンドラインヘルプ表示対応。 "--help" もしくは "-h" で説明を表示するようにしました。
  • 短いオプション名("-h"等)追加。
  • "--" 以降はすべてファイル名として解釈するようにした。これによりハイフンから始まるファイル名にも対応
  • 絶対パスでしか受け付けなかったのを相対パスでも指定可能にした。

インストーラーでNeeView,NeeViewSを選択可能に

NeeView, NeeViewS のインストールを選択できるようにしました。
「標準」では NeeView のみのインストールとなります。

バグ修正

  • コマンドライン引数で"="がファイル名に含まれると不正になるバグ修正
  • ダブルクリックコマンド実行後にクリック操作が実行されるバグ修正
  • フルスクリーン解除でフォルダーリスト等にフォーカスが移動してしまうことがあるバグ修正
  • 設定ファイルが読み込めないときにそのまま終了してしまうバグ修正

その他

  • 7zでの標準対応拡張子に .cbr .cbz を追加
  • ページスライダーのデザイン変更。
  • ファイル情報にアーカイブファイルパスを表示する設定追加 (設定>表示設定>ファイル情報>ファイルパスを表示する)
  • 処理中マークの表示設定追加 (設定>詳細設定>処理中マークの表示)
  • 「スクロール+次のページに進む」にもスクロール量のパラメータ実装

1.24

(2017-06-28)

バグ修正

  • Bookmark.xms等設定ファイルがカレントフォルダに作成されてしまうことがあるバグ修正
  • --fullscreenコマンドラインオプションが機能しないバグ修正

1.23

(2017-06-24)

パッケージ構成変更

実行ファイル名とその挙動を以下のように変更しました。 64bit版 / 32bit版 という区分から 通常版 / Susie対応版 という区分に変更します。

実行ファイル 64bitOS 32bitOS Susie
NeeView.exe
NeeViewS.exe ○※ ※32bitで動作

インストーラーを1つに統合しました。1つのインストーラー NeeView1.23.msi で NeeView.exe と NeeViewS.exe がインストールされます。これは NeeView1.22-32bit.msi の後継インストーラーであり、NeeView1.22-64bit.msi 系統は廃止されます。

バグ修正

  • フォルダーリスト表示時に異常終了することがあるバグ修正
  • フォルダーリストを表示したときにフォーカスされないことがあるバグ修正
  • フォルダーリストの項目アイコンが右づめにならないことがあるバグ修正
  • 印刷ダイアログを閉じたときに異常終了することがあるバグ修正(印刷ダイアログ表示中のブック切り替えを禁止した)
  • ページリストの並び順コンボボックスが機能しないバグ修正
  • エフェクトの設定が機能しないバグ修正

1.22

(2017-05-17)

サイドバー

  • 画面の左右にサイドバーを追加。アイコンを押すことで対応するパネルの表示を切り替えます
  • サイドバー自体の表示切り替え可能 (表示 > サイドバー)

    アイコンをドラッグして左右のサイドバー間で移動させることが可能です。

パネル単位の設定

  • 各パネルに設定ボタン[…]を追加
  • パネル単位でリスト表示形式を設定するように変更 (設定ボタン > 一覧表示、コンテンツ表示、バナー表示)
  • バナー表示対応。バナーサイズをある程度設定可能 (設定 > 詳細 > バナーサイズ)
  • 履歴やブックマーク等の設定ボタンに無効な項目を削除する機能追加

フォルダーリスト機能追加

  • ページリスト表示切り替えを設定ボタンから行うように変更
  • 項目の右クリックメニューからサブフォルダー読み込み指定でブックを開くことができるようにした
  • フォルダー単位でサブフォルダー読み込みを既定にする設定追加 (設定ボタン > この場所ではサブフォルダーを読み込む)
  • ホームボタンの右クリックメニューから「この場所をホームに設定する」機能追加
  • ファイルアイコン表示方式の設定追加 (設定 > 表示設定 > フォルダーアイコン >ファイルアイコンを左に表示する)

(設定 > ページ設定) を整備

  • ページ設定に関する設定を (設定 > ページ設定) にまとめた
  • サブフォルダー自動読み込み判定にページ外ファイルを含めるかの設定を追加 (設定 > ページ設定 > サブフォルダー読み込み自動判定)

    ブックを開いたときに適用されるページ設定がわかりにくいため、各項目のポップアップメニューに説明を追加して多少わかりやすくしました。

タイトルバー非表示時の挙動

  • タイトルバーを表示しない設定でのウィンドウ枠表現を変更
  • タイトルバーが表示されていない場合にメニューバー上に閉じるボタン等のシステムボタンを表示するようにした

    タイトルバーが表示されていないときのウィンドウ枠表現は設定できます。以前の表現に戻したい場合はこの設定を「WindowFrame」にしてください。 (設定 > 詳細設定 > タイトルバー非表示でウィンドウ枠非表示)

    システムボタンが表示されているときのメニューバーでドラッグやダブルクリック等のタイトルバー操作が可能です。ただしフルスクリーン時には標準設定では機能しません。 (設定 > 詳細設定 > フルスクリーン時のタイトルバー操作)

本単位としての名称「フォルダー」を「ブック」に変更

  • さまざまなコマンド名や説明で「フォルダー」が「ブック」に置き換わっています。 これにより「フォルダー」はファイルシステム上のフォルダーの意味のみとなります。 「フォルダーリスト」のみ両方の意味があるため変更しておりません。

その他

  • メッセージダイアログのデザイン刷新
  • 画像デコード失敗時にカラープロファイルを無効にして再読込するようにした
  • ファイル名変更で使用できないファイル名チェック強化
  • パネルのリストスクロールをピクセル単位に変更
  • サムネイル画像のデータサイズを256x256に収まるサイズから256x256と同じ面積になるサイズに変更
  • ネットワークアクセス許可設定の実装 (設定 > 詳細設定 > ネットワークアスセス許可)
  • ルーペ倍率変化単位、ページ切り替え時のルーペ解除設定追加 (設定 > 詳細設定 > ルーペ倍率変化単位,ルーペページ切り替え解除)

バグ修正

  • 前回開いていたブックを履歴とは別に保存するようにした。 これにより、閉じていた場合でも開かれてしまうバグ、履歴閲覧時の再開で正常に復元されないバグ、履歴保存数0設定で機能しない現象を回避
  • 「次のブックへ移動」コマンドで対象がショートカットの場合にフォルダーリスト上の挙動がおかしくなるバグ修正
  • ウィンドウドラッグがDPIに対応していなかったバグ修正
  • ドラッグ回転の中心がDPIに対応していなかったバグ修正
  • 名前変更TAB移動でフォルダーが切り替わらないバグ修正
  • ルーペの長押し判定時間の設定が反映されていないバグ修正
  • コンテキストメニューで「最近使ったフォルダー」が機能しなくなるバグ修正
  • 2ページ表示時のページ間隔の計算が間違っていたバグ修正。
  • タイトルバーOFF時に最大化するとタスクバーが隠れてしまうバグ修正
  • Windows7でフルスクリーン解除後にウィンドウがタスクバー手前に表示されてしまうバグ修正
  • ファイル削除後にパネルが自動的に隠れなくなるバグ修正

1.21

(2017-04-16)

印刷機能実装

  • コマンド追加 (印刷)
  • メニュー追加 (ファイル > 印刷...)

    表示エリアやエフェクトを反映させた、表示のままの印刷も可能です。
    複数枚で1つの画像を印刷することが可能です。

ショートカットキー拡充

  • TABキーの入力に対応
  • ALTキーの組み合わせ入力に対応

    これらのキーはシステムでも使用されているため、注意してご使用ください

マウスボタン入力拡充

  • マウスの複数ボタン組み合わせ入力に対応

    マウスの複数ボタン組み合わせは、最後に入力されたボタンを主キーとします。 例えば右ボタン+左ボタン入力である LeftButton+RightClick と RightButton+LeftClick は区別されます。

マウスドラッグ入力拡充

  • ドラッグ設定を入力式に変更(設定ウィンドウ:画像操作 > ドラッグ操作)
  • 左ボタン、中央ボタンだけでなく、すべてのマウスボタンとその組み合わせによるドラッグ操作に対応 (右ボタンドラッグのみジェスチャーに設定済み。変更不可)
  • ウィンドウドラッグの標準設定を RightButton+LeftButton に変更

ファイル操作系コマンド有効/無効機能実装

  • コマンド追加 (ファイル操作有効/無効)
  • メニュー追加 (その他 > ファイル操作許可)

    このフラグがOFFの場合は削除や名前変更といったファイル操作系のコマンドが無効になります

カスタム背景実装

  • コマンド追加 (背景をカスタム背景にする)
  • メニュー追加 (画像 > 背景をカスタム背景にする)

    設定で背景色や背景画像を指定します。(設定ウィンドウ:表示設定 > カスタム背景)

詳細設定

  • 詳細設定にファイル削除の確認ダイアログ表示設定を追加(ファイル削除確認)
  • ルーペ倍率等の詳細設定追加(ルーペ標準倍率、ルーペ最小倍率、ルーペ最大倍率、ルーペ倍率リセット)

その他

  • メニューのページリストのコンテンツ表示フラグが反映しないバグ修正
  • ページリスト有効時、--fullscreen=onで起動するとハングするバグ修正
  • 「メニューを自動的に隠す」の設定が保存されないバグ修正
  • 画像をDPI依存にしたときのスケール100%表示でのバグ修正
  • 簡単なZIPヘッダチェック導入。ZIPフォーマットでないファイルを読み込もうとすると応答がなくなるバグに対処。
  • チェック背景のDPI対応
  • 設定メニューの一部ボタンをテキストボタンに変更
  • スライダーページ数表示位置を設定可能にした(設定ウィンドウ:表示設定 > スライダー)
  • マウスジェスチャーでクリックのみの入力(Click)は無効になり、何らかのジェスチャー後のClickのみ有効になります(例:←→Click)
  • 「フォルダー」「アーカイバー」表記統一
  • ファイル削除、名前変更失敗時のリトライ処理追加
  • パネルでの詳細表示ポップアップの頻度軽減、ファイル名変更時のポップアップ抑制
  • 長押しでないルーペ中のマウス入力反映。ホイール操作のみルーペ倍率変更に使用されます

1.20

(2017-03-15)

  • .Net Framework 4.6.2

    必要環境を .Net Framework 4.6.2 に変更しました。

    Windows10では標準環境ですが、それ以前のOSでは .Net Framework 4.6.2 のインストールが必要になる可能性があります。 対応していない環境で NeeView を実行すると .Net Framework 4.6.2 のインストールを促すダイアログが表示されますので、それに従ってインストールするか、 Microsoft ダウンロードセンター からダウンロードしてインストールしてください。

  • 32bit版 / 64bit版

    いままで32bit版のみの提供でしたが、64bit版も提供するようにしました。

    64bit版は多くのメモリ(4GB以上)を搭載している場合に有効です。メモリが足りず画像が開けない問題が改善します。 ただし、64bit版ではSusieプラグインは使用できません。

    Zip版(NeeView1.20.zip)には32bit版と64bit版の両方のexeが入っています。 インストール版はインストーラーをそれぞれ用意しています(NeeView1.20.msi / NeeView1.20-64bit.msi)。同時にインストール可能です。
    32bit版、64bit版は設定ファイルは共用されます。

  • ページ送り改善

    ページ送り、特にマウスホイール操作でページを送っている時のひっかかりを軽減しました。 画像の準備より移動を優先し、間に合わない場合は可能であれば読み込み完了までサムネイル画像で仮表示します。 尚、スライドショーではこれらのページ送り優先処理は無効化されます。

    以前の操作感覚に戻したい場合は、設定の 全般 > ページ送り にある各種フラグをOFFにします。

  • フォルダーリスト改善

    「ホームに移動」「戻る」(前に開いていたフォルダーへ移動)、「進む」(次に開いていたフォルダーへ移動) ボタンを追加しました。 ホームの場所は設定の 表示設定 > フォルダリスト > ホームの場所 で変更可能です。

    フォルダーリスト上でのファイル名変更に対応しました。 コンテキストメニューから名前の変更を選ぶか、F2キーで機能します。

    ショートカットフォルダやファイルに対応しました。

    フォルダーの並び順に「サイズ順」を追加しました。

    バナー表示モードを廃止しました。代わりにコンテンツ表示モードを実装しました。 メニューの 表示 > パネルのコンテンツ表示 をONにすることで表示が切り替わります。 ここでのサムネイルはキャッシュされ、次回以降の表示が高速になります。

  • 追加コマンド

    • 「閉じる」現在開いているフォルダーを閉じます。(メニュー > ファイル)
    • 「フォルダ列はサイズ順」フォルダーの並びをサイズ順(降順)にします (フォルダリスト > サイズ順)
    • 「パネルのコンテンツ表示ON/OFF」(メニュー > 表示)
    • 「ページリストのコンテンツ表示ON/OFF」(メニュー > 表示)
  • その他

    • モニター毎のDPI対応 (Windows10のみ)
    • マウスホイール回転量をコマンド回数に反映
    • スライダーにページ表示を追加 (設定 > 表示設定 > スライダー)
    • スライダー上でのホイール操作は固定でページ送り挙動を行うようにした
    • サムネイルリスト上でのホイール操作実装
    • スライドショーのインターバル時間を小数点以下も入力可能にした。画像読込時間は含まれないため、目安程度に。
    • 先読みモードに「先読み(開放なし)」を追加。一度読み込んだ画像をフォルダーを閉じるまでメモリ保持する。メモリが潤沢な64bit版用。(設定 > 全般 > メモリ関連)
    • 処理中マーク実装。読込等の処理中はメインエリア左上に小さい青い四角が表示されます。
    • メモリ管理強化。 画像読み込みでOutOfMemoryが発生した時はGC後にリトライを行うようにした。
    • 全コマンド初期化時に基準のキー設定を選べるようにした(標準 or ホイールでページ送り or クリックでページ送り)
    • 2ページ表示時の自動先読み判定サイズを2ページ合計サイズで判定するようにした。
    • 自動先読み判定用画像サイズの既定値を4096x4096に変更。(設定 > 詳細設定 > 自動先読み判定用画像サイズ)
    • 7z.dllロック時間の既定値を-1(無期限)に変更。(設定 > 詳細設定 > 7z.dllがファイルをロックする時間(秒))
    • アドレスバーの履歴前後ボタンのコンテキストメニューに履歴表示。
    • カーソル位置を画面中心にしてルーペを開始する設定追加 (設定 > 画像操作 > ルーペ)

1.19

(2017-02-18)

  • 画像読み込み改善
    • 画像サイズによって先読みの有効/無効を切り替える設定追加(設定>全般>メモリ関連>先読み)
    • 自動先読み判定は2048x4096の面積が基準(設定>詳細設定>自動先読み判定用画像サイズ)
    • 1ページ表示のときは1ページ、2ページ表示のときは2ページの先読みになるようにした
    • 圧縮ファイルで5秒間アクセスがなかったときにファイルロックを解除するように変更
      (設定>詳細設定>7z.dllがファイルをロックする時間(秒))
    • 先読みなしでも画像を複数保持していたバグ修正
  • ページ設定
    • 設定>ページ設定タブ 追加。既定のページ設定を設定可能にした
    • 「ページ設定の初期化」コマンド追加
  • 履歴設定
    • 履歴、ブックマークから復元する項目を設定できるようにした
    • 保存数制限で0を設定可能にした。この場合「前回開いていたフォルダを開く」は機能しません
    • フォルダーリスト状態の保存ON/OFF設定追加
  • コンテキストメニュー
    • コマンド化。「コンテキストメニューを開く」コマンド追加
      これまでの操作設定は無効になるためコマンドへのキー設定が必要です
      未設定の場合、アプリケーションキーでのみ開きます
    • 設定>メニュー ではコンテキストメニュー編集のみとなります
  • ルーペ
    • コマンド化。「ルーペON/OFF」「ルーペON」「ルーペOFF」コマンド追加
    • ルーペ時にパネル等の自動表示が機能しないようにした
    • ルーペ時にESCで解除されるようにした
    • ルーペ時は他のマウス操作を無効にした
    • ルーペ時に右上に倍率を表示するようにした ([設定]表示設定>通知表示>ルーペ倍率を)
  • キー設定
    • ショートカット設定で、ESCキーをショートカットキーとして登録可能にした
      ESCキーは標準で様々な機能のキャンセルに使用されているため注意してご使用ください
    • ジェスチャー設定で、マウスクリックをジェスチャー終端キーとして使用可能にした
    • 標準のホイール操作を スクロール+前/次のページに進む コマンドに変更
  • その他
    • 読み取り専用ファイルをSusie Pluginで開けないバグの修正
    • 「ウィンドウを最大化する」「ウィンドウを最小化する」コマンド追加
    • ウィンドウ最大化して終了した場合でも通常のウィンドウサイズを記憶するようにした
    • フルスクリーン時にスライダー表示にあわせてウィンドウタイトルを表示するようにした
    • スライドショー時にページ切り替え発生でインターバルをリセットするようにした
    • 画像外ページ表示が自動回転されないようにページ矩形を正方形にした
    • 設定変更後、現在ページを再読込するようにした。これにより設定反映を確実にする
    • ページ終端での挙動設定をループを含め選択式に変更した(設定>全般>その他>ページが終わったら)
    • ドラッグ回転でのスナップ角度を指定できるようにした。(設定>画像操作>ビュー操作>回転スナップ)
    • ページ展開で除外するフォルダ設定追加(設定>詳細設定>ページ除外パス)
    • DPI非依存の画像表示ON/OFF設定追加(設定>詳細設定>画像のドットバイドット表示)

1.18

(2016-12-04)

  • NASアクセスの改善
  • 回転コマンド(右回転、左回転)パラメータに回転後に表示サイズを再適用するフラグ追加
  • 自動回転ON/OFFコマンド追加。メニューでは [画像]>[自動回転]。
    • 縦長画像を90度回転させる。ウィンドウが縦長の場合は逆の動作を行う。
    • コマンドパラメータ設定で右回転、左回転を指定
  • エフェクト「レベル補正」のアルゴリズム変更

1.17

(2016-10-23)

  • 起動時間の改善(インストーラー版のみ)
  • エフェクトパネル
    • 表示>エフェクトパネル(E) で右パネルにエフェクトパネルが表示されます
      • パネルからエフェクトを選択することでエフェクトが適用されます
    • 設定ウィンドウ>表示設定>エフェクト
      • 「前回使用していたエフェクトを復元する」設定追加
      • 「色設定をHSVで行う」設定追加
    • 「グレイスケール」は廃止されました。エフェクトの「モノクローム」が代わりになります
  • 7z.dll
    • ver 16.04 に更新
    • 設定ウィンドウ>詳細設定に「7z.dll(32bit)の場所」追加。使用する7z.dllのパスを変更可能。
  • その他
    • フォルダ構成変更。dll類をLibrariesフォルダに移動
    • ページスライダー自動非表示をメニュー非表示設定から独立
    • 「スクロール↑(↓)」コマンドに移動量割合設定追加。
    • 「スクロール+前のページ(次のページ)」の縦スクロール対応。設定追加。
    • インストーラー版のショートカットをトップレベルに変更

1.16

(2016-10-05)

  • バグ修正
    • インストーラー版でrarが読み込めないバグ修正(7z.dllが読み込めないバグ)
  • その他
    • スライダーの方向設定に「本を開く方向に依存する」を追加
    • 詳細設定の設定名をわかりやすい名前に変更
    • 詳細設定に「履歴、ブックマーク、ページマークを保存しない」を追加。Trueにするとファイル保存されなくなります。

1.15

(2016-10-02)

  • 配布形式にインストーラー版を追加
  • コマンド毎のパラメータ設定実装
    • コマンドリストで設定マークのあるコマンドはパラメータが設定できます。
    • 設定マークが薄いものは同種のコマンドとのパラメータ共有を意味します。本体を設定してください。
    • 設定マークをクリックするか「パラメーター設定」ボタンを押すことでパラメータ設定画面が開きます。
  • コマンドパラメータ設定詳細
    • 「表示サイズを切り替える」:ループ、切替可能スケールモードの選択
    • 「大きい場合ウィンドウサイズに合わせる」:オリジナルサイズとの切り替え(トグル)
    • 「拡大」:拡大率(%)
    • 「左回転」:回転角度
    • 「設定ページ数戻る」:移動ページ数
    • 「フォルダ内の前のページマークに移動」:ループ、最初と最後のページを含める
  • コマンドのショートカット入力での競合チェック機能実装
    • ショートカット、マウスジェスチャーが競合している場合、⚠(注意マーク)が表示されます。
    • ショートカット設定では競合したコマンドのどちらを使用するかを選択できます
    • コンテキストメニューのショートカット、ジェスチャーは競合チェックされません。ご注意ください。
  • その他
    • コマンドリストの「切替」フラグの廃止。代わりに「表示サイズを切り替える」のパラメータ設定で設定します。
    • 「設定ページ数戻る/進む」コマンド追加
    • 「設定ファイルの場所を開く」コマンド、メニュー追加
    • アイコン微調整

1.14

(2016-09-19)

  • バグ修正
    • パネル自動非表示のときのメニューでのパネルON/OFF挙動がおかしいバグ修正
    • 外部プロセスから起動したときにアクティブにならないことがあるバグ修正
    • ショートカットキー表記「Next」を「PageDown」に修正
  • ページマーク機能実装。ページ単位でのブックマーク機能です。マークされるとスライダー上にマーカーが表示されます。
    • ページマーク登録/削除コマンド実装(Ctrl+M)
    • ページマーク前後移動、フォルダー内ページマーク前後移動コマンド実装
    • ページマークパネル実装(M)
    • Pagemark.xmlとしてファイル保存されます
  • ブックマーク
    • 「ブックマークに登録する」コマンド削除。「ブックマーク登録/解除」コマンドに統一しました(Ctrl+D)。
    • ブックマーク前後移動コマンド追加
    • メニューに「ブックマーク」グループ追加。ページマークの操作も含まれます
  • NeeView.exe.config による設定の廃止
    • 代わりに「設定」に「詳細設定」タブを追加。同様の設定を行うようにしました
    • これにより、上書き更新で NeeView.exe.config が上書かれて初期化される問題が解消されます

1.13

(2016-08-13)

  • マウスジェスチャー設定でドラッグなしで入力完了すると強制終了するバグ修正
  • アクセス権のないフォルダにアスセスした時にアプリが強制終了するバグ修正
  • ウィンドウ復元座標がずれるバグ修正
  • フルスクリーンでタスクバーが手前に表示されるバグ修正

1.12

(2016-06-19)

  • ルーペ実装
    • マウス左ボタン長押しで一時的な拡大表示モードになる
    • ルーペ時にマウスホイール上下でルーペの拡大率変更(2~10倍)
    • 設定:画像表示 → 長押し操作
  • 履歴ファイルの保存数制限設定追加
    • アプリ動作中の履歴数は制限されません
    • 設定:履歴設定 → 履歴保存数制限
  • 2ページ表示時の間隔設定追加
    • 設定:表示設定 → 2ページ表示

1.11

(2016-05-29)

  • バグ修正
    • スライダーを左>右の設定にしたときのサムネイルの並び不具合修正
  • 7z.dll関連
    • RAR5フォーマット対応
    • v16.02に差し替え

1.10

(2016-05-28)

  • バグ修正
    • 7z.dllを開いたままの設定で外部ファイル出力するとエラーになるバグ修正
    • ページの並びをシャッフルにしているときにファイル指定読み込みで指定ページにならないバグ修正
    • 圧縮ファイル2ページ対応の外部アプリ呼び出しで圧縮ファイルが2回呼ばれてしまう不具合修正
    • ページ削除後のページリスト、サムネイルリストの表示不具合修正
    • 高DPIでの拡大率表示が間違っていたバグ修正
  • パネル関連
    • ページリストをフォルダーリストに統合
    • パネルを自動的に隠す設定の時にキーでリスト操作中は隠れないようにした
    • フォルダーをバナー(サムネイル)表示できるようにした。(設定:表示設定>パネル)
    • パネルの不透明度設定廃止
    • ページリストのコンテキストメニューからファイル削除できるようにした(通常ファイルのみ)。
    • ブックマークリスト、履歴リストでの削除時に選択項目が大きく移動しないように修正
  • クリップボード関連
    • クリップボードにファイルをコピーするコマンド実装 (Ctrl+C) (設定:外部連携>クリップボードへのファイルコピー)
    • クリップボードに画像をコピーするコマンド実装 (Ctrl+Shift+C)
    • クリップボードからの貼り付けコマンド実装 (Ctrl+V)
  • エフェクト
    • グレイスケールエフェクト実装 (画像(I)>グレイスケール)
  • NeeView.exe.Config整備
    • パラメータの説明をコメントにした
    • パネルを自動的に隠すまでの時間を設定するパラメータ追加(PanelHideDelayTime)
  • サムネイルリスト関連
    • サムネイルリストの表示ON/OFF設定をコマンドに変更し、表示メニューに追加
    • 高DPIでのサムネイル表示サイズ修正
  • その他
    • ビュー操作による変化情報(スケール、角度等)を通知する設定追加。(設定:表示設定>通知表示)
    • サブフォルダ1つだけの場合に自動読み込みを行う設定追加 (設定:全般設定>その他)

1.9

(2016-05-15)

  • 7z.dll を v16.00 に更新
  • 7z.dllを使用する際、ファイルをひらいたままにする設定追加。(設定:全般設定>その他)
    ※ rar等の7z.dllを使用した圧縮ファイルを閲覧中は移動、削除等のファイル操作できなくなります。以前のように閲覧中でもファイル操作を可能にするには設定を変更してください。
    ※ zipとsusie書庫プラグインはこの設定に影響されません
  • メモリ使用量に関する設定の追加。(設定:全般設定>メモリ関連)
  • バグ修正
    • 存在しないフォルダを再読込するとハングするバグ修正
    • 存在しないフォルダに移動した時に前のサムネが残るバグ修正
    • メインメニューで1文字ショートカットが誤爆するバグ修正
  • ヘルプ機能
    • ヘルプボタン廃止。その他(O)>ヘルプ(H)にオンラインヘルプ機能移動
    • コマンドリスト一覧をブラウザで閲覧する機能実装
    • メインメニュー説明をブラウザで閲覧する機能実装
    • 設定ウィンドウ整備。わかりにくい項目にポップアップで説明を追加
  • 初期ショートカット、ゼスチャ変更
    • 1ページ/2ページ表示切り替えのショートカット、ゼスチャ変更
    • 1ページ前後移動のゼスチャ追加
    • 左ボタン+ホイール上下を画像表示サイズの切り替えに割当
  • UI整備
    • 自動で隠れる挙動変更。約1秒後に隠れるようにした
    • パネルが隠れている時にパネル系の表示ON/OFFコマンドを実行したときにパネル表示されるようにした
    • TABでのフォーカス移動整備
    • フォルダーリストの並び順変更でフォーカスが移動しないようにした
    • サムネイルリストに台紙追加。(設定:表示設定>サムネイルリスト)
    • ファイル情報パネルに「フォルダーを開く」ボタン追加

1.8

(2016-05-09)

  • (機能追加) アドレスバー実装。表示(V)>アドレスバーで表示
  • (機能追加) サムネイルリスト実装。(設定:表示設定>サムネイルリスト)
  • (機能追加) ページリスト実装。PキーでON/OFF。表示(V)>ページリストでパネルとして表示
  • (機能追加) コンテキストメニュー実装。(設定:メニュー>コンテキストメニュー)
  • (フォルダーリスト) フォルダ、ファイルを選んで削除ができるようにした
  • (フォルダーリスト) フォルダ、ファイルを選んでエクスプローラーを開く機能追加
  • (フォルダーリスト) 並び順を指定するコンボボックス追加
  • (フォルダーリスト) 並び順はフォルダ単位で記憶されるように変更
  • (フォルダーリスト) 開いていたフォルダーを記憶するようにした
  • (履歴リスト) 履歴を選んで削除できるようにした
  • (パネル) パネルを自動的に隠す設定追加。表示(V)>パネルを自動的に隠す
  • (パネル) フルスクリーン時にパネルを自動的に隠す設定追加。(設定:表示設定>パネル)
  • (パネル) パネル表示時にフォーカスするようにした
  • (パネル) フォーカス時、ESCキーでパネル非表示にするようにした
  • (メニュー) 表示(V)メニューを表示(V)画像(I)に分けた
  • (メニュー) 設定(O)その他(O)に変更
  • (メニュー) 移動(J)からフォルダの並び順指定項目を削除
  • (コマンド) フォルダ移動コマンドを現在のフォルダーリストを基に移動するように変更
  • (コマンド) 履歴移動コマンドで既に存在しないフォルダからも移動できるようにした
  • (コマンド) 「ページリストの表示ON/OFF」コマンド追加
  • (コマンド) 「アドレスバーON/OFF」コマンド追加
  • (コマンド) 「パネルを自動的に隠すON/OFF」コマンド追加
  • (コマンド) 「ブックマーク登録/解除」コマンド追加
  • (コマンド) 「上下反転ON/OFF」コマンド追加
  • (コマンド) 「上下反転ON」コマンド追加
  • (コマンド) 「上下反転OFF」コマンド追加
  • (その他) 名称「ランダム」を「シャッフル」に変更

1.7

(2016-04-24)

  • (バグ修正) ファイル読み込みに失敗しても以前のフォルダが開かれたままになっていたバグ修正
  • (バグ修正) 2ページ左開きの時に基準ページが2ページ目になっていたバグ修正
  • (バグ修正) 「開いていたファイルを読み込む」が機能しないことがあるバグ修正
  • (機能追加) 履歴リストの追加。HキーでON/OFF
  • (機能追加) ブックマーク追加。BキーでON/OFF。Bookmark.xmlに保存されます
  • (機能追加) ウィンドウタイトル文字列のカスタマイズ機能追加(設定/表示設定)
  • (機能追加) コマンドラインオプションを整備
  • (コマンド) 「ブックマークに登録する」追加。Ctrl+D
  • (コマンド) 「前の履歴に戻る」追加。BackSpace
  • (コマンド) 「次の履歴へ進む」追加。Shift+BackSpace
  • (改善) フォルダーリスト等のパネルの幅を保存するようにした
  • (改善) フォルダーリストでフォルダーの変更を監視するようにした
  • (改善) 大量のフォルダーが存在するときのフォルダー移動速度の改善
  • (設定/全般) ウィンドウ座標復元のON/OFF設定を追加
  • (設定/スライドショー) スライドショーでのマウス移動でインターバルリセットする機能のON/OFF設定を追加
  • (その他) 履歴保持数設定を廃止

1.6

(2016-04-10)

  • (機能追加) フォルダーリストの追加。FキーでON/OFF
  • (機能追加) バージョン情報ウィンドウ実装(設定>NeeViewについて)。ここで最新バージョンチェックを行うようにした
  • (バグ修正) Susieプラグインパスの最後に'\'が含まれていると順番入れ替えが反映しないバグ修正
  • (バグ修正) Susieプラグインに無効な拡張子設定がある場合除外するようにした
  • (改善) 2ページ表示時の隙間改善
  • (改善) ファイル情報パネル等の幅をドラッグで可変にした
  • (設定/全般) 「ページがない場合、サブフォルダも読み込むか問い合わせる」設定追加。標準OFFに変更。
  • (設定/全般) 「新しいフォルダーを開くときにページ設定を標準に戻す」追加
  • (設定/表示設定) パネル外観カテゴリ追加
  • (設定/表示設定) フォルダリストカテゴリ追加。「履歴マークを表示する」設定追加
  • (設定/履歴設定) 「ページ番号のみ復元する」設定追加
  • (その他) 履歴と設定を別ファイルに保存するようにした (履歴ファイル: History.xml)
  • (その他) 履歴マークを緑のチェックマークに変更
  • (その他) ファイル情報パネルを右側表示に変更

1.5

(2016-03-27)

  • (機能追加) ファイル情報表示ペイン追加。Iキーで表示ON/OFF。設定で表示を変更可能
  • (機能追加) Webブラウザからの画像ドラッグ&ドロップに対応。設定でドロップされた画像の保存先を指定可能
  • (機能追加) WIC対応。デジカメ画像等、エクスプローラーでサムネイル表示される画像はおおよそ表示可能
  • (バグ修正) アプリ終了後にプロセスが残ることがある現象の対策
  • (バグ修正) 圧縮ファイル内に重複するファイル名がある場合に読めないバグ修正
  • (バグ修正) 同じ名前、同じ日付のものをソートすると結果が毎回変わるバグ修正
  • (改善) オリジナルサイズ表示の品質向上(ドットバイドット)
  • (改善) Susieプラグイン対応状況の改善
  • (改善) Susieプラグインリストでのドラッグ入れ替え操作改善
  • (改善) OSの高DPI設定対応。高DPIでも画像表示サイズは変わりません
  • (設定) 先読みON/OF設定追加
  • (コマンド) 「再読み込み」コマンド追加。ゼスチャー↑↓
  • (コマンド) 表示サイズ種類に「面積をウィンドウに合わせる」追加
  • (その他) メッセージボックスアイコン表示
  • (その他) ファイルが読めなかった場合の通知を簡素化

1.4

(2016-03-13)

  • (バグ修正) 修飾キー+マウスボタンが正しく機能しないバグ修正
  • (設定/Susie設定) プラグインリスト表示方法変更。ドラッグで順番入れ替えできるようにした
  • (設定/ビュー操作) 新設。左ボタン、中ボタンのドラッグ機能を設定できるようにした
  • (ドラッグ操作) ドラッグ中の修飾キー変更に対応
  • (ドラッグ操作) 左右反転追加。(Alt+LeftDrag)
  • (ドラッグ操作) 上下反転追加
  • (ドラッグ操作) 移動(スケール依存)追加。拡大率に応じて移動量が増加します
  • (ドラッグ操作) 拡大縮小(スライド式)追加。左右ドラッグでスケール変更します
  • (ドラッグ操作) ウィンドウ移動追加。(MiddleDrag)
  • (コマンド) 左右反転コマンド追加
  • (コマンド) 「外部アプリで開く」コマンド、メニュー追加
  • (設定/外部連携) 新設。外部アプリの設定を行う
  • (コマンド) 「名前をつけてファイルに保存」コマンド、メニュー追加
  • (コマンド) 「ファイルを削除する」コマンド、メニュー追加
  • (コマンド) タイトルバーを消すコマンド、メニュー追加
  • (設定/一般設定) フォルダ名等の通知の表示設定追加
  • (設定/一般設定) NowLoading表示設定追加
  • (設定/一般設定) 圧縮ファイルサポート設定追加
  • (設定/一般設定) フルスクリーン復帰設定追加
  • (設定/一般設定) 起動時のスライドショー自動再生設定追加
  • (設定/一般設定) ファイル保存用設定追加
  • (その他) 常に手前に表示する設定を保存するようにした
  • (その他) いくつかメニュー表示名変更

1.3

(2016-03-06)

  • (バグ修正) 特定のSusieプラグインを使用するとメニューを開く等のタイミングでアプリが強制終了するバグ修正
  • (その他) 設定のプラグインリストにプラグイン名と対応拡張子を表示するようにした

1.2

(2016-02-28)

  • (バグ修正) 設定画面を開くとアプリが強制終了することがあるバグ修正
  • (バグ修正) Susieプラグイン設定が設定直後に反映されないバグ修正
  • (バグ修正) 画像ファイルを指定して開いた時に履歴が反映されないバグ修正
  • (バグ修正) コマンド設定の「表示」フラグが機能しないバグ修正
  • (設定) ページ切り替えでも拡大率、回転がキープされる設定追加
  • (設定) 「ファイルを開く」で現在開いているフォルダの場所を基準とする設定追加
  • (設定) 表示サイズ切り替えの候補を選択できるようにした(コマンド設定の「切替」フラグON/OFFで選択)
  • (設定) 起動時に前回開いていたフォルダを開く設定追加
  • (設定) 多重起動を禁止する設定追加。禁止されている場合でもSHIFTキーを押しながら起動することで複数起動可能です
  • (コマンド) 「ビューリセット」拡大率、回転をリセットするコマンド追加
  • (コマンド) 「常に手前に表示ON/OFF」コマンド、メニュー追加
  • (コマンド) 「メニューを自動的に隠すON/OFF」コマンド、メニュー追加
  • (コマンド) 「アプリを終了する」コマンド追加
  • (コマンド) 「表示サイズを切り替える(逆方向)」コマンド追加
  • (コマンド) 「マウス位置依存でページを前後させる」カーソルがウィンドウ左側でページ送り、右側でページ戻りするコマンド追加
  • (その他) フォルダのランダムな並びを固定化。フォルダ移動では変化せず、再起動、フォルダ並びの切替等で変化する
  • (その他) コマンドライン引数で画像ファイルを指定できるようにした(EXEにファイルをドロップして起動可能)

1.1

(2016-01-28)

  • 横長ページ分割対応
  • 「スクロール+ページ送り」コマンド追加
  • 「ファイルの場所を開く」コマンド追加
  • ドットのまま拡大するモード追加
  • スケールモード「高さをウィンドウに合わせる」を追加
  • EXIFの回転情報を反映させる設定追加
  • 背景の設定をメニューで行うようにした
  • ページソートの種類を整備
  • 「単ページ表示」「見開きページ表示」を「1ページ表示」「2ページ表示」に名称変更
  • アプリケーション構成ファイルで横長ページ判定用縦横比を指定できるようにした

1.0

(2016-01-14)

  • 初公開

Updated